松澤 幸一 (マツザワ コウイチ)

MATSUZAWA Koichi

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

研究キーワード

電気化学、電極触媒、工業電解

ホームページ

https://ecml.ynu.ac.jp/

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 水素の製造とその輸送,貯蔵,利用技術   2022年09月

    【論文】 Control of surface area and conductivity of niobium-added titanium oxides as durable supports for cathode of polymer electrolyte fuel cells  2021年05月

    【論文】 Catalytic Activity of Zirconia on Zirconium for the Oxygen Evolution Reaction in Potassium Hydroxide  2021年05月

    【産業財産権】 電気化学システム及び電気化学システムの酸素極の製造方法  2020年10月

    【論文】 Emergence of Oxygen Reduction Activity in Zirconium Oxide-Based Compounds in Acidic Media: Creation of Active Sites for the Oxygen Reduction Reaction  2019年07月

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年

    横浜国立大学   大学院工学府   機能発現工学専攻   博士課程   修了

  •  
    -
    2001年

    横浜国立大学   大学院工学研究科   物質工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1999年

    横浜国立大学   工学部   物質工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年1月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2008年4月
    -
    2012年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助教  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   准教授  

  • 2013年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

  • 2011年4月
    -
    2012年12月

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月
    -
    2008年3月

      株式会社けいはんな   京都府地域結集型研究事業コア研究室   /

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2003年1月
    -
    現在
     

    電気化学会

  • 2008年10月
    -
    現在
     

    アメリカ電気化学会

  • 2010年4月
    -
    現在
     

    電気化学会 電解科学技術委員会

  • 2013年4月
    -
    現在
     

    電気化学会 燃料電池研究会

  • 2008年4月
    -
    現在
     

    水素エネルギー協会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / エネルギー化学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 溶融炭酸塩形燃料電池のカソード材料の研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2008年4月 - 2012年3月

  • 研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 水素の製造とその輸送,貯蔵,利用技術

    松澤 幸一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章 第3節)

    技術情報協会  2022年9月  ( ISBN:978-4-86104-899-9

     詳細を見る

    総ページ数:603   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    技術情報協会

  • バイオリファイナリーと分離技術

    松澤幸一 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第6章 コラム「グリーン水素社会を目指して」)

    日本液体清澄化技術工業会  2020年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:166   担当ページ:109-107   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 水素の製造、輸送・貯蔵技術と材料開発 事例集(No.1989)

    松澤 幸一他、( 担当: 単著)

    技術情報協会  2019年4月  ( ISBN:978-4-86104-745-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • トコトンやさしい水素の本 第2版 (今日からモノ知りシリーズ)

    ( 担当: 分担執筆)

    日刊工業新聞社  2017年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:160   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • Advances in Hydrogen Production, Storage and Distribution

    太田健一郎, 光島重徳, 松澤幸一, 石原顕光( 担当: 共著)

    Woodhead Publishing, Cambridge  2014年7月  ( ISBN:9780857097682

    Amazon

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    水素製造,貯蔵,流通等の最新情報について触れた本である。ここでは水素エネルギーの環境への負荷について新たなパラメータ「環境負荷係数」を用いてそれを指数化した。また,グリーン水素(=再生可能エネルギー由来の電力で生成した水素)についても言及した。これは原理的に二酸化炭素の排出はない。このグリーン水素による環境負荷係数は0.0001であり,これを現在の社会システム,つまり炭素/二酸化炭素よりも2桁低いことを見出した。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Fe, N-Doped SrTiO3 Synthesized Using Pyrazine Carboxylic Acid- Metal Complexes: Application as an Oxygen Reduction Catalyst for Polymer Electrolyte Fuel Cell Cathodes in Acidic Media

    Yuu Takeuchi, Koichi Matsuzawa, Takaaki Nagai, Kaoru Ikegami, Yoshiyuki Kuroda, Ryuji Monden, Akimi … 全著者表示

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   96 ( 2 )   175 - 177   2023年2月  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会   共著  

    <p>Fe, N-doped SrTiO<sub>3</sub> was successfully synthesized using pyrazine carboxylic acid-metal complexes as the starting materials and exhibited high onset potential of 0.8 V vs. RHE for the oxygen reduction reaction because of the formation of high-quality active sites by Fe and N doping, and electron conduction paths by carbon nanotubes.</p>

