KURATA Kaoruko

Affiliation

College of Education, Department of School Education , Specialization in Science Education

Job Title

Professor

Research Fields, Keywords

植物系統分類, 植物地理, 生物多様性保全, 環境教育

Related SDGs




The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant  2020.12

    【Published Thesis】 Contrasting evolutionary process during Quaternary climatic changes and historical orogenies: a case study of the Japanese endemic primroses Primula sect. Reinii.  2018.11

    【Published Thesis】 Conservation genetics of an ex situ population of Primula reinii var. rhodotricha, an endangered primrose endemic to Japan on a limestone mountain.  2017.10

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 生物文化多様性の観点に基づく生物多様性理解のための実践研究:小学生に向けたE-STEAM試論(日本環境教育学会関東支部年報)  2023.03

    【Book】 環境カウンセラーのガラパゴス見聞録  2022.06

    【Published Thesis】 Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant  2020.12

    【Published Thesis】 絶滅危惧植物チチブイワザクラ保全研究10年史(横浜国立大学教育学部紀要. Ⅳ, 自然科学 )  2023.02

    【Book】 galapagos Islands Plant Guide  2020.01

Education 【 display / non-display

  • 2003.4
    -
    2006.3

    Kyoto University   Doctor Course   Completed

  • 2001.4
    -
    2003.3

    Kyoto University   Master Course   Completed

  • 2000.4
    -
    2001.3

    Tokyo Institute of Technology   Master Course   Unfinished Course

  • 1996.4
    -
    2000.3

    Tokyo Gakugei University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Humanity and Environment - Kyoto University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2023.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityInstitute for Multidisciplinary Sciences  

  • 2024.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Science Education   Professor  

  • 2021.4
    -
    2024.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Science Education   Associate Professor  

  • 2017.4
    -
    2021.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Science Education   Associate Professor  

  • 2012.4
    -
    2017.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Science Education   Associate Professor  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2010.9
    -
    2011.8

      Researcher  

  • 2009.4
    -
    2012.3

      Lecturer  

  • 2006.4
    -
    2009.3

      Lecturer  

  • 2006
    -
    2013

      Lecturer  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2022.7
     
     
     

    自然環境復元学会

  • 2022.7
     
     
     

    日本環境教育学会

  • 2013.10
     
     
     

    種生物学会

  • 2009.3
     
     
     

    日本ガラパゴスの会

  • 2001
     
     
     

    日本植物分類学会

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Environmental Science/Agriculture Science / Conservation of biological resources

  • Life Science / Evolutionary biology

  • Life Science / Biodiversity and systematics

Qualification acquired 【 display / non-display

  • 小学校教諭一種免許状

  • 中学校教諭一種免許状(理科)

  • 中学校教諭専修免許状(理科)

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

  • 高等学校教諭専修免許状(理科)

display all >>

 

Research Career 【 display / non-display

  • 人間と生物圏を基軸とした生物多様性教育

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2022.6 - 2024.3

  • 葉の白化はなぜおこるのか?ー解剖学的研究

    Project Year: 2019.6

  • 横浜国立大学に自生する絶滅危惧植物タシロランの保全研究

    Project Year: 2018.5

  • ミズヒキの斑紋の形成とその要因

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2016.4

  • 日本産カタバミの系統学的研究と花粉形態

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2013.4 - 2015.3

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 環境カウンセラーのガラパゴス見聞録

    倉田 智子( Role: Supervisor (editorial))

    三省堂書店/創英社  ( ISBN:9784879231505

    CiNii

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    チャールズダーウィン研究所の研究補助に従事した著者の経験から,知られざるガラパゴスの人間の暮らしに密着した自然と人間の共生を探る解説書である。多角的な視点での記録が多く,環境保全の啓発書として役立つ。

  • 100万人のフィールドワーカーシリーズ第13巻フィールドノート古今東西

    梶丸 岳 (編集),‎ 丹羽 朋子 (編集),‎ 椎野 若菜 (編集) ほか 全10名( Role: Joint author)

    古今書院  ( ISBN:9784772271349

    Amazon

     More details

    Total pages:248   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    フィールドワークを行う研究者が、野外においてどのように記録を取りそれを活用していくのかについて、実際のノートを示しながら解説した本である。著者の個性や学問領域による作法の違いなどがわかり、フィールドワークを行う初学者への入門書となっている。

  • 世界を読み解くリテラシー

    井上健、山本史華、日高正司、秋山霧典、岡山理香、千田茂博、安井浩之、中井洋史、吉田真史、橋本義武、長田剛、高木晋作、倉田薫子、萩谷宏( Role: Joint author)

    萌書房  ( ISBN:9784860650544

    Amazon

     More details

    Total pages:272   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    東京都市大学共通教育センター所属の教員全13名の共著で、各執筆者が実際に講義で話している内容の一部を抜粋し、教養として身につけておくべき内容をまとめたものである。担当した講では、現在地球で起きている様々な環境問題と生物、特に人間との関係を解説した。

