MATSUZAWA Koichi

Affiliation

Faculty of Engineering, Division of Materials Science and Chemical Engineering

Job Title

Associate Professor

Research Fields, Keywords

Electrochemistry, Electrocatalyst, Industrial electrolysis

Web Site

https://ecml.ynu.ac.jp/

Related SDGs




The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2005

    Yokohama National University   Department of Functional Development Engineering   Doctor Course   Completed

  •  
    -
    2001

    Yokohama National University   Department of Material Engineering   Master Course   Completed

  •  
    -
    1999

    Yokohama National University   Depertment of Material Engineering   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering - Yokohama National University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2013.1
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Engineering   Division of Materials Science and Chemical Engineering   Associate Professor  

  • 2008.4
    -
    2012.12

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Engineering   Division of Materials Science and Chemical Engineering   Assistant Professor  

  • 2018.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate school of Engineering Science   Department of Chemistry, Chemical Engineering and Life Science   Associate Professor  

  • 2013.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Engineering Science   Department of Chemistry, Chemical Engineering and Life Science   Associate Professor  

  • 2011.4
    -
    2012.12

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Engineering Science   Department of Chemistry, Chemical Engineering and Life Science   Assistant Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2005.4
    -
    2008.3

    Keihanna Interaction Plaza Inc.   KFPT Core Research Center, Kyoto Prefecture Collaboration of Regional Entities  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2003.1
     
     
     

    The Electrochemical Society of Japan

  • 2008.10
     
     
     

    Electrochemical Society

  • 2010.4
     
     
     

    The Committee of the Electrolytic Science and Technology in Electrochemical Society of Japan

  • 2013.4
     
     
     

    電気化学会 燃料電池研究会

  • 2008.4
     
     
     

    Hydrogen Energy Systems Society of Japan

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Nanotechnology/Materials / Energy chemistry

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Electron device and electronic equipment

  • Nanotechnology/Materials / Functional solid state chemistry

  • Nanotechnology/Materials / Fundamental physical chemistry

  • Nanotechnology/Materials / Nanomaterials

 

Research Career 【 display / non-display

  • 溶融炭酸塩形燃料電池のカソード材料の研究

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2008.4 - 2012.3

  • -

    Project Year:

Books 【 display / non-display

  • 二酸化炭素回収・有効利用の最新動向

    杉本裕、大石克嘉、井上瑞基、Ismail Edhuan 、一ノ瀬泉、高村光栄、平井裕士、下山裕介、片岡大志、梅木辰也、稲垣冬彦、村上遼、谷口育雄、田中一宏、中野健央、藤川茂紀、鈴木智幸、齋藤結大、野呂真一郎、武脇隆彦、金子雅之、茂木康弘、紫垣伸行、原田英文、成相健太郎、 鎌田博之、遠藤巧、取違剛、菅沼剛、本田正義、富永健一、本倉健、冨重圭一、藪下瑞帆、 藤井亮太郎、落合文吾、榧木啓人、福田佳之、姫田雄一郎、鄭知恩、斎藤進、松澤幸一、小玉聡、佐伯順子( Role: Contributor ,  グリーン水素製造技術としての水素(第5章 1))

    シーエムシー出版  ( ISBN:978-4-7813-1802-8

     More details

    Total pages:263   Responsible for pages:231-242   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • メタネーションとグリーン水素の最新動向

    関根泰, 秋元圭吾, 野口隆浩, 中村真季, 福本一生, 則永行庸, 髙橋陽, 阿部祥忠, 泉康雄, 多湖輝興, 鎌田博之, 若山樹, 吉原弘, 丸田妙, 宮本広樹, 田中浩之, 大西久男, 阪井敦, 古崎康哲, 川野誠, 木村浩之, 山登正文, 川上浩良, 兼橋真二, 野村幹弘, 石井克典, 佐藤友哉, 山田秀尚, 古山通久, 坪ノ内優太, ザキ ザハラン, 八木政行, 坂田興, 松澤幸一, 仮屋夏樹, 米田雅一, 奈良悠里, 田中学, 森田敬愛, 松本広重, 長田憲和( Role: Contributor ,  グリーン水素のキーデバイス「水電解」と「触媒技術」(第7章 1))

