赤木 範陸 (アカギ ノリミチ)

AKAGI Norimichi

所属組織

教育学部 学校教育課程 美術教育

職名

教授

研究分野・キーワード

エンカウスティーク、エンコスティック、アンコスティック、混合技法、古典技法、テンペラ、鑞テンペラ、蜜蝋、中世、ルネッサンス、ドイツ、エマルジョン、乳化

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://akaginorimichi.wixsite.com/akaginorimichi



写真a

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ古代(エンカウスティーク)及び古典(テンペラ、グリザイユ、混合技法)絵画技法・材料に関する研究。絵画制作が主体である。

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    ミュンヘン国立芸術大学   美術   絵画科、キリスト教芸術研究室   卒業

  •  
    -
    1988年

    東京芸術大学   美術学部   絵画科油画専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    ミュンヘン国立芸術大学(Akademie der Bildenden Kuenste, Muenchen)  教会芸術研究科  キリスト教芸術研究科(殊に礼拝堂に於ける色彩と空間)  修士課程(博士前期課程)  修了

  •  
    -
    1990年

    東京芸術大学  油画研究科  油画技法材料  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Diplom M.A.(芸術学修士)、Meisterschüler -  ミュンヘン国立芸術大学(ミュンヘン美術院)

  • 芸術学修士 -  東京芸術大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

      広島市立大学   芸術学部   非常勤講師

  • 2003年04月
    -
    継続中

      尾道大学   芸術文化学部   非常勤講師

  • 1999年04月
    -
    2004年03月

      広島市立大学   芸術学部   非常勤講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本美術家連盟

  •  
     
     
     

    ドイツ学術交流会(DAAD)

  •  
     
     
     

    ユネスコ国際美術家連盟

  •  
     
     
     

    大学美術教育学会

  •  
     
     
     

    日本教育大学協会全国美術部門

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 古代エンカウスティーク画技法のエクステリアペインティングとしての使用法と可能性

    研究期間:  - 

  • 市販のチューブ入り油絵の具をテンペラ絵の具に変成するメディウム

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    テンペラ絵の具は描く度にメディウムと顔料を混ぜ合わせなければならない。 私の開発したメディウムは既成のチューブ入り油絵の具と混合するだけで水溶性のテンペラ絵の具ができるというももである。

著書 【 表示 / 非表示

  • 赤木範陸展覧会カタログⅣ

    (担当: 単著 )

    直入芸術文化振興会  2002年11月

  • 赤木範陸展覧会カタログⅢ

    (担当: 単著 )

    大分市美術館  2001年11月

  • 赤木範陸展覧会カタログⅡ

    (担当: 単著 )

    (株)トキハインダストリー  1995年12月

  • 赤木範陸展覧会カタログⅠ

    (担当: 単著 )

    (株)東邦アート社  1991年09月

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 技法講座—赤木範陸

    月刊美術の窓     20 - 26   2012年03月

    総説・解説(その他)   単著

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 赤木範陸展(天満屋広島八丁堀美術画廊)

    その他 

    2013年04月
     
     
     

  • 赤木範陸 展 濡れ色の神秘 -Enkaustik (尾道市立大学美術館)

    その他 

    2012年09月
     
     
     

  • 赤木範陸 絵画展 (あけのアクロスタウン小ホール)

    その他 

    2011年11月
     
     
     

  • 赤木範陸展 ―モノ背後に宿る美―(千葉そごう美術画廊)

    その他 

    2011年11月
     
     
     

  • アートフェア東京:「赤木範陸展—蘇るエンカウスティークの美」

    その他 

    2011年07月
     
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 古代の絵画技法材料(蜜蝋、エンカウスティーク)

  • 中世ヨーロッパの絵画技法材料(黄金背景テンペラ)

  • ルネッサンス期絵画技法材料(フランドル派テンペラ、油彩による混合技法)

  • テンペラ、油彩画に於ける絵画蘇生(修復)技術

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院教育学研究科  絵画実践論演習Ⅱ

  • 大学院教育学研究科  絵画実践論講義Ⅱ

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

  • 大学院教育学研究科  教育デザイン

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 広島市立大学   黄金背景テンペラ画技法

  • 尾道市立大学芸術文化学部   テンペラ画技法

  • 東京藝術大学大学院   エンカウスチーク技法

  • 日本大学芸術学部   混合技法

  • 日本大学芸術学部大学院   金地テンペラ画技法、エンカウスチーク

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 濡れ色の神秘−ENKAUSTIK-展に於けるアーティストトーク

    尾道大学付属美術館  (広島県尾道市) 

    2012年09月
     
     

     概要を見る

    尾道大学付属美術館企画による赤木範陸個展「濡れ色の神秘−ENKAUSTIK−]を記念したアーティストトーク

  • ミイラ達の為の絵画術ーエンカウスティーク

    福島県立美術館  (福島市) 

    2010年10月
     
     

     概要を見る

    エンカウスティーク技法を簡略化した絵画技法講座

  • 絵画技法の彼岸へ

    大分市美術館  (大分県) 

    2001年11月
     
     

     概要を見る

    ヨーロッパ中世より現代まで絵画史に於いて生き続けている卵黄テンペラ画技法を実践的に公開し、エマルジョン理論から見た材料としての側面や美術史から鳥瞰した今日のテンペラ画のあり方、及び現代美術へのアプロー

  • 赤木範陸展記念講演

    大分市美術館  (大分市) 

    2001年11月
     
     

     概要を見る

    第1回:赤木範陸展記念講演、第2回:ギャラリートーク、       第3回:ワークショップ

  • 高文連九州大会絵画の部 公開講評

    (大分市コンパルホール) 

    2009年05月
     
     

     概要を見る

    高文連九州大会絵画の部入選者作品の公開講評会並びに絵画技術に関する講演

全件表示 >>