藪内 直明 (ヤブウチ ナオアキ)

YABUUCHI Naoaki

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

固体化学 電池 エネルギー

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.yabuuchi-lab.ynu.ac.jp/

関連SDGs




取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  大阪市立大学

  • 修士(工学) -  大阪市立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   機能発現工学専攻   教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

      東京電機大学   准教授

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

      東京理科大学   講師

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

      東京理科大学   助教

  • 2006年10月
    -
    2008年09月

      Massachusetts Institute of Technology   PostdoctoralAssociate

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 理工系のための一般化学

    鈴木 隆之, 石丸 臣一, 小林 大祐, 保倉 明子, 宮坂 誠, 藪内 直明 (担当: 単著 )

    東京電機大学出版局  2019年 ISBN: 9784501631604

    CiNii

  • Nanotechnology in Advanced Electrochemical Power Sources

    (担当: 分担執筆 )

    Pan Stanford Publishing  2017年10月

  • 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発

    (担当: 分担執筆 )

    技術情報協会  2017年02月

     概要を見る

    本著では全固体電池の研究の進展について取りまとめている。固体電解質、固体活物質など、電池の安全性を大きく向上させることが期待されている固体電池に関して、幅広い内容で執筆されている。 (担当部分)pp. 222-229 第5節 “異種元素で置換したリチウム・ニオブ・チタン複合酸化物正極材料”の執筆を担当した。酸化物イオンの電荷補償を利用する新しいリチウム電池用正極材料に関する研究成果とその全固体電池の応用の可能性について執筆した。 (著者)藪内 直明

  • 電池技術 28巻

    (担当: 分担執筆 )

    電気化学会電池技術委員会  2016年09月

     概要を見る

    本著では(社)電気化学会電池技術委員会による電池技術の研究について最新動向についてまとめたものである。リチウムイオン電池だけではなく、次世代の蓄電池研究の最新の成果について記載している。 (担当部分)pp. 44-50 “酸化物イオンの固相酸化還元反応を利用するLi3NbO4系新規高容量電極材料”の執筆を担当した。酸化物イオンの電荷補償を利用する新しいリチウム電池用正極材料に関する研究成果について執筆した。 (著者)藪内 直明

  • ナトリウムイオン二次電池の開発と二次電池の市場展望

    (担当: 分担執筆 )

    シーエムシー出版  2015年11月

     概要を見る

    本著では次世代電池として期待されているナトリウムイオン電池の研究の最新動向を扱っている。材料開発や電池開発の最新の研究成果が取り扱われており、ナトリウムイオン電池の将来的な市場展望も紹介している。 (担当部分)pp. 35-42, 第1章 Naイオン電池用材料の研究開発 第2節“材料開発”を執筆。ナトリウムイオン電池用の層状酸化物の開発動向を取りまとめて執筆している。特に高容量鉄・マンガン系材料についてまとめて執筆している。 (著者)藪内 直明

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 次世代リチウムイオン蓄電池用LiCo1/3Ni1/3Mn1/3O2の固体電気化学に関する研究

    藪内 直明

      2006年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    リチウムイオン電池用新規リチウムインサーション材料としてコバルト・ニッケル・マンガン系3元系材料の研究を行った。コバルト・ニッケル・マンガン複合水酸化物を原料として用いることで、結晶性の高い単相試料の合成に初めて成功している。また、得られた試料について、X線結晶構造解析、X線吸収分光法、電子顕微鏡、第一原理計算を行うことで、詳細な結晶構造解析と充放電反応機構の解明に成功している。通常の層状材料では遷移金属イオンは3価の状態で存在することが一般的であるが、結晶構造と電子状態の解析の結果、ニッケルが2価、マンガンが4価として存在していることを明らかにしている。また、これらの結果は第一原理計算にも支持されている。さらに、得られた材料について詳細な電気化学的キャラクタリゼーションを行っており、コバルト系層状材料よりも大きな可逆容量を発現することを明らかにしており、現在ではこれらの材料は実電池にも利用されている。

