小林 剛 (コバヤシ タケシ)

KOBAYASHI Takeshi

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

准教授

研究キーワード

環境安全工学、化学物質管理、環境科学、土壌汚染

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://ecolab.ynu.ac.jp/

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 Heavy Metal Contamination of Soils - Monitoring and Remediation   2015年04月

    【論文】 揮発性有機塩素化合物汚染における土壌汚染対策技術選定時のサステイナブルアプローチの有効性検討と従来手法との比較  2018年08月

    【論文】 大気へ排出された粒子状物質成分の沈着による土壌汚染の可能性の検討  2013年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    横浜国立大学   工学研究科   物質工学専攻

  •  
    -
    1993年

    横浜国立大学   工学部   物質工学科

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

  • 工学修士 - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   准教授  

  • 2007年4月
    -
    2009年3月

    専任   横浜国立大学   安心・安全の科学研究教育センター   准教授  

  • 2005年7月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   安心・安全の科学研究教育センター   助教授  

  • 2004年7月
    -
    2005年6月

    専任   横浜国立大学   安心・安全の科学研究教育センター   助手  

  • 2001年4月
    -
    2004年6月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   助手  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年4月
    -
    1997年3月

      神奈川県   環境部大気保全課   技師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2000年
    -
    現在
     

    American Chemical Society

  • 1998年
    -
    現在
     

    環境科学会

  • 2007年8月
    -
    現在
     

    環境情報科学センター

  • 2007年10月
    -
    現在
     

    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会

  • 1997年4月
    -
    現在
     

    日本水環境学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境動態解析

  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • 環境・農学 / 環境影響評価  / 環境安全工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 粘性土中に浸潤した高濃度有機塩素化合物の局所加温・熱対流浄化と本質安全管理手法

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2021年4月 - 2024年3月

     詳細を見る

    粘性土中に浸潤した高濃度有機塩素化合物を局所加温・熱対流浄化などすることにより、浄化の効率化を図る研究を行う。また、本質的に安全な浄化レベルを検討する。

  • 不動産流通経営協会研究助成「表層土壌汚染地近傍における「健康リスクの大きさ」に基づく対応の判断基準に関する研究」

    その他の研究制度  

    研究期間: 2020年10月 - 2021年9月

     詳細を見る

    鉛による表層土壌汚染地を対象に、表層土壌汚染地近傍における「健康リスクの大きさ」に対して正しく怖がるための対応の判断基準を検討する。

  • 室内環境中の化学物質リストに基づく優先取組物質の検索とリスク評価

    厚生労働科学研究費補助金  

    研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

     詳細を見る

    室内では多様な化学物質が製品に含まれて使用されている。本研究では、室内に存在する化学物質について、各種有害性情報、曝露性に係わる物性情報や製品中化学物質含有情報などを収集整理して、多様な曝露経路を想定した、化学物質の健康リスクのスクリーニングを行い、高懸念と考えられる化学物質についてリスク評価を行う。

  • 環境省環境研究総合推進費「土壌・地下水中のクロロエチレン等の分解・吸脱着等挙動解析と汚染状況評価技術の開発」

    その他の研究制度  

    研究期間: 2017年4月 - 2019年3月

     詳細を見る

    土壌・地下水中のクロロエチレン類、クロロエタン類の分解・吸脱着等挙動解析と汚染状況評価技術の開発を行う。本学では、主に吸着特性や気化拡散特性を測定、解析する。

  • NEDO戦略的省エネルギー技術革新プログラム「汚染地盤を掘らずに省エネ浄化できる加温式高速浄化システムの開発」

    その他の研究制度  

    研究期間: 2014年4月 - 2020年3月

     詳細を見る

    事業所等の廃熱を利用して地中を加温することで、微生物を活性化して、効率的に土壌汚染物質を分解・溶出促進する技術を開発する。竹中工務店との共同研究。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 環境問題のとらえ方と解決方法