  • 固体高分子形燃料電池用非白金カソード触媒としての チタン系酸化物触媒の酸素還元活性に前駆体有機配位子 が与える影響

    竹内悠、松澤幸一、渡辺啓太、永井崇昭、門田隆二、石原顕光

    燃料電池   22 ( 3 )   80 - 84   2023年1月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Oxygen Evolution Reaction on Non-Precious Metal Oxide-Based Electrocatalysts With and Without Low Potential Scan in Acidic Solution

    Koichi Matsuzawa, Yuma Kohara, Soma Hirayama, Satoshi Yamada and Akimitsu Ishihara

    ECS Transactions   109 ( 9 )   2022年10月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Effect of Iron Doping on Oxygen Reduction Activity of Zirconium Oxides Containing Carbon and Nitrogen Using Pyrazine Carboxylic Acid As Platinum Alternative Cathodes for PEFC

    Keita Watanabe, Koichi Matsuzawa, Yuu Takeuchi, Kaoru Ikegami, Yoshiro Ohgi, Takaaki Nagai, Ryuji M … 全著者表示

    ECS Transactions   109 ( 9 )   2022年10月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Enhancement of Oxygen Reduction Activity of Fe-added Zirconium Oxide Electrocatalysts without Conductive Supports in Sulfuric Acid

    Takeuchi Yuu, Watanabe Keita, Matsuzawa Koichi, Nagai Takaaki, Ikegami Kaoru, Monden Ryuji, Ishihar … 全著者表示

    CHEMISTRY LETTERS   51 ( 9 )   927 - 931   2022年9月  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会   共著  

    <p>Fe-added zirconium oxide electrocatalyst was synthesized using pyrazine carboxylic acid for catalyzing oxygen reduction reactions (ORR) in acidic media. The optimization of the Fe-additive ratio led to the highest onset potential of 0.917 V for ORR at −10 mA g<sub>cat</sub><sup>−1</sup> compared to that of previous studies. The high ORR activity was due to the formation of high-quality active sites with Fe addition in monoclinic ZrO<sub>2</sub> and a suitable electron supply path created through carbon deposited using a pyrazine carboxylic acid complex.</p>

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • グリーン水素製造の技術開発動向

    松澤 幸一

    研究開発リーダー   199 ( 7 )   63 - 67   2022年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:技術情報協会   単著  

  • グリーン水素製造を志向した水電解用の貴金属フリーの新規陽極材料

    松澤 幸一

    化学工業   73 ( 9 )   571 - 575   2022年9月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:化学工業社   単著  

    貴金属フリーのプロトン交換膜水電解用の新規陽極として、タンタル及びモリブデン酸化物系にマンガンを添加した二元系電極について検討した。それぞれ比較したところ、タンタル酸化物系にマンガンを添加した二元系電極が活性も耐久性も良好なことがわかった。

  • 国際的風車設計基準を超えるパタゴニアの風の実際

    大城善郎, 相原雅彦, 松澤幸一, 勝呂幸男, 太田健一郎

    水素エネルギーシステム   47 ( 2 )   156 - 156   2022年6月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:水素エネルーギーシステム   共著  

  • 非貴金属酸化物系触媒の高耐久化に向けての研究開発

    松澤幸一, 石原顕光

    車載テクノロジー   9 ( 4 )   6 - 10   2022年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:技術情報協会   共著  

  • 貴金属フリーの水電解用の新規酸素電極材料の探索

    松澤 幸一

    クリーンエネルギー   30 ( 11 )   37 - 41   2021年11月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本工業出版   単著  

    貴金属フリーのプロトン交換膜水電解用の新規酸素極として、タンタル酸化物系にマンガンを添加した二元系電極について検討した。先行研究と比較したところ、触媒能の向上と電子伝導性が増大したことにより酸素発生反応の電流密度が大幅に増大したことがわかった。

    その他リンク: https://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=5168

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 電気化学システム及び電気化学システムの酸素極の製造方法

