原口 健一 (ハラグチ ケンイチ)

HARAGUCHI Kenichi

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 美術教育

職名

准教授

生年

1976年

研究キーワード

技、工芸、美術

ホームページ

http://haraken.jimdo.com

関連SDGs



代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1976年 埼玉県生まれ
    1998年 埼玉大学教育学部教員養成課程図画工作専修 卒業
    2003年 東京芸術大学大学院 美術研究科美術教育専攻 修了

    2003年 新潟県立佐渡高等学校 講師(2004.3迄)
    2004年 東京芸術大学大学院美術研究科美術教育 教育研究助手(2007.3迄)
    2007年 東京芸術大学大学院美術研究科美術教育 非常勤講師(2014.3迄)
    2009年 明星大学造形芸術大学造形芸術学科 非常勤講師(2010.3迄)
    2011年 東京工科大学医療保健学部作業療法学科 非常勤講師(2013.3迄)
    2014年 横浜国立大学教育人間科学部美術教育講座 准教授(2017.3迄)
    2017年 横浜国立大学教育学部美術教育講座 准教授(〜現在)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年4月
    -
    2003年3月

    東京芸術大学   美術研究科   美術教育   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1994年4月
    -
    1998年3月

    埼玉大学   教育学部   小学校教員養成講座図画工作専攻   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(美術) - 東京芸術大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   美術教育   准教授  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   美術教育   准教授  

  • 2014年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   美術教育   准教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   芸術・身体・特別支援グループ 美術   准教授  

  • 2014年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育実践専攻   教育デザインコース 美術   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2017年3月

      東京芸術大学大学院   美術研究科美術教育   非常勤講師

  • 2009年4月
    -
    2010年3月

      明星大学   造形芸術学部造形芸術学科   非常勤講師

  • 2007年4月
    -
    2014年3月

      東京芸術大学大学院   美術研究科美術教育   非常勤講師

  • 2004年4月
    -
    2007年3月

      東京芸術大学大学院   東京芸術大学大学院美術研究科美術教育   教育研究助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    現在
     

    大学美術教育学会

  • 2007年5月
    -
    現在
     

    国画会

  • 2001年
    -
    現在
     

    美術教育研究会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他 / その他  / 美術、工芸

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 木を用いた造形の研究および関連する造形活動の教育的意義

    研究期間:

     詳細を見る

    生命をテーマに必然性のあるかたち及び素材に重点を置いた造形表現の研究を深めていきます。また、新たに、木の文化理解を通して地域の生活文化・自然環境について理解を深めていくことにつながる美術の新たな社会的な在り方についても研究を行う。

著書 【 表示 / 非表示

  • 美術 表現と鑑賞 ー想いを形にー

    大坪圭輔、原口健一、他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 木でつくる)

    開隆堂  2021年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:190   担当ページ:80~84   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    美術の授業における木の扱い、利用法、及びそれに関わる道具等の使い方について画像と動画で説明を行った。共同分担者について非公開のため不明。

  • 美術教育の理論と実践

    小野康男、大久保範子、小池研二、春原史寛、花澤洋太、村松俊夫、原口健一、三上愛、栗田真司( 担当: 共著)

    ブックウェイ  2018年3月  ( ISBN:978-4-86584-322-4

     詳細を見る

    総ページ数:194   担当ページ:117-128   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    造形的な表現活動や観賞活動を通して人として必要な資質・能力を子供達の内側に育成することが可能な教科としての「図画工作」というものを学生自らに制作と相互の観賞よって実感を伴ってもらうことを主眼とした授業実践報告とその考察について論じた。

  • 美術と教育のあいだ

    小松佳代子、本郷寛、木津文哉、原口健一 他10名( 担当: 共著 ,  範囲: 木に素材とした表現の意味について)