    岡田 光正,藤江幸一,小林剛,梅干野晃,亀屋隆志( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 7章 水・地下水・土壌環境保全技術)

    一般財団法人 放送大学教育振興会  2017年3月  ( ISBN:978-4595317347

     詳細を見る

    総ページ数:286   担当ページ:119-136   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Heavy Metal Contamination of Soils - Monitoring and Remediation

    Takeshi Kobayashi, Yuyu Liu, Yukari Takahashi, Takashi Kameya and Yuko Yamada( 担当: 共著)

    Springer  2015年4月  ( ISBN:978-3-319-14525-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 水環境の事典

    多数( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 土壌と地下水汚染の実態と修復)

    朝倉書店  2021年4月  ( ISBN:978-4-254-18056-5

     詳細を見る

    担当ページ:116-119   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 安全工学便覧(第4版)

    小林剛ほか、約250人が執筆を担当( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 土壌汚染)

    コロナ社  2019年7月  ( ISBN:978-4-339-07821-3

     詳細を見る

    総ページ数:1192   担当ページ:910-915   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 都市科学辞典

    多数( 担当: 単著)

    春風社  2019年7月  ( ISBN:978-4-86110-734-4

     詳細を見る

    担当ページ:524-525,528-529   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 揮発性有機化合物汚染土壌のガス吸引浄化技術に関する研究

    小林 剛

    2004年6月

    未設定   単著  

     詳細を見る

    博士論文

  • 合成有機化合物の環境安全管理手法の開発

    小林 剛

    1995年3月

    未設定   単著  

     詳細を見る

    修士論文

論文 【 表示 / 非表示

  • 加温原位置バイオレメディエーションによるクロロエチレン類汚染地下水浄化

    山崎祐二, 古川靖英, 中島朋宏, 稲葉薫, 清水孝昭, 西垣誠, 田小維, 鈴木市郎, 小林剛, 井上大介,池道彦

    土木学会論文集   印刷中   2022年  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • クロロエチレン等の揮発性有機塩素化合物の不飽和土壌への吸着・吸収特性と土壌中挙動 への定性的影響

    小林 剛, 末継 淳, 李 京

    環境情報科学論文集   ceis35 ( 0 )   102 - 106   2021年11月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 環境情報科学センター   共著  

    <p>2017 <tt>年に土壌汚染対策法にクロロエチレン(</tt>VC<tt>)が特定汚染物質として追加された。本研究では,この</tt>VC <tt>に着目して,揮発性有機塩素化合物(</tt>CVOC<tt>)の不飽和土壌中での挙動について測定評価した。</tt>4 <tt>種の土壌への各</tt>CVOC <tt>の吸着・吸収特性を測定し,不飽和土壌中での各相への分配割合を算出した。</tt>CVOC <tt>の種類や土壌の種類の違いによって,各相への分配割合は大きく異なった。</tt>VC <tt>は降水等の環境変化の影響を受けやすく,調査や評価の際等には注意を要することが分かった。</tt></p>

  • Temperature dependence of sequential chlorinated ethenes dechlorination and the dynamics of dechlorinating microorganisms

    Yuji Yamazaki,Gaku Kitamura,Xiaowei Tian,Ichiro Suzuki,Takeshi Kobayashi,Takaaki Shimizu,Daisuke In … 全著者表示

    chemosphere   287 ( 1 )   1 - 9   2021年8月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER   共著  

    クロロエチレン類の脱塩素反応への温度依存性と分解微生物の動態を解析した。

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0045653521024619?via%3Dihub

  • 河川水モニタリングにおけるGC-MS AIQS-DB法の同定定量精度の評価

    三保 紗織, 亀屋 隆志, 小林 剛, 藤江 幸一

    環境科学会誌   33 ( 5 )   90 - 102   2020年5月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人 環境科学会   共著  

