伊藤 裕来 (イトウ ユキ)

ITO Yuki

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 音楽教育

職名

講師

生年

1985年

研究キーワード

声楽、合唱、初等音楽科教育法、歌唱指導

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 輪唱の導入に適した輪唱曲の特徴とその指導法についての実践的研究ー小学校低学年での授業実践とインタビューの分析からー(横浜国立大学 教育デザイン研究)   2023年01月

    【作品・芸術活動等】 竹下裕来ソプラノリサイタル  2023年09月

    【論文】 歌唱指導における輪唱の有効性(2)-作曲者および指導者の視点からー(横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ,教育科学 第6集)  2023年02月

    【作品・芸術活動等】 大阪楽友協会創設60周年コンサート《ミサ曲ハ長調 K.317 戴冠式ミサ》(モーツァルト作曲)ソプラノソロ  2021年10月

    【論文】 歌唱指導における輪唱の有効性―岡本敏明著『実践的音楽教育論』を手がかりにー(横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ教育科学第5集)  2022年02月

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年4月
    -
    2010年3月

    大阪教育大学   大学院教育学研究科   音楽教育専攻声楽コース   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2010年4月
    -
    2011年3月

    大阪教育大学   大学院教育学研究科   科目等履修生   その他

  • 2004年4月
    -
    2008年3月

    横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学) - 大阪教育大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   音楽教育   講師  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   芸術・身体・特別支援グループ 音楽   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年5月
    -
    2020年11月

      横浜市立折本小学校   講師

  • 2013年6月
    -
    2016年3月

      横浜市立竹山小学校   講師

  • 2011年4月
    -
    2013年3月

      豊中市立南桜塚小学校   教諭

  • 2010年4月
    -
    2011年3月

      京都ノートルダム女学院 中・高等学校   講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2022年4月
    -
    現在
     

    日本音楽表現学会

  • 2022年3月
    -
    現在
     

    日本コダーイ協会

  • 2008年4月
    -
    現在
     

    日本音楽教育学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 芸術実践論

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 小学校教諭1種免許

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

  • 小学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許(音楽)

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 合唱による地域連携と学びのメカニズム : 大阪教育大学コーラスセッションの研究から

    伊藤 裕来( 担当: 単著)

    ERP  2020年  ( ISBN:9784907104665

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    20年にわたり地域に密着して合唱活動を展開している大阪教育大学音楽教育専攻の取り組みを研究対象として,その活動経緯と変遷,「こえ」に関わる授業カリキュラムの構成と内容の調査,さらに現役学生へのアンケート調査から合唱活動を通しての学生の学びについて考察した。系統的な「こえ」の授業が,地域との音楽交流により学生の学習意欲だけでなく演奏の質も向上させ,有意義な音楽経験ができる学びの場となっていることを明らかにし,知識・技能と音楽実践が強く結びつく音楽による地域連携活動の重要性を指摘した。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 歌唱の基礎技能を育てるデジタル教材の可能性―カノンの音楽的特性を手がかりに―

    竹下裕来

    2010年3月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    大阪教育大学特別教育研究プロジェクトの教材開発に関わった経験をもとに,作成したデジタル教材の有用性を検証し,教材曲とデジタル化の視点から論述した。カノン(輪唱)の音楽的特性が歌唱技能育成に有効に働くこと,デジタル化が教師の指導技術を補填することを明らかにし,カノンを用いた歌唱デジタル教材の教育現場での活用の意義を示した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 輪唱の導入に適した輪唱曲の特徴とその指導法についての実践的研究ー小学校低学年での授業実践とインタビューの分析からー

    伊藤裕来

    横浜国立大学 教育デザイン研究第14集   20 - 29   2023年1月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    本稿は,小学校低学年の児童がより正確に音程を把握して歌うことのできる輪唱曲の特徴と,輪唱の導入における教材選択の視点を考察した。具体的には,輪唱を小学校2年生でおよそ半年間実践し,その児童の歌声の観察と輪唱を指導した指導者へのインタビュー分析(SCAT)を行った。その結果の考察から,輪唱活動の導入に適した輪唱曲の特徴として,声部数・開始音・声の重なり方の視点を示すとともに,ハーモニー感を育てる輪唱指導の在り方を示唆した。

