半沢 千絵美 (ハンザワ チエミ)

HANZAWA Chiemi

所属組織

国際戦略推進機構

職名

准教授

研究キーワード

第二言語習得、日本語教育

関連SDGs




学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2012年12月

    アイオワ大学   外国語習得研究と教育   第二言語習得   博士課程   修了

  •  
    -
    2003年8月

    アイオワ大学   アジア言語文学学部   日本語教授法   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
     
     

    大阪外国語大学   外国語学部   日本語   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D.in Second Language Acquisition - アイオワ大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   国際戦略推進機構   准教授  

  • 2014年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   国際戦略推進機構   講師  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育支援専攻   日本語教育コース   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年12月
    -
    2013年4月

      早稲田大学   日本語教育研究センター   常勤インストラクター

  • 2011年8月
    -
    2014年3月

      アメリカカナダ大学   連合日本研究センター   非常勤講師

  • 2011年4月
    -
    2012年8月

      早稲田大学   日本語教育研究センター   非常勤インストラクター

  • 2003年8月
    -
    2005年5月

      アーラム大学   講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2011年
    -
    現在
     

    日本語教育学会

  • 2011年
    -
    現在
     

    第二言語習得研究会

  • 2010年
    -
    現在
     

    小出記念日本語教育研究会

  • 2002年
    -
    現在
     

    全米日本語教育学会

  • 2008年
    -
    現在
     

    カナダ日本語教育振興会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 日本語教育

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ICTx日本語教育

    半沢千絵美, 矢部まゆみ, 樋口万喜子, 加藤真帆子, 池田恵子, 須摩修一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: デジタル・ストーリーテリング(DST)を用いた活動の可能性−多様な日本語教育の現場から−)

    ひつじ書房  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:122-136   記述言語:日本語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • 教員養成課程学生の異文化間葛藤への対応−日本語サポーター活動の語りにおけるディスコーダンスの分析−

    石田喜美, 半沢千絵美

    教育デザイン研究   12 ( 1 )   76 - 85   2021年1月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:横浜国立大学大学院教育学研究科   共著  

  • 留学生と教員養成課程の学生との共同ワークショップの試み ‐多様なコミュニケーション方法を求めて‐

    半沢千絵美・石田喜美

    ときわの杜論叢   8   63 - 78   2021年  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 留学生の日本語使用と社会ネットワークに関する考察

    半沢 千絵美

    日本語教育方法研究会誌   28 ( 1 )   38 - 39   2021年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本語教育方法研究会   単著  

    The purpose of this research is to investigate the international student’s use of Japanese language in relation to the student’s social network. In this paper, a case of Sam, who showed improvement in the oral proficiency while in-person interaction is limited during COVID-19 pandemic, is reported. Sam maintained Japanese language interaction with his teachers, peer, and friend, and that seems to create opportunities for him to speak Japanese in different topics and receive various language input. Furthermore, results indicate that Sam’s <i>kenkyuushitsu</i> (laboratory-group) network promoted his Japanese language use in different contexts, such as small talk and discussion about the research.

  • 「多様性」の視点を導入した国語科教師教育の試み:留学生共同ワークショップとフィールドワーク科目とを組み合わせた授業実践の事例から

    石田喜美、半沢千絵美、河野俊之

    人文科教育研究   47   19 - 34   2020年12月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:人文科教育学会   共著  

  • 韓国語を母語とする中上級日本語学習者の意見陳述の特徴を探る−談話構成と接続表現に着目して−

    半沢千絵美、金蘭美

    ときわの杜論叢   7   14 - 29   2020年3月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:横浜国立大学国際戦略推進機構   共著  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 社会ネットワーク分析を用いた留学生の言語習得プロセスの縦断的研究

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  若手研究

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 学部・留学生教育研究のためのアカデミック・ジャパニーズスピーキングコーパスの開発

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:半沢千絵美

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 当事者としての⽀援員らの語りからつくる外 国につながる⼦どもの学習支援 -「クロスロード:外国につながる子どもの支援員編(仮)」の制作と実践-

    松井かおり・石田喜美・半沢千絵美

    言語文化教育研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 留学生の日本語使用と社会ネットワークに関する考察 日本語口頭能力が 向上した大学院留学生 のケースをもとに

    半沢千絵美

    第 57 回 日本語教育方法研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • コロナ禍の在日留学生の言語使用の一考察−社会ネットワーク分析を用いて−

    半沢千絵美

    カナダ日本語教育振興会年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 2020オンライン日本語スピーチ大会の試み:人とのつながりを意識した活動を目指して

    半沢千絵美・金蘭美

    第9回CASTEL/J(日本語教育支援システム研究会)国際大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中学生との異文化間協働における大学生の関わり方の変化と気づき−地域中学校でのDSTプロジェクトを通して−

    半沢千絵美、寺尾綾

    異文化間教育学会第41回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   日本語教育特論

    大学院教育学研究科

  • 2022年度   国際理解 国際交流における日本語の役割

    教養教育科目

  • 2022年度   J200-集中日本語

    国際交流科目

  • 2022年度   J101-総合日本語

    国際交流科目

  • 2022年度   Basic Japanese Ⅰ

    大学院都市イノベーション学府

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜吉田中DSTプロジェクト

    役割:講師, 企画

    横浜吉田中DSTプロジェクト  2016年10月 - 現在

  • 公開講座「日本語教育と国際交流」

    役割:講師

    国際戦略推進機構日本語教育部  公開講座「日本語教育と国際交流」   2020年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:公開講座

  • 公開講座「日本語教育と国際交流」

    役割:企画

    国際戦略推進機構 日本語教育部  横浜国立大学  2018年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:公開講座

  • 公開講座「日本語教育と国際交流」

    役割:企画

    国際戦略推進機構日本語教育部  横浜国立大学  2017年6月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:公開講座

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    現在
      留学生就職促進プログラム日本語教育WG   (その他の主要活動)

  • 2015年08月
    -
    2017年3月
      全学教育部委員   (全学委員会)

  • 2015年04月
    -
    現在
      短期留学国際(JOY)プログラム日本語コーディネーター   (その他の主要活動)

  • 2015年04月
    -
    2019年3月
      YNUサマープログラム担当   (部局内委員会)

  • 2014年10月
    -
    現在
      日本語教育部教務担当   (部局内委員会)

全件表示 >>