加藤 圭司 (カトウ ケイジ)

KATO Keiji

所属組織

教育学部 学校教育課程 理科教育

職名

教授

研究分野・キーワード

科学教育・教科教育学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://sciedu.ynu.ac.jp/rika/index.php



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 文化的発達の視点からとらえる学習者の科学概念構築の実態   2011年07月

    【論文】 科学観ならびに科学に対する情意の変容から見た学習者と科学の関係性について  2011年03月

    【著書】 小学校理科教育法  2018年04月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    愛知教育大学   教育学部   小学校教員養成課程   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2011年03月

    兵庫教育大学  学校教育研究科  教科教育実践学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1987年

    東京学芸大学  教育学研究科  理科教育    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学校教育学) -  兵庫教育大学

  • 修士(教育学) -  東京学芸大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    継続中

      愛知教育大学   大学院教育学研究科   非常勤講師

  • 2004年04月
    -
    継続中

      日本女子大学   理学部   非常勤講師

  • 2003年09月
    -
    2006年10月

      愛知教育大学   教育学部   非常勤講師

  • 2003年01月
    -
    2008年09月

      静岡大学   理学部   非常勤講師

  • 2000年09月
    -
    継続中

      文部省新教育学研究科設置審査マル合   /

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本理科教育学会

  •  
     
     
     

    日本地学教育学会

  •  
     
     
     

    日本科学教育学会

  •  
     
     
     

    日本教育方法学会

  •  
     
     
     

    日本カリキュラム学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 科学教育

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 理科学習における教授論の構築

    研究期間:  - 

  • 児童・生徒の自然認識に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 小学校理科教育法

    森本信也、森藤義孝、大貫麻美、小川哲男、小野瀬倫也、甲斐初美、加藤圭司、黒田篤志、坂本憲明、佐藤寛之、辻健、宮野純次、三好美織、八嶋真理子、和田一郎、渡辺理文 (担当: 共著 )

    建帛社  2018年04月 ISBN: 9784767921105

  • 新訂 理科教育入門書 平成29年度版学習指導要領対応

    (担当: 分担執筆 )

    東洋館出版社  2018年03月 ISBN: 9784491034881

  • 「見通す・振り返る」学習活動を重視した授業事例集

    加藤圭司 他22名 (担当: 共編者 )

    学事出版  2015年03月 ISBN: 978-4-7619-2109-5

     概要を見る

     附属横浜中学校では、前年度までの研究において、学習意欲に支えられて展開していく充実した言語活動の背景に、生徒自身による各自の学びを見定めようとする姿があることを明らかにできた。このことを踏まえ、生徒の主体性と自律性をより活かす方向で授業構築を進めることを目指して、「見通す・振り返る」学習活動を重視することとした。本書は、その研究の成果を各教科の学習場面を事例を事例として取り上げつつ述べたものである。

  • 言語活動を通して学習意欲を高める授業事例集

    加藤圭司 他22名 (担当: 共編者 )

    学事出版  2014年03月 ISBN: 978-4-7619-2032-6

     概要を見る

     PISA型学力の育成について、中学校の実践レベルで取り組んでいる附属横浜中学校が、言語活動を重視する中で生み出される学習意欲について、各教科の具体的な学習場面を中心にその姿を分析・検討したものである。

  • 小学校教員志望学生のための理科教育入門書

    松森靖夫、森本信也、和田一郎、加藤圭司、黒田篤志、佐藤寛之、小野瀬倫也、渡辺理文 (担当: 共著 )

    東洋館出版社  2013年12月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 文化的発達の視点からとらえる学習者の科学概念構築とその変容に関する研究

    加藤圭司

      2011年03月  [査読有り]

    未設定   単著

  • 学習者の岩石に関する学習経験と概念構造の形成の関係について

    加藤圭司

      1987年03月

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 科学的な知識を関連付け統合していく能力の伸長を目指す授業デザイン

    中込 泰規, 加藤 圭司

    日本科学教育学会研究会研究報告 ( 一般社団法人 日本科学教育学会 )  33 ( 4 ) 49 - 54   2019年03月

    共著

     概要を見る

    <p>学習指導要領(平成29年告示)において,知識を相互に関連付けてより深い理解を促す学習が求められている.しかし,平成30年度全国学力・学習状況調査の報告書によれば,特に領域を超えた知識の活用に課題があるとされている.本研究では,知識統合(Linn, M: 2000)の理論を援用し,授業実践を通して,学習者が知識を関連付けるプロセスとメカニズムを明らかにすることで,関連付ける能力の育成及び,統合へと結びつく授業デザインの検討を行った.成果として,「対話ベースで知識を関連づけていく際に,学習者レベルでの検討だけでなく,科学的な要素を含ませること」,「観察・実験といった事象レベルのものや,他者の考えを自分の考えに取り入れる際に,その基準を意識化させ,効果的な関連付けにつながること」,を意識した授業デザインを行うことが,学習者が知識を関連付け,統合を実現することへと繋がっていくという示唆を得た.</p>

