倉田 薫子 (クラタ カオルコ)

KURATA Kaoruko

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 理科教育

職名

准教授

研究分野・キーワード

植物地理、植物系統分類、生物多様性保全

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant   2020年12月

    【論文】 Contrasting evolutionary process during Quaternary climatic changes and historical orogenies: a case study of the Japanese endemic primroses Primula sect. Reinii.  2018年11月

    【論文】 Conservation genetics of an ex situ population of Primula reinii var. rhodotricha, an endangered primrose endemic to Japan on a limestone mountain.  2017年10月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    東京学芸大学   教育学部   小学校教員養成課程理科選修   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年03月

    京都大学  人間・環境学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    2003年03月

    京都大学  人間・環境学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間環境学) -  京都大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   理科教育   准教授  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   理科教育   准教授  

  • 2012年04月
    -
    2017年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   理科教育   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   自然・生活グループ 理科   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2011年08月

      チャールズダーウィン研究所   客員研究員

  • 2006年04月
    -
    2012年03月

      東京都市大学   知識工学部   講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    継続中
     

    種生物学会

  • 2009年03月
    -
    継続中
     

    日本ガラパゴスの会

  • 2001年
    -
    継続中
     

    日本植物分類学会

  • 2001年
    -
    継続中
     

    日本植物学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物資源保全学

  • 進化生物学

  • 生物多様性・分類

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 小学校教諭1種免許

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

  • 学芸員

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • 植物がつくる鉱物-鐘乳体の形成過程と成分に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • 日本産カタバミの系統学的研究と花粉形態

    その他の研究制度  

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月

  • ミズヒキの斑紋の形成とその要因

    その他の研究制度  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

  • 横浜国立大学に自生する絶滅危惧植物タシロランの保全研究

    研究期間: 2018年05月  -  継続中

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ガラパゴス植物ガイド

    清水善和、倉田薫子 (担当: 監修 )

    セントグラフィック株式会社  2020年01月

  • 100万人のフィールドワーカーシリーズ第13巻フィールドノート古今東西

    梶丸 岳 (編集),‎ 丹羽 朋子 (編集),‎ 椎野 若菜 (編集) ほか 全10名 (担当: 共著 )

    古今書院  2016年05月 ISBN: 9784772271349

    Amazon

  • 世界を読み解くリテラシー

    井上健、山本史華、日高正司、秋山霧典、岡山理香、千田茂博、安井浩之、中井洋史、吉田真史、橋本義武、長田剛、高木晋作、倉田薫子、萩谷宏 (担当: 分担執筆 )

    萌書房  2010年05月 ISBN: 9784860650544

    Amazon

  • 「環境教育」環境学習指導者養成セミナー ~環境教育の進め方~

    先崎武,倉田薫子,他 10 名 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 熱帯林 )

    環境カウンセラー全国連合会  2002年12月

  • 「環境教育」環境学習指導者養成セミナー ~環境教育の進め方~

    先崎武,倉田薫子,他 10 名 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 体験学習の進め方 )

    環境カウンセラー全国連合会  2002年12月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ニューカレドニアにおけるnepenthes vieillardiiの種内分化機構

    倉田 薫子

      2006年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学におけるタシロランの分布と生育状況

    倉田薫子,新田梢

    横浜国立大学教育学部紀要. Ⅳ, 自然科学     2021年03月

    共著

  • Genetic and reproductive characterization of distylous Primula reinii in the Hakone volcano, Japan: implication for conservation of the rare and endangered plant

    Yamamoto M, Sugawara H, Fukushima K, Setoguchi H, Kurata K.

    Journal of Threatened Taxa   12 ( 17 ) 17263 - 17275   2020年12月  [査読有り]

    共著

  • 絶滅危惧植物コイワザクラの 箱根金時山における繁殖生態と発芽特性

    矢部重樹,倉田薫子

    生物教育学雑誌   31   1 - 6   2020年05月

    共著

  • 神奈川県産の腊葉標本を用いたミズヒキの葉の斑紋変異の地理的分布

    新田 梢・岩田健志・大西 亘・倉田薫子

    神奈川自然誌資料   41   1 - 3   2020年03月  [査読有り]

    共著

  • Contrasting evolutionary process during Quaternary climatic changes and historical orogenies: a case study of the Japanese endemic primroses Primula sect. Reinii.

