赤木 範陸 (アカギ ノリミチ)

AKAGI Norimichi

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 美術教育

職名

教授

研究分野・キーワード

エンカウスティーク、エンコスティック、アンコスティック、混合技法、古典技法、テンペラ、鑞テンペラ、蜜蝋、中世、ルネッサンス、ドイツ、エマルジョン、乳化

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://akaginorimichi.wixsite.com/akaginorimichi

関連SDGs




写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【作品・芸術活動等】 赤木範陸 「日本の富士、不二、不死」展   2020年10月

    【作品・芸術活動等】 赤木範陸 ー蝋山水ー展  2020年01月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【作品・芸術活動等】 赤木範陸 「日本の富士、不二、不死」展   2020年10月

    【作品・芸術活動等】 赤木範陸 ー蝋山水ー展  2020年01月

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ古代(エンカウスティーク)及び古典(テンペラ、グリザイユ、混合技法)絵画技法・材料に関する研究。絵画制作が主体である。

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    ミュンヘン国立芸術大学   美術   絵画科、キリスト教芸術研究室   卒業

  •  
    -
    1988年

    東京芸術大学   美術学部   絵画科油画専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    ミュンヘン国立芸術大学(Akademie der Bildenden Kuenste, Muenchen)  教会芸術研究科  キリスト教芸術研究科(殊に礼拝堂に於ける色彩と空間)  修士課程(博士前期課程)  修了

  •  
    -
    1990年

    東京芸術大学  油画研究科  油画技法材料  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Diplom M.A.(芸術学修士)、Meisterschüler -  ミュンヘン国立芸術大学(ミュンヘン美術院)

  • 芸術学修士 -  東京芸術大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   美術教育   教授  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   美術教育   教授  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   美術教育   教授  

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   美術教育   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   美術教育   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

      広島市立大学   芸術学部   非常勤講師

  • 2003年04月
    -
    継続中

      尾道大学   芸術文化学部   非常勤講師

  • 1999年04月
    -
    2004年03月

      広島市立大学   芸術学部   非常勤講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    大学美術教育学会

  •  
     
     
     

    日本教育大学協会全国美術部門

  •  
     
     
     

    日本美術家連盟

  •  
     
     
     

    ドイツ学術交流会(DAAD)

  •  
     
     
     

    ユネスコ国際美術家連盟

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 消失した古代エンカウスティーク技法の再生

    その他の研究制度  

    研究期間: 1991年10月  -  継続中

     概要を見る

    古代ローマ帝国の滅亡と共に消失したエンカウスティーク技法は、当時の属国であったエジプトに伝えられたが、その事が幸いし、17世紀にファイユーム地方から出土したミラノ柩にはこの古代の技法で描かれたミイラの生前の肖像画が貼り付けられていた。しかしながらこの古代の技法はその伝承が失われていたために当時の処方箋は再構が困難であった。この研究は古代の技法を解明する事を一応のテーマとしているが、真意はその骨子を残し現代に使用可能な絵画技法と再生する事である。

  • 古代エンカウスティーク画技法のエクステリアペインティングとしての使用法と可能性

    研究期間:  - 

  • 市販のチューブ入り油絵の具をテンペラ絵の具に変成するメディウム

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    テンペラ絵の具は描く度にメディウムと顔料を混ぜ合わせなければならない。 私の開発したメディウムは既成のチューブ入り油絵の具と混合するだけで水溶性のテンペラ絵の具ができるというももである。

著書 【 表示 / 非表示

  • 赤木範陸展覧会カタログⅣ

    (担当: 単著 )

    直入芸術文化振興会  2002年11月

  • 赤木範陸展覧会カタログⅢ

    (担当: 単著 )

    大分市美術館  2001年11月

  • 赤木範陸展覧会カタログⅡ

    (担当: 単著 )

    (株)トキハインダストリー  1995年12月

  • 赤木範陸展覧会カタログⅠ

    (担当: 単著 )