    東京芸術大学出版会  2011年8月  ( ISBN:9784904049266

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:309   担当ページ:51-68   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    道を歩けば樹木はすぐそばにある。また、普段使っている什器や家具なども多くは木でできている。しかし、いざ、木を使って何かつくりだそうとすると何から手をつけたらよいのかわからない人も多いのではないか。それは、現代、木への接し方、捉え方など、木との関わり方が日常的に身体的、感覚的に身についていないからではないだろうか。このような問題意識のもと、木及びその加工をするための道具の扱いを主眼に、木を素材とした表現活動の意味について論じた。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 木彫表現における道具の意義について -高村光雲を中心に-

    原口健一

    2003年3月

    未設定   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    木彫表現において作家個人に道具が与える精神的影響について考察した。主に高村光雲の制作環境を中心に進め、光雲にとって道具とはなんだったのか、また、後進の指導内容において道具がどのような扱いであるのかを考察し、現代の木彫作家について道具とはを考えた。

論文 【 表示 / 非表示

  • 多彩な樹種の造形による魅力発信

    原口健一,岡拓海

    woodyかながわ 〜広葉樹の活用による地域活性化と県民の健康増進〜   30 - 39   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:横浜国立大学 地域連携推進機構 地域実践教育研究センター   共著  

    神奈川県「大学発・政策提案制度」採択事業(2019~2020年度実施)woodyかながわ 〜広葉樹の活用による地域活性化と県民の健康増進〜最終報告書。本プロジェクトは、神奈川県で一般に見られる多様な広葉樹を素材にし、樹種それぞれが持つ多彩な魅力を「遊びを取り入れた素材体験」「誰でも樹を直観できる」「可能性」をキーワードに作品および製品開発を通して広葉樹の持つ可能性について論じた研究報告書。

    その他リンク: https://www.chiiki.ynu.ac.jp/news/pdf/9c809af12ba634096d3cc0dfd9ec310839389686.pdf

  • 伝統木彫における技の再検討とその意義についての一考察―高村光太郎の記述をもとに高村光雲の業を考える―

    原口 健一

    「美術教育研究」   17   19 - 31   2012年5月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:美術教育研究会   単著  

    本論文では、後世の木彫界の在り方に大きな影響を与えた近代日本最初の彫刻家と呼ばれる高村光雲が受け継いだ伝統木彫の技に焦点を当て、その意義について解明しようと試みたものである。近代化という価値体系の急変の中、西欧から移入された彫刻の技術や概念に押され、制作者にとって主たる価値を失い、顧みられることの少なくなった日本の伝統の木彫の技は、作品制作上どのような内容であったのか、という木彫家にとって欠くことのできない技の問題について、西洋彫刻概念を学び、そして伝統木彫の技を幼少より光雲より受け継いだその息子高村光太郎の記述をもとに、木彫制作に携わる者としての筆者の視点で考察を行った。

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 「100年生カラマツの残材はゴミじゃない」プロジェクト

    原口健一、白田祥章、北川八十治、津村葉子

    平成28年度「地域発元気づくり支援金」事業実施結果(佐久地域)   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著  

    カラマツ残材の有効活用研究(木への関わり促進を目的とした木製玩具開発及びワークショップ)
    平成28年度「地域発元気づくり支援金」事業。100年生カラマツの枝材には、100年の歴史が詰まっており、独特の質感と存在感を見せてくれる。この枝材を生かし、木製玩具を商品化するため、プロトタイプを開発した。
    また、ワークショップの開催により得られた知見を、今後の展開に生しながら、継続的な活動を進めていく。従来、伐採されたカラマツの幹は用材として、様々な用途に利用される。ただし、枝の部分は現場に放置されてきが、今回の取組みにより玩具への利用が可能である。開発した玩具で遊んでもらいたいターゲットとして考えていた園児や小学校低学年の年齢層を対象にワークショップを実施したところ、飽きずに黙々と仕上げ作業を楽しんでもらえている様子などから一定の感触を得ることができた。また、玩具のデザインを増やしていくことにより、より発想豊かに遊んでもらうことが可能と考える。

  • 木枠制作に関する考察

    図工・美術教育企画支援のための実践的研究   36 - 37   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:台東区教育委員会   単著  

