ITAGAKI Katsuhiko

Affiliation

Faculty of International Social Sciences, Division of International Social Sciences

Job Title

Professor

Date of Birth

1981

Research Fields, Keywords

Verwaltungsrecht, Wohnungsrecht, Gemeindeordnung

Mail Address

E-mail address

Related SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-3116-3075

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Book】 Modern Problem of Local Government Law  2019.12

    【Book】 都市行政の変貌と法  2022.12

    【Published Thesis】 Legal Research about So-called  2022.03

    【Published Thesis】 The Issue of ex officio cancellation of Disposition based on the Disaster Victim`s Life Reconstruction Support Law  2022.07

    【Published Thesis】 地方公共団体における個人情報保護の仕組みのあり方と国の関係  2021.07

Education 【 display / non-display

  • 2004.4
    -
    2006.3

    The University of Tokyo   Master Course   Completed

  • 1999.4
    -
    2004.3

    The University of Tokyo   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Law - The University of Tokyo

  • Juris Doctor - The University of Tokyo

Campus Career 【 display / non-display

  • 2022.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of International Social Sciences   Division of International Social Sciences   Professor  

  • 2013.4
    -
    2022.3

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of International Social Sciences   Division of International Social Sciences   Associate Professor  

  • 2013.4
    -
    2022.3

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of International Social Sciences   Law School   Associate Professor  

  • 2013.4
    -
    2022.3

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of International Social Sciences   Department of International and Business Law   Associate Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2022.10
    -
    2023.3

     

  • 2022.10
    -
    2023.3

     

  • 2022.4
     
     

     

  • 2021.4
     
     

     

  • 2020.4
    -
    2021.3

     

display all >>

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2019.10
     
     
     

    自治体学会

  • 2018.7
     
     
     

    法と経済学会

  • 2017.8
     
     
     

    資産評価政策学会

  • 2017.6
     
     
     

    日本不動産学会

  • 2017.4
     
     
     

    警察政策学会

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Public law

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Judicial Examination

 

Research Career 【 display / non-display

  • 公私協働における国家(公)と民間(私)の役割

    Project Year:

  • 住宅市場と行政法の関係

    Project Year:

  • 地方自治法の現代的課題

    Project Year:

Books 【 display / non-display

  • 保障行政の法理論

    板垣 勝彦( Role: Sole author)

    弘文堂  ( ISBN:9784335312168  [Reviewed]

    CiNii Amazon

     More details

    Total pages:592   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Housing market and Administrative law

    ( Role: Sole author)

    ( ISBN:9784474057593

    CiNii Amazon

     More details

    Total pages:448   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Modern Problem of Local Government Law

    ( Role: Sole author)

    ( ISBN:9784474069756

    CiNii Amazon

     More details

    Total pages:552   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 自治体職員のための ようこそ地方自治法[第3版]

    板垣 勝彦( Role: Sole author)

    第一法規  ( ISBN:9784474069244

    CiNii Amazon

     More details

    Total pages:228   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  • 公務員をめざす人に贈る 行政法教科書

    板垣 勝彦( Role: Sole author)

    法律文化社  ( ISBN:9784589039514

    CiNii Amazon

     More details

    Total pages:296   Language:Japanese Book type:Scholarly book

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

Papers 【 display / non-display

  • 政務活動費の現状分析

    板垣 勝彦

    横浜法学   31 ( 3 )   2023.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • 疲弊する自治体現場に目を向けよ

    板垣 勝彦

    自治実務セミナー   727   2023.1  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • The Issue of ex officio cancellation of Disposition based on the Disaster Victim`s Life Reconstruction Support Law

    Review of administartive law   ( 45 )   115 - 140   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • Legal Research about So-called "Administrative Redundancy"

    85 ( 4 )   105 - 127   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Single Work  

  • 指定確認検査機関による確認事務の帰属

    板垣 勝彦

    行政法研究   ( 40 )   265 - 281   2021.7  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:信山社   Single Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 座談会 住宅建築物におけるデジタル技術の新たな展開―BIM、センサー技術がもたらす未来

