栗原 靖之 (クリハラ ヤスユキ)

KURIHARA Yasuyuki

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

マウス 生殖生物学 精子 生殖細胞 RNA生物学 モノクローナル抗体作製技術

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ynu-bio.com



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    東邦大学   理学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    神戸大学  自然科学研究科(学習院大学、甲南大学以外の大学)  物質科学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1986年03月

    東邦大学  理学研究科  生理化学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 -  神戸大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年05月
    -
    2000年03月

      米国ペンシルベニア大学   CRRWH   訪問研究員

  • 1989年04月
    -
    1992年07月

      科学技術庁放射線医学総合研究所   生物研究部   研究員

  • 1988年04月
    -
    1989年03月

      日本学術振興会   特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本RNA学会

  •  
     
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     
     

    日本遺伝学会

  •  
     
     
     

    日本アンドロロジー学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア電子伝達系の活性制御

    研究期間:  - 

  • 迅速簡便なモノクローナル抗体作製法の開発

    研究期間:  - 

  • 哺乳動物の生殖細胞の発生分化に関わるRNA情報の発現制御の研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 小笠原100の素顔Ⅱ

    東京農大小笠原100の素顔編集委員会 (担当: その他 )

    東京農大出版会  2004年 ISBN: 4-88694-042-0

  • 制限酵素、「ヒドロラーゼ」

    栗原靖之、上杉晴一 (担当: 共著 )

    廣川書店  2003年

  • 高感度蛍光色素を使ったポストステイニングによる蛍光ディファレンシャルディスプレイ(SSDD)法、「non‐RI実験の最新プロトコール 蛍光の原理と実際:遺伝子解析からバイオイメージングまで」

    丸本佳代子、栗原靖之、 (担当: 共著 )

    羊土社  1999年

  • タンパク質と核酸のゲル電気泳動の高感度蛍光染色剤を使った染色法、「non‐RI実験の最新プロトコール 蛍光の原理と実際:遺伝子解析からバイオイメージングまで」

    明神玲子、栗原靖之、 (担当: 共著 )

    羊土社  1999年

  • Genetics in Wild Mice, Its Application to Biomedical Research

    H. Suzuki and Y. Kurihara (担当: 共著 , 担当範囲: Genetic Variation of Ribosomal RNA in the House Mouse, Mus musculus )

    Japan Scientific Societies Press  1994年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Flow cytometry-based method for rapid and high-throughput screening of hybridoma cells secreting monoclonal antibody

    赤城幸、中嶋千佳、田中陽一郎、栗原靖之

    Journal of Bioscience and Bioengeering   125 ( 4 ) 464 - 469   2018年05月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • Specific intron-dependent loading of DAZAP1 onto the cox6c transcript suppresses pre-mRNA splicing efficacy and induces cell growth retardation

    Kenta Sasaki, Mana Ono, Kaori Takabe, Atsushi Suzuki, Yasuyuki Kurihara

    GENE     2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Specific interaction with the nuclear transporter importin a2 can modulate paraspeckle protein 1 delivery to nuclear paraspeckles.

    Andrew T. Major, Cathryn A. Hogarth, Yoichi Miyamoto, Mai A. Sarraj, Catherine L. Smith f, Peter Koopman, Yasuyuki Kurihara, David A. Jans and Kate L. Loveland

    Molecular Biology of the Cell   26 ( 8 ) 1543 - 1548   2015年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    細胞分化に伴いimportinタンパク質群は細胞内局在を大きく変化させる。PSPc1タンパク質が核内小器官paraspeckleに運搬されるのにimportin a2タンパク質が関わることを見いだし、両者の発現を生殖細胞分化過程で観察した

    DOI

  • Mitochondrial Biogenesis and the Activity Regulation by Posttranscriptional Control of cox6c mRNA by an RNA Binding Protein, Prrp

    Kurihara Y, Sakagami H, Ono M, Takabe K, Sasaki K, Tasaka Y, Yanai C and Yasuhara A

    International Symposium on Mitochondria 2014     2014年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    RNA結合タンパク質がミトコンドリア電子伝達系複合体4のサブユニットタンパク質cox6cの翻訳制御することでエネルギー生産系の制御が行われていることを示した。

  • Distinct roles of DBHS family members in the circadian transcriptional feedback loop.

