KURATA Kaoruko

Affiliation

College of Education, Department of School Education , Specialization in Science Education

Job Title

Associate Professor

Research Fields, Keywords

植物系統分類, 植物地理, 生物多様性保全

Related SDGs




The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant  2020.12

    【Published Thesis】 Contrasting evolutionary process during Quaternary climatic changes and historical orogenies: a case study of the Japanese endemic primroses Primula sect. Reinii.  2018.11

    【Published Thesis】 Conservation genetics of an ex situ population of Primula reinii var. rhodotricha, an endangered primrose endemic to Japan on a limestone mountain.  2017.10

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  • 2003.4
    -
    2006.3

    Kyoto University   Doctor Course   Completed

  • 2001.4
    -
    2003.3

    Kyoto University   Master Course   Completed

  • 2000.4
    -
    2001.3

    Tokyo Institute of Technology   Master Course   Unfinished Course

  • 1996.4
    -
    2000.3

    Tokyo Gakugei University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Humanity and Environment - Kyoto University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2021.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Science Education   Associate Professor  

  • 2017.4
    -
    2021.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Science Education   Associate Professor  

  • 2012.4
    -
    2017.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Science Education   Associate Professor  

  • 2021.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Education   Professional Schools for Teacher Education     Specialization in Education/Special Needs Education   Science   Associate Professor  

  • 2021.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityInterfaculty Graduate School of Innovative and Practical Studies   Associate Professor  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2010.9
    -
    2011.8

      Visiting Scientist  

  • 2006.4
    -
    2012.3

      Lecturer  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2022.7
     
     
     

    自然環境復元学会

  • 2022.7
     
     
     

    日本環境教育学会

  • 2013.10
     
     
     

    種生物学会

  • 2009.3
     
     
     

    日本ガラパゴスの会

  • 2001
     
     
     

    日本植物学会

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Environmental Science/Agriculture Science / Conservation of biological resources

  • Life Science / Evolutionary biology

  • Life Science / Biodiversity and systematics

Qualification acquired 【 display / non-display

  • 小学校教諭一種免許状

  • 中学校教諭一種免許状(理科)

  • 中学校教諭専修免許状(理科)

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

  • 高等学校教諭専修免許状(理科)

display all >>

 

Research Career 【 display / non-display

  • 葉の白化はなぜおこるのか?ー解剖学的研究

    Project Year: 2019.6

  • 横浜国立大学に自生する絶滅危惧植物タシロランの保全研究

    Project Year: 2018.5

  • ミズヒキの斑紋の形成とその要因

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2016.4

  • 日本産カタバミの系統学的研究と花粉形態

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2013.4 - 2015.3

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2012.4

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 環境カウンセラーのガラパゴス見聞録

    倉田智子(著),倉田薫子(監修)( Role: Supervisor (editorial))

    三省堂書店  ( ISBN:9784879231505

     More details

    Total pages:214   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    チャールズダーウィン研究所の研究補助に従事した著者の経験から,知られざるガラパゴスの人間の暮らしに密着した自然と人間の共生を探る解説書である。多角的な視点での記録が多く,環境保全の啓発書として役立つ。

  • ガラパゴス植物ガイド

    清水善和、倉田薫子( Role: Supervisor (editorial))

    セントグラフィック株式会社 

     More details

    Language:Japanese Book type:Other

    ガラパゴスへの旅行者向けに、野外散策時に普通に見られる植物についてハンドアウトとして活用できるような冊子を出版した。一部画像提供も行った。植物の学術的な記載、学名や分類群名、和名の表記などについて監修を行った。

  • 100万人のフィールドワーカーシリーズ第13巻フィールドノート古今東西

    梶丸 岳 (編集),‎ 丹羽 朋子 (編集),‎ 椎野 若菜 (編集) ほか 全10名( Role: Joint author)

    古今書院  ( ISBN:9784772271349

    Amazon

     More details

    Total pages:248   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    フィールドワークを行う研究者が、野外においてどのように記録を取りそれを活用していくのかについて、実際のノートを示しながら解説した本である。著者の個性や学問領域による作法の違いなどがわかり、フィールドワークを行う初学者への入門書となっている。

  • 世界を読み解くリテラシー

    井上健、山本史華、日高正司、秋山霧典、岡山理香、千田茂博、安井浩之、中井洋史、吉田真史、橋本義武、長田剛、高木晋作、倉田薫子、萩谷宏( Role: Contributor)

    萌書房  ( ISBN:9784860650544

    Amazon

     More details

    Total pages:272   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    東京都市大学共通教育センター所属の教員全13名の共著で、各執筆者が実際に講義で話している内容の一部を抜粋し、教養として身につけておくべき内容をまとめたものである。担当した講では、現在地球で起きている様々な環境問題と生物、特に人間との関係を解説した。