  • 歌唱指導における輪唱の有効性(2)-作曲者および指導者の視点からー

    伊藤裕来、山口聖代、浦田恵子

    横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ,教育科学 第6集   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   共著  

    本稿は,音楽能力の基礎を包括的に育成する教材として輪唱を活用するために,歌唱指導における輪唱の有効性とその効果的な指導法を考察した。具体的には,輪唱実践を行ってきた作曲家および元小学校教員の二人の視点を基に,輪唱の構造上・指導上の有効性を再考し,輪唱の継続的な活用に適した音楽上の特性を示すとともに,音程感覚やハーモニー感といった歌唱技能の涵養の可能性を示唆した。

    担当箇所:はじめに(pp.1-3),第3章考察(pp.9-11)
    著者名:伊藤裕来,山口聖代,浦田恵子

  • 教員養成における「わらべうた」の実践と継承の提案―〈うたう・きく・つくる・のこす〉に視点を置いて

    伊原木幸馬、伊藤裕来、浦田恵子、山口聖代

    子ども学研究(千里金蘭大学生活科学部児童教育学科子ども学研究所)   4   1 - 10   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    本稿は,教員養成系大学に所属する4人の研究者がわらべうたを用いた実践を行い,その成果について〈うたう・きく・つくる・のこす〉の視点から考察した。「はじめに」「おわりに」および第2章「〈うたう・きく〉―わらべうた活動における範唱の重要性―」を担当し,わらべうたを取り上げた歌唱活動における範唱能力の重要性を述べた上で,その育成方法について教員養成の視点から方向性を示した。

    担当箇所:はじめに(p.1),第2章〈うたう・きく〉(pp.3-5),おわりに(p.9)
    著者名:伊原木幸馬,伊藤裕来,浦田恵子,山口聖代

  • 歌唱指導における輪唱の有効性―岡本敏明著『実践的音楽教育論』を手がかりにー

    伊藤裕来

    横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ,教育科学第5集   5   1 - 9   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    本稿は,小学校音楽科の歌唱指導に輪唱の活用を提案するため,日本における輪唱指導の実践・研究の先駆者である岡本敏明の著作『実践的音楽教育論』を考察した。著作から岡本の考える輪唱の音楽教育における利点を整理し,それらを基に小学校音楽科の歌唱指導における輪唱の有効性として4点(一斉指導のしやすさ,ア・カペラ演奏による教師の負担軽減,旋律やその重なりの理解,和音感の育成)を示した。

  • 若手研究者が考える「わらべうた」のこれから

    伊藤 裕来, 浦田 恵子, 山口 聖代, 伊原木 幸馬

    音楽教育学   51 ( 2 )   86 - 87   2022年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本音楽教育学会   共著  

    日本音楽教育学会第52回全国大会で開催したラウンドテーブルの報告書。わらべうたの実践を行う若手研究者が,既に認知されているわらべうたの価値や実践方法について整理するとともに,これからの子どもたちにとってのわらべうたの有用性を検討した。(pp.86~87)
    著者名:伊藤 裕来, 浦田 恵子, 山口 聖代, 伊原木 幸馬

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • ICEモデルによる音楽評価についての考察②-音楽的な深い学びと質の評価を目指して-

    伊藤裕来

    教育PRO   50 ( 8 )   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   単著  

    音楽科学習指導要領の3観点の評価規準に即したICEモデルによるルーブリックを作成し,さらに実際のリコーダーの学習を対象としたルーブリックの作成を進めた。計量的判断によるのではなく,具体的な動詞を使って子どもの学びの姿を明確化し,各レベルを経過的に把握する評価方法の可能性を提案した。

