松井 純 (マツイ ジュン)

MATSUI Jun

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

流体力学,流体機械

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 ポンプ吸込水槽における渦発生条件の相似性   2016年03月

    【論文】 可変液量型流体継手の内部流れと伝達トルクの数値解析  2008年03月

    【論文】 J-Grooveによる遠心ポンプの軸スラスト制御  2008年02月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    東京大学   工学部   機械工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    東京大学  工学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年01月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   助教授  

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    ターボ機械協会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 流体工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ターボ型流体機械に関する研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • ターボポンプ(新改訂版)

    古川明徳、黒川淳一、松井純、ほか21名 (担当: 共著 )

    日本工業出版株式会社  2008年07月

     概要を見る

    ターボポンプについての入門から実際の利用までを網羅した教科書である。

  • コンピュータの基礎と数値計算

    森下信、松本裕昭、松井純、石塚辰美、中野健 (担当: 共著 , 担当範囲: 13,14章 )

    丸善株式会社  2003年09月

     概要を見る

    コンピュータ教育の導入からプログラミングに至る、適切な教科書がなかったことから、教科書を本学の5名の教官で共著した。コンピュータの仕組み、使い方からプログラミングと数値解析の初歩までをカバーしており、講義において教科書として用いていた。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 表面に衝突する単原子気体分子の動力学

    松井 純

      1993年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    分子動力学の手法を用いて、固体表面における各種気体分子の散乱過程の数値シミュレーションを行った。散乱過程を統計モデルとしてまとめ、モデル定数を定めた。

    DOI

  • 固体-気体境界における原子挙動の分子動力学的解析

    松井 純

      1990年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院 工学系研究科 分子動力学シミュレーションについて高精度の積分法と高速な解法を開発し、レナードジョーンズ分子の表面における衝突散乱過程を明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • バランスホールにおける特異な内部流れ

    山下 洋亮, 松井 純, 大久保 篤志

    ターボ機械 ( 一般社団法人 ターボ機械協会 )  47 ( 12 ) 723 - 729   2020年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>In order to research the discharge coefficient of a balancing hole <i>C<sub>d</sub></i> for a wide range of axial flow velocity <i>v</i> in the hole and rotational speed <i>u</i>, we carried out CFD simulations. Some of the results and the reported experimental data agree within the difference of about 5.3% on the pressure difference of the hole. Flow in a balancing hole is influenced by not only <i>v</i> but also <i>u</i>. Therefore the parameter <i>v</i>/<i>u</i> is considered as an important parameter of <i>C<sub>d</sub></i>. Furthermore, for very low range of <i>v</i>/<i>u</i>, we found a rare flow situation with S-shaped streamlines. Due to the strong pumping effect by rotating disk, <i>C<sub>d</sub></i> is greatly different in this region.</p>

    DOI CiNii

  • Suction Vortices in a Pump Sump-Their Origin, Formation, and Dynamics

    Yamade Yoshinobu, Kato Chisachi, Nagahara Takahide, Matsui Jun

    JOURNAL OF FLUIDS ENGINEERING-TRANSACTIONS OF THE ASME   142 ( 3 ) 031110-1 - 031110-26   2020年03月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • LARGE EDDY SIMULATION OF A SUBMERGED VORTEX IN A SIMPLIFIED COMPUTATIONAL MODEL

    Yamade Yoshinobu, Kato Chisachi, Nagahara Takahide, Matsui Jun

    PROCEEDINGS OF THE ASME/JSME/KSME JOINT FLUIDS ENGINEERING CONFERENCE, 2019, VOL 3B   3B   2019年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • ポンプ吸込水槽に発生する水中渦の流れ構造