    DOI CiNii

  • 文化的発達の視点からとらえる学習者の科学概念構築の実態

    加藤圭司,松本伸示

    理科教育学研究 ( 日本理科教育学会 )  52 ( 1 ) 13 - 28   2011年07月  [査読有り]

    共著

    CiNii

  • 科学観ならびに科学に対する情意の変容から見た学習者と科学との関係性について

    松本伸示・加藤圭司

    理科教育学研究 ( 日本理科教育学会 )  51 ( 3 ) 59 - 73   2011年03月  [査読有り]

    共著

    CiNii

  • 溶解概念の変化を促す認知的・社会的側面からの教授的アプローチ

    高垣マユミ,田爪宏二、森本信也、加藤圭司

    日本教科教育学会誌 ( 日本教科教育学会 )  33 ( 2 ) 1 - 10   2010年10月  [査読有り]

    共著

    DOI CiNii

  • 論理的に科学の枠組みで考えその良さを感得する学習指導に向けて

    日本初等理科教育研究会編「初等理科教育」   43 ( 1 ) 10 - 13   2009年01月

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 新たな教育課題に対応する養成-研修一体型教師育成プログラムの試み

    石田喜美,小水亮子,加藤圭司,大泉義一,泉真由子,梅澤秋久,和田一郎,杉山久仁子,鈴木允,島田広,鬼藤明仁,藤井佳世

    日本教育大学協会研究年報( 第3 6 集) ( 日本教育大学協会 )  36   2018年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 「養成」と「研修」を一体化させ重層的に教師力の育成を図る「学校インターンシップ」科目の構築

    石田喜美,泉真由子, 梅澤秋久,大泉義一,加藤圭司,鬼藤明仁,島田 広,鈴木 允,藤井佳世,和田一郎

    平成28年度総合的な教師力向上のための調査研究事業における成果報告書 ( 横浜国立大学教育人間科学部 )    2017年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 子どもが考察し結論をまとめる理科授業に向けて何に取り組むべきか

    加藤圭司

    初等理科教育 ( 日本初等理科教育研究会 )  48 ( 6 ) 7 - 10   2014年08月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

     概要を見る

    「理科授業の中で最も思考を促し表現させることが出来る考察場面」について、学校現場からよく聞かれる、その場を確保しても子どもは十分に考察ができないという問題に対して、事例として取り上げる理科授業を元にその問題の背景や要員を明確にすると共に、今後の理科授業において取り組むべきことを整理・提言したものである。

  • 学習者のメタ認知を介して始動と評価を一体化させる理科授業構築の視点

    加藤圭司,渡邉 徹,中村佳嗣,福田博章,竹内慎一郎,本間洋一郎

    東研研究報告No.250 科学的な思考力や表現力を高める理科学習の始動と評価の実践事例研究 ( 東京教育研究所研究報告 )  250   4 - 11   2013年04月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 本研究の課題とその解決に向けた授業実践の視点について

    加藤圭司,政隆一朗,福田博章,成川彰太,戸田尚義,原田奈津子,星隆一,岡正敏

    東研研究報告No.240 評価基準と評価指標を機能させながら科学的な思考力や表現力を高める理科学習指導の事例研究 ( 東京教育研究所 )  240   4 - 5   2012年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 学習者の科学を学ぶ意義の育成・変容に資する理科授業モデルの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  加藤圭司

     概要を見る

    本研究は、2017年3月に告示された次期学習指導要領の小・中学校理科における重点項目の一つとして掲げられている、児童・生徒の「科学を学ぶ意義」の育成指針を明らかにすることを取り上げる。具体的には、児童・生徒の「科学を学ぶ意義」に関する意識の実態を、関連する要素・側面を措定する中で年齢横断的に解明するとともに、その特徴や傾向から先の意識が学校教育を通じて有意味に高まっていくための理科授業のデザイン原則を、実践の中から事例的に抽出することを試みる。そして、その抽出されたデザイン原則の妥当性を試行的な授業実践を通じて検証する中で、これからの小・中学校における理科学習指導において、「科学を学ぶ意義」を感得できる理科授業をモデル的に打ち立て、授業実践に寄与することを目指すものである。

  • 科学的な探究の特徴から理科授業を省察する教師教育プログラムの開発に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  益田裕充

  • 学習者の科学観の構築と変容に資する授業実践要因の分析に関する臨床的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  加藤圭司

  • 学習者の科学観の構築と変容の要因に関する臨床的実践研究

    萌芽研究

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  加藤圭司

  • 学習を外化し認識を深める理科教授方法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2009年03月  代表者:  森本信也

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 科学的な知識を関連付け統合していく能力の伸長を目指す授業デザイン

    中込泰規,加藤圭司

    日本科学教育学会平成30年度第4回研究会(南関東地区)  (麻布大学)  2019年03月16日   日本科学教育学会

  • 予想・仮説を伴った実験計画の立案活動における子どもの思考過程の実態に関する分析的研究

    菅原実,加藤圭司,尾方優祐

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学)  2018年12月08日   日本理科教育学会関東支部

