吉田 圭一郎 (ヨシダ ケイイチロウ)

YOSHIDA Keiichiro

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 社会科教育

職名

教授

研究分野・キーワード

自然地理学,植生地理学,生物地理学

ホームページ

http://www.sse.ynu.ac.jp/geo/index.html

関連SDGs




取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東京都立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   社会科教育   教授  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   社会科教育   教授  

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   社会科教育   教授  

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   社会科教育   准教授  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   社会科教育   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

      東京学芸大学   大学院連合学校教育学研究科   兼職教員

  • 2010年02月
    -
    2011年01月

      University of Hawaii at Manoa   Botany Department   Research Scholar

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      国立環境研究所日本学術振興会   科学技術   特別研究員

  • 2002年01月
    -
    2002年03月

      科学技術振興事業団   国立環境研究所   科学技術特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本地理学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本地理教育学会

  • 2011年10月
    -
    継続中
     

    Pacific Science Association

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    日本植生史学会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    植生学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 亜熱帯島嶼において外来植物が島嶼生態系に与える影響に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 生態系の機能と動態の観測に基づく地球温暖化にともなう常緑・落葉広葉樹林帯境界の変動メカニズムの解明

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • 長期気候変動が小笠原諸島の島嶼生態系に与える影響に関する研究

    研究期間:  - 

  • 地球温暖化による熱帯高山の氷河縮小が生態系に及ぼす影響の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • ブラジル・セルトンでの人間活動によるカーチンガ植生への影響

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • みわたす・つなげる自然地理学

    小野映介,吉田圭一郎 (担当: 共編者 )

    古今書院  2021年10月 ISBN: 9784772281201

    Amazon

  • 世界自然遺産小笠原諸島 ―自然と歴史文化―

    吉田圭一郎 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 小笠原の地形と地質をめぐるエクスカーション )

    朝倉書店  2021年03月 ISBN: 9784254180589

    Amazon

  • 新しい社会 地理 (令和3年度 中学校社会科用 文部科学省検定済教科書)

    矢ケ﨑典隆,坂上康俊,谷口将紀ほか107名,吉田圭一郎 (担当: 共著 )

    東京書籍  2021年02月 ISBN: 9784487123315

  • 森林学の百科事典

    吉田圭一郎 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 世界の植物群系 )

    丸善出版  2021年01月 ISBN: 9784621305843

    Amazon

  • 現代地政学事典

    吉田圭一郎 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 熱帯雨林の破壊と保全(ブラジル) )

    丸善出版  2020年01月 ISBN: 9784621304631

    Amazon

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • カーチンガ:ブラジル北東部における熱帯乾燥林の現状と今後の課題

    吉田圭一郎

    横浜国立大学教育学部紀要. Ⅳ, 自然科学 ( 横浜国立大学教育学部 )  4   31 - 42   2021年03月

    単著

    DOI

  • ブラジル北東部における水分条件の季節変化に対するカーチンガ構成樹木の葉フェノロジーの応答

    吉田圭一郎, 宮岡邦任

    E-journal GEO ( 公益社団法人 日本地理学会 )  15 ( 2 ) 307 - 318   2020年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>ブラジル北東部には熱帯乾燥林のカーチンガが分布する.本研究では,ペルナンブコ州ペトロリーナ近郊のカーチンガを対象に,フェノロジーと立地環境の水分条件との関連性を検討した.その結果,カーチンガ構成樹木の葉フェノロジーは水分条件の季節変化とよく対応しており,カーチンガ構成樹木は雨季開始直後のわずかな水分条件の変化に素早く応答して展葉していた.その後2週間程度で成熟した林冠が形成されており,カーチンガ構成樹木は不規則な降水に適応した生活史を持っていた.落葉は雨季の終わりから徐々に進行しており,カーチンガ構成樹木は樹体内の水分状態を調整することで,乾季の高い水ストレスの中でもしばらくは生産活動を継続するものと推察された.これらの結果から,水分条件に敏感に応答する葉フェノロジーにより,カーチンガ構成樹木は半乾燥域の限られた水資源を効率よく利用できていると考えられた.</p>

    DOI CiNii

  • 2018/2019 年寒候期の利尻島における森林内の積雪深の季節変化

    吉田圭一郎・比嘉基紀

    利尻研究 ( 利尻町立博物館 )  ( 39 ) 63 - 69   2020年03月

    共著

     概要を見る

    We conducted continuous measurements of snow depth during the 2018/2019 winter (from No- vember 2018 to April 2019), in order to investigate the seasonal variations of snow depth in the forests of Rishiri Island, Hokkaido, Japan. We installed the interval digital cameras at Rishiri Town Museum (25m altitude) and on the west-facing slope of Mt. Rishiri (200m altitude), and interpreted snow depths from the daily images of the measuring tape on a tree trunk. The first snow cover was recorded in late November, and the continuous snow-cover period started at the beginning of December at both observation sites. The snow depth at the higher altitude site was always greater than at the lower site throughout the 2018/2019 winter. The snow depths rapidly decreased during periods when the mean daily temperature was continu- ously above freezing at both observation sites. Reflecting the altitudinal difference in air temperature, the continuous snow-cover period on the west-facing slope of Mt. Rishiri was 25 days longer than at the Rishiri Town Museum. These results suggest that mountainous terrain and altitude affect the amount of snowfall, and that was significantly correlated with the air temperature during the snowmelt season on Rishiri Island.