  • 「環境教育」環境学習指導者養成セミナー ~環境教育の進め方~

    先崎武,倉田薫子,他 10 名( Role: Contributor ,  熱帯林,体験教育の進め方)

    環境カウンセラー全国連合会 

     More details

    Responsible for pages:33-35,79-81   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

    環境省環境カウンセラーの指導者養成セミナーで用いる教科書を2章分担執筆した。本書は全体を通して環境学習の指導者向けの知識および実践の技法などの解説をしたものであり、単に知識にとどまらず、各テーマにおける環境教育の方法に言及していることに特徴がある。

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • ニューカレドニアにおけるnepenthes vieillardiiの種内分化機構

    倉田 薫子

    2006.3

    Doctoral Thesis   Single Work    [Reviewed]

Papers 【 display / non-display

  • Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant

    Yamamoto M, Sugawara H, Fukushima K, Setoguchi H, Kurata K.

    Journal of Threatened Taxa   12 ( 17 )   17263 - 17275   2020.12  [Reviewed]

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

    箱根火山に分布するコイワザクラの遺伝的多様性と繁殖生態を明らかにし,箱根のコイワザクラが箱根の成立ともに分化したことを明らかにした。これによって希少植物の保全への知見へつなげる。

  • Contrasting evolutionary process during Quaternary climatic changes and historical orogenies: a case study of the Japanese endemic primroses Primula sect. Reinii.

    Masaya YAMAMOTO, Masato OHTANI, Kaoruko KURATA, Hiroaki SETOGUCHI

    Annals of Botany   120 ( 6 )   943 - 954   2018.11  [Reviewed]

    DOI Web of Science

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:OXFORD UNIV PRESS   Joint Work  

  • Conservation genetics of an ex situ population of Primula reinii var. rhodotricha, an endangered primrose endemic to Japan on a limestone mountain.

    Masaya YAMAMOTO, Kaoruko KURATA, Hiroaki SETOGUCHI

    Conservation Genetics   18 ( 5 )   1141 - 1150   2017.10  [Reviewed]

    DOI Web of Science

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:SPRINGER   Joint Work  

  • Genetic diversity and geographical structure of the pitcher plant Nepenthes vieillardii in New Caledonia: a chloroplast DNA haplotype analysis

    Kaoruko KURATA, Tanguy JAFFRÉ, Hiroaki SETOGUCHI

    American Journal of Botany   95 ( 12 )   1632 - 1644   2008  [Reviewed]

    DOI Web of Science PubMed

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:BOTANICAL SOC AMER INC   Joint Work  

  • 植物の葉にみられる斑紋の解剖学的観察

    倉田薫子,後藤良祐

    横浜国立大学教育学部紀要. Ⅳ, 自然科学   5   18 - 27   2022.2

    DOI

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:横浜国立大学教育学部   Joint Work  

    植物の葉に見られる斑紋について先行研究をまとめたうえで,タイプ別の斑紋形成機構を実際の切片観察によりまとめた。これまで提唱されていたタイプ分けではない,複合型や葉緑体の過剰蓄積による斑紋形成があることを示した。

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 横浜国立大学構内に出現した絶滅危惧植物タシロランの保全に向けた基礎研究

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書   15   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    横浜国大で発見されたタシロランの群生地における保全について,基礎的な研究の紹介を行った。

  • 常盤台キャンパスの緑・自然マップ

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    エコキャンパス白書において掲載されているキャンパスの自然のデータと写真の更新について,記事としてまとめた。

  • 地域の自然の魅力を伝える~歴史民俗資料館にて企画展を行いました

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書   17   2020.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    埼玉県横瀬町の郷土資料館において,地域の自然への理解を目的とした企画展を行ったものを紹介した。

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と生育域外保全システムの構築

    倉田薫子

    横浜国立大学エコキャンパス白書   13   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    武甲山で行われているチチブイワザクラの域外保全と,遺伝的多様性に基づく科学的取組みについて紹介した。

  • 進化の実験室 ガラパゴス ― かつて「楽園」だった島

    倉田 薫子

    京大人環フォーラム   ( 31 )   54 - 55   2012.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Single Work  

    ガラパゴス諸島チャールズダーウィン研究所客員研究員として滞在した1年間の経験について紹介した。特に研究所で行われている主に植物の研究と博物学的価値について概説すると同時に、進化の楽園であったガラパゴスの現状を報告した。

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 日本食虫植物研究会特別賞

    2007   日本食虫植物研究会  

    Individual or group name of awards:倉田薫子

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    2013.4 - 2015.3

Presentations 【 display / non-display

  • 植物多様性への誘いー実際の植物を見て進化を考える

    倉田薫子  [Invited]

    日本植物学会第86回大会京都 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    京都府立植物園を舞台に,特色のある植物を紹介し,次なる研究につなげる目的のシンポジウムで,食虫植物がなぜ虫を捕る進化をしたのかについて講義し,バックヤードで解説を行った。

