山本 伸次 (ヤマモト シンジ)

YAMAMOTO Shinji

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

准教授

生年

1978年

研究分野・キーワード

地質学、岩石・鉱物学、地球システム科学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-5297-8703

写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    東京工業大学   理学部   地球惑星科学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    東京工業大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士課程  修了

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    東京工業大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年12月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   自然環境と情報部門   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   自然環境専攻   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   都市科学部   環境リスク共生学科   准教授  

  • 2015年12月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   准教授  

  • 2015年12月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   環境生命学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年11月

      東京大学大学院総合文化研究科   特任研究員

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

      東京大学大学院総合文化研究科   日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

      東京工業大学大学院理工学研究科   東京工業大学大学院理工学研究科   特別教育研究プロジェクト研究員

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

      東京工業大学大学院理工学研究科   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    継続中
     

    日本鉱物科学会

  • 2013年06月
    -
    継続中
     

    日本地球化学会

  • 2006年09月
    -
    継続中
     

    日本地質学会

  • 2003年12月
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合

  • 2003年10月
    -
    継続中
     

    国際地球化学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 岩石・鉱物・鉱床学

  • 地質学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 超深部マントルからきた岩石:チベットのポディフォームクロミタイト

    研究期間: 2001年04月  -  継続中

  • 鉱物に残されたマントル物質循環の記録解読

    研究期間: 2004年04月  -  継続中

  • 大陸の増加と減少: 構造侵食作用の視点

    研究期間: 2009年04月  -  2013年03月

  • 鉱物単結晶から地球磁場記録を解読する試み

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

  • 初期地球における隕石衝突の記録解読

    研究期間: 2015年04月  -  継続中

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Ultra-deep origin of the podiform chromitite in the Luobusa ophiolite, Southern Tibet

    Yamamoto Shinji

      2007年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 海はどのようにしてできたのか

    山本伸次

    理科の探検   21   30 - 33   2016年08月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 構造浸食作用 ―太平洋型造山運動論と大陸成長モデルへの新視点―

    山本伸次

    地学雑誌   119 ( 6 ) 963 - 998   2010年12月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Island Arc Award 2016

    2017年09月20日   日本地質学会  

    受賞者:  山本伸次 他

  • Island Arc Most Downloaded Award

    2015年09月18日   日本地質学会  

    受賞者:  山本伸次 他

  • 日本地質学会小澤儀明賞

    2012年09月15日   日本地質学会  

    受賞者:  山本伸次

  • Gondwana Research 2009 Best Paper Award

    2010年09月01日   Elsevier  

    受賞者:  山本伸次 他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ポスト冥王代

    新学術領域研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  磯崎行雄

  • 川砂ジルコンを用いた新手法による過去40億年間の古地磁気強度記録の復元

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2017年03月  代表者:  佐藤雅彦

  • 初期地球における隕石衝突の記録解読

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 横浜工業会海外研究者招聘事業

    提供機関:  横浜工業会 

    研究期間: 2018年07月  -  2018年08月  代表者:  山本伸次

  • ジルコンに保存された微小包有物から初期地球環境を読み解く

    提供機関:  大学共同利用機関法人自然科学研究機構  平成28年度アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2016年07月  -  2017年03月  代表者:  山本伸次

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Research proposal for the Hadean geoscience in the Eoarchean high-grade orthogneiss, Mount Sones, Endarby Land, Antarctica

    Shinji Yamamoto

    The Tenth Symposium on Polar Science  (National Institute of Polar Research)  2019年12月06日   National Institute of Polar Research

  • An evaluation of impact dating for shocked zircons with planar features (PFs) in the Vredefort dome by LA-ICP-MS multi-spot analysis

    山本伸次、加藤大雅

    ⽇本地球惑星科学連合2019年⼤会  (幕張メッセ)  2019年05月29日   ⽇本地球惑星科学連合

  • アカスタ片麻岩体の初期太古代岩石の地質とジルコンU-Pb年代

    上原 啓幹, 小宮 剛, 石川 晃, 山本 伸次, 青木 翔吾, 昆 慶明, 坂田 周平

    日本地質学会学術大会講演要旨  2018年   一般社団法人 日本地質学会

    DOI CiNii

  • 砕屑性ジルコンを用いた冥王代火成活動変動の推定

    坂田 周平, 大林 秀行, 山本 伸次, 磯崎 行雄, 大野 剛, 平田 岳史

    日本地球化学会年会要旨集  2018年   一般社団法人日本地球化学会

     概要を見る

    <p>西オーストラリア・ジャックヒルズ地域に産出する変礫岩中ジルコンのウラン鉛年代測定と微量元素濃度分析より、冥王代を通じた火成活動機構の時間変動を推定した。分析の結果、約42億年前より以前のジルコンの母岩は海洋島火山岩タイプであることが推測され、その結晶化温度も700℃以上であると算出された。一方、約42億年前以後のジルコンを晶出した火成活動は海洋島型に加え、沈み込み帯や中央海嶺型が卓越することを示唆する結果となった。このようにジャックヒルズ冥王代ジルコンを生み出す火成活動様式は、中期(約42-44億年)から後期(約42億年前以後)へと変化しており、その原因のさらなる究明が待たれる。</p>

    DOI CiNii

  • 深部マントル内の沈み込んだ大陸地殻物質:北海道幌満カンラン岩から分離したダイヤモンド、ジルコン及びルチル

    李 毅兵, 丸山 茂徳, Yang Jinsui, 新井田 清信, 山本 伸次, Lin Yangtin, Li Qiuli, Tian Min, 昆 慶明, 小宮 剛

    日本地質学会学術大会講演要旨  2018年   一般社団法人 日本地質学会

    DOI CiNii

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 津波・地震防災

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 北東アジアのテクトニクス

    提供機関: 中国・東北大学  国際共同研究  

    研究期間: 2019年05月  -  継続中 

  • インドにおける冥王代ジルコンの探査

    国際共同研究  

    研究期間: 2018年07月  -  継続中 

  • かんらん岩に残された地殻-マントルリサイクルの記録解読

    提供機関: 中国地質科学院  国際共同研究  

    研究期間: 2015年04月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  地球科学・生態学の手法

  • 大学院環境情報学府  地球システム変動論演習

  • 大学院環境情報学府  地球システム変動論

  • 大学院環境情報学府  地球科学特別実験

  • 大学院環境情報学府  地球科学特別講義

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 埼玉大学教育学部   2015年度「自然観察入門」

  • 北里大学理学部   2020年度「地球化学」

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本地質学会

    2020年09月
    -
    2022年09月

    学協会   代議員(全国区)

  • 日本地質学会関東支部

    2017年04月
    -
    継続中

    学協会   幹事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度 夢ナビ講義ライブ・Talk 出演

    フロムページ  夢ナビライブ2019 

    2019年07月
     
     

  • 気候変動シンポジウム 企画・開催・司会

    日本地質学会関東支部・横浜国立大学都市科学部  (横浜国立大学) 

    2018年03月
     
     

  • さくらサイエンス・新モンゴル高校生への模擬講義

    横浜国立大学  (横浜国立大学) 

    2017年12月
     
     

  • 神奈川県立光陵高校サイエンスカフェ 講演

    神奈川県立光陵高校 

    2017年11月
     
     

  • 第51回横浜国立大学サイエンスカフェ 講演

    横浜国立大学 

    2016年11月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      環境情報リテラシー科目委員長   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2019年03月
      学生IR統括部会委員   (全学委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      環境リスク共生学科・教務厚生委員   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      就職担当委員   (専攻内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2018年03月
      国際教育WG委員   (全学委員会)

全件表示 >>