久保 尊洋 (クボ タカヒロ)

KUBO Takahiro

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 学校教育

職名

講師

関連SDGs



学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   学校教育   講師  

  • 2023年8月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   総合学術高等研究院   講師  

  • 2023年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育支援専攻   心理支援コース   講師  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2021年9月
    -
    現在
     

    寛容と連携の日本動機づけ面接学会

  • 2021年9月
    -
    現在
     

    日本カウンセリング学会

  • 2021年6月
    -
    現在
     

    日本認知・行動療法学会

  • 2019年7月
    -
    現在
     

    日本学校心理学会

  • 2019年6月
    -
    現在
     

    日本学校カウンセリング学会

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 公認心理師

  • 臨床心理士

  • 小学校教諭1種免許

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Positive School Psychology: Evidence-Based Strategies for Youth Well-Being (Advances in Mental Health and Addiction)

    Daichi Sugawara, Takahiro Kubo, Akihiro Masuyama( 担当: 単著 ,  範囲: Chapter 14. Positive Psychological Interventions in Japan: Traditional and Digital Methods.)

    SPRINGER, BERLIN; SPRINGER NATURE SWITZERLAND; SPRING  2024年  ( ISBN:9783031542947

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Post-Secondary Education Student Mental Health: A Global Perspective

    Daichi Sugawara, Takahiro Kubo, Masashi Mizuno, Akihiro Masuyama( 担当: 共著 ,  範囲: How Did Japanese University Students Survive the COVID-19 Pandemic?)

    CDS Press  2022年8月  ( ISBN:9781777801816

     詳細を見る

    担当ページ:277-294   記述言語:英語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • 基本的心理欲求の充足と不満,パッション,人生満足度との関連

    久保尊洋, 沢宮容子

    ストレスマネジメント研究   19 ( 2 )   2024年1月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • 交差遅延モデルによるパッションとwell-beingとの因果関係の検討

    久保尊洋, 沢宮容子

    学校カウンセリング研究(印刷中)   24   2024年  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • 幼児期後期から児童期後期の外在化・内在化問題,向社会的行動の経時的な相互関係:8年間の縦断データを用いた交差遅延効果モデルによる発達カスケードの検討

    直原 康光, 登藤 直弥, 荒牧 美佐子, 塩﨑 尚美, 久保 尊洋, 安藤 智子

    発達心理学研究   34 ( 3 )   208 - 218   2023年10月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本発達心理学会   共著  

    <p>本研究の目的は,幼児期後期(3歳)から児童期後期(10歳)にかけて,子どもの外在化問題,内在化問題,向社会的行動の間にどのような経時的相互関係が認められるかを発達カスケードの枠組みに基づき,検討を行うことであった。妊娠期から10年間継続している縦断調査において,子どもが3歳–10歳時の8年間に調査協力が得られた母親210名が回答した子どもの行動評価を用いて,交差遅延効果モデルによる分析を行った。その結果,母親の抑うつを統制しても,すべての時点の外在化問題が向社会的行動に負の効果を及ぼしていた。また,7歳の外在化問題は,8歳の内在化問題に正の効果を及ぼし,9歳の向社会的行動は,10歳の外在化問題に負の効果を及ぼしていた。以上の結果は,発達カスケードを裏付けるものであるとともに,幼児期から児童期においては年齢を問わず外在化問題に介入することが重要であることや,児童期前期の子どもの外在化問題や向社会的行動への介入がその後の子どもの行動上の問題を抑制する上で重要であることが示唆された。</p><p>【インパクト】</p><p>本研究は,発達精神病理学の領域で実証研究が積み重ねられている発達カスケードの枠組みに基づき,8年間の縦断調査の結果を交差遅延効果モデルを用いて,子どもの行動の経時的相互関係の検討を行った日本で初めての試みである。全時点で外在化問題が向社会的行動を低下させることや,児童期前期から後期にかけて外在化問題→内在化問題→向社会的行動→外在化問題と子どもの行動上の問題同士が関連している可能性が示唆された。</p>