  • ICEモデルによる音楽評価についての考察①-音楽的な深い学びと質の評価を目指して-

    伊藤裕来

    教育PRO   50 ( 7 )   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   単著  

    カナダで生まれた学びと評価のアプローチであるICEモデルを音楽科に取り入れることを試みた。教育現場で実践した計量的ルーブリックの問題点を明らかにし,改善策として音楽的学びの質の評価を行うICEモデルによるルーブリックを用いて,質的に学びが深まる過程を捉える評価方法の可能性について示唆した。

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 竹下裕来ソプラノリサイタル

    2023年9月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:横浜みなとみらいホール(横浜市)  

    S. Barber:《A Green Lowland of Pianos 緑の低地のピアノ》,《The Daisies ひなぎく》,《Sure on this Shining Night この光り輝く夜に》,《Nocturne 夜想曲》
    A. Copland:《Pastorale 牧歌》,《Old Poem 古い詩》
    L. Bernstein:歌曲集『I Hate Music! 音楽なんて大嫌い!』全5曲
    A. Copland編:《I Bought Me a Cat 私は猫を買ってきた》
    中田喜直:歌曲集『四季の歌』全4曲,《未知の扉》,《霧と話した》,《ひなの日は》,《サルビア》,《小さい秋みつけた》,《モショショフムフム》,《きいろい きいろい歌》,《わらいかわせみに話すなよ》,《夕方のおかあさん》
    アメリカの童謡・歌曲と中田喜直作曲の童謡・歌曲を対比的に配置し,その音楽様式の違いを明示することを意図したプログラム。日本歌曲と童謡の発展に寄与した中田喜直の作品では,中田の意図した演奏表現と演奏者の演奏解釈とを,ピアノとの有機的な関わりの中で見いだした。また近代アメリカの作曲家の系譜をたどってその音楽的連なりを示すとともに,英語歌曲の歌唱技術と発声の関係を研究し,演奏表現としてその成果を発表した。
    (ソプラノ/竹下裕来,ピアノ/阿見真依子)

  • 真珠の歌声 第2回演奏会

    2022年10月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:旭区民文化センター サンハート音楽ホール(横浜市)  

    中田喜直:歌曲集『日本のおもちゃうた』全曲
    近現代作曲家による「日本の秋」を対比的に聴くことを意図したプログラム。
    (ソプラノ/竹下裕来・山本詩織・菅原優子、メゾソプラノ/友利亜貴、ピアノ/佐藤葉月・松生純歩)

  • 大阪楽友協会創設60周年コンサート

    2021年10月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:住友生命いずみホール(大阪市)  


    W.A.Mozart:《Krönungsmesse 戴冠式ミサ K.317》
    大阪教育大学音楽科の同窓会による定期演奏会の60周年を記念して開かれたコンサート。
    (指揮:小中公平,ソプラノ:伊藤裕来,アルト:林真衣,テノール:伊原木幸馬,バス:奥村哲,管弦楽:大阪楽友協会オーケストラ)

  • レクチャーコンサート 音楽の集い「新春の演奏会」

    2020年1月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:DANZERO (横浜市)  

    企画・構成・レクチャー:茂木一衛
    R.Stolz:《Mein Liebeslied muss ein Walzer sein 私の愛の歌はワルツでなくては》,《Im Prater Blüh’n wieder die Bäume プラーターに再び花は咲いて》 他
    生誕250年のベートーヴェンを主役とした物語の中で,その心象風景に踏み込み,ウィーンの街並みや音楽を追体験することを試みたプログラム。
    (ソプラノ/竹下裕来,ピアノ/茂木恭子,他)

  • Vitis Voce Autumn Concert

    2019年9月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:昭和音楽大学附属武蔵小杉サロンホール (川崎市)  

