陳 オリビア (チェン オリビア)

CHEN Olivia

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(助教)

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://oliviachen.info



ORCID  https://orcid.org/0000-0002-2208-0262

写真a

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2004年09月
    -
    2008年06月

    東南大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    横浜国立大学  情報工学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

  • 修士(工学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    継続中
     

    IEEE

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    電子通信学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 超伝導エレクトロニクス

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アルゴリズム・ソフトウェア・ハードウェアの融合による超低電力ニューラルネット ワークの構築

    JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)  

    研究期間: 2019年10月  -  2023年03月

     概要を見る

    人工知能の急速な発展に伴う情報量が爆発的増大し、莫大な電力が消費されてしまういます。本研究課題では、半導体回路に対して5桁以上消費電力効率を持つ超伝導回路を基盤技術とする上、アルゴリズ、ソフトウェア、及びハードウェアの連携を通じて、1Wで千兆回演算級のエネルギー効率を有する新たな超低電力AIシステムの開発に挑戦します。また、本技術の応用の拡大、引いては地球温暖化の防止にもつながると考えます。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 単一磁束量子回路を用いた高性能超伝導演算 システムに関する研究

    徐秋韵

      2017年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

  • 単一磁束量子回路を用いた3n+1問題のための整数 型ハードウェアアルゴリズムの研究

    徐秋韵

      2014年03月

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • A semi-custom design methodology and environment for implementing superconductor adiabatic quantum-flux-parametron microprocessors

    Ayala Christopher L., Saito Ro, Tanaka Tomoyuki, Chen Olivia, Takeuchi Naoki, He Yuxing, Yoshikawa Nobuyuki

    SUPERCONDUCTOR SCIENCE & TECHNOLOGY   33 ( 5 )   2020年05月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • A Feedback-Friendly Large-Scale Clocking Scheme for Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Logic Datapaths

    Takeuchi Naoki, Ayala Christopher Lawrence, Chen Olivia, Yoshikawa Nobuyuki

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Design of Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Register Files Using a Top-Down Design Flow

    Chen Olivia, Saito Rey, Tanaka Tomoyuki, Ayala Christopher L., Takeuchi Naoki, Yoshikawa Nobuyuki

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Adiabatic Quantum-Flux-Parametron: Towards Building Extremely Energy-Efficient Circuits and Systems

    Chen Olivia, Cai Ruizhe, Wang Yanzhi, Ke Fei, Yamae Taiki, Saito Ro, Takeuchi Naoki, Yoshikawa Nobuyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   9   2019年07月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • ColdFlux Superconducting EDA and TCAD Tools Project: Overview and Progress

    C. Fourie, M. Botha, P. Febvre, C.L. Ayala, Q. Xu, N. Yoshikawa, E. Patrick, M. Law, Y. Wang, M. Annavaram, P. Beerel, S. Gupta, S. Nazarian and M. Pedram

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   29 ( 5 ) 1 - 7   2019年

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 米低温学会2019年度若手プロフェッショナル

    2019年03月   米低温学会  

    受賞者:  Olivia Chen

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超伝導断熱磁束量子パラメトロンを用いた低電力深層学習専用チップの開発

    若手研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  2021年04月  代表者:  CHEN Olivia

     概要を見る

    人工知能(AI)の台頭は,過去のコンピュータ革命やインターネット革命よりも人間の生活に大きな影響を与える可能性がある.人工知能を普及すると共に、莫大な電力が消費されてしまう.この電力危機を緩和するため,従来の半導体技術とくらべて,一万倍から十万倍以下の低い電力で動作可能な断熱型超伝導回路を用いることより,低電力化AIチップの実現が可能である。本研究では,1ワットの電力で1千兆回のAI演算が可能な超伝導AIチップの実現を目指す.

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • アルゴリズム・ソフトウェア・ハードウェアの融合による超低電力ニューラルネット ワークの構築

    提供機関:  科学技術振興機構 

    研究期間: 2019年10月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Young Scientist Plenaries

    Qiuyun (Olivia) Xu  [招待有り]

    2018 Applied Superconductivity Conference (ASC 2018)  2018年10月31日  

  • Computer Aided Design for Superconducting Electronics Panel

    Olivia Chen  [招待有り]

    2019 Design Automation Conference (DAC'2019)  (LAS VEGAS CONVENTION CENTER)  2019年06月02日   ACM

  • Design of Adiabatic-Quantum-Flux-Parametron Register Files Using a Top-Down Design Flow

    Q. Xu, T. Tanaka, C.L. Ayala, N. Takeuchi and N. Yoshikawa

    2018 Applied Superconductivity Conference (ASC 2018)  2018年11月01日  

  • Fabrication of Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Integrated Circuits Using an Automatic Placement Tool Based on Genetic Algorithms

    Tanaka, C.L. Ayala, Q. Xu, R. Saito and N. Yoshikawa

    2018 Applied Superconductivity Conference (ASC 2018)  2018年11月01日  

  • ColdFlux Superconducting EDA and TCAD Tools Project: Overview and Progress

    C. Fourie, M. Botha, P. Febvre, C.L. Ayala, Q. Xu, N. Yoshikawa, E. Patrick, M. Law, Y. Wang, M. Annavaram, P. Beerel, S. Gupta, S. Nazarian and M. Pedram  [招待有り]

    2018 Applied Superconductivity Conference (ASC 2018)  2018年11月01日  

全件表示 >>

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018 Summer School on Superconducting Electronics, supported by FLUXONICS, ESAS, SEFIRA Societies and the IEEE Council on Superconductivity   Superconducting electronics

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2019 ヨーロピアン応用超伝導大会

    2019年08月
     
     

    学協会   セッション司会

  • 2019 国際超伝導電子大会

    2019年07月
     
     

    学協会   プログラム委員会委員

  • 2019 グレートレークVLSIシンポジウム

    2018年11月
    -
    2019年05月

    学協会   プログラム委員会委員

  • 2018 応用超伝導大会

    2018年10月
    -
    2018年11月

    学協会   セッション司会