加藤 龍 (カトウ リュウ)

KATO Ryu

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://katolab.ynu.ac.jp/



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1999年03月

    旭川工業高等専門学校   なし   制御情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    東京大学  工学系研究科  精密機械工学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    北海道大学  工学研究科  システム情報工学専攻  博士課程  中退

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    北海道大学  工学研究科  システム情報工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   機械・材料・海洋系工学専攻   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械・材料・海洋系学科   准教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械工学・材料系学科   准教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   システム統合工学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年07月
    -
    継続中

      電気通信大学   脳科学ライフサポート研究センター   客員准教授

  • 2010年12月
    -
    2012年03月

      東京大学   情報学環   併任助教

  • 2009年10月
    -
    2013年03月

      電気通信大学大学院   情報理工学研究科   助教

  • 2008年04月
    -
    2009年09月

      東京大学大学院   工学系研究科   特任助教

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2001年
    -
    継続中
     

    日本ロボット学会

  • 2008年
    -
    継続中
     

    IEEE

  • 2001年
    -
    継続中
     

    精密工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション科学・福祉工学

  • 知能機械学・機械システム

 

著書 【 表示 / 非表示

  • オーグメンテッド・ヒューマン~AIと人体科学の融合による人機一体、究極のIFが創る未来~

    (担当: 分担執筆 )

    NTS  2018年01月 ISBN: 9784860435158

  • 福祉技術ハンドブック -健康な暮らしを支えるために

    横井浩史,加藤龍,中村達弘,森下壮一郎 (担当: 共著 , 担当範囲: 2章日常生活のサポート技術,2.2節 移動支援,2.2.6項 義肢(義手・義足) pp.218-225を分担執筆 )

    朝倉書店  2013年10月

     概要を見る

    本書は福祉や介護の現場,高齢者の生活で使われる機器やシステムなどの技術開発に関わる人のための最新のハンドブックであり,申請者らは義肢(義手・義足)の項を担当し,義肢装具の研究課題や研究開発動向などを,研究成果を交えながら概説している.

  • Advances in Therapeutic Engineering

    Hiroshi Yokoi, Keita Sato, Soichiro Morishita, Tatsuhiro Nakamura, Ryu Kato,Tatsuya Umeda, Hidenori Watanabe,Yukio Nishimura and Tadashi Isa, Katsunori Ikoma, Tamaki Miyamoto,Osamu Yamamura (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 10: fMRI analysis of prosthetic hand rehabilitation using a brain-machine interface )

    CRC Press  2012年12月 ISBN: 9781439871737

  • Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applications

    Hiroshi Yokoi, Ryu Kato, Takashi Mori, Osamu Yamamura and Masafumi Kubota (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 19 Functional Electrical Stimulation Based on Interference-Driven PWM Signals for Neuro-Rehabilitation )

    IGI Global  2012年10月 ISBN: 1466621966

  • Advances in Robot Manipulators

    Jeffrey Too Chuan Tan, Feng Duan, Ryu Kato and Tamio Arai (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter6: Collaboration Planning by Task Analysis in Human-Robot Collaborative Manufacturing System )

    INTECH  2010年04月 ISBN: 978-953-307-070-4

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 信号の個人差と時変性に適応する筋電義手を用いた運動機能再建に関する研究

    加藤 龍

      2008年04月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻 本論文は,信号の個人差と時変性という不安定な信号特性に適応する新しい筋電義手の開発と,手指を失った切断者の運動機能再建に対する義手の適用効果について,工学的・脳科学的・臨床的側面から明らかにすることを目的として執筆した論文である.筋電信号特徴の時変性を吸収するオンライン学習型動作識別法,干渉駆動型多自由度ロボットハンド,電気刺激による触覚代替で構成される筋電義手を開発し,fMRIによる脳活動評価,ADLによる臨床評価を行い,その有用性を示した.

