市村 光之 (イチムラ ミツユキ)

ICHIMURA Mitsuyuki

所属組織

大学院教育強化推進センター

職名

教授

研究キーワード

IR、キャリア教育、グローバル人材、コミュニケーション、高大接続

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 新卒でNTTに入社しマニュアル制作手法の研究に従事したのがきっかけで、コミュニケーションの奥深さを知り、米国のカーネギーメロン大学大学院に留学。帰国後は富士ゼロックスにて、海外向けマニュアル翻訳プロセス構築に従事。キャリアチェンジはこれが最後のチャンスと、40代でキャリアコンサルタントに転身。大学でのキャリア教育に関心をもち、2013年より現職。
    ・調査・研究:社会で求められる人材の研究。大学IR全般(学修・生活行動、学修成果の可視化など)
    ・キャリア教育・初年次教育:全学教育(教養科目) 7科目を担当
    ・教育改善:アクティブ・ラーニング、学生の主体的な学び、eポートフォリオの推進
    ・高大接続:教員免許状更新講習:キャリア教育、高校生向け模擬授業
    ・就職支援:キャリアガイダンス等の企画・実施

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年8月
    -
    1995年12月

    カーネギーメロン大学 大学院   人文社会科学研究科   テクニカル・コミュニケーション   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1981年4月
    -
    1985年3月

    成蹊大学   文学部   文化学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • M.A in Professional Writing - カーネギー・メロン大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院教育強化推進センター   教授  

  • 2016年4月
    -
    2018年3月

    専任   横浜国立大学   高大接続・全学教育推進センター   准教授  

  • 2015年4月
    -
    2016年3月

    専任   横浜国立大学   大学教育総合センター   准教授  

  • 2013年4月
    -
    2015年3月

    専任   横浜国立大学   大学教育総合センター   特任教員(講師)  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   高大接続・全学教育推進センター   教授  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月
    -
    現在
     

    グローバル人材育成教育学会

  • 2014年9月
    -
    現在
     

    初年次教育学会

  • 2014年6月
    -
    現在
     

    Future Skills Project研究会

  • 2014年4月
    -
    現在
     

    日本キャリアデザイン学会

  • 2012年6月
    -
    現在
     

    キャリアコンサルティング技能士会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他 / その他  / キャリア教育

  • その他 / その他  / 大学IR

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 国家資格キャリアコンサルタント

  • 2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 4つの山を越えよ・ポスト終身雇用時代の転職術

    市村光之( 担当: 単著)

    ヒロエンタープライズ出版  2013年1月  ( ISBN:9784906782529

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:147   担当ページ:147   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    転職氷河期の高いハードルを越え、失敗しない転職を実現するための方法論を解説する。多くの求職者は転職活動イコール応募活動と求人を漁り、安易に応募する。その結果ことごとく書類審査で不採用になり、自信を失う。自律的キャリア形成の手段として、転職はどのように成すべきなのか。キャリア・コンサルタントとして、千三百名と向き合ってきた著者が、転職活動のマイルストンを4つの山にたとえて、その実行方法の体系化している。

  • キャリアの手帖・36人のケーススタディ

    市村光之( 担当: 単著)

    ヒロエンタープライズ出版  2012年8月  ( ISBN:9784906782369

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:147   担当ページ:147   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    キャリア課題に立ち向かう36名の社会人の姿を、ケース・スタディとして描いている。著者はキャリア・コンサルタントとして、20~60代まで、育った環境、価値観、行動性向が異なり、抱えるキャリア課題もそれぞれ異なる世代と向き合ってきた。その体験を基に、適職を求めての模索、現職でのキャリア形成の迷い、結婚や子育てと仕事の両立、転職活動やリストラの苦悩など、個別のキャリア課題をライフキャリアの視座から俯瞰して、自律的キャリア形成のありかたを浮き彫りにしている。

  • マニュアル制作のマネージメント

    ( 担当: 単著)

    日本電信電話株式会社  1992年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:59   担当ページ:59   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    NTT勤務時、マニュアル制作手法の研究、およびビジネス・コミュニケーションの社員研修講師等の経験を踏まえ、マニュアル制作プロジェクトの工程管理・組織管理手法を解説する。NTT社内版として出版。