    F.P.Tosti:《Yesterday 昨日》,《First Waltz 初めてのワルツ》,《Il pescatore canta!... 漁夫は歌う》 他
    出演者が歌曲・アンサンブル・オペラの各分野における声楽表現を深め,ソロと声楽アンサンブルを技術的・音楽的に追究することを目指したジョイントコンサート。「愛と夢」をテーマに,トスティの歌曲の中からイタリア語と英語の作品を取り上げ,同一作曲家による異なる言語の作品を発音と発声の視点から捉え,歌唱表現の特徴を描き出すことを意図した。
    (ソプラノ/竹下裕来,古家未希,メゾソプラノ/兼井佑佳,ピアノ/松生純歩)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回KOBE国際音楽コンクール声楽部門(大学生・一般)最優秀賞および神戸市長賞

    2011年01月   KOBE国際音楽コンクール実行委員会  

    受賞者:竹下裕来

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 音楽科教育における身体知の指導法研究

    研究課題/領域番号:22K11676  2022年4月 - 2026年3月

    基盤研究(C)

    代表者:金光真理子

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    音楽科教員として必要な能力を、「精神化された身体」として心と身体を一体的なものとして考える「身体知」として捉え、教員養成および児童・生徒に対しての「身体知」の指導法について研究するもの。歌唱分野における「身体知」の指導法を担当。

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 解剖学に基づいた声楽発声法

    2022年4月 - 2023年3月

    横浜国立大学  横浜国立大学学長戦略経費 若手研究者の研究活動支援

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 「共鳴」と「音高」の同時調整能力に注目した範唱の能力育成の試み

    2021年10月 - 2022年3月

    横浜国立大学教育学部後援会  横浜国立大学教育学部後援会研究助成金

  • 学校教育現場と連携した教員養成課程の授業構築――小学校教員養成課程教科専門科目「音楽」(小教専音楽)を中心に――

    2021年4月 - 2022年3月

    日本教育大学協会  日本教育大学協会全国音楽部門関東地区研究補助金

    代表者:金光真理子

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 輪唱の教育的価値の再考-カノンを活用した歌唱指導を目指してー

    伊藤裕来

    日本音楽教育学会第52回全国大会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都教育大学(オンライン)  

    音楽科授業での戦後の輪唱導入期において、輪唱がどのような意図を持って教科書に掲載されたのか、その趣旨を読み解き、輪唱の教育的価値を再考することを意図した発表。輪唱の価値として、それ自体が持つ音楽的・教育的価値、合唱の初歩段階としての教育的意義、音楽の生活化における輪唱の役割の3点に整理して、輪唱活用の可能性について提言した。

  • 合唱による地域連携の歩みとその分析―大学カリキュラムの視点から―

    伊藤裕来

    日本音楽教育学会第50回東京大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京藝術大学(東京)  

    大阪教育大学音楽教育講座の合唱による地域連携活動を取り上げ,大学カリキュラムの視点から学生の学びとその学習環境について考察した。地域連携活動の場が,学生の主体的な活動と,さらに音楽科教員になることを見据えた合唱活動の経験を促すことが確認され,大学カリキュラムに地域連携活動を組み込むことの意義を提言した。

  • 歌唱基礎技能を育てるわらべうたを教材としたデジタルコンテンツの開発

    竹下裕来

    日本学校音楽教育実践学会第14回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オリンピック記念青少年総合センター(東京)  

    小学校学習指導要領の分析から,歌唱教材に継続性と総合性が欠けていること,指導内容が抽象的であること,教師の範唱能力の比重が大きいことを課題として取り上げ,大阪教育大学音楽教育講座が開発中のデジタル教材の教材選択の意図を手がかりに,その改善策について考察した。教材曲であるわらべうたによるカノンは,その音楽的特性から歌唱指導に効果的に働き,指導内容の具体化と教師の範唱の一助になることを示した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   声楽演習Ⅱ

    教育学部

  • 2023年度   声楽演習Ⅰ

    教育学部

  • 2023年度   声楽Ⅰ

    教育学部

  • 2023年度   初等教科教育法(音楽)

    教育学部

  • 2023年度   初等音楽科教育法

    教育学部

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年11月
     
     
    横浜国立大学公開講座(高校生・受験生対象)「耳と心と体で学び教える音楽」での歌唱指導   (その他特記事項)

