YOSHIHARA Naoki

Organization

Faculty of Urban Innovation, Department of Urban Innovation



The Best Research Acheivement as Researcher Life 【 display / non-display

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1972.03

    Keio University   Faculty of Economics   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1977.03

    Keio University  Graduate School, Division of Sociology  Doctor Course  Accomplished credits for doctoral program

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Sociology -  Keio University

External Career 【 display / non-display

  • 2011.04
     
     

      Professor Emeritus  

  • 2011.04
    -
    2017.03

    Otsuma Women's University   Faculty of Social Information Studies   Professor  

  • 2010.10
    -
    2011.01

    Universitas Udayana (UNUD)   Visiting Professor  

  • 2009.03
    -
    2009.04

    University of Indonesia,   Visiting Professor  

  • 2000.04
    -
    2011.03

    Tohoku University   Faculty of Arts and Letters   Professor  

display all >>

Field of expertise (Grants-in-aid for Scientific Research classification) 【 display / non-display

  • Sociology

  • Area studies

 

Books 【 display / non-display

  • Global Migration and Ethnic Communities: Studies of Asia and South America

    Yoshihara,N.,Murata,A.,Toyota,M.,Dwianto,R.D.,Nagano,Y.,Hishiyama,K.,Mori,K.,Tsujimoto,M.,Takenaka,A.,Lee,I.J.,Nakato,Y. (Part: Joint Work )

    Trans Pacific Press  2012.04

     View Summary

    インドネシア・バリ州州都のデンパサールのインナーエリアでアジェグ・バリ(バリ復興運動)にもとづいておこなわれた都市再開発/街路整備事業を観察対象・フィールドにして、グローバル化(グローバル・ツーリズム)に対抗するローカル・ベースの都市再開発の可能性と「危うさ」を検証した。そこでは「上から住民参加」とガバナンスをスローガンとする国=州の、「ローカリティ」を基軸に据えるプロジェクトの陥穽が明らかになった。Chap.6「Ajeg Bali and closed-off Town Planning」(アジェグ・バリと閉じられた都市計画)(pp.106~121)を分担執筆。

  • Fluidity of Place:Globalization and the Transformation of Urban Space

    Naoki Yoshihara (Part: Single Work )

    Trans Pacific Press  2010.11 ISBN: 9781920901592

     View Summary

    基本的には「モビリティと場所」の英語版であるが、モビリティを文字通り流動性と読み替えて再編成された。グローバル化に関してローカリティに引き寄せて新たな解釈を試みた、非西欧世界における顕著な作品として、たとえば、著名な専門誌であるAsian Studies Review,36-2においてbook reviewにとりあげられた。また本書を底本として韓国語版(모빌러티와 장소)も刊行されている。

  • Grassroots and the Neighborhood Associations

    Hasebe,H.,Yoshihara,N.,Dwianto,R.D.,Perkasa,V.&Hendytio,I.,Nugroho,H.,Somantori,G.R. (Part: Joint Work )

    Grasindo  2003

     View Summary

    アジアにおけるグラスルーツの可能性を検討する場合、何よりもまず、当該社会の文化的基層に降り立つとともに政治的文脈に通脈した地域住民組織の位置づけが不可欠であることを指摘した。とはいえ、重要なのは地域住民組織そのものではなく、地域住民組織をその一つとするローカル・ガバナンスの確立であり、ここでは日本の町内会とインドネシアのRT/RWを比較対照させながら、その現実化の可能性と課題について論究した。chap.3‘Governance and Chonaikai'(ガバナンスと町内会,pp.35~60)を分担執筆。

Papers 【 display / non-display

  • A Preliminary Assessment of Chonaikai and Banjar From the perspectives of the Comparative Sociology on the Community.

    Budiana, I Made, Ayami Otsuka, & Naoki Yoshihara.

    Udayana Journal of Social Sciences and Humanities   3 ( 1 )   40 - 45   2019.05

    Joint Work

  • For Reexamination of "the Social": A Memorandum from the Perspective of "Mobilities"

    YOSHIHARA Naoki

    TRENDS IN THE SCIENCES ( Japan Science Support Foundation )  23 ( 4 )   4_38 - 4_43   2018.04

    Single Work

    DOI CiNii

  • Where Has the People’s Safety in the Borderless Society Gone?

    Naoki Yoshihara

    Procedia-Social and Behavioral Sciences   ( 2 )   24 - 27   2010  [Refereed]

    Single Work

     View Summary

    ボーダレスな社会の到来がボーダーを前提として成り立っていた「安全神話」を掘り崩すとともに、人びとの体感治安を著しく促迫していることを指摘した。そうした中で外に開かれた安全・安心コミュニティの形成が不可欠の課題となっているが、実際のところは、監視体制に組み込まれた「内に閉じた」安全・安心コミュニティが増えており、これが社会全体の監視化/スキャン化の動向と少なからず共振していることを強調した。

  • Neighborhood Associations in Wartime Japan and Hong Kong: A Preliminary Study

    Naoki Yoshihara

    The Annals of Japan Association for Urban Sociology: Special Issue ( The Annals of Japan Association for Urban Sociology )    223 - 229   1992  [Refereed]

    Single Work

     View Summary

    香港の地域住民組織である街坊(Kaifong)の祖型が日本占領期につくられたものであることを防衛庁戦史研究所、香港中文大学所蔵の資料を駆使しながら明らかにし、街坊の「いま」を論じる場合も日本の占領期に立ち返ってその近隣統合(動員)のありよう、戦争協力(コラボレーション)の内実を踏まえて検討する必要があることを指摘した。そしてポスト占領体制下の街坊が、草創期のそれとの「連続と非連続」の地層の上にあることを確認した。

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Project Year: 2017.04  -  2020.03 

  • Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research

    Project Year: 2016.04  -  2018.03 

  • A verification of nuclear emergency response drill and reexamination of local community

    Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research

    Project Year: 2014.04  -  2015.03 

  • The Empirical Study on the Change of Immigrants and Re-building of their Community in Japanese Societies Abroad

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Project Year: 2013.04  -  2017.03 

  • Comparative sociological study of the significance and applied possibility of local/folk knowledges on the earthquake disaster

    Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research

    Project Year: 2012.04  -  2014.03 

display all >>