安藤 孝敏 (アンドウ タカトシ)

ANDO Takatoshi

所属組織

大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門

職名

教授

生年

1960年

研究キーワード

ヒューマン・アニマル・ボンド研究、社会心理学、社会老年学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ando-lab.ynu.ac.jp/

関連SDGs




写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 改訂・新社会老年学-シニアライフのゆくえ   2008年11月

    【論文】 Adjustment after relocation of the elderly: Preliminary findings from a two- year follow-up study in Japan  1997年09月

    【論文】 地域老人のペット所有状況とペットとの交流  1997年10月

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    早稲田大学   文学研究科   心理学   博士課程   単位取得満期退学

  •  
    -
    1983年

    早稲田大学   第一文学部   心理学   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士 - 早稲田大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   教授  

  • 2008年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   教授  

  • 2007年4月
    -
    2008年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   准教授  

  • 1999年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   助教授  

  • 2023年12月
    -
    2024年3月

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   人工環境専攻長  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年7月
    -
    1999年3月

      東京都老人総合研究所   助手

  • 1988年4月
    -
    1991年3月

      早稲田大学   情報科学研究教育センター   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1988年
    -
    現在
     

    日本心理学会

  • 1992年
    -
    現在
     

    日本老年社会科学会

  • 2010年
    -
    現在
     

    日本応用心理学会

  • 2009年
    -
    現在
     

    動物介在教育・療法学会

  • 2008年
    -
    現在
     

    日本環境心理学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 社会学  / 社会老年学

  • 人文・社会 / 社会心理学  / social psychology

  • その他 / その他  / 人と動物の関係学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 専門社会調査士

  • ジェロントロジー・マイスター

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年12月
     
     

    人を対象とする非医学系研究用(人を対象とする研究ダイジェスト)2022年度 カリキュラム

  • 2020年2月
     
     

    人を対象とする非医学系研究用(人を対象とする研究ダイジェスト)カリキュラム

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 人と動物の関係

    共同研究  

    研究期間:

  • 高齢期の社会関係

    共同研究  

    研究期間:

  • 高齢期のリロケーション

    共同研究  

    研究期間:

  • 高齢者の社会的孤立

    JST社会技術研究プログラム(RISTEX)  

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物介在教育 基礎 第1章・コラム「高齢者の生活における介在」

    安藤孝敏( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章・コラム「高齢者の生活における介在」)

    特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会  2023年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:18   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 応用心理学ハンドブック 第8章トピック13「高齢者の社会的孤独」

    安藤孝敏( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第8章トピック13「高齢者の社会的孤独」)

    福村出版株式会社  2022年9月  ( ISBN:9784571200878

     詳細を見る

    担当ページ:396-397   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 介護職員初任者研修テキスト 第4巻 利用者の生活を支援する技術Ⅰ(分担執筆)

    ( 担当: 分担執筆)

    日本労働者協同組合連合会  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 改訂・新社会老年学-シニアライフのゆくえ(編著)

    ワールドプランニング  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エイジング心理学:老いについての理解と支援(分担執筆)

    ( 担当: 共著)

    北大路書房  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • Study on the Participation of Physical Therapists in Health Management in Yokohama

    Yammamasu, M., Kimura, Y., & Ando, T.

    神奈川県公衆衛生学会誌   67   53 - 56   2022年2月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   単著  

  • 高齢期のペットロスとその適応プロセス

    安藤孝敏

    JATAFFジャーナル   9 ( 9 )   9 - 13   2021年9月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • 書籍紹介『人とペットの心理学-コンパニオンアニマルとの出会いから別れ』

    安藤孝敏

    動物介在教育・療法学会ニューズレター   16   6 - 6   2020年9月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   単著  

  • 書籍紹介『災害とコンパニオンアニマルの社会学』

    安藤孝敏

    動物介在教育・療法学会ニューズレター   15   7 - 7   2020年4月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   単著  

  • 高齢者の居住移動と日本版CCRC

    安藤孝敏

    建築と社会   ( 1171 )   38 - 41   2019年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:一般社団法人 日本建築協会   単著  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の終活への取り組みとサクセスフル・エイジング

    2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:安藤孝敏

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 被援助志向性が低い高齢者への支援方略に関する研究

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:安藤孝敏

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 都市部の団地に暮らす高齢者の社会的孤立

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:安藤孝敏

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 建築に関わる社会問題の解決へ寄与する計画系研究プラットフォームの構築

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究

    代表者:森傑

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 介護老人福祉施設における高齢者と動物の共生のための支援技術とケア文化 -介護職員へのインタビュー調査とフィールドワークからの考察-