    シーエムシー出版  ( ISBN:978-4-7813-1754-0

     More details

    Total pages:234   Responsible for pages:195-200   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • グリーン水素製造に向けた水電解および周辺技術

    古山通久, 西美奈, 吉岡剛, 仮屋夏樹, 菅原一真, 米田雅一, 西本武史, 高鍋和広, 中西哲朗, 長田憲和, 宮西将史, Avner Rothschild, Hen Dotan, Gideon Grader, 佐藤剛史, 中山雅晴, 村越敬, 南本大穂, 福島知宏, 小島宏一, 長澤兼作, 轟直人, 伊藤良一, 松井敏明, 中島良, 花木保成, 山下翼, 渡邊駿太, 中島裕典, 松田潤子, 兒玉学, 松田翔一, 菅原勇貴, 松澤幸一, 草田康平, 松本広重, Leonard Kwati, Rishad Kunafiev, 脇坂暢, 角倉康介, 早部慎太朗, 奥山匠, 川原浩一, 小林琢也, Dr. Franziska D. van Kruechten, 墻内孝祐, 山脇正也, 津田理, 河野龍興, 加藤尚, 今肇, 平瀬育生, 轟木光, 谷俊宏, 竹本真典, 野一色公二, 大西久男, 村岡元司( Role: Contributor ,  アルカリ水電解(第6章第1節第1項(1))、固体高分子形水電解(非貴金属系)(第6章 第1節第1項(2)②))

    情報機構  ( ISBN:978-4-86502-258-2

     More details

    Total pages:463   Responsible for pages:257-267,276-   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 水電解による水素製造技術~各種水電解法の基本・最新技術と世界の水素政策動向

    松澤 幸一( Role: Contributor ,  第3章 第1節 PEM 形水電解の基本,特徴)

    シーエムシー・リサーチ  ( ISBN:978-4-910581-40-8

     More details

    Total pages:245   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    「全ての人々にとって住みやすく持続可能な将来を確保するための機会の窓が急速に閉じている(確信度が非常に高い)」。
    これは,気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が 2023 年3 月 20 日に発表した第 6 次評価報告書統合報告書に関して,「政策決定者向け要約」の中に記述された一文である。さらに「この 10 年間に行う選択や実施する対策は,現在から数千年先まで影響を持つ(確信度が高い)」と同要約に記述されている。現在に至るまで地球温暖化対策として世界中で様々な施策が行われてきているが,さらに多くの対策を加速的に講じていかねばならない。地球温暖化対策としての温室効果ガス排出量削減を目指す中で,我が国を含め世界各国の政策動向の詳細は本文に譲るが,水素の需要が今後飛躍的に増加していくことは間違いない。化石資源に依存しない「グリーン水素」の製造を担う水電解技術は,ビジネスとしても今後大いに発展していくと期待される。以上のような状況の中で,水電解分野の全体像を俯瞰したいというニーズに対して,当該分野に特化した専門書が現状ではほとんど見当たらない。このような状況に鑑みて本書は,各種水電解技術の基本から最新の開発状況,さらに世界中の水素関連政策動向を 1 冊で俯瞰できる書籍を目指して企画された。
    本書は,前半の「技術編」と後半の「政策・開発動向編」で構成されている。「技術編」では まず「水電解の原理」にて,熱力学や電気化学の基本を踏まえて水電解技術の原理が解説されている。その後には「アルカリ水電解(AWE)」「プロトン交換膜形水電解(PEMWE)」「アニオン交換膜形水電解(AEMWE)」「高温水蒸気電解(HTSE)」の章が続いており,各種水電解技術の基本から技術開発の現状までを本書 1 冊で俯瞰できる内容となっている。後半の「政策・開発動向編」では,初めの「日本国内の動向」において,グリーン水素関連の国内政策動向全般および NEDO プロジェクトでの技術開発動向を把握することができる。その後の章では海外の動向に視点を移し,水素に関連する国際組織の動向,そして「米国」「欧州」「中国」の動向について解説されている。今後の世界的なグリーン水素に関連する政策や技術動向を注視していくために,本書を活用して現状を理解することに役立てていただきたい。

