藤井 佳世 (フジイ カヨ)

FUJII Kayo

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 学校教育

職名

教授

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 人間形成と承認―教育哲学の新たな展開   2014年07月

    【著書】 学校という対話空間  2011年01月

    【論文】 教育的関係におけるコミュニケ―ション的行為の可能性ー相互承認による自己形成論へ  2003年11月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 Manabi and Japanese Schooling: Beyond Learning in the Era of Globalisation   2020年03月

    【論文】 彼女は先行する世代の問題をどのように継承したのかーある大学生のインタビュー解釈  2019年03月

    【論文】 再政治化と批判的教育学ーランシエール とホネットの思想に焦点をあてて  2018年09月

    【論文】 教育思想家像の国際比較―教職の専門性と教員養成課程の改革  2018年01月

    【国際会議発表】 Another Learning Style in the Global Era: Japanese Self, Recognition and "Manabi"  2017年12月

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学) - 東京学芸大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   学校教育   教授  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   学校教育   准教授  

  • 2013年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   学校教育   准教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育実践専攻   教育デザインコース 教育学   教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    現在

      東京学芸大学大学院 連合学校教育学研究科    主指導教員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2001年
    -
    現在
     

    日本教育学会

  • 2001年
    -
    現在
     

    関東教育学会

  • 2000年
    -
    現在
     

    教育哲学会

  • 2000年
    -
    現在
     

    教育思想史学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育学  / 教育哲学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 養護学校教諭1種免許

  • 中学校教諭専修免許

  • 小学校教諭専修免許

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『教育にこだわるということー学校と社会をつなぎ直す』

    ガート・ビースタ[著] 上野正道[監訳],共訳者:山口裕毅,藤井佳世,佐藤邦政,青木由紀子,宮崎康子,仲田康一( 担当: 共訳 ,  範囲: 2章 ビルドゥングはどのくらい一般的になりうるのかー近代の教育理念の未来についての反省的見解ー)

    東京大学出版会  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 『道徳教育の理論と実践』

    上地完治, 毛内嘉威, 小林万里子, 岩立京子,坂本哲彦, 藤井佳世,他12名( 担当: 共著 ,  範囲: 第13章 道徳とは何か)

    ミネルヴァ書房  2020年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:205-216   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    「特別の教科 道徳」の中心になる考える道徳・議論する道徳に資する道徳理解について述べた。とりわけ、道徳が多様な思想を背景に成立していることに焦点をあて、道徳の諸理論の内容をとりあげ、法と道徳の関係、正しいこととよいこと、道徳的行為と帰結の視点から、道徳は論争的であると論じた。そして、道徳教育及び道徳授業では、よさの多様な根拠や行為を徹底的に考え議論することを通して、よりよい自己やよりよい社会を追究すると論じた。

  • Manabi and Japanese Schooling: Beyond Learning in the Era of Globalisation

    Masamichi Ueno, Yasunori Kashiwagi, Kayo Fujii, Tomoya Saito, Taku Murayama( 担当: 共著 ,  範囲: 4 The resonance of Minna's voice in Japanese schooling)

    Routledge  2020年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:89-102   記述言語:英語 著書種別:学術書

    日本の学校における学びをLearningとは異なる実践として捉え、その実践を哲学的に考察したものである。とりわけ、日本語の構造において自己と社会の未分化な表現があることを指摘し、何かを知ることは道(Tao)につながる精神的な側面を含んでいることを述べた。そして、学校で用いられるみんなという表現が共通の経験を通して互いを知るだけではなく、自己の曖昧さを取り入れた独特のコミュニケーションの中で学びを成立させることを論じた。

  • 『デューイ著作集7 教育2 明日の学校, ほか』

    ジョン・デューイ[著], 上野正道[訳者代表], 佐藤学[解題],共訳者:上野正道,千賀愛,藤井佳世,増田美奈,他4名( 担当: 共訳 ,  範囲: 10 教育における道徳的原理)

    東京大学出版会  2019年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:1-27   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    1909年に出版されたデューイ の道徳教育論の翻訳である。学校における道徳教育が意義をもつためには、学校の道徳ではなく、社会生活の参加を前提とする道徳を取り扱わなければならないことが述べられる。子どもはアメリカ社会の一員になるため、デモクラシーの観点を含む知性的側面と感情的側面の両方を涵養する道徳教育の重要性が述べられている。

