藤井 麻樹子 (フジイ マキコ)

FUJII Makiko

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

准教授

関連SDGs




学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

  • 修士(工学)

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   自然環境と情報部門   准教授  

  • 2019年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   自然環境と情報部門   講師  

  • 2017年2月
    -
    2019年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   自然環境と情報部門   特任教員(講師)  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   環境生命学専攻   准教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 分析化学

  • エネルギー / 量子ビーム科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Imaging Mass Spectrometry of Low-molecular-weight Compounds in Skin Tissue with TOF-SIMS

    Hasegawa Etsuko, Fujii Makiko

    BUNSEKI KAGAKU   70 ( 4-5 )   271 - 276   2021年  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本分析化学会   共著  

    <p>Retention of water in human skin is an important function that is performed mainly by low-molecular-weight compounds in the stratum corneum. To understand the retention mechanism, it is helpful to clarify the distribution of these compounds in the stratum corneum by methods such as imaging mass spectrometry (IMS). Especially secondary ion mass spectrometry (SIMS) has high spatial resolution. The aim of this study was to develop a high-resolution method for analyzing the distribution in the stratum corneum of low-molecular-weight compounds, such as amino acids. Skin samples were prepared by the tape stripping method and 20 successive tape-strips were collected at the same skin position. Analysis was performed using TOF.SIMS 5 instrument with Bi<sub>3</sub><sup>2+</sup> as the primary ion, accelerated at 25 kV. There are three main findings of this study. First, in determining the relationship between molecular weight and the spatial resolution of ions detected from the skin samples, the signal counts of neighbor pixels must be accumulated to obtain a clearer image of high-molecular-weight ions. Second, the present method could reveal the distribution of Serine and Arginine in the skin samples but was unable to obtain a clear image of Lysine. Finally, the depth distribution of the exogenous components could be determined by comparing the results of the 2nd and 20th tape strips.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008049606

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   分析化学ⅡB

    理工学部

  • 2022年度   分析化学ⅡA

    理工学部

  • 2022年度   分析化学Ⅰ

    理工学部

  • 2022年度   物質・生命と環境

    大学院環境情報学府

  • 2022年度   物質・生命と環境

    大学院先進実践学環

全件表示 >>