    (株)東邦アート社  1991年09月

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 技法講座—赤木範陸

    月刊美術の窓     20 - 26   2012年03月

    総説・解説(その他)   単著

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 赤木範陸 「日本の富士、不二、不死」展

    赤木範陸  芸術活動 

    2020年10月
    -
    2020年11月
     

     概要を見る

    コロナ禍の情勢不安に対して日本に於いて古くから信仰の対象であった富士と日本の不死を掛け合わせ、富士山を中心にエンカウスティークやテンペラ、混合技法によって描いた作品30点余を展覧した。

  • 赤木範陸 ー蝋山水ー展

    赤木範陸  芸術活動 

    2020年01月
    -
    2020年02月
     

     概要を見る

    紙に水墨で描く山水画ではなく、研究テーマであるエンカウスティークの乾式画法によって麻布に描いた山水画を中心にF80〜F0まで二十数点展覧した。

  • 赤木範陸展(天満屋広島八丁堀美術画廊)

    その他 

    2013年04月
     
     
     

  • 赤木範陸 展 濡れ色の神秘 -Enkaustik (尾道市立大学美術館)

    その他 

    2012年09月
     
     
     

  • 赤木範陸 絵画展 (あけのアクロスタウン小ホール)

    その他 

    2011年11月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第18回現代日本美術会賞大賞

    2019年12月15日   現代日本美術会   2019年制作作品及び2019年の年間美術活動に対して  

    受賞者:  赤木範陸

     概要を見る

    2019年制作作品及び2019年の年間美術活動に対して現代日本美術会より贈られた賞

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 赤木範陸瓊血展「日本の富士–不二−不死!」

    赤木範陸  [招待有り]

    赤木範陸瓊血展「日本の富士–不二−不死!」  (日本橋三越本店本館美術特選画廊)  2020年10月28日   日本橋三越本店

     概要を見る

    1961年大分県生まれ。1990年東京藝術大学大学院博士前期課程技法材料研究室修了。 溶かした蜜蝋と顔料で描く古代の絵画技法であるエンカウスティーク。その技法研究において第一人者でもある赤木範陸氏の、日本橋三越での初めての個展を開催いたします。 本展では日本の象徴でもある富士と、信仰の対象としての不二・日本の不死と掛け、疫病退散、一切無障碍(しょうげ)の願いと共に、これまで手がけてきた静物画や人物画と合わせて展覧をいたします。

  • 赤木 範陸 瓊血 蠟山水展

    赤木範陸  [招待有り]

    赤木 範陸 瓊血 蠟山水展  (横浜高島屋美術画廊)  2020年01月15日   横浜高島屋

     概要を見る

    この度高島屋では赤木範陸(瓊血)展を開催します。先生は、1990年に東京藝術大学大学院博士前期課程を修了。在学中にドイツ学術交流会によりドイツ政府給付生としてミュンヘン国立芸術大学に留学、2000年前の蜜蝋絵画術を色を使わずに用いる方法で、モダンと悠久の美を表現し高い評価を得ています。2019年、日本芸術に影響えを与えた1000年前の中国水墨画を、麻布に染み込んだ蜜蝋の濡れ色の技法に置き換え、なずけられた蠟散水を中国に滞在制作し、国立寧波美術館とヤンファン美術館にて発表。日中交流の歴史に位置付けられる個展として中国国内にて大きく報道されました。今展では、この流れの一環として蠟山水を中心とした作品群を一堂に展観致します。

  • 赤木範陸展

    赤木範陸  [招待有り]

    赤木範陸展  (銀座ギャラリー上田)  2019年12月06日   銀座ギャラリー上田

     概要を見る

    国立寧波美術館に招聘され滞在制作(美術館に収蔵された作品を除く)した作品の一部と新作によるエンカウスティーク技法による個展

  • 赤木範陸瓊血展ー蠟山水

    赤木範陸  [招待有り]

    赤木範陸瓊血展ー蠟山水  (ギャラリーM.A.P.博多 )  2019年10月25日   ギャラリーM.A.P.