  • A Study on Human-embedded EMG Based Control System

    加藤 龍

      2003年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    北海道大学大学院 工学研究科 システム情報工学専攻 本論文は,人間の運動機能を補助する知的な運動補助装置において,人間をもシステムの一部として捉え,人間が装置に習熟し,装置は人間に適応するような相互適応系としてシステム設計を行う研究に関する論文である.予め取得した動作特有の筋電信号から動作判別能力を情報エントロピーで定量化し,その変化に応じて,動作教示の必要性を判定する方法論を提案し,相互適応システムへの適用可能性を示した.

論文 【 表示 / 非表示

  • タブレットのペン制御が担う作業記憶精度

    瀧田 正寿, 加藤 龍, 横井 浩史

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  140 ( 5 ) 502 - 507   2020年

    共著

     概要を見る

    <p>In this study, visual working memory was assessed using nonverbal "accuracy," in contrast to typical memory research, which is usually based on "right/wrong" answers. We analyzed the relationship between dynamic control of pen-use and pointing accuracy using a tablet liquid crystal device (LCD). Healthy participants held a pen equipped with a triaxial accelerometer in each hand. Using the dominant hand, they targeted a point at the center of a "diamond" formed by the intersection of two 4×1 cm rectangles tilted 45° to the left and right, respectively. The rectangles were quasi-randomly displayed at various locations on the LCD with time lags. The working memory accuracy was defined as the standard deviation of the distance between the absolute and surmised centers. The evident result indicated that the pen-dynamics (4-100 Hz) of the dominant hand started to increase for action readiness then decayed for the last 3 s during a 4-s interval (waiting period). Furthermore, the ability to sustain power for 100-200 Hz correlated with decrease of pointing deviation (i.e., increased working memory accuracy). We also discuss the relationship between our results and other memory theories, including those derived from rodent studies.</p>

    DOI CiNii

  • EMG-based posture classification using a convolutional neural network for a myoelectric hand

    Yusuke Yamanoi, Yosuke Ogiri, Ryu Kato

    Biomedical Signal Processing and Control ( Science Direct )  Vol.55   2019年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 残存指を利用できる手部筋電義手システムの開発-設計手法の提案と試作

    村井 雄太, 矢吹 佳子, 石原 正博, 高木 岳彦, 髙山 真一郎, 東郷 俊太, 加藤 龍, 姜 銀来, 横井 浩史

    バイオメカニズム学会誌 ( バイオメカニズム学会 )  43 ( 2 ) 124 - 133   2019年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    本稿は,手部欠損者の欠損指の運動機能を補綴し,残存指の運動機能を活用可能な手部筋電義手の設計手法を提案している.手部筋電義手の設計における課題は機械系と制御系に存在する.機械系設計の課題にはデジタルエンジニアリングの考え方に基づき被験者の手部の 3Dデータから断端形状に適合するソケットと手の外観を損なわずに電動部品を収納できる把持機構を設計し,残存指を活用可能な手先具を実現した.制御系設計の課題には,ニューラルネットワークによって,計測した筋電から手部の把持操作に必要となる離断部位の筋電を分離し,電動ハンドの制御に応用することに成功した.また,被験者を対象に手部筋電義手を試作した.試作した手部筋電義手の把持・操り動作について,ピックアンドプレース実験を実施し,手部筋電義手の有効性を確認した.

    DOI CiNii

  • Selective motor fascicle transfer and neural-machine interface: case report

    Takehiko Takagi,Yosuke Ogiri,Ryu Kato,Mitsuhiko Kodama,Yusuke Yamanoi,Wataru Nishino,Yoshihisa Masa … 全著者表示

    Journal of Neurosurgery     2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Development of new cosmetic gloves for myoelectric prosthetic hand using superelastic rubber

    Yoshiko Yabuki,Kazumasa Tanahashi,Yasuhiro Mouri,Yuta Murai,Shunta Togo,Ryu Kato,Yinlai Jiang,Hiros … 全著者表示

    Robotics and Autonomous Systems   111   31 - 43   2019年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 身体を拡張する筋電義手"障害"を再定義するテクノロジーの実現を目指して

    粕谷昌宏,加藤龍,高木岳彦,伊藤寿美夫,高山真一郎,横井浩史

    情報管理 ( 国立研究開発法人科学技術振興機構 )  58 ( 12 ) 887 - 899   2016年03月

    総説・解説(その他)   共著

     概要を見る

    本解説は,身体の拡張というキーワードに,これまでの筋電義手の歴史を概説し,新時代の筋電義手のあり方について解説する記事である.

