飯島 一智 (イイジマ カズトシ)

IIJIMA Kazutoshi

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

生体関連化学, 医工学, 再生医療



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Iijima K, Tsuji Y, Kuriki I, Kakimoto A, Nikaido Y, Ninomiya R, Iyoda T, Fukai F, Hashizume M, Control of cell adhesion and proliferation utilizing polysaccharide composite film scaffolds, Colloids. Surf. B, 160, 228–237 (2017)   2017年09月

    【論文】 Iijima K, Suzuki R, Iizuka A, Ueno-Yokohata H, Kiyokawa N, Hashizume M, Surface functionalization of tissue culture polystyrene plates with hydroxyapatite under body fluid conditions and its effect on differentiation behaviors of mesenchymal stem cells, Colloids Surf. B, 147, 351–359 (2016)  2016年08月

    【論文】 Iijima K, Nagahama H, Takada A, Sawada T, Serizawa T, Hashizume M, Surface functionalization of polymer substrates with hydroxyapatite using polymer-binding peptides, J. Mater. Chem. B, 4, 3651–3659 (2016)  2016年06月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Iijima K, Tsuji Y, Kuriki I, Kakimoto A, Nikaido Y, Ninomiya R, Iyoda T, Fukai F, Hashizume M, Control of cell adhesion and proliferation utilizing polysaccharide composite film scaffolds, Colloids. Surf. B, 160, 228–237 (2017)   2017年09月

    【論文】 Iijima K, Kimura T, Sato R, Takahashi T, Hashizume M, Kinetic analysis of molecular permeabilities of free-standing polysaccharide composite films, Macromol. Chem. Phys., 218, 1600391 (2017)  2017年07月

    【論文】 Iijima K, Suzuki R, Iizuka A, Ueno-Yokohata H, Kiyokawa N, Hashizume M, Surface functionalization of tissue culture polystyrene plates with hydroxyapatite under body fluid conditions and its effect on differentiation behaviors of mesenchymal stem cells, Colloids Surf. B, 147, 351–359 (2016)  2016年08月

    【論文】 Iijima K, Nagahama H, Takada A, Sawada T, Serizawa T, Hashizume M, Surface functionalization of polymer substrates with hydroxyapatite using polymer-binding peptides, J. Mater. Chem. B, 4, 3651–3659 (2016)  2016年06月

    【論文】 Iijima K, Sakai A, Komori A, Sakamoto Y, Matsuno H, Serizawa T, Hashizume M, Control of biomimetic hydroxyapatite deposition on polymer substrates using different protein adsorption abilities, Colloids Surf. B, 130, 77–83 (2015)  2015年04月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  慶應義塾大学

  • 修士(工学) -  慶應義塾大学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-

    (担当: 分担執筆 )

    シーエムシー出版  2018年06月 ISBN: 9784781313337

  • Advances in Chemistry Research

    Shohei Ishikawa, Kazutoshi Iijima, Yuta Yahagi, Hidenori Otsuka (担当: 共著 )

    Nova Science Publishers  2018年 ISBN: 9781536138382

  • Nanobiomaterials: Nanostructured Materials for Biomedical Applications

    Shohei Ishikawa, Kazutoshi Iijima, Hidenori Otsuka (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 17 "Nanofabrication Technologies for Controlled Cell Tissue Engineering and Bioapplication )

    Elsevier Ltd.  2017年10月 ISBN: 9780081007167

  • Stimuli-Responsive Interfaces: Fabrication and Application

    Mineo Hashizume, Iijima Kazutoshi (担当: 単著 , 担当範囲: Chapter 15 "Media-Responsive Swelling and Material Release Properties of Polysaccharide Composite Films )

    Springer Nature Singapore  2017年01月 ISBN: 978-981-10-24

  • 手術用シーラント材・癒着防止材の利便性向上を目指した製品開発

    橋詰峰雄、飯島一智 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章 〜事例から学ぶ〜 外科材料への応用を目的とした原料の開発と作製/加工/評価, 第4節 多糖複合フィルムの癒着防止材としての可能性 )

    技術情報協会  2016年12月 ISBN: 978-4-86104-6

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation of 3D porous hydroxyapatite cell scaffolds using polystyrene templates under biomimetic conditions

    Kazutoshi Iijima, Ayako Iizuka, Ryo Suzuki, Hitomi Ueno-Yokohata, Nobutaka Kiyokawa, Mineo Hashizume

    Journal of the Ceramic Society of Japan ( The Ceramic Society of Japan )  126 ( 11 ) 956 - 958   2018年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Osteogenic Differentiation of Bone Marrow-Derived Mesenchymal Stem Cells in Electrospun Silica Nonwoven Fabrics

    Kazutoshi Iijima, Shohei Ishikawa, Kohei Sasaki, Mineo Hashizume, Masaaki Kawabe

    ACS Omega, 2018 ( AMER CHEMICAL SOC )  3 ( 8 ) 10180 - 10187   2018年08月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Cartilage differentiation of bone marrow-derived mesenchymal stem cells in three-dimensional silica nonwoven fabrics