  • 水素の製造とその輸送,貯蔵,利用技術

    松澤 幸一( Role: Contributor ,  第2章 第3節)

    技術情報協会  ( ISBN:978-4-86104-899-9

     More details

    Total pages:603   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    技術情報協会

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • チタン酸化物ベース触媒への鉄、亜鉛添加による酸性電解質中における酸素還元活性の向上

    小幡もも,松澤幸一,竹内悠,商磊,原賢二,石原晋次,伊澤和祥,永井崇昭,門田隆二,石原顕光

    燃料電池   23 ( 3 )   83 - 94   2024.1  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:燃料電池開発情報センター   Joint Work  

  • Improvement of ORR Activity of Monoclinic Zirconium Oxides by Fe and F Co-addition for PEFC Cathodes

    Yuu TAKEUCHI, Koichi MATSUZAWA, Yasuke MATSUOKA, Keita WATANABE, Takaaki NAGAI, Ryuji MONDEN, Akimi … Show more authors

    Electrochemistry   91 ( 12 )   127001   2023.12  [Reviewed]

    DOI

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • Effects of Oxygen Defects in Zr Oxide-Based Thin Films on Oxygen Reduction Reaction in Acidic Media

    Yuri Watanabe, Koichi Matsuzawa, Ryuji Monden, Takaaki Nagai and Akimitsu Ishihara

    ECS Transactions   112 ( 4 )   2023.10  [Reviewed]

    DOI

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • Fe and Zn Addition Effects of Ti Oxide-Based Electrocatalyst on Catalytic Activity for Oxygen Reduction Reaction

    Koichi Matsuzawa, Momo Obata, Yuu Takeuchi, Yoshiro Ohgi, Takaaki Nagai, Ryuji Monden and Akimitsu … Show more authors

    ECS Transactions   111 ( 5 )   29 - 34   2023.5  [Reviewed]

    DOI

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

  • Oxygen Evolution Activity on Mo Added Zr Oxide Catalyst in Alkaline Solution

    Koichi Matsuzawa, Atsushi Nozaka, Kazuya Hirose and Akimitsu Ishihara

    ECS Transactions   111 ( 4 )   2023.5  [Reviewed]

    DOI

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 水素製造,貯蔵の最新動向と低コストに向けての取組

    松澤幸一

    車載テクノロジー   11 ( 8 )   29 - 35   2024.5

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:技術情報協会   Single Work  

  • Introduction of The Committee of the Electrolytic Science and Technology

    MITSUSHIMA Shigenori, MATSUZAWA Koichi

    Denki Kagaku   91 ( 4 )   431 - 431   2023.12

    DOI CiNii Research

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Other   Publisher:The Electrochemical Society of Japan   Joint Work  

  • 突風検知の基盤技術開発

    大城善郎, 相原雅彦, 松澤幸一, 勝呂幸男, 太田健一郎

    水素エネルギーシステム   48 ( 2 )   159 - 159   2023.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Other   Publisher:水素エネルーギーシステム   Joint Work  

  • グリーン水素製造の技術開発動向

    松澤 幸一

    研究開発リーダー   199 ( 7 )   63 - 67   2022.10

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:技術情報協会   Single Work  

  • グリーン水素製造を志向した水電解用の貴金属フリーの新規陽極材料

    松澤 幸一

    化学工業   73 ( 9 )   571 - 575   2022.9

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:化学工業社   Single Work  

    貴金属フリーのプロトン交換膜水電解用の新規陽極として、タンタル及びモリブデン酸化物系にマンガンを添加した二元系電極について検討した。それぞれ比較したところ、タンタル酸化物系にマンガンを添加した二元系電極が活性も耐久性も良好なことがわかった。

display all >>

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • 電気化学システム及び電気化学システムの酸素極の製造方法

