鈴木 敦 (スズキ アツシ)

SUZUKI Atsushi

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

研究キーワード

発生生物学



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Mouse dead end1 acts with Nanos2 and Nanos3 to regulate testicular teratoma incidence   2020年04月

    【論文】 Dead end1 is an essential partner of NANOS2 for selective binding of target RNAs in male germ cell development.  2016年01月

    【論文】 Nanos2 suppresses meiosis and promotes male germ cell differentiation.  2008年02月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Mouse dead end1 acts with Nanos2 and Nanos3 to regulate testicular teratoma incidence   2020年04月

    【論文】 Essential role of mouse Dead end1 in the maintenance of spermatogonia.  2019年01月

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年4月
    -
    2004年3月

    東京工業大学   生命理工学研究科   生命情報専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2004年4月
    -
    2007年3月

    総合研究大学院大学   生命科学研究科   遺伝学専攻   博士課程   修了

  • 1998年4月
    -
    2002年3月

    東京工業大学   生命理工学部   生体機構学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 総合研究大学院大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2007年10月
    -
    2012年3月

    専任   横浜国立大学   学際プロジェクト研究センター   特任教員(助教)  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   准教授  

  • 2012年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

  • 2012年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   機能発現工学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年4月
    -
    2007年9月

      国立遺伝学研究所   特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    現在
     

    日本遺伝学会

  • 2014年4月
    -
    現在
     

    日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

  • ライフサイエンス / 実験動物学

  • ライフサイエンス / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • NANOS3 suppresses premature spermatogonial differentiation to expand progenitors and finetunes spermatogenesis in mice

    Hiroki Inoue, Takayuki Sakurai, Kazuteru Hasegawa, Atsushi Suzuki, and Yumiko Saga

    Biology Open   2022年2月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Mouse dead end1 acts with Nanos2 and Nanos3 to regulate testicular teratoma incidence

    Imai Atsuki, Hagiwara Yoshihiko, Niimi Yuki, Tokumoto Toshinobu, Saga Yumiko, Suzuki Atsushi

    PLOS ONE   15 ( 4 )   2020年4月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Essential role of mouse Dead end1 in the maintenance of spermatogonia.

    Niimi Y, Imai A, Nishimura H, Yui K, Kikuchi A, Koike H, Saga Y, Suzuki A.

    Developmental Biology   445 ( 1 )   103 - 112   2019年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science PubMed

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Requirement of the 3'-UTR-dependent suppression of DAZL in oocytes for pre-implantation mouse development.

    Fukuda K, Masuda A, Naka T, Suzuki A, Kato Y, Saga Y.

    PLoS Genetics   2018年6月  [査読有り]

    DOI Web of Science PubMed

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Specific intron-dependent loading of DAZAP1 onto the cox6c transcript suppresses pre-mRNA splicing efficacy and induces cell growth retardation.

    Sasaki K, Ono M, Takabe K, Suzuki A, Kurihara Y.

    Gene.   657   1 - 8   2018年5月  [査読有り]

    DOI Web of Science PubMed

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • マウス始原生殖細胞におけるDead end1の機能解析

    新見 夕姫、相賀 裕美子、鈴木 敦

    Genes & Genetic Systemes   89 ( 4 )   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

    Dead end1を欠損するマウス始原生殖細胞はテラトーマ化することについて述べた。

  • 哺乳類生殖細胞形成機構の解析 –生殖医療への応用に向けて

    鈴木 敦、栗原 靖之、相賀 裕美子

    医学のあゆみ   238 ( 13 )   1221 - 1222   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

  • Nanos2蛋白質は生殖細胞の雄性化に必須な分子である  -Nanos2は卵と精子の分かれ目に働く蛋白質-

    鈴木敦, 相賀裕美子

    生物の科学 遺伝   62 ( 5 )   12 - 13   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 始原生殖細胞がembryonal carcinoma細胞へと転換する分子機構

    2022年4月 - 2025年3月

    基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 始原生殖細胞の発生を制御するRNA分子機構とその破綻による腫瘍発生のメカニズム

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 始原生殖細胞における潜在的分化多能生の制御機構  

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 生殖細胞の雄性分化におけるRNA制御とその破綻による精巣腫瘍発生の分子機構

    2014年1月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:鈴木 敦

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 哺乳類生殖細胞におけるRNP顆粒の形成機構と機能

    2014年1月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    代表者:鈴木 敦

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 精巣テラトーマ発症における多能性EC細胞の発生機構

    2021年12月 - 2023年3月

    内藤記念科学振興財団  研究助成金

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 哺乳類生殖細胞形成を制御するRNA分子機構

    2013年4月 - 2014年3月

    上原生命科学財団  研究奨励金

  • 哺乳類生殖細胞の雄性分化におけるRNA分子機構とその破綻による精巣腫瘍形成の分子メカニズム

    2012年10月 - 2014年3月

    内藤記念科学振興財団  研究助成金

    代表者:鈴木 敦

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 哺乳類生殖細胞形成機構の解析

    2010年4月 - 2012年3月

    加藤記念バイオサイエンス研究振興財団  研究奨励金

    代表者:鈴木 敦

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 哺乳類生殖細胞形成機構の解析

    2010年4月 - 2011年3月

    上原記念生命科学財団  研究助成金

    代表者:鈴木 敦

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Functional analysis of mouse IGF2BP1 in spermatogonia

    Kenya Yui, Atsushi Suzuki

    日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 器官培養法により精巣テラトーマ発症をイメージングする系の確立

    Atsuki Imai, Atsushi Suzuki

    日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 精巣テラトーマ抑制機構におけるDND1-NANOS3複合体の機能解析

    Hitomi Nishimura, Atsushi Suzuki

    日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Testicular teratoma in organ culture system

    Nishimura H., Imai A., Niimi Y., Suzuki A.

    The International Research Symposium on Regulation of Germ Cell Development in vivo and in vitro 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Mouse Dead end1 represses the acquisition of pluripotency in male PGCs.

    Niimi Y., Suzuki A.

    The International Research Symposium on Regulation of Germ Cell Development in vivo and in vitro 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   発生生物学

    理工学部

  • 2022年度   発生工学特論

    大学院理工学府

  • 2022年度   発生工学

    大学院理工学府

  • 2022年度   生物科学Ⅱ

    理工学部

  • 2022年度   生物科学Ⅰ

    理工学部

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストティーチャー賞

    2017年06月06日   横浜国立大学  

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
      化学・生命系学科バイオEP入試委員   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2020年3月
      化学・生命系学科バイオEP教務委員   (部局内委員会)

  • 2014年04月
    -
    2016年3月
      化学・生命系学科バイオEP教務委員   (部局内委員会)

  • 2012年04月
    -
    2014年3月
      化学・生命系学科バイオEP入試委員   (部局内委員会)