倉田 久 (クラタ ヒサシ)

KURATA Hisashi

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

研究分野・キーワード

サプライチェーン・マネジメント、リーテル・オペレーション、製販連携、MIS, サービス



ORCID  https://orcid.org/0000-0002-6104-5689

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    東京大学   農学部   農業経済学会   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年05月

    ウィスコンシン大学ミルウォーキー校  経営学大学院  経営科学  博士課程  修了

  •  
    -
    1998年05月

    ペンシルバニア州立大学  経営学大学院  経営科学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D -  ウィスコンシン大学ミルウォーキー校

  • M.S. -  ペンシルバニア州立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2020年03月

      筑波大学   システム情報系 社会工学域   准教授

  • 1998年04月
    -
    2010年08月

      国際大学   国際経営学研究科   講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    一般社団法人 経営情報学会

  • 2006年09月
    -
    継続中
     

    公益社団法人 日本経営工学会

  • 1997年10月
    -
    継続中
     

    The Institute for Operations Research and the Management Sciences (INFORMS)

  • 2005年05月
    -
    継続中
     

    Production and Operations Management Society (POMS)

  • 2000年06月
    -
    継続中
     

    Decision Sciences Institute (DSI)

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営工学

  • 商学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • サービスサイエンスことはじめ‐数理モデルとデータ分析によるイノベーション

    岡田幸彦, 生稲文彦, 倉田久 (担当: 分担執筆 )

    筑波大学出版会  2014年08月 ISBN: 978-4904074305

  • Encyclopedia of Business Analytics and Optimization (5 Volumes

    Hisashi Kurata, Seong-Hyun Nam (担当: 分担執筆 )

    IGI Global  2014年02月 ISBN: 978-1466652026

  • Fashion Supply Chain Management: Industry and Business Analysis

    Hisashi Kurata, Xiaohang Yue, Layth C. Alwan (担当: 単著 )

    IGI Global  2011年07月 ISBN: 978-1609607562

  • The Supply Chain in Manufacturing, Distribution, and Transportation

    Seong-Hyun Nam, John Vitton, Hisashi Kurata (担当: 分担執筆 )

    CRC Press: Taylor & Francis Group  2010年09月 ISBN: 978-1420079456

論文 【 表示 / 非表示

  • 新たな小売店の新規参入において異なるサービス品質を持つ顧客タイプにおける小売店のコーディネー ションの感度分析

    田中正敏、倉田

    一般社団法人日本生産管理学会、第51回全国大会大会予稿集 ( 一般社団法人日本生産管理学会 )    2020年03月  [査読有り]

    単著

  • Comparison of Distribution Collaboration Methods When Demand Occurs at Different Times in Different Locations

    Hisashi Kurata, Zhang Lu

    Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems (APIEMS) 2019 conference ( APIEMS )    2019年12月  [査読有り]

    共著

  • Effectiveness of Price-matching Strategies Between Physical Stores When the Lowest Price Is Offered Online

    Hisashi Kurata, Zhang Lu

    Conference proceedings at Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems (APIEMS) 2019 conference ( APIEMS )    2019年12月  [査読有り]

    共著

  • “How Do Sales Strategies of Add-ons Affect the Optimal Functionality Level of a Durable Product when Customers Prefer More-than-Necessary Features?

    Hisashi Kurata, Berdymyrat Ovezmyradov, Yumi Meuthia

    日本経営工学会論文誌(英文号) ( 日本経営工学会 )  70 ( 2E ) 95 - 104   2019年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Sales of accessories and add-ons are strategically important as profit centers for manufacturers of consumer products. In such situations, a durable product with too many attributes might reduce the chance of selling optional items that increase the functionality of the product, whereas too few product attributes will make the product less attractive, thereby reducing profitability. Hence, determining the optimal amount of add-on functionality of a durable product is critical in product design. Another retail challenge is how to sell a durable product and along optional add-on functionalities, whether they should be sold together or separately. This paper examines the number of attributes that a durable product should have by comparing three sales strategies: selling the durable product only (i.e., a one-product-fits-all strategy), selling the durable product and optional items simultaneously, and selling them separately. We compare the optimal level of product functionality among these three sales strategies considering three managerial goals: coverage of the target market, revenue maximization, and profit maximization. We also study the effect of consumers' desire for a product with over-specification in the optimal design. We determine that the sale of add-ons affects the optimal functionality of a durable product and how separately selling optional items can alleviate the tendency toward over-specification in product design.