    松澤幸一,平山想真

     More details

    Applicant:国立大学法人横浜国立大学

    Application no:2020-168016  Date applied:2020.10.2

    Announcement no:2022-060037  Date announced:2022.4.14

    Country of applicant:Domestic  

  • 電気化学システム及び電気化学システムの酸素極の製造方法

    松澤幸一,鈴木隆

     More details

    Application no:2020-168019  Date applied:2020.10.2

    Announcement no:2022-060039  Date announced:2022.4.14

    Country of applicant:Domestic  

  • 電極用担体材料及びその製造方法、電極材料、電極、並びに固体高分子形燃料電池

    石原 顕光, 馬 永炳, 光島 重徳, 松澤 幸一, 黒田 義之

     More details

    Application no:2017-201181  Date applied:2017.10.17

    Announcement no:2019-075305  Date announced:2019.5.16

    Country of applicant:Domestic  

  • 水電解用陽極、電解セル、並びに水電解用陽極の製造方法

    平野稔幸, 藤本則和, 光島重徳, 松澤幸一, 畢嘉晋

     More details

    Applicant:旭化成株式会社, 国立大学法人横浜国立大学

    Application no:PCT/JP2016/077550  Date applied:2016.9.16

    Publication no:WO2017/047792  Date published:2017.3.23

    Country of applicant:Domestic  

  • 酸素還元触媒及びその製造方法

    今井英人, 松本匡史, 宮崎孝, 太田健一郎, 石原顕光, 光島重徳, 松澤幸一, 浮田恵佑

     More details

    Application no:2011-65846  Date applied:2011.3.24

    Announcement no:2012-200643  Date announced:2012.10.22

    Country of applicant:Domestic  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • The Best Presentation Award of Electrochemical Society (ECS) at ECS 212th Meeting.

    2007.11    

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Fabrication of innovative cathode electrocatalyst with extreme high durability for fuel cell vehicle

    2018.4 - 2024.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Grant type:Competitive

Other external funds procured 【 display / non-display

  • グリーン水素製造を見据えた革新的なアルカリ水電解用陽極の開発

    2023.4 - 2024.3

    第49回(2022年度)岩谷科学技術研究助成

    Investigator(s):松澤 幸一

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    二酸化炭素(CO2)の削減に貢献しうる水素についても原理的にCO2を排出しない再生可能エネルギー由来の電力から製造する「グリーン水素」をできるだけ早く実用化するかが重要となっている。大規模なグリーン水素製造には商用化されて久しいアルカリ水電解(AWE)が本命として期待されている。これまでは定格電源により稼働していたAWEであるが、再生可能エネルギーとの連携においては太陽光や風力の特性、つまり、遮光や不安定な風況などを理由に、変動電源による水素製造が想定される。原理的に陽極のエネルギー損失が大きく、更に再生可能エネルギー由来の変動電源によって現行のNi系陽極の活性が大幅に低下することを明らかになった。そこで非Ni系として、強アルカリ下で高電位作動にも耐久を有する究極の安定性材料としてAWEの隔膜に用いているジルコニウム酸化物系に着目した。ジルコニウム酸化物は元来絶縁体であるが、材料それ自体は酸素発生能を有することが我々の研究で明らかになった。ただし、その活性は未だ低い。そこで本研究では異元素添加したジルコニウム酸化物系の作製条件を最適化し、活性と耐久性を両立させることをメインにグリーン水素製造用途の革新的なAWEの陽極の創製を目指す。具体的には対象とする材料系は元来、絶縁体であるので、初めから粉末状にすると電子伝導性と反応活性点との切り分けが困難となる。そこで高活性化にあたっては電子伝導性と反応活性点との相互の影響を極力少なくするためにマグネトロンスパッタ法を用いてナノレベルの薄膜を作製し、酸素発生反応に加え、薄膜の半導体特性を評価する。また、グリーン水素製造に対応する耐久性評価については、実証プロジェクトで検証されているグリーン水素製造を模擬したサイクル試験を適応させる。以上の提案は現行の材料系と比較しながら、非Ni触媒に着目した水電解研究であり、再生可能エネルギーに注目した点においても極めて独創的といえる。