  • 八丈島におけるスダジイ集団枯損の空間分布とその地形依存性

    吉田圭一郎,杉山ちひろ

    地理学評論 ( 日本地理学会 )  90 ( 5 ) 491 - 503   2017年09月  [査読有り]

    共著

    CiNii

  • An upward elevation shift of native and non-native vascular plants over 40 years on the island of Hawai'i

    Dai Koide, Keiichiro Yoshida, Curtis C. Daehler, Dieter Mueller-Dombois

    Journal of Vegetation Science   28 ( 5 ) 939 - 950   2017年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「地理総合」

    吉田圭一郎

    じっきょう資料(地歴・公民資料)   ( 92 ) 7 - 7   2021年04月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    特集 新教育課程に向けて 教科書執筆にあたって

  • (書評)琉球列島の里山誌 おじいとおばあの昔語り

    吉田圭一郎

    地理学評論   92 ( 6 ) 410 - 411   2019年11月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • (書評)生態系生態学 第2版

    吉田圭一郎

    地理学評論   92 ( 4 ) 243 - 244   2019年07月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • (書評)水辺の樹木誌

    吉田圭一郎

    植生史研究   26 ( 2 )   2017年12月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • (書評)北海道外来植物便覧

    吉田圭一郎

    植生史学研究     2017年02月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会奨励賞

    2003年11月   日本植生史学会  

    受賞者:  吉田圭一郎

  • 第49回日本生態学会大会 ポスター優秀賞

    2002年03月   日本生態学会  

    受賞者:  吉田圭一郎他

  • The Prize for the Student Presentation (the 43rd IAVS Symposium)

    2000年07月   The International Association for Vegetation Science  

    受賞者:  Yoshida, K.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 森林動態を考慮した植生帯移動の地形依存性の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月 

  • 安定した立地における森林動態を考慮した地形ー植生関係の実証的解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  吉田圭一郎

  • ブラジル・セルトンの急激なバイオ燃料原料の生産増加と水文環境からみた旱魃耐性評価

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  宮岡邦任

  • 地球温暖化による熱帯高山の氷河縮小が生態系や地域住民に及ぼす影響の解明

    基盤研究(A)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月 

  • 気候変化が外来植物の生物学的侵入に与える影響に関する生物地理学的研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 八ヶ岳南東麓におけるドローンを用いたミズナラ二次林のモニタリング

    濱侃,吉田圭一郎

    日本地理学会2020年春季学術大会  2020年03月  

  • ミズナラ二次林の20年間の林分構造の変化

    吉田圭一郎他

    日本地理学会2020年春季学術大会  2020年03月  

  • リモートセンシングを用いた熱帯季節乾燥林における灌漑農地周辺の 樹木フェノロジー観測

    濱侃,吉田圭一郎

    陸水物理学会第41 回研究発表会  2019年11月09日  

  • 熱帯季節乾燥林における樹木フェノロジーの灌漑による変化

    吉田圭一郎,濱侃,宮岡邦任

    植生学会第24回大会  (弘前大学)  2019年10月06日   日本植生学会

  • ブラジル北東部において灌漑による水文環境の変化が熱帯季節乾燥林に与える影響

    吉田圭一郎他

    植生学会第23回大会  (宇都宮大学)  2018年10月   日本植生学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院教育学研究科  自然地理学講義Ⅰ

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

  • 大学院教育学研究科  教育デザイン

  • 教養教育科目  人と自然のかかわり

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本植生史学会

    2017年04月
    -
    2017年12月

    学協会   選挙管理委員長

  • 地理学評論編集専門委員会

    2016年04月
    -
    2022年03月

    学協会   編集幹事

  • 公益社団法人日本地理学会

    2016年04月
    -
    2018年03月

    学協会   代議員

  • 日本植生史学会編集委員会

    2015年10月
    -
    2019年09月

    学協会   編集委員

  • ECO-TOPプログラム認定審査会検討部会

    2012年10月
    -
    2017年09月

    自治体   検討部会委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 教員免許状更新講習

    2020年07月
     
     

  • 歩いて知ろう鎌倉の歴史と地理

    横浜国立大学教育学部 

    2019年11月
     
     

  • 歩いて見に行こう神奈川の歴史と地理 6.金沢八景

    横浜国立大学教育学部 

    2019年11月
     
     

  • 歩いて見に行こう神奈川の歴史と地理 5.藤沢

    横浜国立大学教育学部  (藤沢市内) 

    2018年10月
     
     

  • 歩いて知ろう横浜・吉田新田の歴史と地理

    横浜国立大学教育学部  (横浜市内) 

    2018年08月
     
     

全件表示 >>