    2022年11月 - 2024年3月

    民間財団等  ジェロントロジー研究助成

    代表者:田島明子

     詳細を見る

    担当区分:その他

    【2023年度】「動物との共生」を実現する高齢者施設におけるケア文化の解明
    【2024年度】「動物との共生」から得られる介護経験における意味、実現するための支援技術の明確化

  • 団地に暮らす高齢者への情報伝達手段に関する研究

    2010年11月 - 2011年10月

    地方自治体  ユニベール財団助成金

    代表者:安藤孝敏

  • 独居高齢者を中心とした地域高齢者に対する生活サポートシステムの開発

    2009年12月 - 2010年2月

    科学技術振興機構  社会技術研究開発事業「高齢社会に関する新しい研究開発領域」研究課題提案に係る深掘り調査

    代表者:安藤孝敏

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 介護老人福祉施設における高齢者と伴侶動物の共生のための支援内容-介護職員への個別インタビュー調査結果のSCAT分析-

    田島明子、安藤孝敏、押野修司、安野舞子

    動物介在教育・療法学会第16回学術大会  2023年10月  特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎  

  • 都市部周辺地域在住の高齢者が抱く終活像:大磯町アンケート調査自由記述の分析を通して

    木村 由香, 松﨑 吉之助, 安藤 孝敏

    第16回日本応用老年学会大会  2021年11月  一般社団法人 日本応用老年学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京(オンライン)  

  • Education and Literacy in the Digital Divide: Cross-National Comparison of East Asia and the USA

    Taka Yamashita, Giyeon Kim, Chih-ling Liou, Takatoshi Ando, Darren Liu, Anthony Bardo

    The GSA 2020 Annual Scientific Meeting Online  The Gerontological Society of America

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 新聞報道からみる終活のとらえ方とその変遷:朝日・読売・毎日新聞(2015-2019)のテキストマイニング分析

    木村由香, 安藤孝敏

    第15回日本応用老年学会大会  一般社団法人 日本応用老年学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of Japanese and Chinese young people’s awareness of care welfare

    Tomoyuki Watanabe, Takatoshi Ando

    The 11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Taipei International Convention Center  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本応用老年学会 機関誌「応用老年学」

    編集委員会・委員長 

    2023年5月
    -
    現在
     

  • 横浜国立大学技術マネジメント研究学会「技術マネジメント研究」

    2021年4月
    -
    現在
     

  • 横浜国立大学技術マネジメント研究学会「技術マネジメント研究」

    2014年4月
    -
    2017月3日
     

  • 人間・環境学会誌「MERAジャーナル」

    編集委員 

    2012年7月
    -
    2023月6日
     

  • 日本発達心理学会機関誌「発達心理学研究」

    編集委員 

    2011年1月
    -
    2012月12日
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高齢者支援に関する研究

  • 多世代交流支援に関する研究

  • 終活に関する研究

  • 人と動物の関係に関する心理・社会的研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 集合住宅における多世代交流に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年10月  -  2017年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年度   社会老年学Ⅱ

    大学院先進実践学環

  • 2024年度   社会老年学Ⅰ

    大学院先進実践学環

  • 2024年度   共生社会創生事例研究演習

    大学院環境情報学府

  • 2024年度   共生社会創生事例研究

    大学院環境情報学府

  • 2024年度   環境イノベーションマネジメントワークショップDC2-Ⅱ

    大学院環境情報学府

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 高齢社会論A/高齢社会論

    機関名:横浜市立大学

  • 社会老年学

    機関名:立教大学セカンドステージ大学

  • 高齢社会システム論/老年学

    機関名:立教大学コミュニティ福祉学部

  • 人と動物の関係学

    機関名:放送大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 動物人間関係学

    機関名:ヤマザキ学園大学動物看護学部

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2024年03月
     
     
    地方テレビ局における女性アナウンサーの労働環境とキャリア:首都圏3県に焦点をあてて   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    福井 弘教  地域イノベーション (16) 2023 p.13-24 〈査読付研究ノート〉 2024.03.13

  • 2024年03月
     
     
    岐阜市を対象とした平成以降の観光政策動向   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    福井弘教 地域志向学研究(8)2024 p.現状では未確認 2024.03

  • 2024年03月
     
     
    首都圏在住高齢者のギャンブル行動特性:定量調査をふまえて   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    福井 弘教 地域活性研究/地域活性学会編(20)2024 p.現状では未確認 事例報告 2024.03

  • 2024年03月
     
     
    多世代交流における「居場所」としての実態:品川区(東京都)と戸田市(埼玉県)の事例から   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    福井 弘教 教育デザイン研究 15(2)2024 p.1-10 2024.03.25