  • マニュアル制作の技術 実践編上・下

    日本電信電話株式会社、ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社( 担当: 分担執筆)

    NTTラーニングシステムズ  1990年10月  ( ISBN:4900608114

     詳細を見る

    総ページ数:688   担当ページ:246   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    NTT勤務時の著作。家電製品等の取扱説明書の効果的な制作手法を解説している。専門的・技術的な情報を、消費者にもわかりやすく説明するための、読み手の立場に立った情報の構成方法、文章表現方法や用字用語について体系的にまとめた、日本初の書として、メーカーやマニュアル業界の教科書となる。なお、分担執筆者は市村光之、高木正則、高松洋子。

論文 【 表示 / 非表示

  • 海外で活躍する「グローバル人材」に求められる要件の構造(海外駐在経験者へのインタビュー調査から)

    市村光之

    グローバル人材育成教育研究   5 ( 2 )   1 - 12   2018年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:グローバル人材育成教育学会   単著  

  • 海外で活躍する「グローバル人材」に求められる要件の実相 (日本人海外駐在員へのインタビュー調査から)

    市村光之

    グローバル人材育成教育研究   7 ( 1 )   1 - 12   2019年9月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:グローバル人材育成教育学会   単著  

    その他リンク: http://www.j-agce.org/wp-content/uploads/2013/09/JAGCE_Journal_7-1.pdf

  • <実践報告>コロナ環境下の遠隔授業に関する学生の意識および行動の「学生IR」を用いた分析

    市村 光之

    京都大学高等教育研究   ( 27 )   13 - 24   2021年12月  [査読有り]

    CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:京都大学高等教育研究開発推進センター   単著  

    2020年度に実施された遠隔授業下の学生たちの学修行動や反応を、中規模総合大学の学部生を対象にほぼ全数調査で収集した教学IRデータを基に分析したところ、主に以下のことがらが明らかになった。1)学生が求める「対面授業の再開」には、課外活動など学生生活全般の再開が含まれる。2)問題になった課題負担は、量だけでなく、適切なフィードバックが得られないことも要因になっている。3)都合のよい時間に繰り返し学べることと通学の手間が省けることを、学生たちは遠隔授業の主な利点として見いだしている。自律性が高く独りで学べる学生が、この利点を活かせると推測できる。4)コロナ終息後の授業方法としては、授業内容により対面と遠隔の授業方法を使い分けることを望む学生が多い。5)対面授業を望む学生と遠隔授業を望む学生とでは、成績や意識と行動に違いがある。好むと好まざるとに拘らず遠隔授業を余儀なくされたことは、大学教育のありかたを再検討する好機と言える。

  • <実践報告>異文化コミュニケーションに関する実践的入門科目の試み

    市村光之

    グローバル人材育成教育研究   8 ( 2 )   33 - 44   2021年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • <ショートレポート>主体的な学びの実現を目指す学生IRと学修成果の可視化

    市村光之

    京都大学高等教育研究   ( 25 )   63 - 66   2019年12月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

    横浜国立大学では、学生の主体的な学びを醸成するツールとしてeポートフォリオシステムを再構築することで、学修成果を可視化し、かつ学生に関するIR情報を集積する仕組みを実現した。これにより、教職員が教育課題について議論する材料を共有できるようになった。学生に主体的な学びを促すには、専攻する学業と進路との関連を意識させること等がカギであることが確認できた。一連の可視化やIRを実質化するには、ポートフォリオの活用法等の理解を促進し学生を動機付けすることで、入力情報の信頼性向上を図ることが今後の課題 であることがわかった。

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • グローバル人材育成教育学会 2017年度論文賞

    2018年10月   グローバル人材育成教育学会   海外で活躍する「グローバル人材」に求められる要件の構造 (海外駐在経験者へのインタビュー調査から)  

    受賞者:市村光之

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 希望授業方法ごとの学生の特徴と 今後の授業方法に関する学生調査結果