    Elzbieta Kowalska, Juergen Ripperger, Christine Muheim, Bert Maier, Yasuyuki Kurihara, Archa Fox, Achim Kramer, and Steven A. Brown

    Molecular and Cellular Biology   32 ( 22 ) 4585 - 4594   2012年11月

    共著

    Web of Science DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 陰陽のミトコンドリア 第1回ミトコンドリアは面白い

    First Knowledge 第7号 ( 株式会社 jast )  ( 7 ) 3 - 6   2018年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  

  • 哺乳類生殖細胞形成機構の解析 –生殖医療への応用に向けて-

    Atsushi Suzuki, Yumiko SAGA

    医学のあゆみ ( 医歯薬出版 )  238 ( 13 ) 1221 - 1223   2011年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    CiNii

  • 実験がうまくいく 蛍光・発光試薬の選び方と使い方、 「タンパク質検出法」

    羊土社     2007年10月

    総説・解説(その他)   共著

  • ハツカネズミ亜種間雑種がもたらす染色体不安定性

    アニメイト     2006年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリアは面白い!ミトコンドリア未病をご存じですか?

    栗原 靖之  [招待有り]

    予防医学研究会公開セミナー  (厚生会館5階)  2018年05月20日   ㈱JAST 教育部門

     概要を見る

    今日の健康を明日へつなぐ。 ミトコンドリアと仲良く!

  • 蛍光抗原によるB細胞標識とそのモノクローナル抗体作製法の改良への応用

    赤城幸、栗原靖之  [招待有り]

    第38回日本分子生物学会年会ランチョンセミナー  2015年12月01日  

     概要を見る

    我々が開発したモノクローナル抗体作製法について紹介した。

  • 高等生物での遺伝情報発現の主役RNA

    栗原靖之  [招待有り]

    平成27年度 第1回セミナー  (横浜)  2015年07月25日   神生研

     概要を見る

    RNA制御が高等生物の高次生命現象に深く関わっていることをわかりやすく講義した。

  • Mitochondrial Biogenesis and the Activity Regulation by Posttranscriptional Control of cox6c mRNA by an RNA Binding Protein, Prrp

    栗原靖之、坂上弘幸、尾野真奈、高部かおり、佐々木賢太、田坂有希、矢内千春、安原敦広

    日本ミトコンドリア学会 第14回年会   (東京)  2014年11月06日   日本ミトコンドリア学会

     概要を見る

    RNA結合タンパク質がミトコンドリア電子伝達系複合体4のサブユニットタンパク質cox6cの翻訳制御することでエネルギー生産系の制御が行われていることを示した。

  • RNA結合タンパク質Prrpはpre-mRNA splicingの上位因子か

    栗原靖之  [招待有り]

    Waterfront Seminor  (東京)  2012年10月24日   産総研

     概要を見る

    Prrpが一つのmRNAの複数個のイントロンスプライシングに関わる可能性について論じた。

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規モノクローナル抗体の作製

  • 生殖生物学 ほ乳類遺伝学

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  バイオ創生・計測工学実習F

  • 大学院理工学府  バイオ創生・計測工学実習S

  • 大学院理工学府  高次生命機能科学

  • 大学院理工学府  バイオとライフ技術の創生F

  • 大学院理工学府  バイオとライフ技術の創生S

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学   医科学実験法Ⅰ、Ⅱ

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度 横浜国立大学発明表彰

    2013年04月   横浜国立大学  

     概要を見る

    学内で発明等で功績の高い教員に授与

  • 平成23年度横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2012年04月   横浜国立大学  

     概要を見る

    学内の教育功績の高い教員に授与

  • 平成23年度大学発・政策提案制度

    2012年03月   神奈川県  

    受賞者: 理工学部 化学・生命系学科 バイオEP

     概要を見る

    独創的で理科への興味を高める高等学校生物実験プログラムの開発

  • 2008~2010年度横浜国立大学工学部ベストティーチャー賞

    2011年   横浜国立大学工学部