    「木枠制作に関する考察」(単著)東京都台東区、東京藝術大学の包括協定による教育連携事業。台東区立上野小学校校舎内「なかよし広場」に全校児童及びその保護者・地域住人が参加した陶板作品を制作・設置するための教育方法の研究、制作方法・工程・技法・材料の研究を進めその結果と考察をまとめた報告書。研究主体;東京藝術大学大学院美術教育研究室

  • 輸入木材の現状と今後について

    木工芸・竹工芸を支える用具・原材料の現状調査報告書   42 - 44   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本文化財漆協会   単著  

    北三株式会社への輸入木材の現状の聞き取り調査報告書作成。平成19年度文化庁委嘱事業。

  • 教育資料「石膏手板」等の整理及び資料化-初期東京藝術大学彫金科における教育資料編纂のための基礎研究-

    本郷寛、原口健一、津村葉子、成清美朝、伊藤達也

    東京藝術大学美術学部(美術研究科美術教育研究室)   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:東京藝術大学美術学部(美術研究科美術教育研究室)   共著  

    東京藝術大学内に保存されていた石膏手板の整理と資料化するため共同研究に取り組んだ。初期東京藝術大学彫金科における教育資料編纂のための基礎研究で東京藝術大学木工室に長期にわたり保存されていた全石膏手板を系統分けし、写真を撮り、手板裏面に記載されていた情報とともに一覧とする資料づくりを行った。

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 蕃茄

    原口健一

    2021年11月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:「GALLERY shop SUPREMEー立体2021ー」sol musette(銀座)  

    「GALLERY shop SUPREMEー立体2021ー」招待出品作品。
    トマトをモチーフとした量感とハリの表現の研究作品。

  • そなへ(備え)

    原口健一

    2021年9月 - 2021年10月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:GALLERY SOL  

    立体2021展への出品作品。
    素材:ホオ、漆、顔料。サイズ:H240W380D380㎜
    ビルマウルシの実をモチーフとした飛翔する形の研究

  • よそほひ(装い)

    原口健一

    2021年9月 - 2021年10月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:GALLERY SOL  

    立体2021展への出品作品。
    素材:サクラ、カツラ、漆、顔料
    サイズ:H260W310D90㎜
    クチナシの身をモチーフとした色味の表現

  • 顕現

    原口健一

    2021年4月 - 2021年5月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:国立新美術館  

    95回国展出品作品
    クワイの実をモチーフとしたのびやかさをテーマとした作品
    素材:クス、ナノグラス塗料、顔料。W90×D90×H150㎝

  • ヤマアララギ

    原口健一

    2019年11月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:東京都美術館  

    第93回国展授賞作家展・国展秋季展への出品作品。
    植物(コブシの実)をモチーフとした量感と有機的な量感を模索した作品

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第80回 国展千野賞

    2007年05月   国画会   喚起の丘  

    受賞者:原口健一

  • 第79回 国展千野賞 

    2006年05月   国画会   春かほる空  

    受賞者:原口健一

  • 杜の会特別賞

    2003年03月   東京芸術大学杜の会   大きな空の下で  

    受賞者:原口健一

  • 藤野賞(藤野基金)

    2002年   東京芸術大学  

    受賞者:原口健一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 美術表現素材としての木の効果的な標本作成

    研究課題/領域番号: 22K00204  2022年4月 - 2025年3月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(C)

    代表者:原口健一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    我が国において古来より有用とされていた樹種について、その特性・用途のみならず、彫る、削る、磨くなど木による造形表現を行う上で欠くことのできない触覚的要素及び木を使う意味に繋がる民俗学的要素を加えた、より表現者が得たい情報をまとめ、表現者の創作意欲を喚起するような木標本作成を作成する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 多彩な広葉樹の造形による魅力発信

    原口健一

    「国連生態系回復の10年」協賛イベント 里山再生と生態系の回復 ~ウェルビーイングの観点から~  横浜国立大学 地域連携推進機構 地域実践教育研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学 地域連携推進機構 地域実践教育研究センター  