    山出 吉伸, 加藤 千幸, 長原 孝英, 松井 純

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  85 ( 878 ) 19 - 00294-19-00294   2019年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>The flow structures of a submerged vortex that appears in a model pump sump have been fully clarified by performing large eddy simulation (LES) of a model vortex in a simplified computational model. The computational model had a sufficiently fine grid that could resolve the vortex core. The model sump is composed of a 2,500 mm-long water channel of rectangular cross section with a width of 300 mm and a water height of 150 mm and a vertical suction pipe with a 100 mm diameter installed at its downstream end. Our previous large eddy simulations (LES), which used approximately 2 billion grids and were applied to the whole pump sump, has fully clarified the origin and formation mechanism of a submerged vortex and an air-entrained vortex. In these computations, however, the static pressure in the vortex core decreased by only 5 kPa at a channel velocity of 0.37 m/s. The decrease in the static pressure was far smaller than the one for which one can expect initiation of cavitation in the vortex core. In the corresponding experiment, however, appearance of a submerged vortex was confirmed by the occurrence of cavitation in the vortex core. Therefore, the decrease in the static pressure is most likely to be underpredicted in our previous LES. Insufficient grid resolution was assumed to be one of the reasons for this underprediction. In the present study, LES with a sufficiently fine grid was applied to a simplified computational model that represents the stretch of a submerged vortex under a constant acceleration of the vertical velocity. Vertical and tangential velocities obtained by averaging those profiles of a submerged vortex computed in the previous LES were prescribed at the bottom wall of the computational domain as the inflow boundary conditions. In the present LES, the static pressure has decreased by more than 100 kPa. In addition, parametric studies with different initial swirl numbers varied from 0.08 to 10.9 have fully clarified the behavior of a submerged vortex. It is found that a strong submerged vortex appears only at a relatively small range of the swirl-number from 0.8 to 2.</p>

    DOI CiNii

  • ポンプ吸込水槽における吸込渦発生のメカニズム

    山出 吉伸, 加藤 千幸, 長原 孝英, 松井 純

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  85 ( 875 ) 19 - 00072-19-00072   2019年07月

    共著

     概要を見る

    <p>The origin and formation mechanism of a submerged vortex and an air-entraining vortex have been fully clarified by large-eddy simulation (LES) that used approximately 2 billion hexahedral elements with maximum resolution of 0.255 mm and was applied to the internal flows of a model pump sump. The model pump sump is composed of a 2,500 mm-long water channel of rectangular cross section with a width of 300 mm and a water depth of 100 mm and a vertical suction pipe with a 100 mm diameter installed at its downstream end with an offset of 10 mm from the centerline of the rectangular channel. At the upstream end of the channel, a uniform velocity of 0.37 m/s is given. LES with different wall boundary conditions have revealed that the origin of a submerged vortex is the mean shear of the approaching boundary layers that develop on the bottom and side walls of the pump sump. From detailed investigations of LES computed for a long time period of 16 seconds have revealed that deviation of the mean flow that approaches the suction pipe triggers conversion of the axis of the vorticity that was originally aligned to the lateral direction in the approaching boundary layers to that aligned to the vertical direction. The local acceleration of the vertical flow stretches the afore-mentioned vertical vortex, which results in formation of a submerged vortex. The separated flows downstream of the suction pipe generate vertical vorticity, and forms an air-entraining vortex when such a vortex is sucked into the suction pipe. Computations with a different bellmouth height and a different water-surface height have supported the above mentioned origin and formation mechanism of these vortices.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会論文賞

    2000年04月    

  • 日本機械学会奨励賞(研究)

    1997年04月    

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作B

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作A

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計B

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計A

  • 大学院理工学府  数値流体工学

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 水力発電導入促進のための事業費補助金(水力発電実証モデル事業)採択審査委員会

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他   委員長

  • 水力発電導入促進のための事業費補助金(水力発電設備更新等事業)採択審査委員会

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他   委員長

  • 水力発電導入促進のための事業費補助金(水力発電事業性評価等支援事業)採択審査委員会

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他   委員

  • 水力発電導入促進のための事業費補助金(水力発電事業性評価等支援事業)採択審査委員会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他   委員

  • 水力発電導入促進のための事業費補助金(水力発電設備更新等事業)採択審査委員会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他   委員長

全件表示 >>