南野 彰宏 (ミナミノ アキヒロ)

MINAMINO Akihiro

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

生年

1978年

研究分野・キーワード

ニュートリノ, 素粒子物理学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.neutrino.ynu.ac.jp/



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    横浜国立大学   工学部   知能物理工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2008年03月

    東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東京大学

  • 修士(理学) -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

      高エネルギー加速器研究機構   素粒子原子核研究所   客員准教授

  • 2016年12月
    -
    2017年03月

      京都大学   大学院理学研究科   非常勤講師

  • 2010年04月
    -
    2016年11月

      京都大学   大学院理学研究科 物理第二教室   助教

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

      京都大学大学院理学研究科   大学院理学研究科 物理第二教室   研究員

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

      東京大学   大学院理学系研究科   日本学術振興会特別研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2002年08月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ニュートリノのCP対称性の測定

    研究期間:  - 

     概要を見る

    レプトンセクターでの粒子・反粒子(CP)対称性の破れを観測し、そこから物質優勢宇宙の謎との関連性を探ることを目的に、T2K実験でニュートリノ振動の研究を進めている。また同時に、次期計画であるハイパーカミオカンデ実験の実現に向けた研究も進めている。

著書 【 表示 / 非表示

  • 国立大学で工学を学ぼう

    南野 彰宏他 (担当: 単著 )

    株式会社フロムページ  2019年04月 ISBN: ISBN-13: 978-4991067

  • 長基線ニュートリノ振動実験T2Kによる→e振動の発見

    坂下健、西村康宏、南野彰宏 (担当: 共著 , 担当範囲: ミューオンニュートリノ消失事象解析の主解析者の一人として、主にミューオンニュートリノ消失事象のパートを執筆 )

    日本物理学会誌  2014年04月

     概要を見る

    T2K実験の6.4x1020POTのデータを用いた、電子ニュートリノ出現およびミューオンニュートリノ消失事象の解析結果。電子ニュートリノ出現を7.5の信頼性で発見し、ニュートリノ振動パラメーターに対して、世界最高レベルの制限を与えた。

  • T2K実験消失モードの最新解析結果

    亀田純、南野彰宏 (担当: 共著 , 担当範囲: 2, 3, 4, 6, 7章を執筆。ミューオンニュートリノ消失事象解析の主解析者の一人。 )

    高エネルギーニュース  2014年03月

     概要を見る

    T2K実験の6.6x1020POTのデータを用いた、ミューオンニュートリノ消失事象の解析結果。ニュートリノ振動パラメーターに対して、世界最高レベルの制限を与えた。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 一相式液体キセノン検出器による暗黒物質探索

    南野 彰宏

      2007年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学理学系研究科 宇宙暗黒物質の直接探索を目的に、一層式液体キセノン検出器(XMASS実験)の開発を行った。一層式液体キセノンシンチレーション検出器は暗黒物質がキセノンと弱い相互作用をしたときの反跳エネルギーをシンチレーション光として光電子増倍管で検出する。私は、90kgの液体キセノンと54本の光電子増倍管から構成されるプロトタイプの建設、データ取得、シミュレーションの開発、解析を行った。そして、宇宙暗黒物質探索に対する一層式液体キセノン検出器の性能に実験的裏付けを与えた。また、1ヶ月間の暗黒物質探索を行った結果、信号は検出できなかったが、暗黒物質と陽子の散乱断面積に対して上限値を与えた。

  • XMASS実験、100kg液体Xe検出器の性能評価と中性子バックグラウンドの研究

    南野 彰宏

      2004年03月  [査読有り]

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学理学系研究科 一相式液体Xe検出器の中性子バックグラウンドの理解を目的に、中性子検出器の開発および中性子フラックスの測定を行った。また一相式液体Xe検出器の性能を実証するために開発された100kg液体Xeプロトタイプ検出器のデー タ収集系を構築し、データ収集を行った。

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement of the muon neutrino charged-current cross sections on water, hydrocarbon and iron, and their ratios, with the T2K on-axis detectors

    K Abe, R Akutsu,他多数

    PTEP ( The physical society of Japan )  2019 ( 9 )   2019年09月

    共著

    DOI

  • Article Navigation Atmospheric neutrino oscillation analysis with improved event reconstruction in Super-Kamiokande IV

    M Jiang, K Abe, C Bronner, Y Hayato, M Ikeda, K Iyogi, J Kameda, Y Kato, Y Kishimoto, A Minamino、他多数

    Progress of Theoretical and Experimental Physics ( Oxford University Press )  Vol.2019 ( 5 )   2019年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Search for light sterile neutrinos with the T2K far detector Super-Kamiokande at a baseline of 295 km SEARCH for LIGHT STERILE NEUTRINOS with the T2K ... K. ABE et al.

