藤原 徹平 (フジワラ テッペイ)

FUJIWARA Teppei

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

生年

1975年



代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【作品・芸術活動等】 那須塩原市まちなか交流センター「くるる」   2019年11月

    【学術関係受賞】 横浜文化賞 文化芸術・奨励賞  2018年10月

    【学術関係受賞】 泉大津市図書館整備基本設計・実施設計業務委託に係る公募型プロポーザル委託候補者  2019年06月

    【学術関係受賞】 京都市立芸術大学及び京都市立銅駝美術工芸高等学校移転整備工事設計業務委託に係る公募型プロポーザル 受託候補者  2017年09月

    【学術関係受賞】 平成29年 日本建築士会連合会賞 奨励賞  2017年10月

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    横浜国立大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    横浜国立大学  工学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士 -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   都市科学部   建築学科   准教授  

  • 2012年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   准教授  

  • 2012年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   建築都市文化専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    2017年02月

      香港大学大学院   建築学科   講師

  • 2014年10月
    -
    2015年03月

      東京大学   大学院   非常勤講師

  • 2014年10月
    -
    2015年03月

      早稲田芸術学校   非常勤講師

  • 2013年04月
    -
    2014年08月

      東京理科大学   大学院   非常勤講師

  • 2010年03月
    -
    2012年03月

      東京理科大学   理工学部   非常勤講師

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    継続中
     

    一般社団法人日本建築学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 都市計画・建築計画

  • 建築史・意匠

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 内田祥哉 窓と建築ゼミナール

    内田祥哉 (担当: 共編者 , 担当範囲: 総括座談会の参加と、書下ろしの内田祥哉論を担当 )

    鹿島出版会  2017年10月

     概要を見る

    建築化にして建築構法学の創始者である内田祥哉氏が説く開口部論の極意。設計の神髄を「窓」から語り尽くす非公開講座の全記録。聴講者との総括座談会と、門脇耕三、藤原徹平、戸田穣による書下ろしの論考を集成。

    Amazon

  • 20世紀の思想から考える、これからの都市・建築

    横浜国立大学大学院/建築都市スクールY-GSA (著, 編集), 塚本 由晴 (著), 渡辺 真理 (著), 長谷川 豪 (著), 難波 和彦 (著), 石田 壽一 (著), 小嶋 一浩 (著), 北山 恒 (著), 藤原 徹平 (著), 寺田 真理子 (著), 市川 紘司 (著), 岩元 真明 (著), 山道 拓人 (著), 南後 由和 (著), 連 勇太朗 (著) (担当: 共著 )

    彰国社  2016年09月

     概要を見る

    20世紀を代表する6人の思想家に焦点を当て、彼らの都市論/建築理論はどのような社会背景で生まれたのか、その時代に求められた必要性を都市・建築の歴史をひも解きながら紹介。欧米から生まれた都市論と日本の現代社会と都市を相対化させることで、新しい建築/都市とはどのようなものなのか、私達がこうした思想とどう向き合うのかを考える。

    Amazon

  • ここに棲む―地域社会へのまなざし

    住友文彦、吉田成志、五十嵐純、アトリエ・ワン、稲垣淳哉、乾久美子、木暮伸也、木村崇人、小林エリカ、山道拓人+千葉元生+西川日満里、藤野高志、藤原徹平、藤本壮介、水谷俊博+水谷玲子、三田村光土里、山極満博、ライゾマティクスリサーチ、渡辺真理 (担当: 共著 )

    彰国社  2015年10月 ISBN: 4395320511

  • アジアの日常から : 変容する世界での可能性を求めて

    エルウィン・ビライ、藤原徹平、リン・ハオ、チャオ・ヤン、ヴォ・チョン・ギア、チャトポン・チュエンルディーモル、大西真貴、百田有希 (担当: 共著 )

    TOTO出版  2015年10月 ISBN: 9784887063549

  • 応答 漂うモダニズム

    槇 文彦、伊東 豊雄、五十嵐 太郎、藤村 龍至、黒石 いずみ 、中谷 礼仁 、辻 琢磨、饗庭 伸、小嶋 一浩、塚本 由晴、藤原 徹平、塩崎 太伸、堀越 英嗣、松葉 一清、内田 祥士、横河 健、糸長 浩司、保坂 陽一郎 (担当: 共著 )

    左右社  2015年06月 ISBN: 4865281215

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 代々木テラス(関東)

    藤原 徹平

    建築雑誌.作品選集 : Selected Architectural Designs ( 日本建築学会 )  ( 1722 ) 36 - 37   2019年03月