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • ニューカレドニアにおけるNepenthes vieillardii Hook.f. (Nepenthaceae) の種内分化機構

    倉田 薫子

    2006.3

    Doctoral Thesis   Single Work    [Reviewed]

Papers 【 display / non-display

  • Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant

    Masaya YAMAMOTO, Honami SUGAWARA, Kazuhiro FUKUSHIMA, Hiroaki SETOGUCHI, Kaoruko KURATA

    Journal of Threatened Taxa   12 ( 17 )   17263 - 17275   2020.12  [Reviewed]

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

    箱根火山に分布するコイワザクラの遺伝的多様性と繁殖生態を明らかにし,箱根のコイワザクラが箱根の成立ともに分化したことを明らかにした。これによって希少植物の保全への知見へつなげる。

  • Contrasting evolutionary process during Quaternary climatic changes and historical orogenies: a case study of the Japanese endemic primroses Primula sect. Reinii.

    Masaya YAMAMOTO, Masato OHTANI, Kaoruko KURATA, Hiroaki SETOGUCHI

    Annals of Botany   120 ( 6 )   943 - 954   2018.11  [Reviewed]

    DOI Web of Science

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:OXFORD UNIV PRESS   Joint Work  

  • Conservation genetics of an ex situ population of Primula reinii var. rhodotricha, an endangered primrose endemic to Japan on a limestone mountain.

    Masaya YAMAMOTO, Kaoruko KURATA, Hiroaki SETOGUCHI

    Conservation Genetics   18 ( 5 )   1141 - 1150   2017.10  [Reviewed]

    DOI Web of Science

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:SPRINGER   Joint Work  

  • 御蔵島に生育するコイワザクラの個体数と繁殖状況

    吉田涼香,倉田薫子,小木万布,山本将也

    Mikurensis   13   7 - 15   2024.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • 絶滅危惧植物タシロランの自生地復元と個体群の回復

    倉田薫子,樋口結子,西川友梨

    自然環境復元研究   14 ( 1 )   45 - 52   2024.3  [Reviewed]

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 宮脇の森45年:横浜国立大学の生物多様性と森林管理

    倉田薫子

    公益財団法人地球環境戦略機関国際生態学センター(IGES) News Letter   ( 95 )   6 - 7   2023.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Single Work  

    宮脇の環境保全林が作られて45年、タシロランをはじめとする豊かな森が成立している一方、倒木や落枝などの森林管理が難しくなっている。保全とともに安全管理を行うために、大規模植生調査とアセスメントが必要である。

  • 環境に関する教育の紹介ー里山でつなぐESD考

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書2023   13   2023.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    2022年度に採択された学長リーディングレクチャーシリーズ「里山でつなぐESD考」について紹介した。環境共生社会を担う人材育成を目標に、様々な分野の教員が実践中心に講義を行い、体験をもとにESDについて理解が深まったことが確認された。

  • たんぽぽプロジェクトー生物多様性保全と少年院における環境教育

    倉田薫子

    YNUレポート2023   46 - 46   2023.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    少年院における環境アセスメントと、そこで発見された在来種の保全を通して、少年院における環境教育への検討を行っていくことになった経緯について報告した。

  • 国大の材を活かしたESDーTeam竹ーモノとヒトをつなぐ

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書2022   16   2022.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    里山でESDを展開することを目標に結成したTeam竹の活動についてまとめた。学内の材を使い,人材をつないで今後のESDを展開していくことを述べた。

  • 横浜国立大学構内に出現した絶滅危惧植物タシロランの保全に向けた基礎研究

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書2021   15   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    横浜国大で発見されたタシロランの群生地における保全について,基礎的な研究の紹介を行った。

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 日本食虫植物研究会特別賞

    2007   日本食虫植物研究会  

    Individual or group name of awards:倉田薫子

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 異分野融合ESDを創発できる教員養成プログラム開発―生物文化多様性を体験/理解する

    2023.4 - 2027.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):倉田薫子

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

Other external funds procured 【 display / non-display

  • YNUキャンパスの自然共生サイト登録に関する研究

    2023.12 - 2024.6

    Private Foundations 

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 二十四節気・七十二候を用いた生物文化多様性教材の開発-環境・古典・美術・ものづくりの学際的視点から-

    2023.9 - 2024.8

    Private Foundations 

  • よこはま森の楽校~自然と触れ合おう

    2023.6 - 2024.3

    Local Government 

  • 人間と生物圏を基軸としたESD研究

    2023.4 - 2024.3

    Investigator(s):倉田薫子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    人間と生物圏共生を基軸としたESD研究拠点(若手支援)
    拠点形成のための準備期間2年目

  • 人間と生物圏を基軸としたESD研究

    2022.6 - 2023.3

    Investigator(s):倉田薫子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    人間と生物圏共生を基軸としたESD研究拠点(若手支援)