  • グリーン水素製造に資する水電解用非貴金属酸化物系陽極の開発

    2023.1 - 2023.12

    2022年度技術研究助成

    Investigator(s):松澤 幸一

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    グリーン水素(再生可能エネルギー由来の電力から製造したCO2フリー水素)の製造デバイスとして期待される固体高分子形水電解に資する貴金属フリーな革新的酸化物系陽極の開発を行う。

  • グリーン水素製造に資する水電解用の革新的陽極の開発

    2022.6 - 2023.3

    2022年度研究助成

    Investigator(s):松澤 幸一

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • グリーン水素製造のための水電解用陽極材料の開発

    2022.4 - 2023.3

    2021年度 研究開発・調査助成

    Investigator(s):松澤 幸一

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • グリーン水素社会のための水電解陽極用の非貴金属酸化物系触媒の開発

    2022.4 - 2023.3

    Suzuki Foundation  令和3年度科学技術研究助成(一般)

    Investigator(s):松澤幸一

      More details

    Authorship:Principal investigator 

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 水電解を用いたグリーン水素製造と今後の展望

    松澤幸一  [Invited]

    日本テクノセンターセミナー  2023.12  日本テクノセンター

     More details

    Event date: 2023.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

    水素、そして水素エネルギーへの関心が近年、高まり、研究開発、取り組みが精力的に進められている。なぜ水素が注目されて、必要なのか?また世界の動向はどうなのか?といった基礎的な内容から、今後の関心が高まると予想される「グリーン水素」についても紹介した。それに関連して、水素を製造するには何が必要か?水電解と今後の水素製造の関連とそのカギとは? といった内容も紹介した。

  • グリーン水素社会を展望する水電解技術

    松澤幸一  [Invited]

    ナノテクノロジービジネス推進協議会(NBCI)講演会  2023.12  ナノテクノロジービジネス推進協議会(NBCI)

     More details

    Event date: 2023.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:東京YWCA会館3F  

    【NBCI 講演会】テクノロジー委員会 ナノ材料・プロセス分科会主催

  • 水素製造デバイスとして水電解及びその触媒の動向と展望

    松澤幸一  [Invited]

    シーエムシー出版セミナー  2023.12  シーエムシー出版

     More details

    Event date: 2023.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:(株)シーエムシー出版 セミナールーム  

    ★カーボンニュートラルの実現に向け、注目を浴びる水素!水素製造のための核となる技術として研究開発がすすめられる水電解による水素製造技術の最新動向を詳解!
    ★電極触媒や電解セルなど部材の開発動向や実用化に向けた最新の取り組みを詳解!

  • グリーン水素エネルギーの製造技術

    松澤幸一  [Invited]

    JMS(ジャパンマーケティングサーベイ )セミナー  2023.10  株式会社ジャパンマーケティングサーベイ

     More details

    Event date: 2023.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

    水素、そして水素エネルギーへの関心が近年、高まり、研究開発、取り組みが精力的に進められています。なぜ水素が注目されて、必要なのか? また世界の動向はどうなのか? といった基礎的な内容から、今後の関心が高まると予想される「グリーン水素」についても紹介し、それに関連して、水素を製造するには何が必要か?水電解と今後の水素製造の関連とそのカギとは? といった内容も紹介した。

  • 水素エネルギーの基礎から考えるグリーン水素社会に必要な水電解と燃料電池の動向と展望

    松澤幸一  [Invited]