     詳細を見る

    横浜国立大学公開講座(高校生・受験生対象)において,参加した高校生に《夏のカノン》の歌唱指導を行い,最終的に大学生とともに合同合唱を行った。

  • 2022年07月
     
     
    横浜市立小山台中学校「芸術鑑賞会」における歌唱指導講師   (その他特記事項)

     詳細を見る

    横浜市立小山台中学校における芸術鑑賞会で、歌唱の基礎となる発声方法について、全校生徒に指導した(全2回)。基礎となる体の使い方だけでなく、変声期における声の扱いや高音の出し方について、生徒の疑問に答える形で対話的に解説した。

  • 2022年04月
    -
    現在
    「よこはま歌曲研究会」指導者   (学友会・同好会等の指導)

     詳細を見る

    横浜国立大学を卒業した現職教員および在学生の演奏発表の場の創出を目的に活動する「よこはま歌曲研究会」を主催し,その活動における声楽指導および発表会の開催を行っている。

  • 2021年12月
     
     
    横浜市立大綱小学校「ふるさと」の歌唱指導講師   (その他特記事項)

     詳細を見る

    横浜市立綱島小学校6年生の音楽科授業(全4クラス・2日間)において,「ふるさと」の合唱を教材として,歌唱時における体のバランスや日本語の発音の技術的指導を,実演を交えて指導した。共同担当者:森野かおり講師

  • 2019年01月
     
     
    横浜国立大学教養教育科目「ライフキャリアを考える」講師   (その他特記事項)

     詳細を見る

    男女共同参画推進センター・鈴木紀子准教授担当による横浜国立大学教養教育科目「ライフキャリアを考える」に講師として参加し、女性としてのライフキャリアについて、実体験を交えて講演を行った。

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • ラウンドテーブル:「身体知」としての音楽の学びの可能性 ―知識・技能の「身体化」あるいは有機的な指導の方法をめぐって―

    役割:コメンテーター

    日本音楽教育学会第54回全国大会  2023年10月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 学術団体

    種別:会議、学会等の企画・開催

    音楽科教員として必要な能力を、身体と精神/体と頭/身体感覚と言語的知識、などと二分するのではなく、身体化された知識を意味する「身体知」として捉え、「身体知」としての音楽の学びについての可能性について検討した。歌唱における「身体知」を担当し、「身体知」指導の実践事例と現在の音楽科教育における課題と展望について話題提供した。

  • 横須賀高校SSH事業研究機関講師

    役割:助言・指導

    2023年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

    横須賀高校スーパーサイエンススクール(SSH)事業において,「個々の歌声を伸ばす歌唱教育の在り方」をテーマに,研究機関講師として高校生に歌唱指導法について研究指導を行っている。

  • 横浜国立大学公開講座「耳と心と体で学び教える音楽」

    役割:出演, 助言・指導, 実演

    耳と心と体で学び教える音楽  2022年11月

     詳細を見る

    種別:公開講座

    横浜国立大学公開講座(高校生・受験生対象)において,音楽科の学びを歌唱と器楽の歴史に沿って紹介するレクチャーコンサート形式の公開講座を開催した。
    共同担当者:金光真理子准教授・森野かおり講師

  • 横浜市立小山台中学校「芸術鑑賞会」

    役割:出演, 助言・指導

    2022年7月

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:その他

    横浜市立小山台中学校における芸術鑑賞会を開催し,生徒に親しみのある合唱曲やより伝統的な合唱作品を少人数アンサンブルで演奏した。

  • 横浜市立折本小学校「出前ふれあいコンサート」

    役割:出演, 司会

    2022年3月

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:その他

    横浜市立折本小学校において「出前ふれあいコンサート」を開催し,オペラアリアや英語歌曲,ドイツ歌曲,日本歌曲など作品の独唱演奏を行った。共同担当者:森野かおり講師

全件表示 >>