KOMATSU Noriko

Affiliation

Graduate School of Education, Professional Schools for Teacher Education  

Job Title

Professor

Date of Birth

1959

Mail Address

E-mail address


Education 【 display / non-display

  • 1978.4
    -
    1982.3

    Tokyo Gakugei University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Bachelor of Education

Campus Career 【 display / non-display

  • 2020.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityGraduate School of Education   Professional Schools for Teacher Education     Professor  

  • 2020.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Education   Director in Attached Organization  

  • 2020.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityEducation Design Center   Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2019.4
    -
    2020.3

     

  • 2017.4
    -
    2019.3

      Director in General  

  • 2014.4
    -
    2017.3

     

  • 2011.4
    -
    2014.3

     

  • 2010.4
    -
    2011.3

     

display all >>

 

Books 【 display / non-display

  • 「学校評価」実践レポート 実践の成果と裏舞台

    千々布敏弥、江尻孝美、小松典子、( Role: Joint author ,  第2部「川崎市が学校評価に取り組んだ!!」)

    第一資料印刷株式会社 

     More details

    Total pages:196   Responsible for pages:22-31   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    学校評価を実施するにあたっての課題を焦点化し、学校教育部区教育担当指導主事、総合教育センター指導主事の研修や拡大要請訪問を含め、行政が直接的に学校評価場面へ参画し、学校関係者評価の充実、報告書の活用等を提案した実践事例。

  • 子どもが調べ考える 社会科の授業と評価(3・4年上)

    北俊夫・羽豆成二、分担執筆:北俊夫、羽豆成二、波巌、小松典子( Role: Joint author ,  担当個所:第Ⅱ章7節「古い道具調べ」を通して、生活の変化を考える実践~小単元 「昔たんけん隊が行く!」pp.90-101)

    教育出版  

     More details

    Total pages:113   Responsible for pages:90-101   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    小学校3年生の社会科単元で、古くから使われている道具(洗濯・火おこし)や昔から伝えられている年中行事(どんど焼き)などを調べることを通して、地域の人々の生活の変化と過去の人々の生活の知恵を考えさせる実践事例。
    (編者:北俊夫・羽豆成二、分担執筆:北俊夫、羽豆成二、波巌、小松典子、他6名)

Papers 【 display / non-display

  • 教育職員の懲戒処分の推移から見えるリスクマネジメント上の課題〜神奈川県内のセクシャル・ハラスメント防止の取組を中心に〜

    小宮龍一、松原雅俊、水木尚充、野中陽一、小松典子

    教育デザイン研究   ( 11 )   2020.2  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:横浜国立大学教職大学院   Joint Work  

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   専門職としての教員の職能発達

    Graduate School of Education

  • 2022   実践研究のマネジメントⅡ

    Graduate School of Education

  • 2022   実践研究のマネジメントⅠ

    Graduate School of Education

  • 2022   教育実習指導の実践研究

    Graduate School of Education

  • 2022   教育改革の現状と神奈川の教育事情

    Graduate School of Education

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 川崎市教科用図書選定審議会委員

    2021.5 - 2022.5  川崎市教科用図書選定審議会委員

     More details

    Committee type:Municipal 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 玉川大学 教師教育フォーラム

    Role(s): Guest

    2019.10

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Teachers, Researchers

    Type:Seminar, workshop

    玉川学園創立90周年及び、独立行政法人教職員支援機構玉川大学センターとしての機能設立記念事業として、「養成・採用・研修の一体的改革に向けた教育委員会の取り組みと養成大学への期待」というテーマのもと講演した。

  • 横浜国立大学教職大学院 教職キャリア開発講座

    Role(s): Lecturer

    横浜国立大学教職大学院  横浜市  2019.7

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    横浜市教育委員会と連携し、第3ステージの教師を対象に、これまでの教師人生を振り返り、学びながら今後のキャリアを発見していくことを目的として、研修講師を務めた。

  • 第8回 川崎市姉妹友好都市 国際教育交流シンポジウム

    Role(s): Panelist

    川崎市姉妹友好都市 国際教育交流シンポジウム  川崎市  2017.11

     More details

    Audience: Teachers, General public, Civic organization, Government agency

    Type:Science festival

    「第8回 川崎市姉妹友好都市国際交流シンポジウム」に川崎市代表として参加。「ともに生きようちがいをこえて~未来を生きる子どもたちのために~」というテーマのもと、クロアチア・アメリカ・韓国・イギリス・中国・日本の六か国の教育事情について、それぞれが発表し、今日的な課題と具体的な対応について意見交換し、交流を深めた。

  • NPO教育活動総合サポートセンター主催文化講演会 

    Role(s): Panelist

    川崎市教育活動サポートセンター  文化講演会  川崎市  2016.12

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Teachers, General public, Civic organization, Government agency

    Type:Extension Lecture

    日本外交の実像とこれからの課題」というテーマのもと、香港中文大学客員教授の北村隆則氏の講演を受け、パネリストとして学校現場の管理職として「教育現場から見える外交」という視点のもと、意見交流をした。