  • 伊豆諸島に隔離分布するコイワザクラ(サクラソウ科)の系統的起源

    吉田涼香,山本将也,倉田薫子

    日本植物学会第86回大会京都 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    コイワザクラは4つの変種に分化しフォッサマグナを中心に分布している。御蔵島に隔離分布する集団について葉緑体DNAハプロタイプから分岐年代を推定し,どのように分布域形成をしたか考察した。

  • ミズヒキの葉に現れる斑紋の地理的分布-自生環境から見た考察

    後藤良祐、倉田薫子

    日本植物分類学会第21回大会   日本植物分類学会

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:神奈川  

    神奈川県西部山岳地域に斑紋のあるミズヒキが多かった先行研究を受け,地域を拡大して地理的構造を明らかにした。山岳部では斑紋がある個体が多かったことから,標高依存性を持つ可能性が示唆された。

  • マタタビの葉はなぜ白くなるのか?―呈色機構とその過程について

    長田拓之,倉田薫子

    日本植物分類学会第21回大会   日本植物分類学会

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:神奈川  

    マタタビは花期に一部の葉が白化する。白化の要因を検証するため,切片観察を行った。白化現象には,表皮細胞の形状変化,柵状組織の細胞間に空隙がある,葉緑体の消失などいくつかの要因が複合的に起きていることが明らかになった。

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの人工授粉における血縁度と結実率の関係

    宮本佳奈,山本将也,倉田薫子

    第53回種生物学シンポジウム  種生物学会

     More details

    Event date: 2021.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東北  

    既に遺伝的多様性が失われている集団においてできる限り多様性を向上させるために,遠縁の個体間での人工授粉を行い,結実率を調査した。遺伝的距離が一定水準を下回ると結実がよくなることを示した。

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 絶滅危惧植物の域外保全に関する研究

  • 生物多様性を基軸としたESD

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • 環境研究総合推進費 希少植物・絶滅危惧植物の持続可能な域外保全ネットワークの構築

    Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2013.4  -  2019.3 

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    Offer organization: PRO NATURA   Funded Research on Investiment  

    Project Year: 2013.4  -  2015.3 

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Learning ESD by doing ESD in Satoyama

    Liberal Arts Education

  • 2022   Senior Thesis / Projects

    College of Education

  • 2022   Biogeography Ⅰ

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2022   Biogeography I

    Interfaculty Graduate School of Innovative and Practical Studies

  • 2022   Special Lecture on Biology Ⅱ

    College of Education

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • ガラパゴスの生物進化と保全

  • 歩いて学ぶ房総半島の自然史

  • 武蔵野台地の自然史

  • 博物館学III

    Institution:東京都市大学

  • 生命の化学

    Institution:東京都市大学

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 国際生態学センター

    2022.4  運営委員

     More details

    Committee type:Academic society 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 川崎市民アカデミー講義

    Role(s): Lecturer

    2021.6 - 2021.7

     More details

    Audience: General public

    Type:Extension Lecture

  • 川崎市民アカデミー講義

    Role(s): Lecturer

    NPO法人川崎市民アカデミー  川崎  2020.12

     More details

    Audience: General public

    Type:Extension Lecture

    みどり学2-木や草が生活とつながる面白さを極める

  • 武甲山の自然(2)

    Role(s): Lecturer, Consultant

    横瀬町教育委員会  2020.11

     More details

    Audience: General public

    Type:Extension Lecture

  • 川崎市民アカデミー講義

    Role(s): Lecturer

    NPO法人川崎市民アカデミー  川崎  2020.11

     More details

    Audience: General public

    Type:Extension Lecture

    みどり学1-身近な自然に興味を持ち親しみを深める

  • 武甲山の自然(1)

    Role(s): Lecturer, Consultant

    横瀬町教育委員会  2020.9

     More details

    Audience: General public

    Type:Extension Lecture

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 1つの絶滅危惧種の保全から,生物多様性そして人間社会をつなぐ

    YNU  Young Pioneers RESEARCHERS : VOL.9  2022.4

  • 新聞掲載(横瀬町ミュージアムトーク)

    2020.9

  • 地域の自然の魅力を伝える~歴史民俗資料館にて企画展を行いました

    YNU  エコキャンパス白書2020  地域との環境コミュニケーション  2020.9

     More details

    Author:Myself 

  • テレビ番組情報提供

    NHKエデュケーション  ダーウィンが来た  2017.5

  • 科学番組出演

    BSフジ  ガリレオX 食虫速物はどのように肉食になったのか  2015.5

display all >>

Academic Activities 【 display / non-display

  • 少年院建替え工事に伴う敷地内生物の調査と保全のための助言

    Role(s): Planning/Implementing academic research

    2022.4

     More details

    Type:Scientific advice/Review