FUJIWARA Teppei

Affiliation

Faculty of Urban Innovation, Division of Urban Innovation

Job Title

Associate Professor

Date of Birth

1975



The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Awards】 第33回 BELCA賞  2024.03

    【Awards】 第35回 JIA新人賞  2024.03

    【Awards】 横浜文化賞 文化芸術・奨励賞  2018.10

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  • 1998.4
    -
    2001.3

    Yokohama National University   Master Course   Completed

  • 1994.4
    -
    1998.3

    Yokohama National University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Master of Engineering - Yokohama National University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2012.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Associate Professor  

  • 2017.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Urban Sciences   Department of Architecture and Building Science    Associate Professor  

  • 2012.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Urban Innovation   Department of Architecture and Urban Culture   Associate Professor  

  • 2012.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Engineering Science   Department of Architecture,Infrastructure,Ocean Engineering and Ecosystem Science   Associate Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2016.9
    -
    2017.2

      Lecturer  

  • 2014.10
    -
    2015.3

     

  • 2014.10
    -
    2015.3

     

  • 2013.4
    -
    2014.8

     

  • 2010.3
    -
    2012.3

     

display all >>

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2009
     
     
     

    一般社団法人日本建築学会

Research Areas 【 display / non-display

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural planning and city planning

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural history and design

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Architect (first class)

 

Books 【 display / non-display

  • パビリオン・トウキョウ2021

    和多利恵津子監修(藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田誠、草間彌生、真鍋大度+Rhizomatiks)( Role: Joint author ,  ストリートガーデンシアター)

    TOTO出版  ( ISBN:9784887063969

     More details

    Total pages:200   Responsible for pages:18   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 内田祥哉 窓と建築ゼミナール

    内田祥哉( Role: Joint editor ,  総括座談会の参加と、書下ろしの内田祥哉論を担当)

    鹿島出版会 

    Amazon

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    建築化にして建築構法学の創始者である内田祥哉氏が説く開口部論の極意。設計の神髄を「窓」から語り尽くす非公開講座の全記録。聴講者との総括座談会と、門脇耕三、藤原徹平、戸田穣による書下ろしの論考を集成。

  • 20世紀の思想から考える、これからの都市・建築

    横浜国立大学大学院/建築都市スクールY-GSA (著, 編集), 塚本 由晴 (著), 渡辺 真理 (著), 長谷川 豪 (著), 難波 和彦 (著), 石田 壽一 (著), 小嶋 一浩 (著), 北山 恒 (著), 藤原 徹平 (著), 寺田 真理子 (著), 市川 紘司 (著), 岩元 真明 (著), 山道 拓人 (著), 南後 由和 (著), 連 勇太朗 (著)( Role: Joint author)

    彰国社 

    Amazon

     More details

    Total pages:248   Language:Japanese Book type:Scholarly book


    20世紀を代表する6人の思想家に焦点を当て、彼らの都市論/建築理論はどのような社会背景で生まれたのか、その時代に求められた必要性を都市・建築の歴史をひも解きながら紹介。欧米から生まれた都市論と日本の現代社会と都市を相対化させることで、新しい建築/都市とはどのようなものなのか、私達がこうした思想とどう向き合うのかを考える。

  • ここに棲む―地域社会へのまなざし

    住友文彦、吉田成志、五十嵐純、アトリエ・ワン、稲垣淳哉、乾久美子、木暮伸也、木村崇人、小林エリカ、山道拓人+千葉元生+西川日満里、藤野高志、藤原徹平、藤本壮介、水谷俊博+水谷玲子、三田村光土里、山極満博、ライゾマティクスリサーチ、渡辺真理( Role: Joint author)

    彰国社  ( ISBN:4395320511

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • アジアの日常から : 変容する世界での可能性を求めて

    エルウィン・ビライ、藤原徹平、リン・ハオ、チャオ・ヤン、ヴォ・チョン・ギア、チャトポン・チュエンルディーモル、大西真貴、百田有希( Role: Joint author)