    板垣 勝彦, 志手 一哉, 直井 道生, 渡邊 朗子, 武藤 祥郎

    住宅土地経済   127 ( 5 )   2 - 14   2023.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本住宅総合センター   Joint Work  

  • 行政上の不当利得

    斎藤 誠,山本 隆司(編)

    行政判例百選Ⅰ[第8版]   2022.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Single Work  

  • 職権による取消(2)――被災者生活再建支援金支給決定

    斎藤 誠,山本 隆司(編)

    行政判例百選Ⅰ[第8版]   2022.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Single Work  

  • 書評 福井秀夫著『行政訴訟による憲法的価値の確保―法治国原理・法と経済学に基づく行政法理論―』

    板垣 勝彦

    行政法研究   ( 44 )   109 - 120   2022.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Publisher:都市住宅学   Single Work  

  • 直接請求制度の運用上の課題―署名収集の不正を繰り返さないために

    板垣 勝彦

    自治体学   35 ( 2 )   30 - 33   2022.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:自治体学会   Single Work  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 郊外の住宅地―災害発生!―

    板垣 勝彦

    2014.8

     More details

    Work type:Artistic work   Location:サンケイリビング2014年8月30日号  

  • 牧場の風景

    板垣 勝彦

    2014.3

     More details

    Work type:Artistic work   Location:旭市花卉生産者協議会リーフレット「花ノ街 あさひ」  

Awards 【 display / non-display

  • 都市住宅学会論説賞

    2022.11   都市住宅学会   用途地域規制の過去・現在・未来

    Individual or group name of awards:板垣 勝彦

  • 都市住宅学会論説賞

    2021.12   都市住宅学会   外国人居住と行政法

    Individual or group name of awards:板垣 勝彦

  • 優秀研究者賞・奨励賞

    2021.2   国立大学法人横浜国立大学  

    Individual or group name of awards:板垣 勝彦

  • 日本不動産学会論説賞

    2020.12   日本不動産学会   地方自治と所有者不明土地問題

    Individual or group name of awards:板垣 勝彦

  • 都市住宅学会著作賞

    2020.11   都市住宅学会   地方自治法の現代的課題

    Individual or group name of awards:板垣 勝彦

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • デジタル・マッピング時代の地理情報倫理の構築に向けた学際的基礎研究

    2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):鈴木 晃志郎

      More details

    Grant type:Competitive

    2000年代以降の地理空間情報の技術革新は、地理空間情報のオープンデータ化やプログラ ムの無償化を通じて、より広く市民の社会参画を促す「参加型GIS(以下、PGIS)」の潮流 をもたらした。しかし、誰もがウェブを介して地域社会に参加・貢献できる状況を前に、関 連領域ではこれまで、その促進政策や成功事例の検討など、いわばアクセルを踏む立場から の議論が中心で、ブレーキ役となる利用者側のモラルやプライバシー、関連法制度などに関 する議論は世界的にも立ち後れてきた。市民が普く地理空間情報を利活用できるようになっ た現在、それに対応した新たな地理情報倫理(Geographic information ethics)を確立すること は焦眉の課題である。これまで関連諸分野の文献研究を進めてきた結果、その確立にあたっ ては法学や倫理学にまたがる研究体制の構築が不可欠であることが明らかになってきた。そ こで本研究は、情報倫理および公法の研究者との共同研究を通じて、デジタル・マッピング 時代に対応した地理情報倫理の確立をめざす。

  • 人口減少社会に対応したまちづくり法制に関する東北の地方都市における実証的研究

    2019.4 - 2024.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):島田 明夫

      More details

    Grant type:Competitive

    本研究では、日本における少子高齢化の実態に照らして、主として高度成長期に人口増加に対するまちづくりのコントロールの手段として導入された都市計画法、建築基準法をはじめとする従来からのまちづくり法制が、少子高齢化に適切に対応できているのか否か、地方都市におけるコンパクトシティに資するために平成26年都市再生特別措置法改正で導入された立地適正化計画制度等が、それだけで地方都市を中心とする人口減少下のまちづくりに有効に機能するのか否か、また、残されている課題は何かについて研究する。そのために、少子高齢化の先進地域である東北地方の中小都市において、現地調査や各種の実態調査に基づ いて実証的に研究する。以上を踏まえて、現行法では必ずしも十分に対応できない問題点を 洗い出し、それに即した新たなまちづくり法制のあり方についての提言を行う。

