一柳 優子 (イチヤナギ ユウコ)

ICHIYANAGI Yuko

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

ナノテクノロジー、磁化測定、超微粒子、遷移金属酸化物、マルチフェロイック、ナノ医療、薬剤輸送

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://yukolab.ynu.ac.jp/index.html



出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    横浜国立大学  工学研究科  物理学    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士 -  横浜国立大学

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    継続中
     

    日本応用物理学会

  •  
     
     
     

    日本物理学会

  •  
     
     
     

    日本熱測定学会

  •  
     
     
     

    ナノ学会

  •  
     
     
     

    表面科学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノマイクロシステム

  • 低温磁性

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ナノ医療

    研究期間:  - 

  • ナノスコピック系の磁性

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Nanomaterials for Biomedical Applications: Synthesis, Characterization, and Applications

    M. Bououdina, S. Rashdan, J. L. Bobet and Y. Ichiyanagi (担当: 共著 , 担当範囲: 執筆校正,編集 )

    Journal of Nanomaterials   2013年10月

     概要を見る

    ナノ材料のバイオ分野への応用を目指した,合成方法,構造解析,応用についての雑誌を編集者としてまとめた。

  • Analysis of Complex Materials using Functionalized Magnetic Nanoparticles,Magnetic Nanoparticles: Properties, Synthesis and Applications

    Shu Taira, Yuko Ichiyanagi (担当: 共著 )

    Nova Publishers  2012年

  • “Preparation of Magnetic Nanoparticles Using Chemical Route and Functionalization for Medical Applications”, “NANOMAGNETISM AND SPINTRONICS

    Yuko Ichiyanagi (担当: 単著 )

    World Scientific  2009年

  • Micro and Nano Technologies in Bioanalysis Methods and Protocols Chapter 36,Series

    Shu Taira, Shinji Moritake, Takahiro Hatanaka, Yuko Ichiyanagi , Mitsutoshi Setou (担当: 共著 )

    Methods in Molecular Biology  2009年

  • Functionalized magnetic nanoparticles as an in vivo delivery system

    平修、森竹慎治、瀬藤光利 (担当: 共著 )

    Methods in Molecular Biology  2008年

     概要を見る

    総説

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Ni(CH)2単層ナノクラスターの磁気相転移

    一柳 優子

      1996年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    横浜国立大学 工学研究科 ニッケル塩化物水溶液とメタ珪酸ナトリウム水溶液との混合により生じた沈殿物に,直径が約2.5 nmの水酸化ニッケルの単層クラスターが存在することを明らかにした。バルクの水酸化ニッケルは反強磁性であるにも関わらず,このクラスターは10 Kの低温で強磁性転移を起こすことを見出し,世界で始めて単層の強磁性を実現した。直流および交流磁化率の測定を中心に,ナノサイズに特徴的な磁気特性について記述した。

    DOI

論文 【 表示 / 非表示

  • AC Magnetic Susceptibility and Heat Dissipation by Mn1-xZnxFe2O4 Nanoparticles for Hyperthermia Treatment

    Takaya Kondo, Kazumasa Mori, Masaya Hachisu, Takahiro Yamazaki, Daiki Okamoto, Masatoshi Watanabe, Kohsuke Gonda, Hiroshi Tada, Yoh Hamada, Mayumi Takano, Noriaki Ohuchi, and Yuko Ichiyanagi

    J. Appl. Phys ( AMER INST PHYSICS )  117 ( 17 ) 17D157   2015年05月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    ナノサイズのマンガンフェライトに亜鉛をドープした場合の磁化の増大の変化を調べ、組成がZn=0.2であることを明らかにした。この組成について粒子径を変化させ、交流磁化率の虚数部分の値が18 nmのものが最大であることを明らかにし、この試料が交流磁場中でもっとも発熱することを示した。さらにシャーレに培養したがん細胞のハイパーサーミア効果について報告した。

    Web of Science DOI

  • Cu/SiO2hybrid bonding obtained by surface-activated bonding methodat room temperature using Si ultrathin films

    Jun Utsumi,Kensuke Ide,Yuko Ichiyanagi

    Micro and Nano Engineering   2   1 - 6   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 日本応用磁気学会誌

    Fujiwara K., Kimura S., Miyano S., de T., Ichiyanagi Y.

    Journal of the Magnetics Society of Japan ( 公益社団法人 日本磁気学会 )    2019年

    共著

     概要を見る

    <p>  SiO<sub>2</sub>CuFe<sub>2</sub>O<sub>4</sub> nanoparticles encapsulated by different amounts of amorphous SiO<sub>2</sub> were prepared by a wet chemical method. These nanoparticles were characterized by X-ray diffraction and X-ray absorption fine structure analysis and found to have either a tetragonal or a cubic structure depending on the amount of SiO<sub>2</sub>. Magnetization measurements were performed for all samples using a SQUID magnetometer. The tetragonal nanoparticles showed a smaller maximum magnetization (<i>M</i><sub>S</sub>) and a larger coercive force (<i>H</i><sub>C</sub>) than the cubic nanoparticles.</p>