    Masaya YAMAMOTO, Masato OHTANI, Kaoruko KURATA, Hiroaki SETOGUCHI

    Annals of Botany ( OXFORD UNIV PRESS )  120 ( 6 ) 943 - 954   2018年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • APG分類体系と植物の進化

    倉田薫子

    生態環境研究 ( 国際生態学センター )  26 ( 1 )   2020年06月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 進化の実験室 ガラパゴス ― かつて「楽園」だった島

    倉田 薫子

    .京大人環フォーラム   ( 31 ) 54 - 55   2012年09月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 自然史学におけるフィールド調査の重要性-ガラパゴス諸島でみたもの-

    倉田 薫子

    東京都市大学共通教育センター紀要 ( 東京都市大学 )  5   155 - 161   2012年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    CiNii

  • ウツボカズラの進化を探るー植物の種多様性形成

    倉田 薫子

    .京大人環フォーラム   ( 22 ) 53 - 53   2008年03月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • Nepenthes rajahにおける消化液のpH特性

    倉田薫子,矢ヶ部重隆

    武蔵工業大学共通教育センター紀要 ( 武蔵工業大学 )  1   31 - 37   2008年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    CiNii

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食虫植物研究会特別賞

    2007年   日本食虫植物研究会  

    受賞者:  倉田薫子

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    提供機関:  プロナトゥーラ 

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 葉の斑紋出現パターンの解剖学的分類

    後藤良祐,倉田薫子

    日本植物分類学会第20回大会  (オンライン)  2021年03月08日  

  • 広義コイワザクラの花粉サイズおよび花粉形態による分類の検討

    宮本佳奈, 倉田薫子

    日本植物分類学会第20回大会  (オンライン)  2021年03月08日  

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの保全に向けた遺伝的多様性の解析

    宮本佳奈,山本将也,倉田薫子

    2020年度(第52回) 種生物学シンポジウム  (オンライン)  2020年12月04日  

  • ミズヒキの斑紋の有無における地理的構造とその要因の検討

    後藤良祐、倉田薫子

    2020年度(第52回) 種生物学シンポジウム  (オンライン)  2020年12月04日  

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの発芽特性 〜個体群再生への取り組み〜

    矢部重樹、宮本佳奈、倉田薫子、酒井暁子

    第67回日本生態学会大会  2020年03月04日  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 絶滅危惧植物の域外保全に関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 環境研究総合推進費 希少植物・絶滅危惧植物の持続可能な域外保全ネットワークの構築

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年04月  -  2019年03月 

  • 絶滅危惧植物チチブイワザクラの遺伝的多様性解析と域外保全

    提供機関: PRO NATURA  出資金による受託研究  

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院教育学研究科  植物学演習

  • 大学院教育学研究科  植物学講義

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

  • 大学院教育学研究科  教育デザイン

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 放送大学渋谷   ガラパゴスの生物進化と保全

  • 東京都市大学   博物館学III

  • 東京都市大学   植物学

  • 放送大学渋谷   武蔵野台地の自然史

  • 放送大学千葉   歩いて学ぶ房総半島の自然史

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月
     
     
    日本植物分類学会   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):日本植物分類学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:福島大学 主たる経費:寄附金

  • 2014年09月
     
     
    日本植物学会   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):日本植物学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:明治大学 主たる経費:研究費

  • 2014年09月
     
     
    日本植物学会   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):日本植物学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:明治大学 主たる経費:寄附金

  • 2014年02月
     
     
    自然環境復元学会若手優秀発表大賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有

  • 2014年02月
     
     
    絶滅危惧植物チチブイワザクラの繁殖生態-繁殖成功度に寄与する形質の推定と結実における資源制限の影響   (学会等における学生の発表実績)

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 川崎市民アカデミー講義

    NPO法人川崎市民アカデミー  (川崎) 

    2020年12月
     
     

     概要を見る

    みどり学2-木や草が生活とつながる面白さを極める

  • 武甲山の自然(2)

    横瀬町教育委員会 

    2020年11月
     
     

  • 川崎市民アカデミー講義

    NPO法人川崎市民アカデミー  (川崎) 

    2020年11月
     
     

     概要を見る

    みどり学1-身近な自然に興味を持ち親しみを深める

  • 武甲山の自然(1)

    横瀬町教育委員会 

    2020年09月
     
     

  • 横瀬町立歴史民俗資料館企画展示

    横瀬町教育委員会 

    2020年03月
    -
    継続中

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中
      遺伝子組換え実験安全専門委員会   (全学委員会)

  • 2016年04月
    -
    継続中
      連携運営員会   (部局内委員会)

  • 2021年05月
    -
    継続中
      全学的SDGsWG   (その他の主要活動)

  • 2021年04月
    -
    継続中
      入試部会総合型選抜主担当(旧実施委員長職)   (部局内委員会)

  • 2020年04月
    -
    継続中
      国際交流委員会   (部局内委員会)

全件表示 >>