    市村光之

    第49回 教育機関DXシンポジウム  2022年4月  国立情報学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoomによるライブ形式  

  • 遠隔授業の受講動向と今後の大学教育のあり方 に関する学生調査結果

    市村光之

    第28回 大学教育研究フォーラム  2022年3月  大学教育研究フォーラム実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoomによるライブ形式  

  • 学生とのギャップを埋め、実務家の強みを活かす授業設計と実践

    市村光之

    日本実務教育学会第1回大会  2021年11月  日本実務教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoomによるライブ形式  

  • Zoomによる遠隔授業の実施報告:Wake up! プロジェクト

    市村光之

    FSP講座実践者の集い2020  Future Skills Project研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Zoomによるライブ形式  

    新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、急遽、Zoomを利用した双方向ライブ型で開講した課題解決型プロジェクト科目「Wake up! プロジェクト」の実施報告。オンラインでの授業運営やグループワークのノウハウ、および学生たちの受け止めを紹介した。

  • 入学者選抜から卒業後まで一貫して見通す学生IR

    市村光之

    第25回大学教育研究フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   まなび座Ⅱ・リーダーシップ実践

    教養教育科目

  • 2022年度   まなび座Ⅰ・校友会リレートーク

    教養教育科目

  • 2022年度   ビジネス・コミュニケーション

    教養教育科目

  • 2022年度   グローバル化と日本人

    教養教育科目

  • 2022年度   キャリアデザイン

    教養教育科目

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベスト・ティーチャー賞

    2016年06月   横浜国立大学  

    受賞者(グループ): 市村光之

     詳細を見る

    キャリア教育におけるアクティブ・ラーニングや産学連携PBLなどの一連の取り組み、学生の授業満足度のスコアが評価され受賞

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県内大学教務連絡協議会秋季講演会

    役割:講師

    神奈川県内大学教務連絡協議会  2021年12月

  • 服を通して自己と向き合う ~突撃洋服店の哲学~

    役割:コメンテーター

    ギャンビット  2020年9月

  • キャリア教育と企業人材育成の接続について 〜キャリア教育におけるデータ活用の可能性と課題〜

    役割:パネリスト

    文部科学省、日本学生支援機構等共催  令和元年度 全国キャリア教育・就職ガイダンス  東京ビッグサイト  2019年6月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    大学側パネリストとして「入学から卒業後まで一貫して見通す学生IRから見えてきたこと」のテーマで、横浜国立大学の学生IRの取り組み事例を紹介し、企業側パネリストと討議。

  • 学生IRに基づく主体的な学びのデザイン

    役割:パネリスト, 講師

    AP事業テーマⅡ・Ⅴ共同シンポジウム  東京  2018年2月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    AP事業テーマⅡ(学修成果の可視化)の代表として、横浜国立大学における活動事例を発表。「学修成果の可視化による質保証とAPの取組」をテーマにパネルディスカッション。

  • グローバルに活躍できる人材の育成-「学生IR」とアクティブ・ラーニングを活用したキャリア教育-

    役割:講師

    リード エグジビション ジャパン株式会社  教育ITソリューションEXPO  東京  2017年6月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    横浜国立大学では、主体的に行動できるグローバル人材を輩出するため、入学から卒業後まで一貫して学生にフォーカスした「学生IR」を元に、キャリア教育の改善を進めている。学生調査や産業界ニーズ調査の結果を踏まえた課題解決型PBL、社会人とのディスカッションを取り入れた授業、学生の就業力を可視化するeポートフォリオの改善事例などを紹介した。受講者の満足度は91%と好評を得た。

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 学生が主体的に学びをデザインできる仕組みの構築を目指して

    大学マネジメント研究会  月刊 大学マネジメント 2021年10月号  学修成果の可視化  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • 教育ルネサンス:キャリア教育科目の授業取材記事

    読売新聞社  読売新聞  2017年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 「学生IR」で学士力と就業力を可視化し より具体的な大学教育改革を加速させる

    河合塾  ガイドライン 2016年7、8月号  大学教育と学生エンゲージメント  2016年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外