    松澤幸一,平山想真

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学

    出願番号:2020-168016  出願日:2020年10月2日

    公開番号:2022-060037  公開日:2022年4月14日

    出願国:国内  

  • 電気化学システム及び電気化学システムの酸素極の製造方法

    松澤幸一,鈴木隆

     詳細を見る

    出願番号:2020-168019  出願日:2020年10月2日

    公開番号:2022-060039  公開日:2022年4月14日

    出願国:国内  

  • 電極用担体材料及びその製造方法、電極材料、電極、並びに固体高分子形燃料電池

    石原 顕光, 馬 永炳, 光島 重徳, 松澤 幸一, 黒田 義之

     詳細を見る

    出願番号:2017-201181  出願日:2017年10月17日

    公開番号:2019-075305  公開日:2019年5月16日

    出願国:国内  

  • 水電解用陽極、電解セル、並びに水電解用陽極の製造方法

    平野稔幸, 藤本則和, 光島重徳, 松澤幸一, 畢嘉晋

     詳細を見る

    出願人:旭化成株式会社, 国立大学法人横浜国立大学

    出願番号:PCT/JP2016/077550  出願日:2016年9月16日

    公表番号:WO2017/047792  公表日:2017年3月23日

    出願国:国内  

  • 酸素還元触媒及びその製造方法

    今井英人, 松本匡史, 宮崎孝, 太田健一郎, 石原顕光, 光島重徳, 松澤幸一, 浮田恵佑

     詳細を見る

    出願番号:2011-65846  出願日:2011年3月24日

    公開番号:2012-200643  公開日:2012年10月22日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第212回アメリカ電気化学会最優秀発表賞

    2007年11月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 真に水素社会に貢献する燃料電池自動車用の革新的な超耐久空気極触媒の創製

    2018年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • グリーン水素製造を見据えた革新的なアルカリ水電解用陽極の開発

    2023年4月 - 2024年3月

    公益財団法人 岩谷直治記念財団  第49回(2022年度)岩谷科学技術研究助成

    代表者:松澤 幸一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    二酸化炭素(CO2)の削減に貢献しうる水素についても原理的にCO2を排出しない再生可能エネルギー由来の電力から製造する「グリーン水素」をできるだけ早く実用化するかが重要となっている。大規模なグリーン水素製造には商用化されて久しいアルカリ水電解(AWE)が本命として期待されている。これまでは定格電源により稼働していたAWEであるが、再生可能エネルギーとの連携においては太陽光や風力の特性、つまり、遮光や不安定な風況などを理由に、変動電源による水素製造が想定される。原理的に陽極のエネルギー損失が大きく、更に再生可能エネルギー由来の変動電源によって現行のNi系陽極の活性が大幅に低下することを明らかになった。そこで非Ni系として、強アルカリ下で高電位作動にも耐久を有する究極の安定性材料としてAWEの隔膜に用いているジルコニウム酸化物系に着目した。ジルコニウム酸化物は元来絶縁体であるが、材料それ自体は酸素発生能を有することが我々の研究で明らかになった。ただし、その活性は未だ低い。そこで本研究では異元素添加したジルコニウム酸化物系の作製条件を最適化し、活性と耐久性を両立させることをメインにグリーン水素製造用途の革新的なAWEの陽極の創製を目指す。具体的には対象とする材料系は元来、絶縁体であるので、初めから粉末状にすると電子伝導性と反応活性点との切り分けが困難となる。そこで高活性化にあたっては電子伝導性と反応活性点との相互の影響を極力少なくするためにマグネトロンスパッタ法を用いてナノレベルの薄膜を作製し、酸素発生反応に加え、薄膜の半導体特性を評価する。また、グリーン水素製造に対応する耐久性評価については、実証プロジェクトで検証されているグリーン水素製造を模擬したサイクル試験を適応させる。以上の提案は現行の材料系と比較しながら、非Ni触媒に着目した水電解研究であり、再生可能エネルギーに注目した点においても極めて独創的といえる。

  • グリーン水素製造に資する水電解用非貴金属酸化物系陽極の開発

    2023年1月 - 2023年12月

    公益財団法人 JFE21世紀財団  2022年度技術研究助成

    代表者:松澤 幸一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    グリーン水素(再生可能エネルギー由来の電力から製造したCO2フリー水素)の製造デバイスとして期待される固体高分子形水電解に資する貴金属フリーな革新的酸化物系陽極の開発を行う。

  • グリーン水素製造に資する水電解用の革新的陽極の開発

    2022年6月 - 2023年3月

    公益財団法人 天野工業技術研究所  2022年度研究助成

    代表者:松澤 幸一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • グリーン水素製造用途の水電解の遷移金属系触媒の創製