  • 『教職用語辞典<改訂版>』

    橋本美保編集代表, 共著者:会沢信彦,浅沼茂,藤井佳世,他114名( 担当: 共著 ,  範囲: 「価値主義的道徳教育」「価値相対主義」「教育的出会い」「教育的雰囲気」「コールバーグ」「対話」「道徳」「道徳教育」「道徳性」「道徳的価値」「道徳的規範」「ホイジンガ」「臨床教育学」「我ー汝関係」等)

    一藝社  2019年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:68,131-132,216-217,346,381-383,442,486-487,493   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    教育人間学の基礎的概念だけではなく、応用としての臨床教育学の考え方、さらに「特別の教科 道徳」に対応した道徳理解や道徳教育について述べ、教職をめざす学生にとって必要である基礎的知識を中心に説明した。

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 相互了解による人間形成論の研究ーハーバーマスの「コミュニケーション的行為」の理論を中心にして

    藤井佳世

    東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科 (博士)   2005年3月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    ハーバーマスのコミュニケーション的行為の理論をてがかりとしながら、理解と了解の違いに着目し、相互了解による人間形成論を構築した。相互了解は、ある対象について他者とともに意味を形成していく行為である。ここでは、三項関係が成立し、人は対象化されるのではなく、ともに意味を共有する相手になる。互いの解釈をすり合わせることによって、ひとつの意味を共有することに、相互了解の人間形成的意味があることを提案した。

  • ハーバーマスのコミュニケーション的行為理論における「了解」概念に関する研究 ーその教育学的意味

    藤井佳世

    横浜国立大学大学院教育学研究科(修士)   2000年3月

    学位論文(修士)   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    本論文では、コミュニケーションにおいて、了解に志向した言語使用が、成果に志向した言語使用よりも本源的であることをハーバーマスの理論から明らかにし、授業場面における教師と生徒のコミュニケーションを了解理論から解読した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 初期ハーバーマスの思想における大学論――1960年代の二つの論文に着目して

    藤井佳世

    横浜国立大学教育学部紀要.I, 教育科学   5   198 - 210   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • Philosophical reflections in modern education in Japan: strategies and prospects

    Morimich Kato, Ryohei Matsushita, Masamichi Ueno, Kayo Fujii, Yasunori Kashiwagi, Naoko Saito et al.

    Educational Philosophy and Theory   2021年12月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 教育(学)と政治(学)ー「翻訳」から捉える交差と懸隔ー

    室井麗子,高宮正貴,E.デュフルモン, 生澤繁樹,藤井佳世

    近代教育フォーラム   29   131 - 138   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:教育思想史学会   共著  

    日本の近代教養は翻訳プロセスとともに成長してきた側面があり、教育学も例外ではなく明治期の翻訳が大きな影響を与えている。諸学問が翻訳を通して形を持ちはじめ、構築され制度化されていく中で、教育学と政治学の緊張関係と衝突が生じるなど、異なる領域間における新たな側面が浮かびあがってきた。翻訳に焦点をあてることによって、教育学や人間形成を形作ってきた各文化の背景と磁場を明らかにした。

  • 教育哲学と社会批判の(不)可能性

    生澤繁樹, 室井麗子, 藤井佳世

    教育哲学研究(教育哲学会)   121   179 - 185   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    教育哲学研究における社会批判の哲学的・思想的方法がどこまで持ち堪えうるものなのかを論じたものである。とりわけ、批判理論と教育学の新しい関係について考察することを通して、現代社会における批判理論の困難や批判的教育学の課題を踏まえた上で、内在的に批判の視点を確保する第三世代の批判理論を取り入れた批判的人間形成論の構想について論じた。

  • 森昭の道徳教育思想―『教育の実践性と内面性―道徳教育の反省』を中心に―

    藤井佳世

    横浜国立大学教育学部紀要. I, 教育科学   3   152 - 167   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    日本の教育哲学者であり晩年に人間形成論を構想した森昭の道徳教育論の考察を通して、人間形成と道徳教育の理論上の課題について明らかにしたものである。変革期の教育構想として森の道徳教育論の特徴である実践性と内面性の結びつきは、プラグマティズム思想とドイツの実存主義や観念論の思想のそれぞれから導き出されており、それらを束ねるのが知性的な良心であることを論じた。