    <p>本研究では,GC-MS AIQS-DB法を用いた河川水中有害化学物質の一斉分析について,定量精度に関する四つの指標と同定精度に関する三つの指標を挙げ,定量や同定が可能な範囲と対象物質の分析精度を低下させる要因について検討した。①繰り返し分析での定量値のばらつき,②定量下限,③共存物質による定量値の変化,④固相抽出での回収率,⑤共存物質による保持時間のずれ,⑥共存物質による類似度の変化,⑦共存物質によるS/N比の変化を実測結果に基づいてランク付けして点数化した。また,定量精度に関する総合指標と同定精度に関する総合指標を作成して,化管法対象物質265種280物質に適用した。その結果,134物質はスクリーニング分析として十分な精度を有したが,105物質は定量精度の低下や同定精度の低下に関して手動での確認を行うなど留意する必要があった。本研究で作成した定量精度と同定精度の総合評価マトリクスは,精度低下の原因が意味付けられたものであり,一斉分析によって得られる大量のモニタリングデータを,検出の有無や濃度としてだけではなく,その分析精度を併せて評価することができる。</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007919243

  • Effect of elevated temperature on cis-1,2-dichloroethene dechlorination and microbial community structure in contaminated soils—A biostimulation approach

    Yuji Yamazaki, Ai Hasegawa, Xiaowei Tian, Ichiro Suzuki, Takeshi Kobayashi, Takaaki Shimizu, Daisuk … 全著者表示

    Journal of Environmental Chemical Engineering   8   8   2020年1月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.1016/j.jece.2020.103682

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 有害化学物質による汚染リスクの評価と持続可能な管理のための研究

    小林剛

    マイナビ進学 ゼミ研究室特集   2021年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:その他   単著  

    マイナビ進学ホームページへの研究室紹介記事の執筆依頼がありご協力させていただいた。

  • 土壌・地下水汚染のリスク共生型の浄化のための研究

    小林 剛

    横浜国立大学エコキャンパス 白書 2021(環境報告書)   14 - 14   2021年9月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:その他   単著  

    横浜国立大学エコキャンパス白書2021への執筆依頼があり、研究室紹介記事を執筆

    その他リンク: http://shisetsu.ynu.ac.jp/gakugai/shisetsu/4kan_mane/ecocampus/hakusyo/eco_campus2021.pdf

  • 土壌・地下水汚染地盤を掘らずに省エネ浄化できる加温式高速バイオ浄化システム

    山﨑祐二,古川靖英,北村岳(株式会社竹中工務店),小林剛,鈴木市郎,田小維(横浜国立大学),西垣誠(岡山大学)

    水環境学会誌   44 ( 9 )   316 - 316   2021年9月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著  

    2020年度技術賞受賞報告

  • 土壌地下水汚染に関する最近の研究動向2021

    江種伸之、小林剛、杉田創、張銘、保高徹生

    水環境学会誌   44 ( 3 )   78 - 84   2021年3月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

    全体の構成及びとりまとめと揮発性有機塩素化合物関連について執筆

  • 土壌地下水汚染問題の解決に向けた研究動向と今後の展開

    小林剛

    水環境学会誌   44 ( 1 )   14   2021年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • フッ化物ガスの分解処理方法

    稲垣秀樹、竹内章浩、浦野紘平、小口正弘、小林剛、張勝郁

     詳細を見る

    公開番号:特開2010-58063(P2010-58063A)  公開日:2010年3月18日

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第48回「環境賞」環境大臣賞

    2021年06月   国立環境研究所、日刊工業新聞社   汚染地盤の加温式原位置浄化技術  

    受賞者:株式会社竹中工務店, 株式会社竹中土木,岡山大学,横浜国立大学

     詳細を見る

    揮発性有機化合物(VOC)のクロロエチレン類で汚染された地盤を加温浄化剤で温め、微生物分解を促進する原位置浄化システムを開発した。微生物分解が最も活性化する地盤温度(約25-30℃)に温める機能と、不均質な地盤に浄化剤を均一注入する制御機能の両方を備える。従来の掘削除去方法と比べて半分以下にコストを抑え、加温しない従来の原位置浄化方法に比べ浄化期間を半分以下に短縮した。