  • 2024年03月
     
     
    競馬と競艇のゲーム特性:各競技の差異に着目して   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    Replaying Japan /立命館大学ゲーム研究センター(6)2024 p.111-122(研究ノート)2024年3月

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 『技術マネジメント研究』査読

    2023年08月 - 2023年9月  査読

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日本老年社会科学会 2023年度評議員会

    2023年06月 - 2023年6月  議長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

    第65回日本老年社会科学会大会時に開催された2023年度評議員会にて議長を務めた。

  • 第65回日本老年社会科学会 優秀ポスター賞審査委員会

    2023年06月 - 2023年6月  審査委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

    第65回日本老年社会科学会時の優秀ポスター賞審査委員会にて委員を務めた。

  • 世田谷区 人と動物との共生推進のための連携協議会

    2023年04月 - 2025年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

    世田谷区の「人と動物との共生推進のための連携協議会」の委員

  • 常盤台地域ケアプラザ指定管理者選定委員会

    2022年12月 - 2024年11月  委員長

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

    保土ヶ谷区の「常盤台地域ケアプラザ」指定管理者を選定する委員会・委員長

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 「ジェロントロジー・カレッジ」キックオフ&交流勉強会

    役割:運営参加・支援

    一般社団法人 日本応用老年学会  2023年9月 - 現在

  • 令和5年度東北地区獣医師大会 市民公開特別講演

    役割:講師

    公益社団法人宮城県獣医師会  令和5年度東北地区獣医師大会 市民公開特別講演 ~ペットと暮らす高齢者:ペットとの生活で得られる効果~  2023年9月

  • 2023年度 放送大学 面接授業「ペットと生きる人の心理学」

    役割:講師

    放送大学神奈川学習センター  放送大学神奈川学習センター  2023年6月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

    放送大学神奈川学習センターでの面接授業「人と動物の関係学」を担当

  • 特定非営利活動法人YUVEC 第11回「まだ出来る人」の“隙間時間”活用シンポジウム

    役割:パネリスト

    特定非営利活動法人YUVEC  2023年2月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業, 行政機関, その他

    種別:セミナー・ワークショップ

    パネル討論「4年間の総括および”今後の高齢者(シニア)雇用をどう進めるか?”」パネリストとして参加

  • ASAETアカデミー「社会福祉施策と連携した多頭飼育対策ガイドラインの策定プロセスを振り返る」

    役割:司会, 企画

    特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会  オンライン  2022年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, その他

    種別:講演会

    動物介在教育・療法学会 ASAETアカデミー企画
    テーマ「社会福祉施策と連携した多頭飼育対策ガイドラインの策定プロセスを振り返る」
    講師:打越綾子(成城大学法学部教授)
    オンライン開催
    特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 動物介在教育・療法学会 第15回学術大会報告

    特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会  動物介在教育・療法学会ニューズレター No.20  ASAETニューズレター No.20, 5ページ  2022年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    大会長を務めた動物介在教育・療法学会 第15回学術大会の報告

  • テレビ神奈川「NewsLink」

    テレビ神奈川  「NewsLink」  2022年12月

     詳細を見る

    2022年12月7日放送・2022年12月5日取材
    テレビ神奈川「NewsLink」の取材
    ㈱テレビ神奈川 報道局報道部記者 高瀬史大さんのインタビュー取材
    高齢夫婦間もしくは高齢の両親と子ども間の事件が起こることについて、その背景や社会への影響などをコメント

  • 老年学コミュニケーションペーパー「ジェロントロジー」第13号発行

    横浜国立大学・安藤研究室「ジェロントロジー」編集部  2022年5月

     詳細を見る

    横浜国立大学・安藤研究室が企画・編集する老年学コミュニケーションペーパー「ジェロントロジー」第13号を発行し、安藤研究室Webサイトに掲載
    安藤孝敏 生活の中の老年学:コロナ禍とシニア人材の雇用

  • 健康心理学コラム Vol.111「ヒューマン・アニマル・ボンドと健康心理学」

    一般社団法人 日本健康心理学会  日本健康心理学会メールマガジン  健康心理学会メールマガジンNo.116  2022年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    「ヒューマン・アニマル・ボンドと健康心理学」
    安藤 孝敏(横浜国立大学)

