安野 舞子 (ヤスノ マイコ)

YASUNO Maiko

所属組織

高大接続・全学教育推進センター

職名

准教授

研究キーワード

リーダーシップ教育、高等教育、人と動物の関係学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年12月

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校 教育学大学院   教育学研究科   高等教育専攻   博士課程   修了

  •  
    -
    2001年6月

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校 教育学大学院   教育学研究科   高等教育専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1997年3月

    創価大学   法学部   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. in Education - カリフォルニア大学ロサンゼルス校

  • M.A. in Education - カリフォルニア大学ロサンゼルス校

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   高大接続・全学教育推進センター   准教授  

  • 2015年4月
    -
    2016年3月

    専任   横浜国立大学   大学教育総合センター   准教授  

  • 2012年4月
    -
    2015年3月

    専任   横浜国立大学   大学教育総合センター   講師  

  • 2009年12月
    -
    2012年3月

    専任   横浜国立大学   大学教育総合センター   特任教員(講師)  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年4月
    -
    2009年12月

      創価大学   教育・学習支援センター   助教

  • 2006年6月
    -
    2008年3月

      創価大学   教育・学習活動支援センター   特別センター員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 臨床心理学  / 人と動物の関係学

  • その他 / その他  / 高等教育

 

著書 【 表示 / 非表示

  • リーダーシップの探求 ―変化をもたらす理論 と実践

    日向野 幹也、泉谷 道子、丸山 智子、安野 舞子( 担当: 共訳)

    早稲田大学出版部  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 学習者中心の教育: アクティブラーニング を活かす大学授業

    関田 一彦、山崎 めぐみ、伊藤 貴雄、富岡 比呂子、牛田 伸一、安野 舞子( 担当: 共訳)

    勁草書房  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 高等教育の質とその評価:日本と世界

    山田 礼子、館 昭、小林 雅行、山本 眞一、田中 正弘、森 利枝、杉谷 裕美子、木村 拓也、西郡 大、安野 舞子、山崎 慎一、境 完( 担当: 共著 ,  範囲: JCSSに見る大学教育におけるアクティブ・ ラーニングの状況)

    東信堂  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 大学教育アセスメント 入門:学修成果を評価 するための実践ガイド

    関田 一彦、山崎 めぐみ、安野 舞子( 担当: 共訳)

    ナカニシヤ出版  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Spirituality Into Action: Exploring the spiritual dimensions of college student activists and their leadership for social change

    Maiko Yasuno

    2004年12月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本人大学生のリーダーシップ・アイデンティティ発達過程の探究

    泉谷 道子、安野 舞子

    産業・組織心理学研究   30 ( 1 )   59 - 69   2016年9月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 大学におけるリーダーシップ・プログラムの開発に関する考察―米国の事例を手がかりに―

    泉谷 道子、安野 舞子

    大学教育研究ジャーナル   ( 12 )   38 - 47   2015年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:徳島大学   共著  

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 学生が主体的に学びデザインできる仕組みの構築を目指して

    関谷 隆夫、市村 光之、安野 舞子

    大学マネジメント   ( 196 )   12 - 19   2021年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高齢者と伴侶動物の福祉を連携させるサポート・システムの構築

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:安野 舞子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 大学生のメンタルヘルスケアに有効な動物介在プログラムの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    代表者:安野 舞子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 大規模継続データの構築を通した大学生の認知的・情緒的成長過程の国際比較研究

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:山田礼子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 学生・教員アンケートから見る遠隔授業の利点と課題--FDの視点から--

    安野 舞子

    第27回大学教育研究フォーラム  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 大学生のメンタル ヘルスと学習意欲の 向上に有効な動物介在 プログラムの開発: 保護猫を介在動物に 採用するいのちを繋ぐ 取組み

    安野 舞子

    人と動物の関係学会第23回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学  

  • 大学生のメンタル ヘルスケアに有効な 動物介在活動の可能性 について

    安野 舞子

    第22回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • リーダーシップ・ アイデンティティと その発達過程に関する 考察

    泉谷 道子、安野 舞子

    大学教育学会第36回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  • ユニバーサル段階の 大学教育における リーダーシップ養成: 米国におけるその発展 と特徴

    泉谷 道子、安野 舞子

    大学教育学会第35回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   人と動物の幸せな共生を考える

    教養教育科目

  • 2022年度   横浜学--地域の再発見--

    教養教育科目

  • 2022年度   英語ライティング

    教養教育科目

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • Global Citizenship Program プログラムゼミI(キャリア&リーダーシップ)

    機関名:創価大学

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校「令和3年度 研究授業・研究協議」研修会での講評

    役割:コメンテーター, 助言・指導

    2021年10月

  • インターネット番組への出演

    役割:コメンテーター, 情報提供

    日本テレビnews zeroのネット配信番組「Update the world」  2021年9月

  • 神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校「令和3年度 授業力向上・授業研究」研修会での講演

    役割:講師

    2021年9月