樋口 丈浩 (ヒグチ タケヒロ)

HIGUCHI Takehiro

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

准教授

生年

1977年

研究分野・キーワード

航空宇宙工学,最適制御,非線形制御

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    横浜国立大学   工学部   建築学科海洋工学コース   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年

    横浜国立大学  環境情報学府  博士課程  修了

  •  
    -
    2002年

    横浜国立大学  工学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

  • 修士(工学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   准教授  

  • 2012年04月
    -
    2014年09月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助教  

  • 2007年11月
    -
    2012年03月

    専任   横浜国立大学   学際プロジェクト研究センター   特任教員(助教)  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   機械・材料・海洋系工学専攻   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構   客員准教授

  • 2005年04月
    -
    2007年10月

      山口大学   大学院理工学研究科   助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2000年
    -
    継続中
     

    日本航空宇宙学会

  • 2002年
    -
    継続中
     

    American Institute of Aeronautics and Astronautics

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    計測自動制御学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 機械力学・制御

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 航空無線通信士

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多関節宇宙ロボットの周期最適制御

    研究期間:  - 

  • CMGを用いた衛星の姿勢制御

    研究期間:  - 

  • 屋内飛行体の自律航行に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • UAVの自律航行に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 超多関節宇宙ロボットの運動制御

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Advances in the Astronautical Sciences:Applications of Space Technology for Humanity

    上野誠也 (担当: 共著 )

    Univelt Inc.  2012年12月

  • Numerical Analysis Theory and Application

    J. Awrejcewicz, et. al. (担当: 共著 )

    InTech  2011年07月 ISBN: 9789533073897

  • Advances in the Astronautical Sciences:Space Activities and Cooperation Contributing to All Pacific Basin Countries

    上野誠也 (担当: 共著 )

    Univelt Inc.  2010年12月

論文 【 表示 / 非表示

  • VSCMG搭載衛星の最短時間マヌーバにおけるシューティング法を用いた リアルタイム準最適制御則

    土屋 光慶, 樋口 丈浩

    航空宇宙技術 ( 一般社団法人 日本航空宇宙学会 )  20 ( 0 ) 9 - 18   2021年04月

    共著

     概要を見る

    <p>This study explores the minimum-time attitude maneuver of satellites using Control Moment Gyros (CMG). The CMG system is able to generate high torque and run for longer term than other actuators. However, it is known that the singular input that cannot generate effective torque appears in the optimal control for the minimum-time maneuver of a rigid spacecraft with a pyramid type SGCMG system. In previous studies, a new system equipped with variable speed CMG (VSCMG) to the CMG where the singular input appeared has been proposed. It is shown that the new system can rotate faster than the normal pyramid type SGCMG system in the simulation based on the optimal control law. However, for applications in actual satellites, numerical optimization cannot be used due to the high calculation cost. The objective of this study is to make the new semi-optimal control law for the minimum time attitude maneuver of the satellite equipped with the VSCMG. The new control law is designed using a rule-based feedforward control combined with feedback control. The result by numerical simulation has shown that the proposed control law enables the satellite to achieve faster maneuver without iterative calculations. </p>

    DOI CiNii

  • Semi-Optimal Control for Minimum-Time Maneuver of Satellite with Variable Speed Pyramid Type SGCMGs

    TSUCHIYA Mitsuyoshi, HIGUCHI Takehiro

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN ( 一般社団法人 日本航空宇宙学会 )  19 ( 1 ) 24 - 33   2021年01月

    共著

     概要を見る

    <p>This study explores the minimum-time attitude maneuver of satellites using Control Moment Gyros (CMG). The CMG system is able to generate high torque and run for longer term than other actuators. However, it is known that the singular input that cannot generate effective torque appears in the optimal control for the minimum-time maneuver of a rigid spacecraft with a pyramid type SGCMG system. In previous studies, a new system equipped with variable speed CMG (VSCMG) to the CMG where the singular input appeared has been proposed. It is shown that the new system can rotate faster than the normal pyramid type SGCMG system in the simulation based on the optimal control law. However, for applications in actual satellites, numerical optimization cannot be used due to the high calculation cost. The objective of this study is to make the new semi-optimal control law for the minimum time attitude maneuver of the satellite equipped with the SGCMG with the variable speed wheel. The new control law is designed using a rule-based feedforward control combined with feedback control. The result by numerical simulation has shown that the proposed control law enables the satellite to achieve faster maneuver without any initial assumptions.</p>

    DOI CiNii

  • AR マーカによる画像ベースモデル推定を用いたスケーラ ブルなマルチロータ機システムの開発

    ⻘⽊ ⼤地, 樋⼝ 丈浩,長瀬 駿之介, 南原 光晴, 上野 誠也

    第58回⾶⾏機シンポジウム講演論文集     2020年11月

    共著

  • ピラミッド型VSCMG搭載衛星の最短時間姿勢変更

    及川 航平,樋⼝ 丈浩,⼟屋 光慶,上野 誠也

    第63回宇宙科学技術連合講演会講演集     2020年10月

    共著

  • Synchronizing Motion Control for Tumbling Space Debris Using Robotic Arm

    Takehiro Higuchi, Tomoaki Fujihara

    Proceedings of SICE 2020     2020年09月

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SICE-ICASE International Joint Conference 2006 Young Author Award

    2006年10月    

  • ISTS Student Session JSASS President Award

    2002年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特異入力を活用し高トルクを実現するピラミッド型マイクロVS-CMGの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  継続中  代表者:  樋口 丈浩

  • 自律小型航空機の回避マヌーバにおける制御コンフリクト実験

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会論文集

    編集委員 

    2017年04月
    -
    2018月03日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • SLIMプロジェクト

    提供機関: JAXA/ISAS  国内共同研究  

    研究期間: 2010年02月  -  継続中 

  • UZUMEプロジェクト

    提供機関: JAXA/ISAS  国内共同研究  

    研究期間: 2020年12月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院先進実践学環  航空宇宙利用工学Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  航空宇宙利用工学Ⅰ

  • 大学院環境情報学府  自律航行体制御特論演習

  • 大学院環境情報学府  自律航行体制御特論

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学国際インターンシップ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 計測自動制御学会 航法誘導制御技術研究会 主査

    2019年01月
    -
    継続中

    学協会  

  • 日本航空宇宙学会論文集 論文編集委員

    2017年04月
    -
    2018年03月

    学協会  

  • 計測自動制御学会 アドバンスト航法誘導制御技術研究会 幹事

    2016年12月
    -
    2018年12月

    学協会  

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月
      免許状更新講習実施委員会委員   (全学委員会)

  • 2019年04月
    -
    2021年03月
      理工学部 教務委員 委員   (部局内委員会)

  • 2018年03月
    -
    2019年03月
      理工学部 入試対策WG WGメンバー   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      理工学部 共通教養委員会 委員   (部局内委員会)

  • 2016年04月
    -
    2018年03月
      環境情報学府 学務委員会 委員   (部局内委員会)