    単著

    CiNii

  • 九州芸文館 本館

    隈 研吾 / 藤原 徹平 / 神谷 修平 / 平辻 里佳 / 岡山 直樹 / 今林 光秀 / 唐崎 祐一

    日本建築学会「作品選集」 ( 一般社団法人 日本建築学会 )  ( 1682 ) 196 - 197   2017年03月

    共著

    CiNii

  • 移動と自由「住まう権利が切り開くもの」

    北山恒、真壁智治、満田衛資、いしまるあきこ、藤原徹平

    日本建築学会「建築雑誌」 ( 一般社団法人 日本建築学会 )  130 ( 1678 ) 34 - 37   2015年12月

    共著

    CiNii

  • 移動と自由 プレファブリケーション ポータブル&ムーバブル ミニマムハウス セルフビルド サスティナブル&サバイバル

    いしまるあきこ、北山恒、藤原徹平、真壁智治、満田衛資

    日本建築学会「建築雑誌」   130 ( 1677 ) 35   2015年11月

    共著

  • 等々力の二重円環

    藤原徹平

    建築雑誌 ( 一般社団法人日本建築学会 )  130 ( 1668 ) 20 - 21   2015年03月  [査読有り]

    単著

    CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 砂糖しめ小屋

    藤原徹平

    ソトコト 2020年6月号     2020年05月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • The Blend Inn

    藤原徹平

    ソトコト 2020年4月号     2020年03月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 真鶴出版2号店

    藤原徹平

    ソトコト 2020年3月号     2020年02月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • daita 2019

    藤原徹平

    ソトコト 2020年2月号     16 - 17   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 建築2019/2020 総括と展望

    日埜直彦,藤原徹平,二川由夫

    GA JAPAN ( A.D.A EDITA Tokyo )  ( 162 ) 50 - 61   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    日本で最も権威のある建築雑誌恒例の1年を振り返る座談会。オリンピックにむけて都市再編が進む東京について議論を展開した。都市のジェントリフィケーション、チャレンジを許さない社会の見えない圧力、改修によって都市が均質化してしまっている現状などが話題として立ち現れた。

全件表示 >>

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 那須塩原市まちなか交流センター「くるる」

    藤原徹平,針谷將文  建築作品 

    2019年11月
     
     
     

     概要を見る

    那須塩原市の黒磯駅前の再開発の中核をなすプロジェクト。市民交流センターと空洞化が進む商店街街区にお祭りのできる多目的の広場が求められた。 那須地域の資源である食を核に、市民の多様な活動が集合し、交流する文化的な拠点像が求められた。公募プロポーザルで選ばれた後、市民とのワークショップを重ねながら設計を練っていったが、最終的には1300平米の面積のほとんどがワンルームにつながるガランドウの空間となった。高さ6メートルの大屋根が特徴的で、市民のための広場となっている。 従来の地域交流センターは、機能ごとに分節されるが、ここではワンルームの中に同居することで、様々な活動同士のぶつかり合いや活動の融合が起きるように意図している。

  • ヨコハマトリエンナーレ2017空間設計

    建築作品 

    2017年10月
     
     
     

     概要を見る

    横浜トリエンナーレの会場である横浜美術館 (本誌8907, 設計: 丹下健三・都市・建築設計研究所) の会場構成. 中央に位置する2層吹き抜けのグランドギャラリーの既存石階段に, CLTによる木の床を重ね, 多様な場所と関係性をつくり出した. 中央を貫く既存階段に対して, その軸線を崩し, または繋ぐようにさまざまな高さの床や斜めの階段が新たに配置される.

  • 秋月野鳥プロジェクト

    藤原徹平  建築作品 

    2019年09月
     
     
     

     概要を見る

    重要伝統的建造物群保存地区にも指定される福岡県・秋月の集落のはずれに建つ建築。週末住宅でもあり、同時に海外から秋月を訪れ、中長期滞在する友人たちのためのゲストハウスでもある。 「住居棟」と「ダイニング棟」の2棟にあえて分棟形式で建て、「住居棟」をピロティ状に浮かせることで、高さの差によってプライバシーを確保している。2つの棟に少し角度をつけ、屋根が連なることで街並みにリズムをつくりだしている。

  • 弦巻の家

    藤原徹平  建築作品 

    2019年04月
     
     
     

     概要を見る

    都心の住宅地に建つ木造住宅。準防火地域であるため耐火被覆された3層の建築が並ぶ街並みに対し、構造とは切り離された木フレームをもつ「庭の架構」を挿入。生活を外部に引き出すと共に街並みに余白をつくり出す新しい方法論を試行した。

  • 二階堂の家

    藤原徹平  建築作品 

    2018年08月
     
     
     

     概要を見る

    背後に神社の森を背負う変形敷地に建つ住宅。SE構法と在来工法を組み合わせたハイブリッド構造で、3.6m角のヴォリュームを横に3つ並べ縦に積層したシンプルな直方体のヴォリュームに、階段室とパントリーを付加するという極めて単純な構成とすることで新しい住宅のつくり方を示している。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜文化賞 文化芸術・奨励賞