    DOI

  • 人の精密な手指機能を再建する五指型筋電義手

    加藤龍, 横井浩史

    精密工学会誌   80 ( 3 ) 259 - 264   2013年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    本解説は,人の精密な手指機能を再建する五指型筋電義手に関する最前線の研究を筆者らの研究内容を紹介しながら概説している記事である.

    DOI

  • 手指リハビリテーション用FM干渉型電気刺激

    横井浩史,加藤龍, 森下壮一郎,中村達弘

    メディカル・サイエンス・ダイジェスト   39 ( 2 ) 56 - 57   2013年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    本解説は,手指麻痺患者に対して痛みが小さく十分な筋収縮強度でリハビリが行える電気刺激手法を概説し,その成果について紹介している記事である.

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Kazuo Tanie Award

    2017年08月31日   IEEE  

    受賞者:  Yosuke Ogiri,Yusuke Yamanoi, Wataru Nishino, Ryu Kato, Takehiko Takagi, Hiroshi Yokoi

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 運動主体感,身体所有感を増強させる身体機能再建BMIデバイスの開発研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  加藤 龍

  • ヒトの心理・習熟状態を察して自律学習する上肢BMIリハビリ機器の開発研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  加藤 龍

  • ヒトと機械の融合を支える相互適応型・運動機能再建システムに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  加藤 龍

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 大型臓器への手術操作を支援する 5 指ハンドのための 外骨格型入力インターフェースの開発

    相良雄斗,安齋裕貴,加藤龍,向井正哉

    第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019)  (早稲田大学)  2019年09月03日   日本ロボット学会学術講演会

  • 腹腔内に挿入し手術支援を行う折り畳み式5指ロボットハンドの開発

    安齋祐貴,相良雄斗,加藤龍,向井正哉

    第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019)  (早稲田大学)  2019年09月03日   日本ロボット学会学術講演会

  • 上肢筋電義手の把持訓練のためのMRシミュレータの開発

    佐藤駿紀,加藤龍

    第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019)  (早稲田大学)  2019年09月03日   日本ロボット学会学術講演会

  • 身体拡張肢の操作に関する認知的負担を軽減させる感覚フィードバック手法の検討

    河本祐一郎,加藤龍

    第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019)  (早稲田大学)  2019年09月03日   日本ロボット学会学術講演会

  • 手指・手首・肘の複合動作が可能な上腕筋電義手の実現

    田中宏樹,大桐洋亮,加藤龍,高木岳彦

    第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019)  (早稲田大学)  2019年09月03日   日本ロボット学会学術講演会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  統合システム製作B

  • 大学院理工学府  統合システム製作A

  • 大学院理工学府  統合システム設計B

  • 大学院理工学府  統合システム設計A

  • 大学院理工学府  サイバーロボティクス

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会福祉情報工学研究会

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   専門委員

  • 精密工学会代議員会

    2017年04月
    -
    継続中

    学協会  

  • 日本ロボット学会代議員会

    2017年04月
    -
    継続中

    学協会  

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 体の一部になる「機械」の手

    日経ビジネス(ウェブ) 

    2018年10月
     
     

     概要を見る

    https://business.nikkei.com/atcl/NBD/15/122600029/102400048/

  • 青少年のためのロボフェスタ2018

    2018年09月
     
     

  • カナラボ「サイボーグ義手を作ろう!人機械融合技術の体験」

    神奈川県立青少年センター 

    2018年08月
     
     

  • 小中高校生のためのプログラム ひらめき★ときめきサイエンス「サイボーグを作ろう!シーズンⅧ」

    2018年08月
     
     

  • 研究成果が厚労省義肢装具等完成用部品に指定

    2018年04月
    -
    継続中

全件表示 >>