吉川 信行 (ヨシカワ ノブユキ)

YOSHIKAWA Nobuyuki

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

生年

1961年

研究分野・キーワード

超伝導エレクトロニクス、集積回路設計、量子計算、電子デバイス

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.yoshilab.dnj.ynu.ac.jp/



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    横浜国立大学   工学部   情報工学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    横浜国立大学  工学研究科  電子情報工学    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  横浜国立大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年02月
    -
    1995年12月

      カリフォルニア大学バークレー校   客員研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
    -
    継続中
     

    日本学術振興会第146超電導エレクトロニクス委員会

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    低温・超電導学会

  • 2014年05月
    -
    継続中
     

    電気学会

  •  
     
     
     

    応用物理学会

  •  
     
     
     

    電子情報通信学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 単一磁束量子論理回路の研究

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    単一磁束量子回路を用いて超低消費電力、超高速なディジタル集積回路の実現を目指す。

  • 断熱型回路を用いた極限的低消費電力集積回路の研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    断熱モード回路を用いて超低消費電力で動作する集積回路を実現する。単一磁束量子回路やCMOS回路を用いて断熱型集積回路を検討する。

  • 低温動作CMOS集積回路の研究

    国際研究協力  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    低温動作CMOSを用いて高速動作集積回路の実現を目指す。

  • ジョセフソン量子ビットの研究

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    ジョセフソン接合を用いた位相量子ビットの実現を目指す。単一磁束量子回路を用いて量子ビットの高速制御を行う。

  • シングルエレクトロニクス

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    単一電子トンネル効果を利用して、超低消費電力、高密度集積回路を実現する。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 微小超伝導接合における新しい量子効果とその応用

    吉川 信行

      1989年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    横浜国立大学 超伝導微小トンネル接合において生じる巨視的量子効果の研究を行った。これらの系においてジョセフソン効果と双対な巨視的量子効果が存在することを理論的に予測し、微粒子超伝導体薄膜を用いた実験によりこれらの効果の存在を実証した。

論文 【 表示 / 非表示

  • ColdFlux Superconducting EDA and TCAD Tools Project: Overview and Progress

    Fourie Coenrad Johann, Jackman Kyle, Botha Matthys M., Razmkhah Sasan, Febvre Pascal, Ayala Christopher Lawrence, Xu Qiuyun, Yoshikawa Nobuyuki, Patrick Erin, Law Mark, Wang Yanzi, Annavaram Murali, Beerel Peter, Gupta Sandeep, Nazarian Shaheen, Pedram Massoud

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Simulation of the Margins in Single Flux Quantum Circuits Containing pi-Shifted Josephson Junctions

    Yamanashi Yuki, Nakaishi Sotaro, Yoshikawa Nobuyuki

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Fabrication of Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Integrated Circuits Using an Automatic Placement Tool Based on Genetic Algorithms

    Tanaka Tomoyuki, Ayala Christopher L., Xu Qiuyun, Saito Ro, Yoshikawa Nobuyuki

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Demonstration of Picosecond Time Resolution in Double-Oscillator Time-to-Digital Converter Using Single-Flux-Quantum Circuits

    Tomitsuka Yuma, Yamanashi Yuki, Zen Nobuyuki, Ohkubo Masataka, Yoshikawa Nobuyuki

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Demonstration of a Superconducting Nanowire Single-Photon Detector using Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Logic in a 0.1-W Gifford-McMahon Cryocooler

    Takeuchi Naoki, Yamashita Taro, Miyajima Shigeyuki, Miki Shigehito, Yoshikawa Nobuyuki, Terai Hirotaka

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 ( 5 )   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 超電導エレクトロニクスが拓く未来技術開発動向

    吉川信行

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)   139 ( 1 ) 20 - 21   2019年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI

  • 超伝導ディジタル回路による生体高分子用超伝導飛行時間型質量分析計

    吉川信行,佐野 京佑, 山梨 裕希, 全 伸幸, 大久保 雅隆

    低温工学   52 ( 5 ) 349 - 354   2017年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI

  • 位相エンジニアリングの研究動向と新展開

    吉川信行

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  137 ( 1 ) 23 - 25   2017年01月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    DOI

  • Toward the Creation of Future Technologies based on Superconductivity

    吉川 信行

    電気学会論文誌. A   136 ( 1 ) 18 - 20   2016年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    超電導分野における、材料開発、線材開発、マグネット応用、エレクトロニクス応用などの研究開発の世界においける現状をレビューするとともに、今後のトレンドや開発目標について解説を行った。

    DOI

  • 超電導が切り開く未来技術の創生に向けて

    吉川 信行

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  136 ( 1 ) 18 - 20   2016年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 未踏科学技術協会超伝導科学技術賞

    2004年06月    

  • 日本学術振興会第146委員会賞

    2000年06月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 可逆量子磁束回路を用いた熱力学的限界を超える超低エネルギー論理回路の創成

    基盤研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月  代表者:  吉川 信行

  • 熱力学的極限に挑む断熱モード単一磁束量子プロセッサの研究

    基盤研究(S)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月  代表者:  吉川信行

  • 断熱モード単一磁束量子回路の導入によるサブμWマイクロプロセッサの研究

    基盤研究(S)

    研究期間:  2010年06月  -  2015年03月  代表者:  吉川信行

  • 演算エネルギーの熱力学的限界の実験的解明と可逆演算回路への展開

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  吉川信行

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 南アフリカとの共同研究(NRF)

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間: 2014年07月  -  2016年03月  代表者:  吉川信行

  • 低エネルギー情報ネットワーク用光・磁気・超伝導融合システム

    提供機関:  科学技術振興機構 

    研究期間: 2011年04月  -  2017年03月  代表者:  藤巻 朗

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Passive transmission lines matching and layout

    N. Yoshikawa  [招待有り]

    Design, Automation and Test in Europe (DATE 2019)  (Florence, Italy)  2019年03月25日  

     概要を見る

    N. Yoshikawa, “Passive transmission lines matching and layout, ” Design, Automation and Test in Europe (DATE 2019), Florence, Italy, Mar. 25-29, 2019, D5L3(Tutorial Lecture).