    DOI CiNii

  • Functionalization and Magnetic Relaxation of Ferrite Nanoparticles for Theranostics

    Daiki Shigeoka,Takahiro Yamazaki,Tomoya Ishikawa,Kazunari Miike,Koki Fujiwara,Taisei Ide,Akito Oshima,Tatsuya Hashimoto,Daiki Aihara,Kouhei Kanda,Akihito Usui,Yoshiyuki Hosokai,Haruo Saito,Yuko Ichiyanagi

    IEEE Transactions on Magnetice   54 ( 11 )   2018年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Ferromagnetic Behavior and Electronic Characterization of ZnO Nanoparticles

    Taisei Ide, Koki Fujiwara, Tatsuya Hashimoto, Kouhei Kanda, Daiki Aihara, Akito Oshima, Yuko Ichiyanagi

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   16   406 - 410   2018年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 磁気ナノ微粒子の交流磁化率と熱散逸によるハイパーサーミア効果

    熱測定学会誌 ( 熱測定学会 )  42 ( 4 ) 148 - 152   2015年10月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    磁気ナノ微粒子、特にMn-Znフェライトの室温で強磁性あるいは超常磁性のナノ微粒子を生成し,官能基を修飾して機能化を施し医療へ応用する提案を紹介した。薬剤輸送やイメージング,温熱療法などの実現に期待されるが、特に交流磁化率の解析と熱散逸について解説した。

  • Cu-Znフェライトナノ微粒子の磁気特性と医療応用

    藤原康暉、木村慎司、宮野俊太、井手太星、臼井章仁、斉藤春夫、細貝良行、一柳優子

    ナノ学会会報   17 ( 2 ) 61 - 67   2019年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    藤原康暉、木村慎司、宮野俊太、井手太星、臼井章仁、斉藤春夫、細貝良行、一柳優子、“Cu-Znフェライトナノ微粒子の磁気特性と医療応用”、ナノ学会会報 第17巻 第2号、pp.61-67、2019年3月  

  • ナノテクノロジー・材料分野

    一柳優子 外

    JST研究開発の俯瞰報告書     2019年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    JST研究開発の俯瞰報告書 ナノテクノロジー・材料分野2019

  • 表面活性化法を用いた常温ウェハ接合技術

    内海淳,井手健介,一柳優子

    表面科学 ( 表面科学会 )  38 ( 2 ) 72 - 76   2017年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • JST- CRDSナノテクノロジー・材料分野における俯瞰報告書

    JST- CRDSナノテクノロジー・材料分野における俯瞰報告書     2017年

    総説・解説(その他)  

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ナノ微粒子、及びナノ微粒子の製造方法、並びに抗腫瘍剤(日本)

    特願 PCT/JP2019/008494 

    一柳優子

     概要を見る

    PCT特許出願: 「ナノ微粒子、及びナノ微粒子の製造方法、並びに抗腫瘍剤」 国際出願番号:PCT/JP2019/008494 出願日:平成31年3月5日

  • 質量分析用マトリクス剤、質量分析方法、及び質量分析イメージング方法

    特願 特願2016-037758 

    一柳優子、森本翔大

  • 温熱療法用Ni-Zn系フェライト磁気ナノ微粒子、及びそれを用いた温熱療法用薬物結合複合体

    特願 特願2012-133436 

    一柳優子、竹内宏賢、大類翔太

  • マグネタイトナノ微粒子の製造方法

    特願 2010-109165  特開 2011-236086  特許 特許第5670094号

    一柳 優子

  • 機能性磁気ナノ微粒子とその用途

    特願 2006-311611 

    瀬藤光利、平修、畠中貴弘、一柳優子

     概要を見る

    官能基を修飾した機能性超磁気ナノ微粒子に、核酸、ペプチドなどを修飾可能にすることを発案した。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第64回応用物理学会春季学術講演会

    2017年04月01日   日本応用物理学会   Mn0.8-xCoxZn0.2Fe2O4ナノ微粒子の磁気特性と磁気ハイパーサーミアおよびMR造影効果  

    受賞者:  石川智也、一柳優子、 他

  • International Association of Advanced Materials Medal

    2017年03月12日   International Association of Advanced Materials   Multifunctional magnetic nanoparticles for theranostic applications  

    受賞者:  一柳優子

  • New Products & Novel Technology Award

    2013年04月18日   The 11th International Conference on Ferrites   Optimization of Ferrite Nanoparticles as an Agent for Hyperthermia Treatment  

    受賞者:  一柳優子

  • 産業タイムズ社賞

    2011年06月04日    

  • 関東工学教育協会賞(業績賞)

    2009年05月18日    

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 温熱療法を目指したスーパースピングラス磁気ナノ微粒子の創製と医療への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月  代表者:  一柳優子

  • がん細胞特異的磁気ナノ微粒子のハイパーサーミアへの応用

    萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 磁気ナノ微粒子を利用したベクターフリーiPS細胞の創生