  • 2020年度日本水環境学会「技術賞」

    2021年06月   日本水環境学会   土壌・地下水汚染地盤を掘らずに省エネ浄化できる加温式高速バイオ浄化システム  

    受賞者:山崎祐二,古川靖英,北村岳(竹中工務店),小林剛,鈴木市郎,田小維(横浜国立大学),西垣誠(岡山大学)

     詳細を見る

    汚染地盤を加温することで、微生物分解を活性化するとともに汚染物質の溶出を促進し、浄化期間を数分の1に短縮して、総合的な省エネ、低環境負荷を実現する。

  • YNU研究貢献賞(H27~R2)

    2020年07月   横浜国立大学  

    受賞者:小林剛

     詳細を見る

    学内表彰

  • 平成27年度「科研費」審査委員表彰

    2015年10月   日本学術振興会  

    受賞者:小林剛

  • クリタ水・環境科学振興財団研究優秀賞

    2015年06月   クリタ水・環境科学振興財団   1,4-ジオキサンの土壌中挙動特性の調査・実測・解析と土壌中挙動の評価  

    受賞者:小林剛

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 粘性土中に浸潤した高濃度有機塩素化合物の局所加温・熱対流浄化と本質安全管理手法

    2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:小林 剛

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    粘性土中に浸潤した高濃度有機塩素化合物を局所加温・熱対流浄化などすることにより、浄化の効率化を図る研究を行う。また、本質的に安全な浄化レベルを検討する。

  • 不安視される気相経由での土壌汚染/曝露経路の実態調査と評価・管理手法の社会提案

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:小林 剛

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    土壌汚染対策法の附帯決議でも指摘されており、不安視されてる土壌汚染地の上部や近隣での気相経由での人への曝露や、排ガス中の有害化学物質が沈着することによる未規制の土壌汚染について、実態調査・評価して、健康被害や新たな汚染の未然防止のための管理手法について検討して、社会提案する。

  • PRTR対象化学物質を例とした土壌汚染可能性と高懸念曝露経路の評価判断尺度の提案

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    代表者:小林 剛

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 高リスク大気中六価クロムの極微量分析技術の高度化・評価活用と発生源・発生機構解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:小林 剛

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 有害物質届出排出量データと経産省モデルを活用した事業所近傍住宅地のリスク評価手法

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    代表者:小林 剛

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 表層土壌汚染地近傍における「健康リスクの大きさ」に基づく対応の判断基準に関する研究

    2020年10月 - 2021年9月

    不動産流通経営協会研究助成 

    代表者:小林剛

  • 土壌・地下水中のクロロエチレン等の分解・吸脱着等挙動解析と汚染状況評価技術の開発

    2017年4月 - 2020年3月

    環境省  環境研究総合推進費

    代表者:小林剛

  • 室内環境中の化学物質リストに基づく優先取組物質の検索とリスク評価

    2017年4月 - 2020年3月

    厚生労働省  厚生労働科学研究費

    代表者:雨谷敬司(静岡県立大学)

     詳細を見る

    室内環境中の化学物質リストを作成し、室内で用いられる多様な化学物質の内、高リスクが懸念される優先取組物質のスクリーニング手法を構築する。

  • 汚染地盤を掘らずに省エネ浄化できる加温式高速浄化システムの開発

    2014年11月 - 2020年2月

    NEDO  NEDO戦略的省エネルギー技術革新プログラム

    代表者:代表機関(竹中工務店)、共同研究機関代表者として参画

     詳細を見る

    汚染地盤を加温することで、汚染物質の微生物分解および溶出を促進し、浄化期間を数分の1に短縮して、総合的な省エネやCO2排出削減、低環境負荷を実現する。
    第48回環境賞にて「環境大臣賞」受賞
    2020年度日本水環境学会「技術賞」受賞