     概要を見る

    同年7月8月に中国国立寧波美術館に招聘され、同地にて制作発表をした赤木範陸の帰国第一回展で国立寧波美術館に収蔵された作品以外の一部の作品と新作による個展

  • 古代エンカウステイーク技法による蜜蝋山水図について

    赤木範陸  [招待有り]

    国立寧波美術館赤木範陸展  (中国国立寧波美術館)  2019年08月21日   中国国立寧波美術館

     概要を見る

    序、 在这次展览中,我展出的作品是在亚麻布,上加入了蜂蜡,在加 热融化后呈现出的湿润的色彩。布被水沾湿后颜色会变暗,同样, 被蜡浸泡过后的亚麻布颜色也会变暗 ; 水墨的浓度会让明暗发生 变化,渗入的蜡量也会让阴影部分发生变化。所谓蜡山水画就是用 蜂蜡绘制的山水画。 蜂蜡起源于古罗马时期。它是一种古老的绘画材料。在德国 留学时,我专攻于西方古典技法,并将其带回日本。而宋朝的水墨 山水画也经由千年前中国的禅宗传授入日本。水墨山水画用单色 的水墨绘制出大气的山水,进而去感受宇宙的精神。本次展览是我 在学习借鉴了中国古代的水墨山水画和西洋绘画材料后,进行绘画 的当代性尝试和实验的成功之作。 宁波是日本和中国文化交流的窗口。因此,我今天能在宁波美 术馆举办这样展览,具有特殊的历史意义。 本論

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 古代の絵画技法材料(蜜蝋、エンカウスティーク)

  • 中世ヨーロッパの絵画技法材料(黄金背景テンペラ)

  • ルネッサンス期絵画技法材料(フランドル派テンペラ、油彩による混合技法)

  • テンペラ、油彩画に於ける絵画蘇生(修復)技術

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 広島市立大学   黄金背景テンペラ画技法

  • 尾道市立大学芸術文化学部   テンペラ画技法

  • 東京藝術大学大学院   エンカウスチーク技法

  • 日本大学芸術学部   混合技法

  • 日本大学芸術学部大学院   金地テンペラ画技法、エンカウスチーク

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 日本独特美学意識(中国語標題)

    中国源文化伝媒有限公司、他  (横濱ランドマーク5FRegios533) 

    2020年12月
     
     

     概要を見る

    日本の美術史においてその美意識と技術に大きな変遷を遂げる明治期に、特に近代日本画の成立に大きく影響を及ぼした岡倉天心の生涯を通して、日本美術院の設立と天心の指導によって開花していった当時の日本画壇の大観、春草らの作品に見る朦朧体と呼ばれるヨーロッパの空気遠近法由来の技法などを多くの写真資料と小林古径の真筆画によって解説した。

  • 濡れ色の神秘−ENKAUSTIK-展に於けるアーティストトーク

    尾道大学付属美術館  (広島県尾道市) 

    2012年09月
     
     

     概要を見る

    尾道大学付属美術館企画による赤木範陸個展「濡れ色の神秘−ENKAUSTIK−]を記念したアーティストトーク

  • ミイラ達の為の絵画術ーエンカウスティーク

    福島県立美術館  (福島市) 

    2010年10月
     
     

     概要を見る

    エンカウスティーク技法を簡略化した絵画技法講座

  • 高文連九州大会絵画の部 公開講評

    (大分市コンパルホール) 

    2009年05月
     
     

     概要を見る

    高文連九州大会絵画の部入選者作品の公開講評会並びに絵画技術に関する講演

  • 絵画の裏側 第二部

    逸見生涯学習センター  (横須賀市) 

    2008年03月
     
     

     概要を見る

    西洋古典絵画に隠された秘密、画家達が込めた意味について

全件表示 >>