論文 【 表示 / 非表示

  • Activation and stabilization mechanisms of anionic redox for Li storage applications: Joint experimental and theoretical study on Li2TiO3–LiMnO2 binary system

    Yuki Kobayashi, Miho Sawamura, Sayaka Kondo, Maho Harada, Yusuke Noda, Masanobu Nakayama, Sho Kobay … 全著者表示

    Materials Today     2020年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Structural Analysis of Sucrose-Derived Hard Carbon and Correlation with the Electrochemical Properties for Lithium, Sodium, and Potassium Insertion

    Kei Kubota, Saori Shimadzu, Naoaki Yabuuchi, Satoshi Tominaka, Soshi Shiraishi, Maria Abreu-Sepulve … 全著者表示

    Chemistry of Materials   32 ( 7 ) 2961 - 2977   2020年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Charge Compensation Mechanism of Lithium-Excess Metal Oxides with Different Covalent and Ionic Characters Revealed by Operando Soft and Hard X-ray Absorption Spectroscopy

    Yamamoto Kentaro, Zhou Yingying, Yabuuchi Naoaki, Nakanishi Koji, Yoshinari Takahiro, Kobayashi Tak … 全著者表示

    CHEMISTRY OF MATERIALS   32 ( 1 ) 139 - 147   2020年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Material Design Concept of Lithium‐Excess Electrode Materials with Rocksalt‐Related Structures for Rechargeable Non‐Aqueous Batteries

    Naoaki Yabuuchi

    The Chemical Record ( Wiley Online Library )  Vol.19 ( 4 )   2019年10月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Nanosize Cation‐Disordered Rocksalt Oxides: Na2TiO3–NaMnO2 Binary System

    Tokio Kobayashi, Wenwen Zhao, Hongahally Basappa Rajendra, Keisuke Yamanaka, Toshiaki Ohta, N … 全著者表示

    SmallEarly View ( Wiley Online Library )  16   1902462 - 6 pages   2019年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Tunining cation migration

    Naoaki Yabuuchi

    Nature Materials   19   372 - 373   2020年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI

  • リチウムイオン電池の発展の歴史と将来展望

    藪内 直明

    PF NEWS   37   9 - 14   2020年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 酸化物イオンの電荷補償を利用する蓄電池用マンガン系高容量正極材料

    ケミカル・エンジニアリング   63 ( 9 ) 676 - 682   2018年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  

  • 酸化物イオンの電荷補償を利用するリチウムイオン電池用高容量正極材料

    固体物理   53 ( 6 ) 51 - 58   2018年06月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  

  • 特集 層状物質 「ナトリウムイオン電池用クロム・チタン系層状酸化物」

    日本セラミックス協会誌 セラミックス   53 ( 5 ) 348 - 390   2018年

    総説・解説(大学・研究所紀要)  

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Global Star Award

    2019年01月28日   The American Ceramics Society, Engineering Ceramic Division  

    受賞者:  藪内 直明

  • The Periodic Table of Younger Chemists (Niobium)

    2018年12月20日   International Union of Pure and Applied Chemistry (IUPAC)  

    受賞者:  藪内 直明

     概要を見る

    https://iupac.org/100/pt-of-chemist/

  • Clarivate Analytics, Highly Cited Researchers

    2018年11月27日   Clarivate Analytics  

    受賞者:  藪内 直明

     概要を見る

    https://hcr.clarivate.com/

  • 平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2014年04月07日   文部科学省   新規インサーション材料の探索と機能発現機構に関する研究  

    受賞者:  藪内直明

  • ISE Prize for Applied Electrochemistry

    2013年07月02日   International Society of Electrochemistry   Toward Development of High-Energy Li/Na Insertion Materials for Rechargeable Batteries  

    受賞者:  Naoaki Yabuuchi

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Nanostructured Materials for High Capacity Positive Electrode Materials

    Naoaki Yabuuchi  [招待有り]

    10th The Asian Conference on Electrochemical Power Sources and the 2019 Annual Meeting of Electrochemical Society of Taiwan (ACEPS 10)  2019年11月24日  

