伊藤 暁彦 (イトウ アキヒコ)

ITO Akihiko

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

准教授

生年

1978年

研究分野・キーワード

無機材料合成、レーザープロセス、セラミックスコーティング

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://itonium.net/ynu/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-6116-1700

写真a

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Chemical vapor deposition route to transparent thick films of Eu3+-doped HfO2 and Lu2O3 for luminescent phosphors   2020年04月

    【論文】 Highly self-oriented growth of (020) and (002) monoclinic HfO2 thick films using laser chemical vapor deposition  2020年02月

    【論文】 Self-oriented growth of (020) MgSiO3-orthopyroxene and (002) α-Mg2SiO4 films using metal-organic chemical vapor deposition  2019年07月

    【論文】 Laser assisted chemical vapor deposition of nanostructured NaTaO3 and SrTiO3 thin films for efficient photocatalytic hydrogen evolution  2017年06月

    【論文】 Laser oscillation and luminescence of Nd3+- and Eu3+-doped Lu2O3 transparent ceramics fabricated by spark plasma sintering  2016年04月

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • Akihiko Ito received the B.S., M.S., and Ph.D. degrees in engineering from Tohoku University, Sendai, Japan. His dissertation was on "Electrical Properties of Alkaline-earth Ruthenate Thin Films Prepared by Pulsed Laser Deposition". After a two-year post-doctoral appointment working on "Generation of Vector Laser Beam" at Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University, Japan, he joined Institute for Materials Research, Tohoku University, Sendai, Japan in 2009, where he was an assistant professor working on "Laser Chemical Vapor Deposition of Hard and Environmental Barrier Coatings" and "Spark Plasma Sintering of Transparent Ceramics and Composite Materials". He is currently an associate professor with Graduate School of Environment and Information Sciences, Yokohama National University, Yokohama, Japan. His current research interests include "Self-organized Nanostructured Ceramics for Structural and Functional Applications via Vapor Deposition Process with an Intense Laser Field" and "Chemical Vapor Deposition of Transparent Thick Films". Dr. Ito is a member of the Ceramic Society of Japan, the American Ceramic Society, the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy, the Japan Society of Applied Physics, and the JSPS 124th Committee on Advanced Ceramics.

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    東北大学   工学部   マテリアル・開発系科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    東北大学  工学研究科  材料加工プロセス学  博士課程  修了

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    東北大学  工学研究科  材料加工プロセス学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東北大学

  • 修士(工学) -  東北大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   人工環境専攻   准教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   環境システム学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2016年03月

      東北大学   金属材料研究所   助教

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      東北大学   多元物質科学研究所   助教(研究特任)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本セラミックス協会

  • 2013年12月
    -
    継続中
     

    米国セラミックス協会

  • 2008年01月
    -
    継続中
     

    応用物理学会

  • 2008年07月
    -
    継続中
     

    粉体粉末冶金協会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本学術振興会産学協力研究委員会 先進セラミックス第124委員会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 無機工業材料

  • 材料加工・組織制御工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Nanocomposite, Ceramic and Thin Film Scintillators

    T. Goto, A. Ito, A. Yoshikawa, S. Kurosawa, J. Pejchal (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 4: Transparent High-Density Oxide Ceramics Prepared by Spark Plasma Sintering (p. 107–154) )

    Pan Stanford Publishing Pte. Ltd.  2016年11月 ISBN: 9789814745222

    Amazon

  • 図解 傾斜機能材料の基礎と応用

    後藤 孝, 伊藤暁彦 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 6章 コーティング技術とその傾斜機能材料化 (p. 132–160) )

    コロナ社  2014年05月 ISBN: 9784339046298

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • Fabrication of Lu2Ti2O7–Lu3NbO7 solid solution transparent ceramics by spark plasma sintering and their electrical conductivities

    L.Q. An, L. Wang, L. Wang, R. Fan, A. Ito, T. Goto

    Journal of the European Ceramic Society   40 ( 13 ) 4589-4594   2020年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • High-speed epitaxial growth of Y3Fe5O12 thick film with high magnetization on (420) Y3Al5O12 substrate using metal-organic chemical vapor deposition