    提供機関:  科学技術振興機構  研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ

    研究期間: 2010年10月  -  2011年03月  代表者:  一柳優子

  • 生体組織イメージングのためのイオン化支援磁気ナノ微粒子の開発

    提供機関:  科学技術振興機構  シーズ発掘試験

    研究期間: 2009年06月  -  2010年03月  代表者:  一柳優子

  • 磁気ナノ微粒子を用いたイオン化支援材料の開発

    提供機関:  地方自治体  高橋産業経済研究財団

    研究期間: 2009年04月  -  2011年03月  代表者:  一柳優子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Characterization of Magnetic Nanoparticles and Application for Theranostics

    Yuko Ichiyanagi  [招待有り]

    Silver Jubilee Assembly of Advanced Material Congress  (Stockholm, Sweden)  2019年03月25日  

     概要を見る

    Yuko Ichiyanagi, “Characterization of Magnetic Nanoparticles and Application for Theranostics”, Silver Jubilee Assembly of Advanced Material Congress, Stockholm, Sweden, 2019.3.25, (invited talk)

  • Functional Magnetic Nanoparticles as Theranostic Agents

    Yuko Ichiyanagi  [招待有り]

    12th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2018)   (Yamaguchi University Kogushi Campus )  2018年12月08日  

     概要を見る

    Yuko Ichiyanagi, 12/8 “Functional Magnetic Nanoparticles as Theranostic Agents”, 12th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2018), 2018.12.8, Yamaguchi University Kogushi Campus (invited talk), http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nanomed1/12th%20ISNM2018-Time%20table.pdf

  • Characterization of Ferrite Nanoparticles and Application for Theranostics

    Yuko Ichiyanagi

    5th International Conference on Theoretical and Condensed Matter Physics  (Los Angeles, USA )  2018年11月27日  

     概要を見る

    Yuko Ichiyanagi, “Characterization of Ferrite Nanoparticles and Application for Theranostics”, 5th International Conference on Theoretical and Condensed Matter Physics, 2018.11.27 Los Angeles, USA (Keynote lecture)  (evi3-3)

  • Functional magnetic nanoparticles for theranostics

    Yuko Ichiyanagi

    7th World Congress and Expo on Nanotechnology and Materials Science (Nano and Materials Science Conference2018)  (Frankfurt, Germany)  2018年11月05日  

     概要を見る

    Yuko Ichiyanagi, “Functional magnetic nanoparticles for theranostics”, 7th World Congress and Expo on Nanotechnology and Materials Science (Nano and Materials Science Conference2018), Frankfurt, Germany, 2018.11.5, (Keynote lecture) 

  • Functional Magnetic Nanoparticles for Diagnostics and Therapies

    Yuko Ichiyanagi  [招待有り]

    3rd International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials, (ICEAN 2018)  (New Castle University, Australia)  2018年10月30日  

     概要を見る

    Yuko Ichiyanagi, “Functional Magnetic Nanoparticles for Diagnostics and Therapies”, 3rd International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials, (ICEAN 2018), No.2E-IL-4, New Castle University, Australia, 2018.10.30, https://www.newcastle.edu.au/__data/assets/pdf_file/0006/490155/ICEAN-2018-Short-Programme.pdf (invited talk)

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 機能性ナノ微粒子

    国内共同研究  

    研究期間: 2005年05月  -   

  • γ-α相共存型Fe2O3強磁性+1微粒子材料の磁気メディア応用に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2001年  -  2001年 

  • シリカに内包された磁性ナノクラスターの局所構造解析

    国内共同研究  

    研究期間: 2000年  -  2000年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  先端磁性物理学

  • 大学院理工学府  ナノ物性物理科学

  • 理工学部  物理学Ⅲ

  • 理工学部  物理工学実験情報演習Ⅱ

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • ナノ学会

    2019年05月
    -
    2020年06月

    学協会   理事

  • 日本ナノメディシン交流協会

    2019年05月
    -
    2020年06月

    その他   理事

  • International Conference on Fine Particle Magnetism, Steering committee

    2019年
     
     

    その他   Program committee 

  • JST S-イノベ

    2018年10月
    -
    2019年03月

    学協会   中間評価委員

  • ナノ学会第16回大会

    2018年05月
     
     

    学協会   実行委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 日米ナノテク若手研究者交流シンポジウム

    文科省、アメリカNSF  (東京) 

    2006年12月
     
     

  • 神奈川県産学交流研究発表会

    神奈川県産業技術センター  (海老名) 

    2006年10月
     
     

  • 高校生向け体験授業

    事務局入試課  (横浜国立大学) 

    2006年07月
     
     

     概要を見る

    横浜翠嵐高校生徒16名を対象に磁性、低温に関する体験授業を行った。

  • 三菱化学生命科学研究所リサーチセミナー

    三菱化学生命科学研究所所長  (町田市) 

    2006年05月
     
     

     概要を見る

    磁気超ナノ微粒子とその応用

  • 国大・市大交流シンポジウム

    YUVEC  (横浜) 

    2006年03月
     
     

     概要を見る

    磁気超ナノ微粒子とバイオナノテクノロジー

全件表示 >>