  • Role of innate and acquired resilience in behavioral system, mental health, and internet addiction among Japanese adolescents in the COVID-19 pandemic

    Takahiro Kubo , Akihiro Masuyama , Daichi Sugawara

    PeerJ   11   e14643   2023年2月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • Mental health and psychological resilience during the COVID-19 pandemic: A cross-cultural comparison of Japan, Malaysia, China, and the US

    Sugawara Daichi, Chishima Yuta, Kubo Takahiro, Shah Raja Intan Arifah Binti Raja Reza, Phoo Evone Y … 全著者表示

    JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS   311   500 - 507   2022年8月  [査読有り]

    DOI Web of Science PubMed

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 教育現場に活かす動機づけ面接

    久保尊洋

    日本精神衛生会   53 ( 4 )   86 - 91   2022年12月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 情熱の二側面に着目した青年期のメンタルヘルスの低下を予防する心理教育的介入

    研究課題/領域番号:22K13849  2022年4月 - 2025年3月

    若手研究

    代表者:久保尊洋

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 両親の抑うつおよび養育行動と10歳児の行動特徴との関係

    研究課題/領域番号:19K03251  2019年4月 - 2024年3月

    基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 中学生における心理学的レジリエンスの向上に関する実践研究

    2021年5月 - 2022年3月

    地方自治体 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

  • 心理的レジリエンスに着目したウィズコロナ・ポストコロナにおける青少年の問題のあるインターネット使用の抑制要因の解明

    2021年4月 - 2022年1月

    民間財団等 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 母親・父親の抑うつと子どもの発達について考える 妊娠期から10歳までの縦断データ分析から

    安藤 智子、登藤 直弥、直原 康光、塩崎 尚美、久保 尊洋、荒牧 美佐子

    第35回発達心理学会大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 好きな活動へのパッションが学校適応に及ぼす影響 多母集団同時分析による性別,活動の種類,高校・大学生の発達差の検討

    久保尊洋

    日本心理学会第87回大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 抑うつスキーマがパッションに及ぼす影響

    久保尊洋

    日本カウンセリング学会 第55回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月 - 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 妊娠中から10年間の父母データの探索的な検討​ - 父母の抑うつ・夫婦の関係性・養育行動・子どもの行動の軌跡 ー

    安藤 智子、登藤 直弥、直原 康光、塩崎 尚美、久保 尊洋、荒牧 美佐子、菅原ますみ

    第34回発達心理学会大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 大学生におけるパッションの類型とwell-beingとの関連

    久保尊洋

    日本カウンセリング学会 第54回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年度   課題研究Ⅱ

    大学院教育学研究科

  • 2024年度   課題研究Ⅰ

    大学院教育学研究科

  • 2024年度   教育支援デザイン

    大学院教育学研究科

  • 2024年度   卒業研究

    教育学部

  • 2024年度   課題研究A(ゼミナール)

    教育学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学特講Ⅱ

    2023年11月 - 2023年12月 機関名:筑波大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 心理学実験実習2

    2018年4月 - 現在 機関名:武蔵野大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会 国際委員会

    2023年11月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 筑波大学学校教育論集

    2021年07月 - 2023年3月  編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 教育相談研究

    2021年07月 - 2023年3月  編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • カウンセリング講座「ストレスマネジメント」

    役割:講師

    龍ケ崎市教育センター  2023年10月

  • メディア・インターネットに関する講演会

    役割:講師

    龍ケ崎市中根台中学校  2023年10月

  • 入学生保護者講演会「思春期の心とネット依存」

    役割:講師

    土浦第一高等学校附属中学校主催  2023年3月

  • 市民カウンセリング講座(上級)「学校における相談業務の基本と実践」

    役割:講師

    龍ケ崎市教育センター  2022年10月

  • カウンセリング講座「ストレスマネジメント」

    役割:講師

    龍ケ崎市教育センター  2022年10月

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 心理学研究

    役割:査読

    2023年7月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Personality and Individual Differences

    役割:査読

    2022年7月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 心理学研究

    役割:査読

    2021年

     詳細を見る

    種別:査読等