    TOTO出版  ( ISBN:9784887063549

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • CHIDORI TERRACE

    Teppei Fujiwara

    Selected Architectural Designs   139 ( 1786 )   116 - 117   2024.3  [Reviewed]

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Architectural Institute of Japan   Single Work  

  • NASUSHIOBARA COMMUNITY CENTER KURURU

    FUJIWARA Teppei,HARIGAI Masafumi,Sato Jun

    Selected Architectural Designs2024   139 ( 1786 )   108 - 109   2024.3  [Reviewed]

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Architectural Institute of Japan   Joint Work  

  • KYOTO CITY UNIVERSITY OF ARTS AND KYOTO CITY SENIOR HIGH SCOOL OF ART

    99 ( 1 )   56 - 71   2024.1  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

  • KYOTO CITY UNIVERSITY OF ARTS AND KYOTO CITY SENIOR HIGH SCOOL OF ART

    40 - 52   2024.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • SENPOKAKU REGENERATION PROJECT Phase1

    FUJIWARA Teppei

    99 ( 11 )   102 - 113   2023.9  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 松江モダニズム建築群|伝統と近代が高度に応答する松江市の都市空間

    藤原徹平

    ソトコト   12 - 13   2024.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • まちから生まれる建築の統一性と多様性

    乾久美子,郷野正広,藤原徹平,大西麻貴,百田有希,中原春生

    新建築 2024年1月号   99 ( 1 )   44 - 49   2024.1  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Single Work  

  • 沖玉ステイ

    藤原徹平,武田まりの

    GA JAPAN 186   30 - 33   2024.1  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Single Work  

  • 建築2023/2024 総括と展望

    藤原徹平,石上純也,百田有希,二川由夫

    GA JAPAN 186   74 - 89   2024.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:エーディーエーエディタ トーキョー   Single Work  

    日本を代表する建築専門誌による恒例の年末批評対談。2023年の建築デザインの状況を細かく振り返りながら批評・総括する。また対談・熟議の中から、2024年に向けた展望を提言する。

  • hocco|バスの待機場を「職住一体の暮らしの場」に

    藤原徹平

    ソトコト   12 - 13   2023.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • KYOTO CITY UNIVERSITY OF ARTS AND KYOTO CITY SENIOR HIGH SCOOL OF ART

    2024.1

     More details

    Work type:Architectural work  

  • 扇芳閣 再生プロジェクト第一期

    藤原徹平

    2023.9

     More details

    Work type:Architectural work   Location:新建築2023年9月号  

  • 東郷の杜 東郷記念館

    藤原徹平,神本豊秋

    2022.4

     More details

    Work type:Architectural work   Location:新建築  

  • 泉大津市立図書館 シープラ

    フジワラボ・トミト設計共同体

    2022.3

     More details

    Work type:Architectural work   Location:新建築 2022年3月号(P.142~149)  

  • チドリテラス

    藤原徹平

    2022.2

     More details

    Work type:Architectural work   Location:新建築2022年2月号 建築作品選集2024  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 第35回 JIA新人賞

    2024.3   日本建築家協会   チドリテラス

    Individual or group name of awards:藤原徹平

     More detail

    日本建築家協会の賞。 30年以上の歴史を持つ、建築賞。才能に恵まれ真摯な努力を重ねておられる新進建築家による作品を通して、人を表彰し、わが国の建築文化の一層の向上に寄与することを目的とした賞。