    DOI

  • Is the information of customer types and preferences to personal selling worth the investment in innovative technology? A modeling approach

    Hisashi Kurata

    Journal of Retailing and Consumer Services   49   371 - 379   2019年07月  [査読有り]

    単著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学『倉田研究室』の紹介—学生への期待、学問への取り組み、そして今すべきこと—(特集 経営工学を深める大学・経営工学を活用する企業)

    倉田久

    経営システム ( 公益社団法人 日本経営工学会 )  29 ( 2 ) 116 - 121   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 対人サービスへのIE技法の適応度の諸検討 : サービス部門研究プロジェクト (特集 JIMAの魅力を大公開) -- (研究プロジェクト紹介)

    倉田久

    経営システム ( 公益社団法人 日本経営工学会 )  27 ( 2 ) 92 - 97   2017年07月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • アフターサービスから見る製販連携 : 製品とアフターサービスが生み出す新たな世界

    倉田久

    経営システム ( 公益社団法人 日本経営工学会 )  23 ( 2 ) 86 - 90   2013年07月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Certificate of Outstanding Reviewer

    2019年04月   オランダElsevier社  

    受賞者:  Hisashi Kurata

     概要を見る

    IJPE, EJOR, Transportation Research Part-Eにおける査読活動における貢献

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 過剰接客サービス存在時のIT活用―小売業でのRFID動線を対象として―

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  倉田久

     概要を見る

    AIやBig Dataなどの既存のIT技術のサービスへの応用は,ITによる「おもてなし」といった高品質サ ービスの実現を暗黙の仮定とし,IT導入がサービス成功を担保する前提で論じられている.一方, ネット販売の興隆が暗示するように無駄なサービスを不要とする顧客も少なくない.本研究は,過剰 な対人サービス不要時にIT技術が創出する価値を検証する.小売店舗にてRFIDを用いた顧客と従 業員の動線把握技術を想定し,接客サービスを不要とする顧客の判別と過剰サービス存在下での 最適接客の決定を通して,顧客満足と収益増加のWin-Winの条件をモデル分析する.顧客特性把 握の価値を計量化する汎用シミュレーション・モデルを開発し,協力小売企業の実データを用いてモ デルの有用性を向上させる.更には,RFID導入の是非をも判断する戦略的意思決定の支援モデル に発展させる.不要サービス削除の研究としてサービス業のブラック企業化抑制など社会的な意義 も目的に含める.

  • 製品個別化とアフターサービスの統合:顧客関係視点からの供給連鎖のモデル化分析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  倉田久

     概要を見る

    本研究では、顧客ニーズの対応と生産効率向上の同時実現を目指して顧客参加の製品個別化を分析した。従来の製販連携モデルに、企業の商品販売後の顧客対応であるアフターサービスを含ませることで、現代の消費財製造業が直面する課題をより適切に分析できうるサプライチェーン研究の枠組みを提案した。その結果、企業による製品個別化への顧客の関与のあり方と顧客行動がサプライチェーンに与える影響に関しての学術論文として公開されるに至った。学術的に新たな知見に加え、世界市場で勢いを失いつつある日本消費財製造業に対して、研究成果は製品設計やブランド価値構築に関する経営示唆も提示できた。

  • 患者の満足とスタッフの適正労働を実現する地域基幹病院の医療サービス科学

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  高木英明

     概要を見る

    筑波大学附属病院において、病床管理を担当する看護師・医師に聞き取りを行って、入院患者を決定する優先順位付けと病床割当の方法を調査し、そのアルゴリズムをプログラム化し、タブレット型端末に実装したが、病院全体の新棟への移行等があり、新病棟での実用化には至らなかった。また、医療情報部から2年間にわたる全ての入院患者について、入院から退院までの病棟間移動のログデータの提供を受け、その中から、産科患者の流れを抽出して、待ち行列ネットワークでモデル化し、各病棟への入院患者数と各患者の在院日数の統計から各病棟の在院患者数の度数分布が予測できることを示した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Comparison of Distribution Collaboration Methods When Demand Occurs at Different Times in Different Locations

    Hisashi Kurata, Lu Zhang

    APIEMS 2019 conference  (日本国石川県金沢市)  2019年12月05日   Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems