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 企業・行政・地域ができる生物多様性保全とは?ウェルビーイング・SDGsと繋ぎ合わせた実例から学ぶ産官学連携シンポジウム

    倉田薫子  [Invited]

    アースウォッチジャパンシンポジウム  アースウォッチジャパン

     More details

    Event date: 2023.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    新しい生物多様性への取組みとして,少年院における生物多様性保全と教育への展開を紹介した。企業,法務省,大学の三者の立場から,取り組みうる生物多様性保全とSDGs達成についてパネルディスカッションをおこなった。

  • 人と自然の古くて新しい関係~高校生から始める生物多様性

    倉田薫子  [Invited]

    第71回日本生態学会大会公開講演会  2024.3 

     More details

    Event date: 2024.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:神奈川  

  • 分子系統解析に基づく日本産シライトソウ属の分類学的再検討

    吉田涼香, 瀬戸口浩彰, 山本将也, 長澤耕樹, 永野惇, 田金秀一郎, 井上康彦, 倉田薫子

    日本植物分類学会第23回大会  

     More details

    Event date: 2024.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:仙台  

  • 横浜国立大学における準絶滅危惧種タシロランの分布と移動

    松栄凛也,倉田薫子

    自然環境復元学会第24回全国大会 

     More details

    Event date: 2024.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • ホテイアオイを利用した陸水の水質改善-重金属収着とその機構-

    増田航大,倉田薫子

    自然環境復元学会第24回全国大会 

     More details

    Event date: 2024.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 絶滅危惧植物の域外保全に関する研究

  • 生物多様性を基軸としたESD

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • 環境研究総合推進費 希少植物・絶滅危惧植物の持続可能な域外保全ネットワークの構築

    Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2013.4  -  2019.3 

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    Offer organization: PRO NATURA   Funded Research on Investiment  

    Project Year: 2013.4  -  2015.3 

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2024   Biogeography I

    Interfaculty Graduate School of Innovative and Practical Studies

  • 2024   Plant taxonomy

    Interfaculty Graduate School of Innovative and Practical Studies

  • 2024   Biogeography Ⅰ

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2024   Plant taxonomy

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2024   理科の教材デザイン論と実践

    Graduate School of Education

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 進化論

    Institution:東京都市大学

  • 植物学

    Institution:東京都市大学

  • 生物学実験

    Institution:東京都市大学

  • ガラパゴスの生物進化と保全

  • 歩いて学ぶ房総半島の自然史

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 神奈川県文化財保護審議会

    2024.4 

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 国際生態学センター

    2022.4  運営委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 鶴間公園地域コミュニティ連絡会

    2023.5  委員(学識経験者)

     More details

    Committee type:Municipal 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • YNU研究拠点主催「よこはま森の楽校ー横国の森ワークショップ祭」

    Role(s): Lecturer, Consultant, Planner, Report author

    2023.11

  • 法務省 環境学習講話

    Role(s): Lecturer

    2023.6

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    (多摩少年院,愛光女子学園,東日本医療少年院) 講義及びワークショップ 講師

  • 横浜国立大学里山未来工房

    Role(s): Planner, Logistic support

    2023.6 - 2023.12

     More details

    Audience: Schoolchildren, High school students, University students, Graduate students, Parents/Guardians

    Type:Seminar, workshop

    (年間6回実施)ワークショップ 企画運営,講師

  • 啓蟄ムシムシ大作戦

    Role(s): Lecturer

    2024.3

  • さがみ自然フォーラム

    Role(s): Official expert

    神奈川県自然保護協会  2024.2

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 少年院で在来種のタンポポを保全 非行少年の情操教育にも一役

    毎日新聞  2023.8

     More details

    Author:Other 

  • 在来タンポポ はぐくむ少年院

    共同通信  共同通信(愛媛新聞、信濃毎日新聞、秋田魁新聞)  2023.6

     More details

    Author:Other 

  • 1つの絶滅危惧種の保全から,生物多様性そして人間社会をつなぐ

    YNU  Young Pioneers RESEARCHERS : VOL.9  2022.4

  • 武甲山の自然 横瀬町ミュージアムトーク

    埼玉新聞  2020.9

  • テレビ番組情報提供

    NHKエデュケーション  ダーウィンが来た  2017.5

display all >>

Academic Activities 【 display / non-display

  • 少年院における環境教育プログラムの検討

    Role(s): Planning, management, etc., Planning/Implementing academic research

    法務省  2023.5

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

    法務省・アースウォッチジャパン・横浜国立大学 三社連携協定締結。立案,試行,全国展開までの指導助言

  • 少年院建替え工事に伴う敷地内生物の調査と緑道整備企画

    Role(s): Planning/Implementing academic research

    2022.4

     More details

    Type:Scientific advice/Review 

    法務省矯正局への助言,企画