  • 横浜文化賞 文化芸術・奨励賞

    2018.10   横浜市   横浜トリエンナーレ2017会場デザイン、街なかでのアートプロジェクト、まちづくり×デザインの展開

    Individual or group name of awards:藤原徹平

  • 第33回 BELCA賞

    2024.3   公益社団法人ロングライフビル推進協会   東郷の杜 東郷記念館

    Individual or group name of awards:㈱フジワラテッペイアーキテクツラボ、 ㈱再生建築研究所

     More detail

    1991年にビルのロングライフ化に寄与することを目的として設けられた、既存建築物に対する表彰制度。 長期にわたって適切な維持保全をしたり、優れた改修を実施した既存の建築物について、【ロングライフ部門】と【ベストリフォーム部門】の2部門を設け、特に優秀なものを選考委員会で審議して選び、その関係者を表彰する。 東郷記念館は1969年に開館、築50年を超える建築である。災害時の帰宅困難者支援など都市防災拠点としての機能を担保するために、耐震性能強化を行った。都心に残る貴重な池泉式庭園との関係を最大限生かすためにアウトフレーム構法+鉄骨屋根による軽量化+空間構成の再構築を図り、地域のランドマーク足り得る建築をつくりだした。

  • 第49回 東京建築賞 共同住宅部門 最優秀賞

    2023.6   一般社団法人東京都建築士事務所協会   チドリテラス

    Individual or group name of awards:藤原徹平

     More detail

    「東京建築賞」は、一般社団法人東京都建築士事務所協会が主催する建築コンクールです。1974年の第1回開催以来、東京都内の建築士事務所が手がけた建築作品を公募し、優れた作品の表彰を行っている。チドリテラスは、18戸からなるコーポラティブハウスで、ヨーロッパの山岳都市の細街路を逍遥するような豊かな共用空間を生み出した新しい形のデザインとして部門最優秀賞を重賞した。

  • 平成29年 日本建築士会連合会賞 奨励賞

    2017.10   日本建築士会連合会   代々木テラス

    Individual or group name of awards:藤原徹平

display all >>

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 都市空間に創造的に応答していく 視点を持ったアートマネジメント人 材育成プログラム

    2020.4 - 2023.3

    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology  令和3年度 文化庁「大学における文化芸術推進事業」

    Investigator(s):藤原徹平

      More details

    都市イノベーション学府での10年にわたる文理融合の都市と芸術を巡る議論を基盤に、建築学、都市基盤学、社会学に横断する芸術の新しい在り様を考えるプロジェクト。芸術を、美術館や劇場のなかにあるものだけではなく、人を触発する形を制作する技術とその技術の産物として広く捉え、都市に応答する芸術の可能性を探求する。

    文化庁からの助成を受けて、少子高齢化、人口減少、多国籍化、都心への一極集中、産業構造の転換、大災害、パンデミックなど、激しく変化しつづける現代都市に応答し、都市の在り方そのものを再定義するような芸術の可能性について、理論と実践を横断しながら探求し、プログラムの実践を通じて人材の育成を行う。大学を知のプラットフォームとして活用し、社会貢献していくと同時に大学に新しい学領域の場を構築していくことを狙う。

  • COI(受託研究)「持続可能な都市の実現に寄与する交通システム」

    2013.4 - 2022.3

    Japan Science and Technology Agency  文部科学省 科学技術振興機構 センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム

    Investigator(s):有吉亮

      More details

    文部科学省 科学技術振興機構 センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムにおける九州大学のサテライト。「持続可能な都市の実現に寄与する交通システム」から次世代の都市OS(オペ―レーティングシステム)を考えるプログラム。次世代型のバス車両の研究を日野自動車と共に行っている。

  • 川島地域の魅力づくり、将来像の構想検討等に関する研究

    2014.6 - 2015.3

    Local Government 

    Investigator(s):藤原徹平

  • 大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)

    2013.10 - 2014.3

    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology  補助金(H25地域産学官連携科学技術振興事業費)

    Investigator(s):北山恒

  • 都市開発における建築に関する総合研究

    2012.9 - 2014.3

    Private Foundations 

    Investigator(s):北山恒

Presentations 【 display / non-display

  • 京都市立大学 オープンリサーチプログラム オープンレクチャー 藤原徹平「学校内学校を作ることから始める」

    藤原徹平  [Invited]