  • 室内環境中の未規制物質の網羅的解析に関する研究

    2014年4月 - 2016年3月

    厚生労働省  厚生労働科学研究費

    代表者:代表者: 雨谷敬司(静岡県立大学)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • リスク共生に向けたベンゼン土壌汚染地の健康リスク比較指標の開発

    丸田有美,小林剛,半田千智

    第18回環境情報科学ポスターセッション  環境情報科学センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 化学物質環境リスクの管理支援ツールの活用に向けて

    亀屋隆志,小林剛

    環境科学会2021年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 揮発性有機塩素化合物による土壌汚染地周辺での多様な曝露経路を想定した健康リスク

    小林剛,金美辰,丸田有美,李京

    環境科学会2021年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • クロロエチレン類の粘性土壌中への長期浸入挙動の解析と加熱による溶出促進

    島朋輝,宮川涼,小林剛,亀屋隆志

    環境科学会2021年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表層鉛土壌汚染地における吸入曝露を想定した垂直汚染分布の測定・解析

    深谷亮太,半田千智,小林剛

    環境科学会2021年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 環境情報科学誌「土壌汚染対策とリスク-リスクを考慮した管理促進に向けて」

    担当編集委員 

    2017年6月
    -
    2017月6日
     

  • 環境情報科学誌「原発事故にともなう放射能汚染と除染」

    担当編集委員 

    2015年3月
    -
    2015月3日
     

  • 環境情報科学誌「越境大気汚染の今後」

    担当編集委員 

    2014年1月
    -
    2014月1日
     

  • 環境情報科学誌「健康/環境影響解明のこれまでの歩みと今後への提言」

    担当編集委員 

    2012年12月
    -
    2012月12日
     

  • 環境情報科学誌「東日本大震災から地域資源を活用した自然産業の再興~生態系サービスの持続的な享受に向けて~」

    担当編集委員 

    2012年5月
    -
    2012月5日
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 土壌汚染によるリスク評価方法と最適浄化方法

  • 化学物質の環境安全管理手法

  • 大気への重金属等の排出による周辺環境のリスク評価手法と対策技術

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • NEDO戦略的省エネルギー技術革新プログラム「汚染地盤を掘らずに省エネ浄化できる加温式高速浄化システムの開発」

    提供機関: 竹中工務店  国内共同研究  

    研究期間: 2014年11月  -  2020年2月 

  • 地盤内における有害物質の挙動に関する研究

    提供機関: 株式会社 大林組  国内共同研究  

    研究期間: 2021年04月  -  2022年3月 

  • 公共鋼構造物の損傷リスクマネジメントと予防保全研究(環境関連)

    提供機関: 新日本製鐵株式会社  国内共同研究  

    研究期間: 2008年04月  -  2009年3月 

  • 着臭剤の土壌中での挙動の測定・評価(高圧ガス保安協会)

    国内共同研究  

    研究期間: 2007年  -  2008年 

  • 効率的環境測定技術の開発とデータ蓄積に関する研究(環境資源システム総合研究所)

    国内共同研究  

    研究期間: 2006年05月  -  2009年3月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   化学物質の有害性・危険性情報論

    大学院環境情報学府

  • 2022年度   化学物質の有害性・危険性情報論演習

    大学院環境情報学府

  • 2022年度   都市環境浄化工学Ⅱ

    都市科学部

  • 2022年度   都市環境浄化工学Ⅰ

    都市科学部

  • 2022年度   都市環境管理学

    大学院環境情報学府

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 環境科学コース「環境規制と環境修復Ⅱ」

    機関名:東工大社会人アカデミー(H31~R03)

  • 有害物質について

    機関名:東京消防庁消防学校(H25~R03)

  • 環境科学

    機関名:青山学院大学大学院理工学専攻(H23-24)