  • Thin-film basics and device manufacture

    N. Yoshikawa  [招待有り]

    South African Superconducting Quantum electronic circuit design tools and Analysis workshop (SASQIA 2019)  (Hermanus, Cape Town)  2019年03月03日  

     概要を見る

    N. Yoshikawa, “Thin-film basics and device manufacture, ” South African Superconducting Quantum electronic circuit design tools and Analysis workshop (SASQIA 2019), Hermanus, Cape Town, Mar. 3-8, 2019, D1L3(Tutorial Lecture).

  • Passive transmission lines matching and layout

    N. Yoshikawa  [招待有り]

    South African Superconducting Quantum electronic circuit design tools and Analysis workshop (SASQIA 2019)  (Cape Town, South Africa)  2019年03月03日  

     概要を見る

    N. Yoshikawa, “Passive transmission lines matching and layout, ” South African Superconducting Quantum electronic circuit design tools and Analysis workshop (SASQIA 2019), Cape Town, South Africa, Mar. 3-8, 2019, D5L3(Tutorial Lecture).

  • Development of an extremely energy-efficient AQFP microprocessor

    C. Ayala, Olivia Chen, R. Saito, T. Tanaka, N. Takeuchi, Y. Yamanashi, N. Yoshikawa  [招待有り]

    The 31st International Symposium on Superconductivity (ISS2018)  (Ibaraki, Japan)  2018年12月12日  

     概要を見る

    C. Ayala, Olivia Chen, R. Saito, T. Tanaka, N. Takeuchi, Y. Yamanashi, N. Yoshikawa, “Development of an extremely energy-efficient AQFP microprocessor, ” The 31st International Symposium on Superconductivity (ISS2018), Ibaraki, Japan, Dec. 12-14, 2018, ED5-2-INV(招待発表).

  • High-speed and Low-power signal processing using superconducting circuits

    N. Yoshikawa  [招待有り]

    Workshop on the future of silicon detector technologies FuTuRe II  (Erfurt, Germany)  2018年12月02日  

     概要を見る

    N. Yoshikawa, “High-speed and Low-power signal processing using superconducting circuits,” Workshop on the future of silicon detector technologies FuTuRe II, Erfurt, Germany, December 2-4, 2018(招待発表)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 単一磁束量子論理回路を用いた高速集積回路の研究

  • 低消費電力CMOS集積回路の研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • Josephson/CMOSハイブリッドメモリに関する研究

    国際共同研究  

    研究期間: 2001年  -  2001年 

  • 超電導一半導体ハイブリッド回路の研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2000年  -  2001年 

  • 単一磁束量子集積回路の設計に関する研究

    出資金による受託研究  

    研究期間: 2000年  -  2001年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  医工連携分野実習

  • 大学院理工学府  医療生体システム実習

  • 大学院理工学府  医療メカトロニクス実習

  • 大学院理工学府  医療デバイス実習

  • 大学院理工学府  医療情報システム実習

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
     
     
    応用物理学会講演奨励賞(応用物理学会)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    山栄大樹、応用物理学会講演奨励賞(応用物理学会)、 “応用物理学会講演奨励賞“可逆量子磁束パラメトロン回路を用いたDラッチの動作実証”、2019年3月9日

  • 2018年11月
     
     
    Best Student Paper in Electronics(IEEE Council on Superconductivity)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    山栄大樹、Best Student Paper in Electronics(IEEE Council on Superconductivity)、“Design and demonstration of reversible full adders using adiabatic quantum flux parametron logic”、2018年11月1日

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会第146委員会

    2018年05月
    -
    継続中

    その他   委員長

  • Board Members of Applied Superconductivity Conference

    2016年10月
    -
    2022年09月

    学協会  

  • 電気学会金属セラミックス技術委員会

    2014年05月
    -
    継続中

    学協会   委員長

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 集積回路に超電導チップ 消費電力1000分の1以下 横浜国大データ拠点に応用

    日経産業新聞 

    2019年03月
     
     

     概要を見る

    吉川信行、竹内尚輝、”集積回路に超電導チップ 消費電力1000分の1以下 横浜国大データ拠点に応用”、日経産業新聞、2019年3月28日

  • 消費電力1/1000以下 コンピュータ 超電導集積回路で実証 横浜国大

    日刊工業新聞 

    2019年02月
     
     

     概要を見る

    吉川信行、”消費電力1/1000以下 コンピュータ 超電導集積回路で実証 横浜国大”、日刊工業新聞、2019年2月4日

  • コンピュータの消費電力1000分の1以下に、実現する集積回路の仕組み 横浜国大が実証

    ニュースイッチ 日刊工業新聞 電子版 

    2019年02月
     
     

     概要を見る

    吉川信行、”コンピュータの消費電力1000分の1以下に、実現する集積回路の仕組み 横浜国大が実証”、ニュースイッチ、2019年2月4日