    H. Aida, R. Watanuki, A. Ito

    Materials Letters   276   128228   2020年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    High-speed epitaxial growth of a (420)-oriented Y3Fe5O12 (YIG) thick film on (420) Y3Al5O12 substrate was demonstrated with a high deposition rate of 33 μm h−1 using metal-organic chemical vapor deposition. The epitaxial YIG thick film exhibited a high saturation magnetization of 202 emu cm−3, which was greater than the value reported for a single crystal. X-ray photoelectron spectroscopy implies that the high magnetization was associated with a reduced state of Fe ion in the garnet structure.

    DOI

  • High-speed Epitaxial Growth of M-type Strontium Hexaferrite Films on Sapphire using Metal-Organic Chemical Vapor Deposition and Their Magnetic Property

    K. Kato, R. Watanuki, A. Ito

    Materials Letters   274   128046   2020年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • High-speed epitaxial growth of SrTiO3 transparent thick films composed of close-packed nanocolumns using laser chemical vapor deposition

    J. Chen, A. Ito, T. Goto

    Vacuum   177   109424   2020年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    (100) SrTiO3 transparent thick film was synthesized via high-speed epitaxial growth of close-packed nanocolumnar grains grown on (100) MgAl2O4 single-crystal substrate using laser chemical vapor deposition. The (100) epitaxial SrTiO3 film synthesized at a total chamber pressure of 0.4 kPa and a deposition temperature of 1113 K was optically transparent with a relative transmittance of 95% at a wavelength of 800 nm, and the deposition rate of the film was 20 μm h−1. TEM observation revealed that the SrTiO3 transparent thick film was composed of close-packed nanocolumnar grains.

    DOI

  • Self-oriented growth of β-Yb2Si2O7 and X1/X2-Yb2SiO5 coatings using laser chemical vapor deposition

    A. Ito, M. Sekiyama, T. Hara, T. Goto

    Ceramics International   46 ( 7 ) 9548-9553   2020年05月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    We demonstrated the self-oriented growth of ytterbium silicate films at high deposition rates using laser chemical vapor deposition (laser CVD). β-Yb2Si2O7, X1-Yb2SiO5, and X2-Yb2SiO5 phases preferred (001)β and (110)β, (100)X1 and (021)X2, and (221)X2 orientations, respectively. The self-oriented growth was associated with crystallographic features, namely the edge-sharing Yb–O polyhedral networks in each phase. Deposition rates of the β-Yb2Si2O7 and X1/X2-Yb2SiO5 films ranged 114–423 and 353–943 μm h−1, respectively. Post annealing implied that β-Yb2Si2O7 and X2-Yb2SiO5 were the stable phases at elevated temperatures and the obtained films maintained their cone-like and columnar structures after annealing at 1673 K in air.

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • SiC繊維表面への界面制御コーティング技術と力学特性評価

    伊藤暁彦, 後藤 健

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  55 ( 6 ) 431 - 435   2020年06月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • レーザーを援用した化学気相析出法によるセラミックスの自己配向成長

    伊藤暁彦

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  55 ( 2 ) 98 - 102   2020年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    レーザーを援用した化学気相析出法における高温構造用および機能性セラミックス材料の自己配向成長および高速エピタキシャル成長について紹介する.

  • レーザを利用した高速CVDによるセラミックコーティングの新展開

    伊藤暁彦

    溶射 ( 日本溶射学会 )  55 ( 4 ) 170 - 176   2018年10月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 通電焼結による透明セラミックスの高速合成とレーザー媒質への応用

    伊藤暁彦, 後藤孝

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  52 ( 4 ) 242 - 244   2017年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • レーザー光を利用した気相からの高速結晶成長

    伊藤暁彦

    応用物理 ( 応用物理学会 )  85 ( 7 ) 590 - 594   2016年07月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    一般に,レーザー光を用いた材料の合成では,パルスレーザーを集光して局所的に大きなエネルギーを得る.これに対して,連続発振レーザーを広げて用いることで,大きな領域に活性な化学気相成長場を作り出すことができる.気相からの自己配向成長や自己組織化の技術は,実用工業材料に新たな価値を見いだすものである.本稿では,レーザー光を利用した実用セラミックス材料の化学気相成長法(CVD)を紹介し,電子顕微鏡を通して気相からの高速結晶成長を観察する.