  • 市町村における市場を活用した住宅法システムの研究

    2019.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

    Investigator(s):板垣 勝彦

      More details

    Grant type:Competitive

    住生活基本法が示す、①良質な住宅の供給による安心・安全な都市住宅の確保、②良好な住環境の形成、③既存住宅の流通促進、④住宅セーフティネットの構築による居住の安定の確保という視点に立脚して、特に市町村における有効な住宅政策のあり方を探求する。①は集合住宅や公共住宅を中心とする耐震改修の促進、宅地の耐震化(液状化・土砂崩れ対策)、②はコンパクトシティと住環境(インフラ)の維持・管理、空き家・ごみ屋敷などの管理不全不動産(所有者不明土地)への対処、③は民泊やシェアハウスのような新しい形態の居住の普及促進、④は公営住宅、仮設住宅・災害公営住宅、サービス付き高齢者向け住宅などの社会福祉政策へと繋がる。

  • 住宅市場における行政法規制

    2016.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

    Investigator(s):板垣 勝彦

      More details

    Grant type:Competitive

    ① 衣食住という言葉があるように、住環境の整備は人間生活の基本である。しかし、法学の分野では、借地借家法などを除き、住宅市場に対する研究が不十分であった。
    ② 本研究では、都市・住宅法に着眼して、住宅市場における行政法の役割を明らかにする。行政が住宅を直接に供給する公営住宅の他、民間事業者が行う持ち家の建築・流通および貸家の流通を行政法的に研究することが目的である。
    ③ 民間事業者は行政とは異なり、収益獲得を至上命題として行動する。行政が民間事業者を上手に規整・制御する手法を見出すことで、市場と法の関係についても考察が深まる。

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 地層処分事業に係る社会的側面に関する研究

    2020.5 - 2021.12

    地層処分事業に係る社会的側面に関する研究

    Investigator(s):吉良 貴之

  • 住宅市場を通じた国・自治体の法政策の実現過程の分析

    2015.11 - 2016.12

    若手研究助成(若手研究者)

    Investigator(s):板垣 勝彦

  • 公私協働における責任配分の構造

    2007 - 2008

    公益財団法人村田学術振興財団研究助成

    Investigator(s):板垣 勝彦

Presentations 【 display / non-display

  • 日本における公企業法の研究史

    板垣 勝彦  [Invited]

    第14回東アジア行政法学会国際学術大会  2022.12  東アジア行政法学会

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:韓国・済州島   Country:Korea, Republic of  

  • 周囲に危険をもたらす太陽光パネルへの法的対処について

    板垣 勝彦  [Invited]

    再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会  2022.4  経済産業省, 国土交通省, 環境省, 農林水産省

     More details

    Event date: 2022.4

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン  

  • 所有者不明土地・空き家問題と自治体法務

    板垣 勝彦  [Invited]

    所有者不明土地・空き家―管理・活用施策  2022.2  地域科学研究会

     More details

    Event date: 2022.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:明治薬科大学剛堂会館ビル  

  • 被災者の住居確保

    板垣 勝彦  [Invited]

    第2回災害時住宅保障と社会政策研究会  災害時住宅保障と社会政策研究会

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:WEB配信  

  • 都市・建築・土地利用に関する安全・環境・快適規律とその裁判統制はどうあるべきか-行政訴訟の機能不全をどう解決するか

    安藤 至大, 板垣 勝彦, 太田 充, 中川 雅之, 福井 秀夫  [Invited]

    2020年度都市住宅学会学術講演会  公益社団法人都市住宅学会

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:WEB配信  

display all >>

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • 自治体法務研究会

    Offer organization: 地方自治研究機構   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2020.5  -   

  • 地域・住まい持続創生研究委員会

    Offer organization: ハウジング&コミュニティ財団   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2018.4  -   