    近年,我が国では数回のペットブームを経て,犬や猫がコンパニオン・
    アニマル(companion animal:伴侶動物,仲間としての動物)として社
    会的に受け入れられようになってきました。このような変化の中で,
    動物とのかかわりが人間の生活にどのような影響を及ぼすのか注目さ
    れるようになっています。ペットフード協会の調査によると,新型コ
    ロナウイルス流行前の2019年に比べ,コロナ禍であった2020年と2021
    年は,ともに1年以内新規飼育者の犬猫飼育頭数が増加していました。
    特に,新規飼育者はペットと過ごす時間や癒しとしての存在感が増加
    したと回答していました。

    ヒューマン・アニマル・ボンド(Human-animal bond:HAB)研究では,
    動物とかかわることの効果は,心理的効果,社会的効果,身体的効果
    に区分され検討されています。たとえば,心理的効果は孤独感や抑う
    つ傾向の低減,自尊感情や達成感などの肯定的感情の促進です。最新
    の研究(Taniguchi et al., 2022)では,犬を飼っている高齢者は飼ったこ
    とがない高齢者に比べ,介護リスクが半減(0.54 倍)したと報告され
    ています。毎日の犬との散歩,飼い主仲間との交流など,身体的・社会
    的・心理的な側面からも,犬の飼育が高齢者の健康に寄与している可
    能性が指摘されています。学際的な取り組みが特徴であるヒューマン・
    アニマル・ボンド研究がさらに発展するためには,心理学,とりわけ
    健康心理学における新たな展開と取り組みが期待されます。

    引用文献
    ペットフード協会 (2021). 令和3年 全国犬猫飼育実態調査 一般社団
    法人ペットフード協会 https://petfood.or.jp/data/chart2021/index.html
    Taniguchi, Y., Seino, S., Headey, B., Hata,T., Ikeuchi, T., Abe, T., Shinkai, S., &
    Kitamura, A. (2022). Evidence that dog ownership protects against the onset of
    disability in an older community-dwelling Japanese population. PLOS ONE
    17(2): e0263791. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0263791

  • 老年学コミュニケーションペーパー「ジェロントロジー」第12号発行

    横浜国立大学・安藤研究室「ジェロントロジー」編集部  2021年10月

     詳細を見る

    横浜国立大学・安藤研究室が企画・編集する老年学コミュニケーションペーパー「ジェロントロジー」第12号を発行し、安藤研究室Webサイトに掲載
    ・生活の中の老年学:高齢期のペットロスとその適応プロセス(安藤孝敏)
    ・生活の中の老年学:定年後に希望する仕事(小池高史)
    ・映画の中の老年学:『きみに読む物語』(木村由香)
    ・生活の中の老年学:年金は払い損?(西森利樹)

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • リタイアメントコミュニティに関するエキスパートインタビュー(Zoomオンライン)

    役割:その他

    アーチーズ株式会社  2024年3月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 「友愛活動に関するアンケート調査」の内容検討および調査分析への協力

    役割:学術調査立案・実施

    公益財団法人 横浜市老人クラブ連合会  2023年7月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学術調査 

  • ヒトと動物の関係学に関する研究についての相談・アドバイス

    役割:その他

    2023年1月

     詳細を見る

    種別:その他 

    国立環境研究所 谷口 優さん来室
    ヒトと動物の関係学に関する研究についての相談・アドバイス

  • 高齢者と動物に関するヒアリング調査への協力

    役割:その他

    東京農工大学  2022年11月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

    東京農工大学が東京都の「大学研究者による事業提案制度」に基づき、行政課題の解決のために東京都(福祉保健局)と連携。高齢者が飼育するペットに関する問題における高齢者福祉行政と動物愛護行政の連携強化に向けた施策を提言することを目的。
    ちばぎん総合研究所・薄井聡、東京農工大学・三好康子のお二人が来室、ヒアリング調査に協力

  • シニア雇用ならびにシニアの働き方に関するアンケート調査の結果報告 2022年度版

    役割:学術調査立案・実施, その他

    特定非営利活動法人YUVEC  2022年6月 - 2023年3月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

    報告書における分析編(13~21頁)を高橋知也と共同で執筆
    https://www.yuvec.org/wp-content/uploads/2023/03/8d47424fd133020ce080e7cdc222920b.pdf

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2023年12月
    -
    2024年3月
      環境情報学府 人工環境専攻長   (部局内委員会)

  • 2023年12月
    -
    2024年3月
      施設安全衛生委員会委員長   (部局内委員会)

  • 2023年12月
    -
    2024年3月
      施設部会委員   (全学委員会)

  • 2023年07月
    -
    2023年7月
      令和5年10月・令和6年4月入学 環境情報学府入学試験(人工環境専攻) 博士課程前期・特別選抜   (専攻内委員会)

  • 2023年04月
    -
    現在
      セクハラ等相談員   (全学委員会)

全件表示 >>