    2022年4月 - 2023年3月

    公益財団法人 日立金属・材料科学財団  一般助成

    代表者:松澤幸一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • グリーン水素製造のための水電解用陽極材料の開発

    2022年4月 - 2023年3月

    公益財団法人 八洲環境技術振興財団  2021年度 研究開発・調査助成

    代表者:松澤 幸一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 水素社会のための水電解の動向と展望

    松澤幸一  [招待有り]

    CMCリサーチセミナー  2023年3月  シーエムシー・リサーチ

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

    水素、そして水素エネルギーへの関心が近年、高まり、研究開発、取り組みが精力的に進められています。なぜ水素が注目されて、必要なのか? また世界の動向はどうなのか? といった基礎的な内容からそれに関わる家庭用燃料電池、燃料電池自動車の紹介、また、そもそも水素を製造するには何が必要か?水電解と今後の水素製造の関連とそのカギとは? といった内容を紹介

  • 固体高分子水電解を中心とした水電解の現状、課題と展望

    松澤幸一  [招待有り]

    AndTechセミナー  2023年1月  AndTech

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

    国連が提唱する「持続可能な開発目標」(SDGs)やその先の2050年のカーボンニュートラルにおいて、水素が大きな注目を浴びています。更に近年はグレー、ブルー、グリーンなど水素にも様々な名称がつくようになりました。その中で今後のCO2削減の切り札として期待される「グリーン水素」(=製造過程でCO2を排出しない水素) に着目し、、そして、その製造の中核を担う水電解、それらの原理、特長、動向、展望について紹介。

  • グリーン水素及びその製造のための水電解の特徴と動向

    松澤幸一  [招待有り]

    技術情報協会セミナー  2022年12月  技術情報協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

    今後のCO2削減の切り札として期待される水素、その製造過程でCO2を排出しないグリーン水素、そして、その製造の中核を担う水電解、それらの原理、特長、動向、展望について紹介する。

  • グリーン水素社会を展望するための基礎と関連デバイス

    松澤幸一  [招待有り]

    情報機構セミナー  2022年10月  情報機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

    2020年のカーボンニュートラル宣言をきっかけに2050年の温室効果ガス排出実質ゼロを目指した施策が立案され、水素や水素エネルギーへの関心が高まり、関連の技術開発は非常に重要な位置づけとなっている。なぜ水素が注目されて、必要なのか? また世界の動向はどうなのか? といった基礎的な内容から、本セミナーのタイトルにもなっているグリーン水素とは何か?他のグレーやブルー水素の違いを紹介。更に、水素を利用して発電する燃料電池、具体的には社会実装が進む家庭用燃料電池や燃料電池自動車なども紹介。また、そもそも水素を製造するには何が必要か?燃料電池反応と表裏関係となる水電解と今後の水素製造の関連とそのカギとは? といった内容も併せて紹介。

  • グリーン水素を展望した水電解及びその触媒技術

    松澤幸一  [招待有り]

    日本計画研究所(JPI)エグゼクティブセミナー  2022年9月  日本計画研究所(JPI)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:JPIカンファレンススクエア  

    国連が提唱する「持続可能な開発目標」(SDGs)やその先の2050年のカーボンニュートラルにおいて、水素が大きな注目を浴びています。更に近年はグレー、ブルー、グリーンなど水素にも様々な名称がつくようになりました。この講演では今後重要になるグリーン水素に着目し、その基礎や研究開発状況を紹介し、更にグリーン水素製造のキーデバイスである水電解とその触媒技術について詳説します。

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 電気化学及び工業物理化学

    編集委員 

    2014年3月
    -
    2016月3日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 固体高分子形燃料電池

  • 固体高分子形水電解

  • アルカリ水電解

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   無機化学Ⅱ

    理工学部

  • 2023年度   化学・生命情報処理演習

    理工学部

  • 2023年度   化学・生命基礎演習B

    理工学部

  • 2023年度   エネルギー変換熱力学

    理工学部

  • 2023年度   エネルギー先端創生実習F

    大学院理工学府

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 電気化学

    機関名:東京都市大学

  • マクロ化学特論II

    機関名:埼玉大学

  • 応用電気化学特論

    機関名:東京都市大学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2023年03月
     
     
    電気化学会第90回大会 優秀学生講演賞(電気化学会、電気化学会 燃料電池研究会)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:柳 雄大 題目:PEFCカソードのための、酸性溶液中における自然電位が高い酸化物系触媒の酸素還元反応の研究 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/29939/detail.html