  • てんかん患者の自動車運転規制政策に関する日英の比較

    Offer organization: 国際交通安全学会   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2016.2  -  2017.3 

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Seminar 2b (Master's Programs)

    Graduate School of International Social Sciences

  • 2022   Seminar 2a (Master's Programs)

    Graduate School of International Social Sciences

  • 2022   Seminar 1b (Master's Programs)

    Graduate School of International Social Sciences

  • 2022   Introductory Seminar II

    College of Economics

  • 2022   Introductory Seminar I

    College of Economics

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 基本科目行政法

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 地方自治法

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 行政組織法Ⅰ

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  • 行政組織法Ⅱ

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  • 公法

     More details

    Level:Postgraduate 

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 神奈川県行政不服審査会

    2016.4  委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 神奈川県開発審査会

    2016.6  委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 神奈川県情報公開審査会

    2016.6  委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 横浜市個人情報保護審議会

    2020.6  委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 国土交通省関東地方整備局総合評価審査委員会

    2021.4  委員

     More details

    Committee type:Government 

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 行政不服審査制度説明会

    Role(s): Lecturer

    一般財団法人行政管理研究センター  富士市  2022.12

     More details

    Audience: Government agency

    Type:Lecture

    平成28年4月から施行された改正行政不服審査法のもとで、審理員候補者となる自治体職員が身につけておくべき知識・技能について、研修を行った。

  • 地方公共団体における個人情報保護制度の現状と課題

    Role(s): Lecturer

    第二東京弁護士会情報公開・個人情報保護委員会  ミニ勉強会  2022.12

  • 個人情報保護セミナー

    Role(s): Lecturer

    一般財団法人行政管理研究センター  個人情報保護セミナー  WEB配信  2022.11

     More details

    Audience: Government agency

    Type:Seminar, workshop

  • 令和4年度中堅職員研修(第211回)

    Role(s): Lecturer

    公益財団法人東北自治研修所  富谷市  2022.10 - 2022.12

     More details

    Audience: Government agency

    Type:Lecture

    中堅職員を対象に、地方自治法と政策法務について、自治体職員が身に着けておくべき知識の研修を行った。

  • 法務能力向上のための特別実務セミナー(法務特別セミナー)

    Role(s): Lecturer

    一般財団法人地方自治研究機構  山口市  2022.10

     More details

    Audience: General public, Government agency

    Type:Lecture

    市区町村の職員及び議員を対象とした法務能力向上のための特別実務セミナー。立法法務、行政手法と法制執務、争訟法務について講義する。

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • インタビュー記事「行政対応後手で、やまぬトラブル 21年度の土砂流出、全国435件」

    西日本新聞社  毎日新聞2022年9月9日朝刊  2022.9

     More details

    大規模な太陽光設備のトラブルに関して、専門家の立場からコメントした。

  • インタビュー記事「国も適正導入の検討開始、重さを増す自治体の役割―太陽光発電設備めぐる紛争」

    株式会社ぎょうせい  ガバナンス257号  121頁  2022.9

     More details

    Author:Other 

    太陽光発電設備の設置をめぐる紛争が多発する中で、事業者が日高市を相手取り条例の違憲無効を求めた訴えを却下したさいたま地判令和4年5月25日に関して、専門家の立場からコメントを行った。

  • インタビュー記事「記者の目 責任押し付け合う関係者 熱海土石流1年」

    毎日新聞社  毎日新聞2022年7月15日朝刊  2022.7

     More details

    熱海土石流から1年が経ち、県と市の対応に問題がなかったのか、専門家の立場からコメントした。

  • インタビュー記事「盛り土 甘い危機管理 熱海土石流1年」

    毎日新聞社  毎日新聞2022年7月4日朝刊  2022.7

     More details

    熱海土石流から1年が経ち、県と市の対応に問題がなかったのか、専門家の立場からコメントした。

  • インタビュー記事「バス放置1年 移動要請応じず」

    東京新聞社  東京新聞2022年5月29日朝刊  2022.5

     More details

    Author:Other 

    川崎港の港湾施設である公園に放置されているバス車両について、その撤去の方法などを回答した。

display all >>