    2019年度オープンリサーチプログラム─博士の将来像に向けて 第1回「学校内学校を作ることから始める」  京都市立芸術大学

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:京都市立芸術大学  

    京都市立大学 大学院美術研究科の「2019年度オープンリサーチプログラム―博士の将来像に向けて」プログラムの第一回の基調講演を担当。オープンリサーチは,京都市立大学の移転に向けて教育や研究の可能性について探求するために開催される現在進行形のプログラムで、建築や芸術にまつわる実践や教育での展開について講演並びにディスカッションを行った。

  • アイカデザインセミナー2019 藤原徹平「まちをつくる建築」

    藤原徹平  [Invited]

    アイカデザインセミナー2019  アイカ

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    アイカデザインンセミナーは、国内外で活躍する建築家・デザイナーが講演を行う文化活動で、建築文化の向上と発展への貢献を目的として2004年から毎年開催しており、地方都市での開催となる。「まちをつくる建築」をテーマに建築と都市と芸術の実践についてレクチャーを行った。

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2024   Design Studio 3

    College of Urban Sciences

  • 2024   Design Studio 3B

    College of Urban Sciences

  • 2024   Design Studio 3A

    College of Urban Sciences

  • 2024   Design Studio 2

    College of Urban Sciences

  • 2024   Space Design Basics

    College of Urban Sciences

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 大学院デザインスタジオ

    Institution:東京大学

  • 3年設計製図(卒業制作)

  • 大学院建築設計1

  • 建築設計/都市設計

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 宇部ビエンナーレ運営委員会

    2019.4  運営委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • グッドデザイン賞

    2019.4 - 2023.3  審査員

     More details

    Committee type:Other 

    日本デザイン振興会が主催するグッドデザイン賞は、アジアにおける最も影響力があるデザイン賞である。2018年度より集合住宅部門の審査委員を担当している。

  • 日本ペイント主催 国際学生コンペ「AYDA2020」

    2018.4  審査員、企画委員

     More details

    Committee type:Other 

    グローバルなペンキ会社である日本ペイントがアジア全域で実施ている国際的な学生コンペの日本支部の審査委員ならびに企画を担当している。

  • 宇部ビエンナーレ展示委員会

    2015.4  展示委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 宇部ビエンナーレ

    2014.4  審査委員

     More details

    Committee type:Municipal 

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 法政大学有志展2023審査員

    Role(s): Lecturer

    2023.3

  • 近畿大学「建築プロジェクトデザイン論」

    Role(s): Lecturer

    近畿大学  2022.12

  • 「よこはま共創博覧会2022」 「これからの共創のあり方を考える。」シンポジウム登壇

    Role(s): Panelist

    2022.10

  • WDCD Meetup Tokyo 「世界が求めるデザインの責任について話そう」

    Role(s): Panelist

    SHIBAURA HOUSE  2022.10

  • ACY 15周年記念フォーラム 「クリエイターとともに、都市と芸術の交わる“新領域”をさがす」

    Role(s): Panelist

    公益財団法人横浜市芸術文化振興財団  2022.8

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 旅館再生、30代が新風 リブランディングで高付加価値化

    日本経済新聞  日本経済新聞  2024.2

     More details

    Author:Other 

    老舗旅館の再生プロジェクトの成功例のプロセスや考え方の取材を受けた。地域再生、事業再生を取り込んだ重要なプロジェクトとして紹介された。

  • 『パビリオン・トウキョウ2021』

    TOTO出版  2022.3

     More details

    Author:Other 

  • 「文化の多様さを下支えするのが『広場』」

    神奈川芸術プレス  vol.159(2022年1月発行)P.15  2022.1

     More details

    Author:Myself 

  • 扇芳閣プロジェクトのインタビュー

    GA  2021年11月号P.114 ~123  2021.11

  • 「時代を超えて住み継ぐ持続可能な住まい」

    ミサワホーム月刊誌  2021年11月号P.4~6  2021.11

display all >>

Academic Activities 【 display / non-display