渡邉 正義 (ワタナベ マサヨシ)

WATANABE Masayoshi

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教授

生年

1954年

研究分野・キーワード

電気化学、高分子化学、有機材料、コロイド化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://ynu-estlab.jp/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-4092-6150

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1974年04月
    -
    1978年03月

    早稲田大学   理工学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    早稲田大学  理工学研究科  応用化学  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  早稲田大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教授  

  • 2001年04月
    -
    2020年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   教授  

  • 1994年06月
    -
    1998年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1992年04月
    -
    1994年05月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月
    -
    2002年03月

      東京大学   大学院工学系研究科   客員教授

  • 1988年08月
    -
    1990年03月

      ノースカロライナ大学   化学科   研究員

  • 1982年04月
    -
    1992年03月

      上智大学   理工学部化学科   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1999年
    -
    継続中
     

    アメリカ電気化学会

  • 1990年
    -
    継続中
     

    国際電気化学会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 1984年
    -
    継続中
     

    電気化学会

  • 1977年
    -
    継続中
     

    日本化学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 工業物理化学

  • 高分子合成

  • 高分子構造・物性

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造電極の作製とこれを用いた電気化学系の構造

    研究期間:  - 

  • 高分子イオニクス材料に関する研究

    研究期間:  - 

  • イオン液体を用いたナノ構造体に関する研究

    研究期間:  - 

  • イオン液体の基礎物性理解とエネルギー変換系への適用

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 「ポーラスカーボン材料の合成と応用」 第19章 リチウム-硫黄二次電池の高容量化のための硫黄/多孔性炭素複合電極

    上野和英、稲垣怜史、渡邉正義 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2019年10月 ISBN: 978-4-7813-1441-9

  • Lithium Oxygen Battery

    Raymond A.Wong,Hye Ryung Byon,Morgan L.Thomas,Kaoru Dokko,Masayoshi Watanabe (担当: 共著 )

    Encyclopedia of Inorganic and Bioinorganic Chemistry  2019年03月

  • ポーラスカーボン材料の合成と応用

    上野和英、稲垣怜史、渡邉正義 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2019年

     概要を見る

    第19章 リチウム-硫黄二次電池の高容量化のための硫黄/多孔性炭素複合電極、上野和英、稲垣怜史、渡邉正義、「ポーラスカーボン材料の合成と応用」監修 西山憲和、シーエムシー出版、2019, pp.186-206.

  • 刺激応答性高分子ハンドブック

    玉手亮多、橋本 慧、渡邉正義 (担当: 分担執筆 )

    エヌティーエス  2018年

     概要を見る

    玉手亮多、橋本 慧、渡邉正義、イオン液体を溶媒とする温度/光応答性高分子材料、「刺激応答性高分子ハンドブック」、監修 宮田 隆志、エヌティーエス、pp. 342-348、2018. (全80、6頁)

  • Design and New Energy Application of Ionic Liquids

    Shiro Seki, Shimpei Ono, Nobuyuki Serizawa, Yasuhiro Umebayashi, Seiji Tsuzuki, Kazuhide Ueno, Masayoshi Watanabe (担当: 分担執筆 )

    The Royal Society of Chemistry  2018年

     概要を見る

    Shiro Seki, Shimpei Ono, Nobuyuki Serizawa, Yasuhiro Umebayashi, Seiji Tsuzuki, Kazuhide Ueno, Masayoshi Watanabe, Design and New Energy Application of Ionic Liquids (Chap. 14), “Smart Ionic Liquids (Chemistry Book Series of Smart Materials No. 28)”, Edited by Ali Eftekharils, The Royal Society of Chemistry, 2018, pp. 365-389.

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Studies on Electrically Conducting Polymers with Electronic and Ionic Carriers

    渡邉 正義

      1983年10月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    早稲田大学 電子伝導性高分子およびイオン伝導性高分子に係わる博士研究をまとめたものである。電子伝導性高分子に関しては、高分子電荷移動錯体に関し、高分子構造をブロック共重合体としたときの、自己集合構造を検討し、これと発現機能の相関を議論した。またイオン伝導性高分子に関しては、世界に先掛け高分子中でのキャリヤイオンの生成およびこの移動について議論した内容である。

論文 【 表示 / 非表示

  • Highly concentrated LiN(SO2CF3)2/dinitrile electrolytes: Liquid structures, transport properties, and electrochemistry

    Yosuke Ugata, Ryoichi Tatara, Kazuhide Ueno, Kaoru Dokko, Masayoshi Watanabe

    J. Chem. Phys.   152   104502   2020年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Effects of polysulfide solubility and Li ion transport on performance of Li–S batteries using sparingly solvating electrolytes

