山本 展彰 (ヤマモト ノブアキ)

YAMAMOTO Nobuaki

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

講師

YNU研究拠点

ELSI研究拠点


YNU研究拠点 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    2023年3月

    大阪大学   法学研究科法学・政治学専攻博士後期課程   博士課程   修了

  • 2015年4月
    -
    2017年3月

    大阪大学   法学研究科法学・政治学専攻博士前期課程   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2011年4月
    -
    2015年3月

    大阪大学   法学部   法学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学) - 大阪大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2024年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    2024年3月

      大阪大学   社会技術共創研究センター総合研究部門   特任助教(常勤)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2019年9月
    -
    現在
     

    九州法理論研究会

  • 2018年11月
    -
    現在
     

    法哲学・社会哲学国際学会連合(IVR)日本支部

  • 2017年7月
    -
    現在
     

    日本法哲学会

  • 2017年4月
    -
    現在
     

    法理学研究会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 基礎法学  / 法理学=法哲学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 介入主義を応用した法的因果関係の構造の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2021年4月 - 2024年3月

     詳細を見る

    従来の法的因果関係論には、事実的な因果関係の有無を判断するために用いられる反事実条件文への批判や自然科学的因果関係との相違といった課題がある。これらの課題に対応するためには、法的因果関係の構造を明確化することが必要である。本研究の目的は、近年の哲学における因果関係論で有力な介入主義を応用することで、法的因果関係の構造を明確化することである。介入主義は、因果モデルの構築により、一般的な因果関係の法則と個別具体的な出来事間の因果関係の構造を明らかにしようとする立場である。本研究では、①介入主義の精査、②単称因果を対象とした構造方程式の変数の解明、③因果モデルの検証と法的因果関係の構造解明、を行う。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 法的因果関係の法理学的検討:ハート=オノレから介入主義へ

    山本展彰

    2023年3月

    学位論文(博士)   単著  

  • 法的因果関係の再検討-ハート=オノレの議論を手がかりに-

    山本展彰

    2017年3月

    学位論文(修士)   単著  

論文 【 表示 / 非表示

  • 介入主義を応用した法的因果関係論の構想

    山本展彰

    阪大法学   72 ( 6 )   136 - 98   2023年3月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 法的因果関係における反事実条件文の法理学的検討(二・完)

    山本展彰

    阪大法学   72 ( 1 )   97 - 123   2022年5月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 法的因果関係における反事実条件文の法理学的検討(一)

    山本展彰

    阪大法学   71 ( 6 )   95 - 115   2022年3月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • AIをめぐる法的因果関係に関する一考察:ハート=オノレの法的因果関係論を出発点に

    山本展彰

    Co*Design   ( 10 )   91 - 109   2021年7月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 活断層直上の土地利用規制の可能性と限界:活断層型地震対策に関する法制度の日米比較

    山本展彰

    Co*Design   ( 8 )   111 - 133   2020年8月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • デジタル技術を利活用した防災に関する課題の体系的整理

    山本展彰=大津真実=坂本樹=福田雅樹

    ELSI NOTE   ( 35 )   1 - 48   2024年1月

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   単著  

  • スマートシティをめぐるELSI研究に向けた先行事例の調査:先行事例を踏まえたELSI論点の例示

    山本展彰=西村友海=大津真実=上本翔大=福田雅樹

    ELSI NOTE   ( 20 )   1 - 36   2022年9月

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 地域の活性化に資する魅力ある駅前広場の提案:なんば・ミナミが目的地として選ばれるために

    後藤剛志=山本展彰=渡辺海=河内健吾

    Co*Design   ( 4 )   33 - 58   2019年2月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   単著  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 介入主義を応用した法的因果関係の構造の解明

    2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  日本学術振興会科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    代表者:山本展彰

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 法哲学から見た総合知

    山本展彰  [招待有り]

    新規技術と法研究会(横浜ELSI研究会)  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • A Conception of Legal Causation Theory with Application of Interventionist Accounts

    Nobuaki YAMAMOTO

    The 2nd IVR Japan International Conference  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiba University Nishi-Chiba Campus   国名:日本国  

  • 法的因果関係の法理学的検討:ハート=オノレから介入主義へ

    山本展彰

    九州法理論研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 介入主義を応用した法的因果関係論の構想

    山本展彰

    日本法哲学会学術大会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中央大学後楽園キャンパス   国名:日本国  

  • 介入主義を応用した法的因果関係論の構想

    山本展彰

    法理学研究会  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

全件表示 >>