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 人間形成概念の再検討ー理論と経験をつなぐには

    野平慎二,藤井佳世,伊藤敦広, 平田仁胤, 鳥光美緒子

    教育哲学研究   123   107 - 113   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

  • 白銀夏樹著『アドルノの教育思想ー「アウシュヴイッツ以後」の啓蒙』(書評)

    藤井佳世

    近代教育フォーラム   29   214 - 217   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:教育思想史学会   単著  

    アドルノの教育思想から導き出される回避の教育は、言語に回収されない人間形成を考える上では欠かすことのできない重要な側面であるが、コミュニケーションの多様さと社会形成の視点を取り入れた市民的公共圏を想定することや啓蒙と学校教育の語り直しなど、学校と社会の結びつきをより十分に論じる必要があったのではないかと指摘した。

  • ガート・ビースタ著、上野正道監訳『教えることの再発見』(図書紹介)

    藤井佳世

    教育学研究   86 ( 2 )   165 - 166   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   単著  

    主体化と教えることを結びつけるビースタの著書の内容を整理し、社会化や資格化とは異なる教育の考え方について紹介した。

  • 巻頭言

    藤井佳世

    近代教育フォーラム   27   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:教育思想史学会   単著  

    高等教育における教育思想史の役割について、教育と研究の両方の視点から述べた。主に、国際学会を通したネットワーク化による研究の拡大、これまでの教育思想史研究の知の蓄積をもとにした初学者向けの取り組み、教員養成における実践と結びつく教育思想史の可能性について論じた。

  • 人間形成論的ビオグラフィー研究の進め方ーインタビューから解読まで

    鳥光美緒子, 藤井佳世, 野平慎二

    近代教育フォーラム   27   134 - 135   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:教育思想史学会   共著  

    ドイツで進められている人間形成論に方向づけられたビオグラフィ研究に倣い、インタビューを行い、その事例を実際に解釈した報告であり、その報告について指定討論者とフロアの参加者と議論した内容についてまとめたものである。インタビューの相互性を解釈に取り入れるかどうかなど、インタビューの解釈方法は、今後の課題であることを示した。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 外部資金獲得研究者に対する表彰(研究奨励)

    2016年09月   横浜国立大学教育人間科学部  

    受賞者:藤井佳世

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 批判的人間形成論の再構築に関する研究

    2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:藤井佳世

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 学校から職業への移行と人間形成に関するビオグラフィー的研究

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:鳥光美緒子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 外国にルーツをもつ子どもの健康を決定づける力に関する研究

    2017年6月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    代表者:沢田真喜子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 「多面的・多角的に考える道徳」「議論する道徳」に関する教育思想史的研究

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:上地完治

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 青少年の挫折経験に関する人間形成論的研究ー「生の語り」の分析から

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:鳥光美緒子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 討議倫理学と道徳教育に関する研究

    2013年 - 2014年

    横浜国立大学教育人間科学部後援会 

    代表者:藤井佳世

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 教育実践における討議倫理と子ども哲学を接続する試み(ラウンドテーブル 対話的な学びとコミュニティ形成:討議倫理にフォーカスした事例提案)

    藤井佳世

    日本教育方法学会第57回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:宮城教育大学,オンライン開催  

  • 批判理論と教育学の再構築に向けて (ラウンドテーブル 教育哲学と社会批判の(不)可能性)

    藤井佳世

    教育哲学会第62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:広島大学  

    戦後ドイツにおける批判理論と教育学を主にとりあげ、教育哲学における今日的展開としてストヤノフの理論について述べた。その際、アメリカにおける批判的教育学への課題意識を持つビースタの理論を経ることによって、主体化につながる人間形成論への回路が開かれることを述べた。

  • 承認(Anerkennung) を日本の教育学の文脈で読む試み (コロキウム 教育(学)と政治(学)ー「翻訳」から捉える交差と懸隔)