    Masato Yanagi, Kazuhide Ueno, Ayumi Ando, Shanglin Li, Yoshiharu Matsumae, Jiali Liu, Kaoru Dokko, … 全著者表示

    J. Electrochem. Soc.   167   070531   2020年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • High Transference Number of Na Ion in Liquid-State Sulfolane Solvates of Sodium Bis(fluorosulfonyl)amide

    Yukihiro Okamoto, Seiji Tsuzuki, Kazuhide Ueno, Kaoru Dokko, Masayoshi Watanabe

    J. Phys. Chem. C   124   4459 - 4469   2020年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • High performance electric double layer transistors using solvate ionic liquids

    Satoshi Saito, Ryota Tamate, Kazumoto Miwa, Sunao Shimizu, Tatsuhiro Horii, Kazunori Ueno, Shimpei … 全著者表示

    Jpn. J. Appl. Phys.   59   030901   2020年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Liquid-state Optoelectronics Using Liquid Metal

    Takashi Kozaki, Satoshi Saito, Yota Otsuki, Ryosuke Matsuda, Yutaka Isoda, Takuma Endo, Fumika Naka … 全著者表示

    Adv. Electronic Mater.   6   19011325   2020年  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 次世代リチウム二次電池における電解液の重要性

    多々良涼一、渡邉正義

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  68 ( 4 ) 30 - 35   2020年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 千里の道も一歩から―しかし川の流れのように

    渡邉 正義

    化学と工業   73 ( 3 ) 258 - 260   2020年03月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • イオン液体:物質系の拡張と期待

    渡邉正義

    溶融塩および高温化学   63 ( 1 ) 11 - 19   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • リチウム硫黄電池用電解液

    上野 和英, 獨古 薫, 渡邉 正義

    電気化学 ( J-STAGE )  Vol.87 ( Autum ) 195 - 199   2019年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 展望 学会の原点:手弁当を見直す

    渡邉正義

    電気化学   86 ( Summer ) 91   2018年06月

    総説・解説(学術雑誌)  

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 二次電池

    特願 2017-555010  特開 WO2017/098918  特許 6315644

    渡邉 正義,渡辺 桂矢,加藤 めぐみ,トーマス モーガン レスリー,亀井 優太朗,獨古 薫,渡辺 健太

  • リチウム硫黄電池のカソード材料、およびリチウム硫黄電池

    特願 2016-556540  特開 WO2016/068043  特許 6270004

    渡邉 正義,獨古 薫,李 テツ,張 世国

  • アルカリ金属-硫黄系二次電池

    特願 2015-143062  特開 2015-216124  特許 6004506

    渡邉 正義,獨古 薫,立川 直樹,朴 俊佑,高嶋 絵里子,山内 健人

  • 二次電池

    特願 2014-204938  特開 2016-076348  特許 6480140

    竹川 寿弘,渡邉 正義,獨古 薫

  • イオン液体、潤滑剤及び磁気記録媒体

    特願 2014-126337  特開 2016-003328  特許 6305845

    近藤 洋文、初田 弘毅、伊藤 牧八、多納 信郎、ユン キョンソン、渡邉 正義

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会論文賞

    2020年03月18日   公益財団法人 電気化学会  

    受賞者:  渡邉正義

  • 電気化学会 フェロー

    2020年03月   公益財団法人 電気化学会  

    受賞者:  渡邉正義

  • アメリカ電気化学会(ECS)フェロー

    2019年10月   アメリカ電気化学会  

    受賞者:  Masayoshi Watanabe

  • 文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門

    2017年04月19日   文部科学省   有機イオニクスの創成と材料化に関する研究  

    受賞者:  渡邉正義

  • Max Bredig Award

    2016年10月06日   アメリカ電気化学会  

    受賞者:  Masayoshi Watanabe

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ソフトマテリアルの自律性を支配するイオン液体の役割

    基盤研究(S)

    研究期間:  2015年04月  -  2020年03月  代表者:  渡邉 正義

  • イオントロニクス学理の構築

    特別推進研究

    研究期間:  2013年04月  -  2020年03月  代表者:  岩佐 義宏

  • イオン液体を用いたソフトマテリアルの創成

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  渡邉 正義

  • イオン液体と高分子のハイブリッド化による新規機能材料の創製

    基盤研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月  代表者:  渡邉 正義

  • イオン液体の科学の研究総括

    特定領域研究

    研究期間:  2005年04月  -  2011年03月  代表者:  西川 恵子

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 次世代リチウム二次電池と電解質

    渡邉正義

    ナノ学会第18回大会  (横浜国立大学 常盤台キャンパス)  2020年05月27日  

  • イオン液体系電解質を用いた次世代リチウム硫黄電池

    渡邉正義  [招待有り]