  • 2023年03月
     
     
    横浜国立大学 成績優秀者表彰   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:渡辺啓太(大学院理工学府)、指導教員:松澤幸一、授与機関:横浜国立大学、受賞日:2023年3月23日

  • 2022年09月
     
     
    2022年電気化学秋季大会 奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:野坂敦史(横浜国立大学大学院理工学府化学・生命系理工学専攻博士課程前期2年) 指導教員:松澤幸一 准教授 授与機関:電気化学会 題目:アルカリ溶液中のMo添加Zr酸化物系触媒の酸素発生反応 受賞日:2022(R4)年9月9日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/28669/detail.html

  • 2022年05月
     
     
    第29回燃料電池シンポジウム 優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:小幡もも(横浜国立大学大学院理工学府 化学・生命系理工学専攻 博士課程前期1年) 指導教員:松澤幸一 准教授 受賞論文:「酸性電解質中における 4族酸化物ベース触媒への鉄添加による酸素還元活性の向上」 授与機関:一般社団法人燃料電池開発情報センター 受賞日:2022年5月26日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/28164/detail.html

  • 2022年05月
     
     
    第29回燃料電池シンポジウム 優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:渡辺友理(横浜国立大学大学院理工学府 化学・生命系理工学専攻 博士課程前期1年) 指導教員:松澤幸一 准教授 受賞論文:「4族酸化物薄膜の酸性溶液中での酸素還元反応に影響する電気化学特性」 授与機関:一般社団法人燃料電池開発情報センター 受賞日:2022年5月26日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/28165/detail.html

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会

    2022年03月 - 2024年3月  2022年・2023年度代議員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電気化学会電解科学技術委員会

    2013年02月 - 現在  事務局長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 表面技術協会

    2022年01月 - 2023年12月  関東支部 評議員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電気化学会燃料電池研究会

    2017年04月 - 現在  役員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 2022年電気化学会秋季大会

    2022年08月 - 2022年9月  実行委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 初心者のための電気化学測定法-実習編(現地・オンデマンド配信)

    役割:講師

    電気化学会  現地とオンデマンド配信  2022年9月 - 2022年10月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができる現地及びオンラインセミナーを開催。現地では2日目の実験演習の講師を担当。

  • 初心者のための電気化学測定法-実習編

    役割:講師

    電気化学会  オンデマンド  2021年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができるオンラインセミナーを開催。2日目の実験演習の講師を担当。

  • オンラインセミナー:初心者のための電気化学測定法-実習編

    役割:講師

    電気化学会  オンライン開催(講義と実験演習の動画をストリーミング配信します)  2020年10月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができるオンラインセミナーを開催。2日目の実験演習の講師を担当。

  • 電気化学会セミナー 3 「初心者のための電気化学測定法-実習編」 (2019)

    役割:講師

    電気化学会  東京工業大学大岡山キャンパス  2019年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    これまでに電気化学を本格的に学んだ経験はないものの、電池・電解・電極材料・電気化学分析などに関係する研究や実験に取り組む方々を主な対象として、 解りやすい講義と少人数制の実験演習を通じ、 測定法の初歩から先端分野への応用技術までを学ぶことができる2日間のセミナーを開催。2日目の実験演習の講師を担当。

  • スズキ財団研究助成

    役割:その他

    日刊工業新聞(20190219)  2019年2月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:新聞・雑誌

    課題提案型研究助成「グリーン水素利用を加速する先進型燃料電池の開発」が2018年度の研究助成として採択された。

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • スズキ財団ニュース「やらまいか Vol.7」

    スズキ財団  やらまいか Vol.7  2020年7月

     詳細を見る

    研究室訪問「次世代の、グリーン水素由来のエネルギーシステム社会の実現を目指して」のコメントが掲載された。

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    2024年3月
      化学応用・バイオユニット低温研委員   (専攻内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2023年3月
      化学応用EP入試・広報委員   (部局内委員会)

  • 2020年04月
    -
    2021年3月
      理工学部100周年記念誌編纂委員   (部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    2020年3月
      化学・生命系学科一日体験教室WG委員   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2019年3月
      化学実験曜日担当責任者   (部局内委員会)

全件表示 >>