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • セラミックス蛍光体およびセラミックス蛍光体の製造方法

    特願 特願2020-048265 

    (YNU側発明者) 伊藤暁彦, 松本昭源

  • セラミックス被膜とその製造方法

    特願 特願2020-058685 

    (YNU側発明者) 伊藤暁彦, 松本昭源

  • 繊維強化複合材料に利用される耐熱環境性の被覆強化繊維

    特願 PCT/JP2018/04342  特開 2019/103145 

    中村武志, 小谷正浩, 後藤 健, 伊藤暁彦, 北岡 諭, 横江大作, 松田哲志

  • 強化繊維を被覆する耐環境性コーティングおよび被覆方法

    特願 特願2017-226714 

    中村武志, 小谷正浩, 後藤 健, 伊藤暁彦, 北岡 諭, 横江大作, 松田哲志

  • セラミックス被膜

    特願 特願2012-190304  特開 特開2014-047381  特許 特許5950230

    市川喬啓, 津田圭一, 後藤 孝, 伊藤暁彦

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2016 JCS-JAPAN優秀論文賞

    2017年06月   日本セラミックス協会  

    受賞者:  伊藤暁彦, L.Q. An, 後藤 孝

  • 第54回原田研究奨励賞

    2014年   本多記念会  

    受賞者:  伊藤暁彦

  • 第66回日本セラミックス協会賞 進歩賞

    2012年   日本セラミックス協会  

    受賞者:  伊藤暁彦

  • 第21回トーキン科学技術振興財団研究奨励賞貢献賞

    2011年   トーキン科学技術振興財団  

    受賞者:  伊藤暁彦

  • YNU研究貢献賞

    2018年06月   横浜国立大学  

    受賞者:  伊藤暁彦

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自己組織化析出を利用した芯材強化型柱状構造を有する耐環境コーティングの創製

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  伊藤暁彦

  • 高速化学気相析出法を駆使して導入した欠陥構造を高効率発光源とする透明蛍光体

    新学術領域研究

    研究期間:  2020年04月  -  2022年03月  代表者:  伊藤暁彦

  • Si単元素クラスレート単結晶の実現に向けた新規結晶育成手法の創出

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  森戸晴彦

  • セラミックスのメソスケール破壊特性の評価法確立と微構造因子との相関解明

    基盤研究(A)

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月  代表者:  多々見純一

  • 高強度レーザー反応場を利用した高次ナノ構造の高速化学気相析出

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月  代表者:  伊藤暁彦

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 耐環境セラミックスコーティングの構造最適化及び信頼性向上/CVD法による界面制御コーティング技術の開発

    提供機関:  科学技術振興機構  内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 革新的構造材料

    研究期間: 2014年09月  -  2019年03月  代表者:  伊藤暁彦

  • 希土類セスキオキサイド系レーザー結晶の高速化学気相析出法の開発

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人横浜工業会 学術研究推進援助

    研究期間: 2019年06月  -  2020年03月  代表者:  伊藤暁彦

  • 国際会議ICACC2019での研究成果発表

    提供機関:  横浜国立大学  学長戦略経費 若手の研究活動支援

    研究期間: 2019年01月  -  2019年02月  代表者:  伊藤暁彦

  • 強い光の場による光分子変換プロセスの基盤確立と合金微粒子創製

    提供機関:  地方自治体  笹川科学研究助成

    研究期間: 2008年04月  -  2009年02月  代表者:  伊藤暁彦

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 化学気相析出法による単斜晶HfO2膜の合成とその機械的特性評価

    松本昭源, 多々見純一, 伊藤暁彦

    日本セラミックス協会 2020年年会  (明治大学 駿河台キャンパス)  2020年03月18日   日本セラミックス協会

  • Chemical Vapor Deposition and Microcantilever Beam Testing of Alumina–hafnia Eutectic Composite Films