    2018年10月   横浜市   横浜トリエンナーレ2017会場デザイン、街なかでのアートプロジェクト、まちづくり×デザインの展開  

    受賞者:  藤原徹平

  • 平成29年 日本建築士会連合会賞 奨励賞

    2017年10月   日本建築士会連合会   代々木テラス  

    受賞者:  藤原徹平

  • 京都市立芸術大学及び京都市立銅駝美術工芸高等学校移転整備工事設計業務委託に係る公募型プロポーザル 受託候補者

    2017年09月   京都市立芸術大学  

    受賞者:  乾・RING・フジワラボ・o+h・吉村設計共同体

  • 那須塩原市(仮称)まちなか交流センター プロポーザル 最優秀賞

    2016年01月   那須塩原市  

    受賞者:  藤原徹平

  • 2015年日本建築学会作品選集新人賞

    2015年04月   一般社団法人日本建築学会   「等々力の二重円環」  

    受賞者:  藤原徹平

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 「持続可能な都市の実現に寄与する交通システム」

    提供機関:  科学技術振興機構  文部科学省 科学技術振興機構 センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム

    研究期間: 2013年04月  -  継続中  代表者:  中村文彦

     概要を見る

    文部科学省 科学技術振興機構 センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムにおける九州大学のサテライト。「持続可能な都市の実現に寄与する交通システム」から次世代の都市OS(オペ―レーティングシステム)を考えるプログラム。次世代型のバス車両の研究を日野自動車と共に行っている。

  • 川島地域の魅力づくり、将来像の構想検討等に関する研究

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間: 2014年06月  -  2015年03月  代表者:  藤原徹平

  • 大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)

    提供機関:  文部科学省  補助金(H25地域産学官連携科学技術振興事業費)

    研究期間: 2013年10月  -  2014年03月  代表者:  北山恒

  • 都市開発における建築に関する総合研究

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間: 2012年09月  -  2014年03月  代表者:  北山恒

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アイカデザインセミナー2019 藤原徹平「まちをつくる建築」

    藤原徹平  [招待有り]

    アイカデザインセミナー2019  2019年06月05日   アイカ

     概要を見る

    アイカデザインンセミナーは、国内外で活躍する建築家・デザイナーが講演を行う文化活動で、建築文化の向上と発展への貢献を目的として2004年から毎年開催しており、地方都市での開催となる。「まちをつくる建築」をテーマに建築と都市と芸術の実践についてレクチャーを行った。

  • 京都市立大学 オープンリサーチプログラム オープンレクチャー 藤原徹平「学校内学校を作ることから始める」

    藤原徹平  [招待有り]

    2019年度オープンリサーチプログラム─博士の将来像に向けて 第1回「学校内学校を作ることから始める」  (京都市立芸術大学)  2019年06月17日   京都市立芸術大学

     概要を見る

    京都市立大学 大学院美術研究科の「2019年度オープンリサーチプログラム―博士の将来像に向けて」プログラムの第一回の基調講演を担当。オープンリサーチは,京都市立大学の移転に向けて教育や研究の可能性について探求するために開催される現在進行形のプログラムで、建築や芸術にまつわる実践や教育での展開について講演並びにディスカッションを行った。

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本建築学会「建築雑誌」

    編集委員 

    2014年04月
    -
    2016月03日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  身体と空間のデザイン

  • 理工学部  デザインスタジオⅡ

  • 理工学部  デザインスタジオⅢ

  • 都市科学部  建築と社会のデザイン

  • 都市科学部  社会デザイン・フューチャーセッション

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 早稲田芸術学校   3年設計製図(卒業制作)

  • 東京大学   大学院デザインスタジオ

  • 東京理科大学工学部   大学院建築設計1

  • 東京理科大学工学部   建築設計/都市設計

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 宇部ビエンナーレ

    2014年04月
    -
    継続中

    自治体   運営委員、審査委員、展示委員

  • グッドデザイン賞

    2019年04月
    -
    継続中

    その他   審査員

  • アジアヤングデザインアワード

    2018年04月
    -
    継続中

    その他   審査員、企画

  • 日本建築学会 会員委員会

    2017年04月
    -
    継続中

    学協会   パンフレットWGリーダー

  • 芝浦工業大学 卒業設計講評会

    2016年02月
     
     

    その他   ゲスト審査委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中
      都市イノベーション研究院 総務企画広報系委員会委員長   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    継続中
      施設部会   (全学委員会)

  • 2013年04月
    -
    2015年03月
      安全衛生委員会 委員   (全学委員会)