    Shohei Ishikawa, Kazutoshi Iijima, Kohei Sasaki, Mineo Hashizume, Masaaki Kawabe, Hidenori Otsuka

    Applied Sciences ( MDPI )  8 ( 8 ) 1398 (14 pages)   2018年08月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Selective fabrication of hollow and solid polysaccharide composite fibers using a microfluidic device by controlling polyion complex formation

    Kazutoshi Iijima,Shun Ohyama,Kazuya Yuyama,Atsushi Shono,Mineo Hashizume

    Polymer Journal ( SPRINGER NATURE )  50 ( 12 ) 1187 - 1198   2018年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Noninvasive fingerprinting-based tracking of replicative cellular senescence using a colorimetric polyion complex array

    Tomita S, Nomoto H, Yoshitomi T, Iijima K, Hashizume M, Yoshimoto K

    Analytical Chemistry ( American Chemical Society )  90 ( 11 ) 6348 - 6352   2018年05月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ペプチド・タンパク質を利用した高分子材料表面へのヒドロキシアパタイト複合化とその生物医学的応用, C&I Commun., 43(3), 19–21 (2018).

    飯島一智

    Colloid and Interface Communication ( 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 )  43 ( 3 ) 19 - 21   2018年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 再生医療における繊維材料

    飯島一智, 石川昇平, 大塚英典

    色材協会誌 ( 色材協会 )  91 ( 8 ) 274 - 277   2018年08月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    繊維材料は衣料用途のみならず,航空宇宙や機械,電気通信,医療などさまざまな産業分野において利用されてきた。近年,繊維 材料を再生医療における細胞足場材料として利用する研究が注目を集めている。本講座では,生体高分子や生分解性合成高分子の不 織布やナノファイバーからなるハイドロゲルなど,繊維材料の再生医療への応用の現状について解説するとともに,著者らが取り組 んできたシリカナノ不織布による細胞の三次元培養について紹介する。

  • 生体模倣プロセスを用いたペプチド-ヒドロキシアパタイト ナノハイブリッドの作製

    飯島一智、橋詰峰雄

    Accounts of Materials & Surface Research   3 ( 1 ) 8 - 16   2018年01月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Utilization of Proteins and Peptides to Create Organic-Hydroxyapatite Hybrids.

    Kazutoshi Iiiima, Hashizume Mineo

    Protein & Peptide Letters   25   25 - 33   2018年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 再生医療における繊維材料

    飯島一智, 石川昇平, 大塚英典

    色材協会誌 ( 色材協会 )  91 ( 8 ) 1 - 4   2018年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規ハイブリッド足場材料を用いた間葉系幹細胞の分化制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  飯島一智

  • 小児急性リンパ性白血病新規キメラ分子SNX2-ABL1の機能の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  飯島一智

  • Bリンパ腫特異的新規ジンクフィンガー蛋白のB細胞分化、腫瘍特性における意義の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  飯島一智

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Functionalization of silica nonwoven fabrics by hydroxyapatite and behaviors mesenchymal stem cells thereon

    Yasuyuki Okano, Shohei Ishikawa, Kazutoshi Iijima, Hidenori Otsuka, Mineo Hashizume

    Water on Materials Surfaces (WMS 2018)  (Tokyo University of Science, Tokyo, Japan)  2018年07月25日   International Symposium of Water Frontier Science & Technology Research Center, TUS

  • Structural and functional properties of polymer micelles in simulated body fluids

    Kanaho Yamaguchi, Kazutoshi Iijima, Yusuke Yataka, Mineo Hashizume

    Water on Materials Surfaces (WMS 2018)  (Tokyo University of Science, Tokyo, Japan)  2018年07月25日   International Symposium of Water Frontier Science & Technology Research Center, TUS

  • 擬似体液中における両親媒性ブロックコポリマーの構造および機能特性

    山口奏穂, 飯島一智, 橋詰 峰雄

    第67回高分子学会年次大会  (名古屋国際会議場)  2018年05月23日   高分子学会

  • キトサン/PEG/RADA16で構造化した相互侵入高分子網目ゲルへの生分解性付与と軟骨組織再生足場への応用

    石川昇平, 飯島一智, 大澤重仁, 飯島道弘, 大塚英典

    第67回高分子学会年次大会  (名古屋国際会議場)  2018年05月23日   高分子学会

  • 加熱延伸法により作製した異方性多糖複合フィルムの物性評価

    坂口聖大, 二階堂裕一, 飯島一智, 橋詰峰雄

    第67回高分子学会年次大会  (名古屋国際会議場)  2018年05月23日  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  バイオ創生・計測工学実習F

  • 大学院理工学府  バイオ創生・計測工学実習S

  • 大学院理工学府  医工学特論

  • 大学院理工学府  バイオとライフ技術の創生F

  • 大学院理工学府  バイオとライフ技術の創生S

全件表示 >>