吉田 昌平 (ヨシダ ショウヘイ)

YOSHIDA Shohei

所属組織

国際戦略推進機構

職名

教授

生年

1957年

研究キーワード

アラビア語言語学、音韻論、日本語教育

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    ロンドン大学東洋アフリカ研究院   言語科学研究科   言語学   修了

  •  
    -
    1985年7月

    ロンドン大学ユニバーシティ・コレッジ   言語科学研究科   理論言語学   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1983年10月
    -
    1984年7月

    ロンドン大学University College London   Phonetics and Linguistics   言語学ディプロマ   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 言語学修士 - イギリス

  • 言語学博士 - イギリス

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   国際戦略推進機構   教授  

  • 2000年4月
    -
    2013年3月

    専任   横浜国立大学   留学生センター   教授  

  • 1996年7月
    -
    2000年3月

    専任   横浜国立大学   留学生センター   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年2月
    -
    2021年3月

      カイロ大学   客員教授

  • 2017年2月
    -
    2017年3月

      カイロ大学   文学部   客員教授

  • 2016年2月
     
     

      エジプト国立アインシャムス大学   外国語学部   特別招聘講師

  • 2010年2月
    -
    2010年5月

      アインシャムス大学   外国語学院   客員教授

  • 2005年2月
    -
    2005年5月

      カイロ大学   文学部   客員教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2019年6月
    -
    現在
     

    統率音韻論学会(Government Phonology Round Table)

  • 1997年
    -
    現在
     

    日本音韻論学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学  / アラビア語言語学

  • 人文・社会 / 日本語学

  • 人文・社会 / 言語学  / 音韻論

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 人間と文化ー教養講演集80

    吉田昌平( 担当: 監修)

    三愛新書  2014年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:178   担当ページ:97〜136   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 日本語でボランティア

    吉田昌平 石田美保 小川誉子美 小田切由香子( 担当: 単著)

    スリーエーネットワーク  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Al-Lughatu al-Yabaniyya: tasrif al-af'al li-al mubtada'in

    Adel Amin, Yukako Odagiri( 担当: 共著)

    Alam al-Kutub  2005年4月 

     詳細を見る

    記述言語:その他外国語 著書種別:その他

  • Phonological government in Japanese

    Shohei Yoshida( 担当: 単著)

    Australian National University  1998年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:196   記述言語:英語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Some aspects of governing relations in Japanese

    Shohei Yoshida

    1991年7月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

  • Reconsidering Cairene Arabic Stress through Egyptian Radio Arabic

    Shohei Yoshida and Conan Chi

    音韻研究   ( 25 )   97 - 108   2022年  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • The licensing of phonological empty categories in Arabic and Japanese

    Cairo Symposium on Japan Studies   ( 2010 )   2010年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • 日本語教育における中東との連携を目指して

    吉田 昌平

    横浜国立大学留学生センター教育研究論集   14   79 - 93   2007年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:横浜国立大学留学生センター   単著  

  • The syllabic nasal in Japanese

    Mouton de Gruyter   62   Studies in Generative Grammar   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • 日本語でボランティア

    スリーエーネットワーク   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Pre-antepenultimate stress in Cairene Arabic: The tunnel vision of phonologists for six decades

    Shohei Yoshida, Conan Chi

    Phonology Festa  National Institute for Japanese Language and Linguistics

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    Throughout sixty years of theoretical development of stress in Cairene Arabic, the findings in Mitchell (1960) and its successor Langendoen (1968) have been quoted and requoted as the bedrock of every proposal. The prima facie conclusion seems to be that Mitchell has completed the foundation of Cairene stress and scholars need do nothing more than simply accepting it as a dictum. Yet rarely – if not never – has the questions to seek truth been so perfectly answered. Within the dictum of Mitchell states that the stressable domain of a Cairene word is limited to the ultima, the penult, and the antepenult. But a closer reading of Mitchell (1960) itself reveals the existence of pre-antepenultimate stress, and a deeper studying of history uncovers the prevalence of pre-antepenultimate stress in Harrell (1960). Our paper is compelled by these irregularities, as they naturally warrant further investigation. Our investigation will conclude – and the data shall show – that pre-antepenultimate stress is more than just a myth. With the redefined parameters of Cairene stress, we proceed to propose our account couched in Strict CV theory (Lowenstamm 1996; Scheer 2004).

  • Japanese language education law and its outlook

    Shohei Yoshida  [招待有り]

    Innovative Language Program Symposium  Australian National University

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Australian National University  

    Japan embarked on a new era in immigration when it launched its two new ‘Specified Skill Visas’ on 1 April this year to allow up to 345,000 blue-collar workers into the country in the next five years. Japanese language education for foreign workers living in Japan, which has been left largely up to their employers, is far from sufficient. In reaction, the Japanese Language Education Promotion was enacted on 21 June, 2019 to oblige national and local governments to implement measures to promote and create opportunities for foreigners, including foreign workers, their children and foreign students in Japanese universities, to learn the language.
    The speaker will describe the Law and discuss its outlook for implementation and enforcement, such as its possible influence on qualifications for teaching the language, Japanese Language Proficiency Test and the roles of private language schools.

  • Constraints on p-licensing

    Shohei Yoshida

    Government Phonology Round Table  University of Vienna

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Department of Linguistics University of Vienna  

  • When Arabic finds its way abroad: the pronunciation difficulties as encountered in Japan

    New Horizons i n Islamic Area Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:その他外国語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

  • The licensing of phonological empty categories in Arabic and Japanese

    エジプトにおける日本研究 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:その他外国語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:カイロ、エジプト  

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   Arabic language and its Culture

    教養教育科目

  • 2022年度   Elements of Linguistic Knowledge

    教養教育科目

  • 2022年度   Elements of Linguistic Knowledge #2

    教養教育科目

  • 2022年度   International Volunteer Ⅰ

    教養教育科目

  • 2022年度   International Volunteer Ⅱ

    教養教育科目

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 言語学ジャーナル査読委員会

    2021年03月 - 現在  査読者

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • エジプト大学連盟言語系教員昇任審査会

    2006年 - 現在  審査委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 日本語ボランティア・ブラッシュアップ講座

    茅ヶ崎市  茅ヶ崎市  2016年3月

     詳細を見る

    種別:ボランティア活動

    講師

  • 日本語ボランティア・ブラッシュアップ講座

    茅ヶ崎市  茅ヶ崎市  2016年2月

     詳細を見る

    種別:ボランティア活動

    講師

  • 日本語ボランティア養成講座

    藤沢市  藤沢市  2015年10月

     詳細を見る

    種別:ボランティア活動

    講師

  • 日本語でボランティア

    留学生センター  留学生センター  2009年6月

     詳細を見る

    種別:公開講座

    英語を使って日本語を教えるって?

  • 横浜シティーフォーラム(西部地区)

    横浜市  保土ケ谷公会堂  2009年6月

     詳細を見る

    種別:講演会

    パネリスト

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2021年3月
      ハラスメント相談員   (部局内委員会)