    A. Ito  [招待有り]

    44th International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites (ICACC 2020)  (Daytona, FL, USA)  2020年01月30日   The American Ceramic Society

  • High-speed Epitaxial Growth of Functional Oxide Films Using Metal-organic Chemical Vapor Deposition and Their Luminescence and Magnetic Responses

    A. Ito  [招待有り]

    44th International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites (ICACC 2020)  (Daytona, FL, USA)  2020年01月29日   The American Ceramic Society

  • Yフェライトのエピタキシャル成長における結晶相制御と磁気特性

    相田穂乃香, 綿貫竜太, 伊藤暁彦

    第14回セラミックフェスタin神奈川  (神奈川工科大学)  2019年12月14日   セラミックフェスタin神奈川実行委員会

  • ハフニア膜の高速配向成長およびマイクロカンチレバー法による機械的特性評価

    松本昭源, 伊藤暁彦

    第14回セラミックフェスタin神奈川  (神奈川工科大学)  2019年12月14日   セラミックフェスタin神奈川実行委員会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 気相法による無機固体結晶の高速合成に関する研究

  • パルスレーザー蒸着法を用いた機能性薄膜の合成

  • CVD法を用いたセラミックスコーティングプロセスの開発

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 耐環境性コーティング

    国内共同研究  

    研究期間: 2018年10月  -  2019年03月 

  • 界面制御コーティング

    国内共同研究  

    研究期間: 2017年01月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  安心社会のための福祉・医療

  • 大学院環境情報学府  環境材料構造論演習

  • 大学院環境情報学府  環境材料構造論

  • 大学院環境情報学府  環境材料設計学演習Ⅳ

  • 大学院環境情報学府  環境材料設計学演習Ⅲ

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
     
     
    奨励賞 (第14回セラミックフェスタin神奈川)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    相田穂乃香 (M1) 奨励賞, 「Yフェライトのエピタキシャル成長における結晶相制御と磁気特性」, 第14回セラミックフェスタ (神奈川工科大学)

  • 2019年12月
     
     
    最優秀発表賞 (第14回セラミックフェスタin神奈川)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    松本昭源 (M2) 最優秀発表賞, 「ハフニア膜の高速配向成長およびマイクロカンチレバー法による機械的特性評価」, 第14回セラミックフェスタ (神奈川工科大学)

  • 2019年09月
     
     
    最優秀賞 (第35回日本セラミックス協会関東支部研究発表会)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    松本昭源 (M2) 優秀賞, 「単斜晶 HfO2 膜の化学気相析出とマイクロカンチレバー法による機械的特性評価」, 第35回日本セラミックス協会関東支部研究発表会 (つくば国際会議場)

  • 2019年09月
     
     
    奨励賞 (第35回日本セラミックス協会関東支部研究発表会)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    北村朱里 (M2) 優秀賞, 「MOCVD を用いた TiO2/グラファイト複合材料の合成とその光触媒活性」, 第35回日本セラミックス協会関東支部研究発表会 (つくば国際会議場)

  • 2019年09月
     
     
    奨励賞 (第35回日本セラミックス協会関東支部研究発表会)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    加藤起基 (M2) 優秀賞, 「MOCVDを用いたSrFe12O19膜の合成」, 第35回日本セラミックス協会関東支部研究発表会 (つくば国際会議場)

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本セラミックス協会 行事企画委員会

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   年会小委員会

  • 日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウムセッションオーガナイザー

    2018年
     
     

    学協会   セラミックコーティングにおけるグローバルイノベーション

  • 国際会議ISAC-6

    2018年
     
     

    その他   運営事務局

  • 日本セラミックス協会 エンジニアリングセラミックス部会

    2017年04月
    -
    継続中

    学協会   書記

  • 日本セラミックス協会 第30回秋季シンポジウムセッションオーガナイザー

    2017年
     
     

    学協会   耐環境性セラミックコーティングの最新動向と将来展望

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      日韓共同理工系学部留学生事業WG委員   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      グローバル化演習運営委員   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      教務・厚生委員   (部局内委員会)