    情報機構セミナー  2023.8  情報機構

     More details

    Event date: 2023.8

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

    2020年のカーボンニュートラル宣言をきっかけに2050年の温室効果ガス排出実質ゼロを目指した施策が立案され、水素や水素エネルギーへの関心が高まり、関連の技術開発は非常に重要な位置づけとなっています。そもそも、なぜ水素が注目されて、必要なのか?また世界の動向はどうなのか? といった基礎的な内容から、本セミナーのタイトルにもなっているグリーン水素とは何か?他のグレーやブルー水素の違いを紹介し、水素を利用して発電する燃料電池、具体的には社会実装が進む家庭用燃料電池や燃料電池自動車なども紹介し、水素を製造するには何が必要か?燃料電池反応と表裏関係となる水電解と今後の水素製造の関連とそのカギとは? といった内容も併せて紹介した。

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • Polymer Electrolyte Water Electrolyisis

  • Alkaline Water Electrolysis

  • Polymer Electrolyte Fuel Cell

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2024   Exercise in Advanced Energy Creation F

    Graduate school of Engineering Science

  • 2024   Exercise in Advanced Energy Creation S

    Graduate school of Engineering Science

  • 2024   Exercise in Technology for Energy Creation F

    Graduate school of Engineering Science

  • 2024   Exercise in Technology for Energy Creation S

    Graduate school of Engineering Science

  • 2024   Exercise in Analysis for Energy Creation F

    Graduate school of Engineering Science

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • グリーン水素の展望

    2023.6 Institution:放送大学

     More details

    Level:Other 

    再生可能エネルギーへの関心が高まる中、その普及に相補的な役割を担う水素に注目が集まっています。
    近年、水素にもその製造過程に依って、ネーミングがつくようになりました。本科目では製造過程で二酸化炭素の排出を伴わないクリーンな水素、即ち「グリーン水素」に関わる背景、現状、動向について学ぶと共に、グリーン水素社会に必要なデバイス、例えば燃料電池や水電解についてもグリーン水素との関係を含めて学んでいきます。

  • 電気化学

    Institution:東京都市大学

  • マクロ化学特論II

    Institution:埼玉大学

  • 応用電気化学特論

    Institution:東京都市大学

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • The Electrochemical Society of Japan

    2022.3 - 2024.3  Representative on fiscal year of 2022 and 2023

     More details

    Committee type:Academic society 

  • ECSJ Industrial Electrolysis and Electrochemical Engineering

    2013.2  Chief of Secretariat

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 電気化学会 電解科学技術委員会 電極材料研究会

    2022.4 - 2025.3  世話人

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 表面技術協会

    2022.1 - 2023.12  関東支部 評議員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 電気化学会燃料電池研究会

    2017.4  役員

     More details

    Committee type:Academic society 

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 初心者のための電気化学測定法-実習編(現地・オンデマンド配信)

    Role(s): Lecturer

    電気化学会  現地とオンデマンド配信  2023.8 - 2023.10

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができる現地及びオンラインセミナーを開催。現地では2日目の実験演習の講師を担当。

  • 初心者のための電気化学測定法-実習編(現地・オンデマンド配信)

    Role(s): Lecturer

    電気化学会  現地とオンデマンド配信  2022.9 - 2022.10

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができる現地及びオンラインセミナーを開催。現地では2日目の実験演習の講師を担当。

  • 初心者のための電気化学測定法-実習編

    Role(s): Lecturer

    電気化学会  オンデマンド  2021.9

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができるオンラインセミナーを開催。2日目の実験演習の講師を担当。

  • オンラインセミナー:初心者のための電気化学測定法-実習編

    Role(s): Lecturer

    電気化学会  オンライン開催(講義と実験演習の動画をストリーミング配信します)  2020.10

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができるオンラインセミナーを開催。2日目の実験演習の講師を担当。

  • 電気化学会セミナー 3 「初心者のための電気化学測定法-実習編」 (2019)

    Role(s): Lecturer

    電気化学会  東京工業大学大岡山キャンパス  2019.9

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができる2日間のセミナーを開催。2日目の実験演習の講師を担当。

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • スズキ財団ニュース「やらまいか Vol.7」

    スズキ財団  やらまいか Vol.7  2020.7

     More details

    研究室訪問「次世代の、グリーン水素由来のエネルギーシステム社会の実現を目指して」のコメントが掲載された。