  • Effectiveness of Price-Matching Strategies Between Physical Stores When the Lowest Price is Offered Online

    Hisashi Kurata, Lu Zhang

    APIEMS 2019 conference  (日本国石川県金沢市)  2019年12月03日   Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems

  • Information Pertaining Pre-Sales Demand and Transshipment of Unsold Products: Modeling Comparison of the Values of Information

    Hisashi Kurata

    DSI 2019 Annual Meeting  (New Orleans, LA, USA)  2019年11月25日   Decision Sciences Institute

  • 時間差で生じる短期需要に対する在庫効率向上:情報、モノ、カネの視点からのアプローチ

    倉田久

    日本経営工学会 2019年秋季大会  (タワーホール船堀)  2019年09月10日   日本経営工学会

  • Information on Pre-Sales Demand or Transferring Unsold Products: Transshipment for Asynchronous Sales At the Interface between Services and Supply Chain Management

    Hisashi Kurata

    POMS 30th Annual Meeting  (Washington DC, USA)  2019年05月05日   Production and Operations Management Society

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本経営工学会論文誌

    論文誌編集委員、エリアエディタ 

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • Transportation Research Part-E, Logistics and Transportation Review

    Editorial Board Member 

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • International Journal of Revenue Management

    Editorial Board Member 

    2009年04月
    -
    継続中
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 小売オペレーション

  • ファッション・サプライチェーン

  • 情報の価値:IT技術のサービス現場への導入

  • サプライチェーンの製販連携

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 経営学部  経営情報論

  • 大学院国際社会科学研究科  企業システム専攻  経営シミュレーション研究

  • 経営学部  ビジネスゲーム

  • 大学院国際社会科学研究院  経営シミュレーション特論

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学理工学群社会工学類   経営工学概論

  • 筑波大学理工学群社会工学類   経営工学

  • 筑波大学理工学群社会工学類   経営情報システム

  • 筑波大学大学院システム情報科学研究科社会工学専攻   サプライチェーン・マネジメント

  • 筑波大学大学院システム情報科学研究科社会工学専攻   企業計画情報システム

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 教育貢献賞 筑波大学システム情報系社会工学類

    2016年04月   筑波大学システム情報系  

    受賞者: 倉田久

     概要を見る

    社会工学類での教育活動への貢献

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
     
     
    JDS人材育成支援無償事業(JICE)   (その他特記事項)

     概要を見る

    国際大学 国際経営学研究科代表としてJDS留学生の面接、及び関係機関との調整のためウズベキスタン国に出張

  • 2009年09月
    -
    2009年10月
    JDS人材育成支援無償事業(JICE)   (その他特記事項)

     概要を見る

    国際大学 国際経営学研究科代表としてJDS留学生の面接、及び現地の関係機関との調整のためウズベキスタン国に出張 

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2015

    筑波大学  (筑波国際会議場(茨城県つくば市)) 

    2015年09月
     
     

     概要を見る

    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2015 というイベントにて「The value of information in supply chain management: Review of information sharing research and its directions」の題目の講演を実施する。

  • 筑波大学高大連携「筑波大学宿泊研修」

    筑波大学システム情報系社会工学類  (筑波大学) 

    2013年08月
     
     

     概要を見る

    高大連携の活動の一環として「経営工学100のキーワード導入編:マス・カスタマイゼーションの時代」の模擬講義を高校生に実施。

  • 2013年度筑波大学公開講座:サービスカイゼン研修コース

    筑波大学  (筑波大学春日キャンパス) 

    2013年04月
    -
    2013年07月

     概要を見る

    筑波大学が主催する社会人向け公開講座「2013年度筑波大学公開講座:サービスカイゼン研修コース」の企画、運営、そして講師を担当する。

  • 第8回いばらき創業塾

    社団法人いばらき社会起業家協議会  (三の丸ホテル、水戸市) 

    2013年03月
     
     

     概要を見る

    サービス業の効果・効率向上についてについての講演

  • すこやか茨城100人の会 年次大会

    すこやか茨城100人の会  (ホテル東雲、茨城県つくば市) 

    2012年05月
     
     

     概要を見る

    「ヒト・サービスのカイゼンに小さな仕組みで大きな満足–サービス・ポカヨケ–」の題目で講演を行う

全件表示 >>