  • Nanostructured Mn-Based High-Capacity Positive Electrode Materials

    Naoaki Yabuuchi  [招待有り]

    International conference for advanced cathodes in lithium & sodium ion batteries (ICAC2019)  2019年11月12日  

  • Development of New Niobium-based Oxides for High-capacity Positive Electrode Materials

    Naoaki Yabuuchi  [招待有り]

    Niobium-based Materials for Batteries and Advanced Electrochemical Energy Storage  2019年11月07日  

  • Factors Affecting Reversibility of Anionic Redox for Li-excess Metal Oxides as Positive Electrode Materials of Lithium Batteries

    Naoaki Yabuuchi  [招待有り]

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13)  2019年10月27日  

  • Mn-based electrode materials for high-energy rechargeable Li/Na batteries

    N. Yabuuchi  [招待有り]

    Asia Pacific Society for Materials Research 2019 Annual Meeting (APSMR 2019 Annual Meeting)  (Hokkaido, Japan)  2019年07月26日   Asia Pacific Society for Materials Research

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Electrochemisty

    2018年04月
    -
    2020月03日
     

  • 電気化学

    2018年04月
    -
    2020月03日
     

  • Science and Technology of Advanced Materials (STAM)

    Associate Editor 

    2017年07月
    -
    継続中
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  化学EP演習Ⅲ

  • 理工学部  固体物性化学

  • 理工学部  無機化学Ⅰ

  • 理工学部  蓄エネルギー工学

  • 大学院理工学府  PSDキャリアデザイン特論

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月
     
     
    第87回電気化学会 優秀学生発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者 小林朗生 発表題目 マンガン系ナトリウム過剰酸フッ化物材料の結晶構造及び電気化学特性

  • 2019年10月
     
     
    The Ceramics Society of Japan, PACRIM13 Best Poster Award (Session 20 Ceramics for Rechargeable Energy Storage)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者 Itsuki Konuma 発表題目 “Li2TiO3 – LiVO2 Binary Oxides as High Capacity Positive Electrode Material” 学会名 The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13) 受賞日:2019年10月29日

  • 2019年03月
     
     
    第86回電気化学会 優秀学生講演賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者 小沼樹 発表題目リチウム過剰バナジウム化合物の合成と電気化学特性

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省 科学技術専門家ネットワーク

    2020年04月
    -
    2021年03月

    政府   専門調査員

  • 日本化学会 第100春季大会 アドバンスド テクノロジー プログラム (ATP) セッション 化学が導く未来のエネルギー 蓄電社会の実現へ: Eモビリティから定置型まで

    2020年03月
     
     

    学協会   オーガナイザー

  • ICACC 2020 S6 Advanced Materials and Technologies for Rechargeable Energy Storage

    2020年01月
     
     

    学協会   Symposium Organizer

  • Materials Research Meeting 2019 (MRM2019), Symposium F-1 Battery Materials and Sustainability

    2019年12月
     
     

    学協会   Symposium Organizer

  • The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13), Session 20 Ceramics for Rechargeable Energy Storage

    2019年10月
     
     

    学協会   Symposium Organizer

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • news every(日本テレビ)

    日本テレビ  news every. 

    2020年09月
     
     

     概要を見る

    放送日時:2020年9月16日(水)15:50-19:00 放送内容:山の手線で起きた火災事故に関してコメント

  • 二次電池の現状と将来2019

    東海化学工業会セミナー 

    2019年11月
     
     

     概要を見る

    公演題目 脱化石燃料社会に向けた二次電池の役割

  • 第4回二次電池関連技術分科会 及び 第2回 AMIC セミナー

    三重県工業研究所 

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    公演題目 リチウム・ナトリウム電池用電極材料の研究の新展開

  • つくばエクスプレスにおけるリチウムイオン電池火災に関して

    日本テレビ  Nwes Every  

    2019年06月
     
     

     概要を見る

    工学研究院 藪内直明教授が、つくばエクスプレスにおけるリチウムイオン電池火災に関するコメントをします。

  • 充電1回、東京ー大阪走破へ

    日本経済新聞(2018年12月24日) 

    2018年12月