    神奈川県で一般に見られる多様な広葉樹を素材にし、樹種それぞれが持つ多彩な魅力を造形物(カタチ)および製品開発(実用)を通して発信することを目的に、2019―2020 年度の 2 年間をかけて行った研究について講演すると主に参加者とのディスカッションを通じて持続可能な生態系創造についての理解を深めた。

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 美術教育研究会

    大会実行副委員長 

    2018年11月
    -
    2019月11日
     

  • 美術教育研究 No24

    査読 

    2018年11月
    -
    2018月11日
     

  • 美術教育研究 No23

    査読 

    2017年11月
    -
    2017月11日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   スクールデー実践A(教材研究)

    教育学部

  • 2022年度   美術科の高度教育研究方法論

    大学院教育学研究科

  • 2022年度   美術科の教材デザイン論と実践Ⅰ    

    大学院教育学研究科

  • 2022年度   卒業研究

    教育学部

  • 2022年度   造形図学Ⅱ

    教育学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 工芸科教育法Ⅱ

    機関名:明星大学

  • 工芸科教育法1

    機関名:明星大学

  • 工芸制作実習

    機関名:東京芸術大学

  • 立体造形演習

    機関名:大妻女子大学

  • 基礎作業療法技法実習Ⅰ

    機関名:東京工科大学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年01月
     
     
    令和3年度 横浜国立大学附属横浜小学校 授業研究会   (教育方法・実践に関する発表、講演)

     詳細を見る

    小学校1年生、図画工作科(動物たちのいるところ)」及び4年生(どうする?どうなる?「ダンボールーム」)における授業内容指導および助言。また、授業終了後における授業協議会講師。

  • 2021年08月
     
     
    教員免許状講習「木の小皿をつくろう」   (その他特記事項)
 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本教育大学協会全国美術部門

    2020年04月 - 現在  会計鑑査役員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 大学美術教育学会

    2020年04月 - 現在  会計鑑査役員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 国際森林デー2019中央行事イベント実行委員会

    2018年05月 - 2019年3月  実行委員会役員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 大学美術教育学会

    2017年04月 - 2019年3月  総務局委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日本教育大学協会全国美術部門

    2017年04月 - 2019年3月  総務局委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学教育学部附属横浜中学校における「神奈川県産材を使った小皿作り」指導講師

    役割:講師, 助言・指導, 企画

    横浜国立大学教育学部附属横浜中学校  横浜国立大学教育学部附属横浜中学校  2020年11月 - 2021年3月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 教育関係者

    種別:研究指導

    横浜国立大学附属横浜中学校2年生対象美術において神奈川県産材を使った「小皿」制作の授業の企画、講師、助言を行った。「木を使うこと」「加工法」「かたちの発想法」の内容についてを中心に指導を行った。

  • 国際森林DAY 木を知るワークショップ 

    役割:講師, 企画, 実演

    林野庁・国土緑化素新機構・一般社団法人 TOBUSA  国際森林DAY  木材合板博物館  2019年3月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:公開講座

    様々な木の加工をとおして、木の良さ、大事さを実感するプログラム

  • 多彩な広葉樹の造形による魅力発信

    役割:出演, パネリスト

    横浜国立大学 地域連携推進機構  里山再生と生態系の回復 ~ウェルビーイングの観点から~  2021年10月

  • 「寺院にアートを」江東区 木まつり2022Feb.

    役割:パネリスト, 情報提供

    新木場倶楽部  2022年2月

  • 令和3年度 横浜国立大学附属横浜小学校授業研究会

    役割:講師, 助言・指導

    横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校  横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 教育関係者, 研究者

    種別:研究指導

    横浜国立大学附属鎌倉小学校で開催された授業デザイン担当図工教員への指導および講評。図工に欠かせない「木を加工すること」の意味と内容についてを中心に指導を行った。

全件表示 >>