  • 環境評価・安全論

    機関名:豊橋技術科学大学(H24-26)

  • 化学生態学

    機関名:豊橋技術科学大学(H20-23)

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
     
     
    環境科学会2021年会優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    島朋輝「クロロエチレン類の粘性土壌中への長期浸入挙動の解析と加熱による溶出促進」

  • 2020年09月
     
     
    環境科学会2020年会優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    半田千智・小林剛・佐々木佑真・亀屋隆志、鉛による表層土壌汚染地での吸入等の多様な経路からの曝露量評価、環境科学会2020年会、p.110(2020.9,Online)

  • 2018年12月
     
     
    第15回環境情報科学ポスターセッション学術委員長賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    宮川涼・河原知希・山崎祐二・清水孝昭・小林剛、浄化困難な粘性土壌中クロロエチレン類の効率的加温浄化手法の開発~物質別の加温浄化促進メカニズムの解明~、環境情報科学センター第15回環境情報科学ポスターセッション、p.139(2018.12東京)

  • 2018年09月
     
     
    環境科学会2018年会優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    林知美・末継淳・田小維・小林剛、揮発性有機塩素化合物の高濃度地下水から土壌中への気化・拡散挙動の評価、環境科学会2018年会、p.61(2018.9.10-11、東洋大学)

  • 2016年12月
     
     
    第13回環境情報科学ポスターセッション学術委員長賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    富澤茉佑香、小林剛、亀屋隆志、田小維、藤江幸一、室内環境での多様な曝露経路における高リスク懸念物質のスクリーニング手法、環境情報科学センター第13回環境情報科学ポスターセッション、p.28(2016.12東京)

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 環境省 中央環境審議会

    2021年06月 - 2023年  臨時委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 環境科学会

    2019年04月 - 現在  理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 環境情報科学センター

    2017年08月 - 現在  理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 環境情報科学センター 学術委員会

    2017年08月 - 現在  委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

    2017-2018 学術委員
    2019年度から学術委員長

  • 秦野市地下水保全審議会

    2013年12月 - 現在  会長(2017~)/副会長(2015~)/委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 土壌汚染対策セミナー「土壌汚染に関するリスクコミュニケーション」での講演

    日本環境協会・環境省  熊本、名古屋、札幌、富山  2020年9月 - 2020年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

    依頼講演「土壌汚染のリスクと管理」
    熊本市  9月25日(金)熊本城ホール会議室130名
    名古屋市 10月13日(火)プライムセントラルタワー250名
    札幌市  10月30日(金)札幌サンプラザ150名
    富山市  11月13日(金)とやま自遊館ホール100名

  • 環境省環境調査研修所主催「令和元年度水環境研修」での講義

    役割:講師

    環境省環境調査研修所  所沢  2019年7月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:出前授業

    依頼講義「地下水汚染対策 -地下水汚染の現状と対策に向けた課題-」

  • 平成31年度 岐阜県環境推進協会通常総会・環境月間記念講演会

    役割:講師

    岐阜県環境推進協会  千葉県  2019年5月

     詳細を見る

    種別:講演会

    依頼講演「土壌・地下水汚染対策の現状と課題について」

  • 環境省環境調査研修所主催「平成30年度土壌・地下水環境研修」での講義

    役割:講師

    環境省環境調査研修所  所沢  2018年10月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:出前授業

    依頼講義「地下水及び市街地土壌汚染問題について」

  • 土壌汚染対策法セミナー「新規制・未規制物質への対応」での講演

    役割:講師

    土壌環境センター  東京  2018年1月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:講演会

    依頼講演「新規制物質の環境中挙動と未規制物質への対応」

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
      都市科学部安全衛生委員会   (部局内委員会)

  • 2022年04月
    -
    現在
      学務委員会   (専攻内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      グローバルPlusONE副専攻プログラム委員会   (全学委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      教務厚生委員会   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      国際教育ワーキンググループ   (全学委員会)

全件表示 >>