  • 協働を介した個人の知識統合過程と高次な知識への変容について

    中込泰規,加藤圭司

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  2018年12月08日   日本理科教育学会関東支部

  • 日常生活や社会との関連を意識した授業デザインが科学を学ぶ意義の要素「有用性」に与える影響(1)

    真壁良,加藤圭司,溝上正三

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学)  2018年12月08日   日本理科教育学会関東支部

  • 物質循環の理解を促す中学校理科「自然と人間」単元の授業デザインと評価(2)

    山口小百合,加藤圭司,浅利圭

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学)  2018年12月08日   日本理科教育学会関東支部

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 地学教育

    「学会賞」「教育研究奨励賞」選定委員会委員 

    2008年06月
    -
    2009月05日
     

  • 科学教育研究

    編集委員(非常任) 

    2006年10月
    -
    2008月09日
     

  • 日本理科教育学会誌「理科の教育」

    編集委員 

    2005年
    -
    2007月03日
     

  • 日本理科教育学会編「理科の教育」

    編集委員 

    1999年04月
    -
    2002月03日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 小・中学校の理科授業構築やカリキュラムの新規開発に関する共同研究

  • 小・中学校の理科授業構築やカリキュラムの新規開発、それらの評価に関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 子どもの科学的リテラシー向上を目指した義務教育9カ年の授業体系の開発

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教育学部  スクールデー実践A(教材研究)

  • 教育人間科学部  理科教育総合演習

  • 教育人間科学部  卒業研究

  • 教育人間科学部  教職実践演習

  • 教育人間科学部  理科教育特講Ⅰ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 日本女子大学理学部   理科教育法1

  • 横浜市立大学国際総合科学部   理科教育法1-1

  • 横浜市立大学国際総合科学部   理科教育法1-2

  • 静岡大学理学部   理科教育法Ⅲ

  • 愛知教育大学大学院教育学研究科   理科教育特論Ⅱ

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年12月
     
     
    予想・仮説を伴った実験計画の立案活動における子どもの思考過程の実態に関する分析的研究   (学会等における学生の発表実績)
  • 2018年12月
     
     
    協働を介した個人の知識統合過程と高次な知識への変容について   (学会等における学生の発表実績)
  • 2018年12月
     
     
    日常生活や社会との関連を意識した授業デザインが科学を学ぶ意義「有用性」に与える影響(1)   (学会等における学生の発表実績)
  • 2018年12月
     
     
    物質循環の理解を促す中学校理科「自然と人間」単元の授業デザインと評価(2)   (学会等における学生の発表実績)
  • 2018年12月
     
     
    対話場面における自他双方のメタ認知の機能に関する事例的分析   (学会等における学生の発表実績)

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 横浜市教育課程研究委員会

    2019年04月
    -
    継続中

    自治体   理科専門部会委員

  • 授業における教科書の使い方に関する調査研究委員会

    2018年06月
    -
    継続中

    学協会   理科部会委員

  • 「科学の甲子園」および「科学の甲子園ジュニア」推進委員会

    2018年04月
    -
    継続中

    その他   推進委員

  • 神奈川県教育委員会 県立高等学校第三者評価

    2016年04月
    -
    継続中

    自治体   評価委員

  • 大和市教育委員会自己点検評価委員会

    2015年04月
    -
    継続中

    自治体   外部有識者

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学CST養成プログラム第8回シンポジウム

    横浜国立大学教育学部附属高度理科教員養成センター  パネルディスカッション「CST10 年」  (横浜国立大学教育文化ホール) 

    2019年03月
     
     

  • 静岡大学教育学部附属島田中学校 公開授業研究会「理科」分科会

    静岡大学教育学部附属島田中学校 

    2018年11月
     
     

  • 「未来を切り拓いていく力」の育成と大和市の教育

    大和市教育委員会・教育研究所  大和市平成30年度「教育フォーラム」  (大和市谷学習センター 2階多目的ホール) 

    2018年07月
     
     

     概要を見る

    大和市教育委員会は、保護者、市民、教職員が、一緒に子どもたちの教育を考える場として、7月28日(土)に平成30年度教育フォーラムを渋谷学習センターで開催した。今年度は、「未来を切り拓いていく力の育成 ~これからの時代を生きる子どもたちのために~」をテーマに、96名の参加のもと、大和市基本計画の骨子案の説明、基調講演、パネルディスカッションを行った。

  • 稲城市立稲城第三中学校 公開研究発表会

    稲城市立稲城第三中学校  (稲城市立稲城第三中学校) 

    2017年10月
     
     

  • 教員免許更新講習小学校理科

    横浜国立大学教育人間科学部  (横浜国立大学教育人間科学部) 

    2017年08月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    2019年05月
      教育組織改革WG メンバー   (全学委員会)