    藤井佳世

    教育思想史学会第29回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立教大学  

    承認(Anerkennung)というドイツ語をどのように訳すのかについて考察したものである。翻訳は、分野をこえた学問共同体で継承される言語を生産すると同時に、どのように訳すのかが直接的にどのように教育をとらえるのかにつながるなど、文化と文化の接続と衝突の場所でもあり、翻訳者のコンテクストが顕になることを述べた。加えて、異なる文化による異なる接続が新しい展開をもたらすことも指摘した。

  • What is the voice of Minna in Japanese schooling? (Symposium: Rethinking Learning in East Asia: Manabi and Xue)

    Kayo Fujii

    The 10th Conference of the World Education Research Association 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo,Japan  

    本シンポジウムは、台湾とイギリスの研究者が指定討論を務め、報告者は台湾と香港と日本の研究者が行った。日本からは3名の報告者が異なるテーマの発表を行い、本報告は身体と言語の視点から学びにおける「みんな」の現象と機能について明らかにした。

  • An analysis of the educational practice of Manabi

    Kayo Fujii, Masamichi Ueno, Yasunori Kashiwagi, Taku Murayama

    The 48th Annual Conference of the Philosophy of Education Society of Australasia  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rotorua, New Zealand  

    日本の学校教育における教育文化論として学びに着目し、学びの思想と実践の特徴を明らかにした。

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本教育学会『教育学研究』編集委員会

    編集委員 

    2021年1月
    -
    現在
     

  • 関東教育学会『関東教育学会紀要』46号

    査読者 

    2019年11月
    -
    2019月11日
     

  • 教育哲学会『教育哲学研究』編集委員会

    編集委員 

    2017年10月
    -
    2021月9日
     

  • 関東教育学会『関東教育学会紀要』44号, 45号 編集委員会

    編集委員 

    2017年3月
    -
    2018月9日
     

  • 教育思想史学会『近代教育フォーラム』編集委員会

    編集委員 

    2016年10月
    -
    2021月9日
     

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 社会教育部門「教育と公共」研究事業

    提供機関: 公益財団法人野間教育研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2019年04月  -  現在 

  • 総合的な教師力向上のための調査研究事業

    提供機関: 文部科学省  学内共同研究  

    研究期間: 2016年  -  2017年 

  • 初等・中等教育における海洋教育の普及と実践活動

    提供機関: 東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター  国内共同研究  

    研究期間: 2014年  -  2016年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   道徳教育の理論と方法

    教育学部

  • 2022年度   卒業研究

    教育学部

  • 2022年度   人間形成論

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   人間形成論

    大学院先進実践学環

  • 2022年度   人間学通論Ⅰ

    大学院先進実践学環

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 教育思想史学会

    2021年10月 - 2024年9月  理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 藤沢市教育振興基本計画評価委員会

    2021年06月 - 2022年3月  委員長

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 藤沢市立学校適正規模・適正配置検討委員会

    2021年05月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 小田原市青少年施策推進アドバイザー

    2021年04月 - 2022年3月 

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 神奈川県青少年問題協議会

    2020年09月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学教育学部附属横浜小学校研究集会 講師(道徳)

    役割:講師, 助言・指導

    2022年1月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:研究指導

  • 神奈川県道徳教育研修会(葉山町立一色小学校校内研修会)講師

    役割:講師

    2021年11月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:研究指導

  • 横浜国立大学教育学部附属鎌倉小中学校 小中合同研究発表会 講師(道徳)

    役割:講師, 助言・指導

    2021年10月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:研究指導

  • 神奈川県道徳教育研修会(葉山町立一色小学校校内研修会)講師

    役割:講師

    2021年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:研究指導

  • 教員免許状更新講習「教育の最新事情」講師

    役割:講師

    2021年7月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:資格認定講習

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
      学校教員養成課程運営委員会委員   (部局内委員会)

  • 2022年04月
    -
    現在
      企画調整会議委員   (部局内委員会)

  • 2022年04月
    -
    現在
      教育学部代議員会委員   (部局内委員会)

  • 2022年04月
    -
    現在
      教職部会 部会長   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      介護等体験委員長   (部局内委員会)

全件表示 >>