    日本化学会第100回春季大会  (東京理科大学 野田キャンパス)  2020年03月22日   公益社団法人 日本化学会

  • 研究は何処が面白いか:高分子を基盤とする電気化学に係わって

    渡邉正義

    最終講義  (横浜国立大学教育文化ホール)  2020年02月22日  

  • ゼロエミッション社会を実現する材料イノベーションの創出

    渡邉正義  [招待有り]

    Teijin Mirai Forum 2020  (大崎ブライトコアホール)  2020年02月02日  

  • From Ionic Liquids to Solvate Ionic Liquids and Beyond

    Masayoshi Watanabe  [招待有り]

    Asian Regional Workshop on Electrochemistry  (Jeju, Korea)  2020年01月10日  

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 大型電力貯蔵を目的とした新規高出力リチウム金属二次電池およびリチウムイオン二次電池

    国際共同研究  

    研究期間: 1998年  -  2001年 

  • 新しいイオン伝導性高分子の開発

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 1995年  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  エネルギー化学演習BS

  • 大学院理工学府  エネルギー化学演習BF

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019 International Conference on Lithium-Sulfur Batteries(ILSB2019) Best Poster Award

    2019年08月15日   Lithium-Sulfur Batteries  

    受賞者: 劉佳麗

     概要を見る

    Solvate Ionic Liquids as The Electrolyte of Lithium Sulfur Battery

  • 高分子学会関東支部 第2回神奈川地区講演会 優秀ポスター賞

    2019年06月28日   高分子学会関東支部  

    受賞者: 村田祥樹

     概要を見る

    高濃度電解液を用いたリチウムイオン伝導性ゲル電解質のイオン輸送特性

  • 8th International Congress on Ionic Liquids (COIL-8) Green Energy & Environment Poster Prize

    2019年05月17日   Ionic Liquids Green Energy & Environment  

    受賞者: 水野遥月

  • 横浜国立大学平成18年度ベストティーチャー賞

    2007年05月31日   横浜国立大学  

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
     
     
    関東高分子若手研究会2018年度学生発表会 優秀ポスター発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:水野遥月 題目:トリブロック共重合体から成るイオンゲルのミクロ相分離構造の可視化と物性への影響

  • 2018年12月
     
     
    IPC(The 12th SPSJ International PolymerConference)2018 Young Scientist Poster Award   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:林 英里 題目:Effect of Chemical Structure on CO2 Separation Properties of Sulfonated Polyimide Composite Membranes Containing Ionic Liquids

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 内閣府 革新的研究開発プログラム(ImPACT)、終了時評価のプログラム評価委員会

    2019年01月
    -
    2019年03月

    政府   外部専門家

  • 日本学術振興会 科学研究費委員会

    2018年12月
    -
    2019年11月

    その他   専門委員

  • 電気化学会

    2018年03月
    -
    2019年03月

    学協会   代表理事, 会長

  • 科学技術振興機構 未来社会創造事業「地球規模課題である低炭素社会の実現」領域研究開発運営会議

    2017年07月
    -
    2019年03月

    その他   外部専門家

  • 科学技術振興機構、先端的低炭素化技術開発事業推進委員会

    2017年04月
    -
    2019年03月

    その他   分化会委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 偏差値より研究テーマが面白い!/16

    サンデー毎日  サンデー毎日 

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    〔ゼミナール・ラブ!〕偏差値より研究テーマが面白い!/16 横浜国立大学 渡邉・獨古・上野研究室

  • 高エネ密度のリチウム硫黄電池開発へ

    電子デバイス産業新聞 

    2019年05月
     
     

  • TBSテレビ、未来の起源~若き研究者たちの挑戦~ 

    TBSテレビ、未来の起源 

    2018年06月
     
     

     概要を見る

    研究生の玉手亮多が出演した。

  • JST-ALCA特別重点技術領域(次世代二次電池)「次世代性能リチウム硫黄電池の開発」チームミーティング

    (JST東京本部別館、市ヶ谷、東京) 

    2014年03月
     
     

  • 神奈川県ものづくり技術交流会、大学/産業技術センター連携企画 横浜国立大学グリーンマテリアルイノベーション研究拠点「2013-2 クリーンエネルギー材料研究フォーラム」

    (県産業技術センター、海老名、神奈川県) 

    2013年10月
     
     

全件表示 >>