    A.Minamino, K. Abe et al

    Physical Review D ( Elsevier B.V. )  Vil.99   2019年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Measurement of the neutrino-oxygen neutral-current quasielastic cross section using atmospheric neutrinos at Super-Kamiokande

    A Minamino 外

    Phys. Rev. D   99   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • T2K ND280 Upgrade – Technical Design Report

    Minamino A 外

    ARXIV     2019年

    共著

     概要を見る

    T2K Collaboration, “T2K ND280 Upgrade – Technical Design Report”, arXiv preprint arXiv:1901.03750, Jan. 2019. エビデンス http://adsabs.harvard.edu/abs/2019arXiv190103750A

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 長基線ニュートリノ振動実験T2Kによるνμ→νe振動の発見

    坂下健, 西村康宏, 南野彰宏

    日本物理学会誌 ( 日本物理学会 )  69 ( 4 ) 204 - 212   2014年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • T2K実験νμ消失モードの最新解析結果

    亀田純, 南野彰宏

    高エネルギーニュース   32 ( 4 ) 255 - 259   2014年01月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

  • T2K実験ニュートリノビームモニター(INGRID)

    南野彰宏, 大谷将士

    高エネルギーニュース   29 ( 1 ) 10 - 19   2010年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The 2016 Breakthrough Prize in Fundamental Physics

    2015年11月   基礎物理学賞財団   For the fundamental discovery and exploration of neutrino oscillations, revealing a new frontier beyond, and possibly far beyond, the Standard Model of particle physics.  

    受賞者:  Suer-Kamiokande, K2K/T2K

  • 平成25年度 高エネルギー加速器科学研究奨励会 諏訪賞

    2013年12月   高エネルギー加速器科学研究奨励会   世界最高強度ニュートリノビーム施設の実現による電子ニュートリノ出現現象発見への貢献  

    受賞者:  J-PARC ニュートリノビームグループ 

     概要を見る

    世界最高強度ニュートリノビーム施設の実現による電子ニュートリノ出現現象発見への貢献

  • 平成19年度 東京大学大学院理学系研究科研究奨励賞(博士過程)

    2008年03月   東京大学大学院理学研究科   博士論文: 一相式液体キセノン検出器による暗黒物質探索  

    受賞者:  南野 彰宏

     概要を見る

    宇宙暗黒物質の直接探索を目的に、一層式液体キセノン検出器(XMASS実験)の開発を行った。一層式液体キセノンシンチレーション検出器は暗黒物質がキセノンと弱い相互作用をしたときの反跳エネルギーをシンチレーション光として光電子増倍管で検出する。私は、90kgの液体キセノンと54本の光電子増倍管から構成されるプロトタイプの建設、データ取得、シミュレーションの開発、解析を行った。そして、宇宙暗黒物質探索に対する一層式液体キセノン検出器の性能に実験的裏付けを与えた。また、1ヶ月間の暗黒物質探索を行った結果、信号は検出できなかったが、暗黒物質と陽子の散乱断面積に対して上限値を与えた。

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 物質優勢宇宙の謎の解明に向けたニュートリノにおけるCP対称性の測定

    卓越研究員事業

    研究期間:  2016年12月  -  2021年03月  代表者:  南野 彰宏

  • T2K実験の高度化によるニュートリノのCP対称性の測定

    特別推進研究

    研究期間:  2016年04月  -  2021年03月  代表者:  小林 隆

  • T2K長基線ニュートリノ振動実験におけるレプトンCP対称性の破れの探索

    二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究

    研究期間:  2015年07月  -  2017年06月  代表者:  南野 彰宏

  • ニュートリノレス二重ベータ崩壊発見に向けた超高分解能キセノンガス検出器の実現

    基盤研究(A)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  市川 温子

  • ニュートリノ混合行列の究明に向けたニュートリノ―原子核反応断面積の精密測定

    基盤研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月  代表者:  横山 将志

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • CP symmetry test with neutrinos

    A. Minamino

    CP symmetry test with neutrinos  2019年06月   3rd Jagiellonian Symposium on Fundamental and Applied Subatomic Physics

  • E69 Study of neutrino-nucleus interactions around 1 GeV using WAGASCI, MRDs and Baby MIND at J-PARC neutrino monitor hal

    A.Minamino

    26th J-PARC PAC meeting, Jul. 19, 2018, J-PARC  2018年07月19日  

  • WAGASCI

    A.Minamino  [招待有り]

    11th International Workshop on Neutrino-Nucleus Scattering in the Few-GeV Region, University of Tronto, Canada(Nuint2017)  2017年06月29日  

  • A Hybrid DUNE ND Configuration Including a Scintillator Tracker (3DST)

    C. K. Jung and A. Minamino  [招待有り]

    2nd DUNE Near Detector Workshop  2017年06月09日  

  • WAGASCI + ND280 upgrades

    Akihiro Minamino  [招待有り]

    10th International Workshop on Neutrino-Nucleus Interactions in the Few-Gev Region (NuInt15)  (Osaka, Japan)  2015年11月  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  ニュートリノ物理学特論

  • 大学院理工学府  ニュートリノ物理学概論

  • 理工学部  解析力学

  • 理工学部  物理工学実験情報演習Ⅲ

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー加速器研究機構   The international school, Excellence in Detectors and Instrumentation Technologies (EDIT 2013)

  • 京都大学   物理科学課題演習A1

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 東京大学宇宙線研究所の特任助教の外部選考委員

    2019年
    -
    継続中

    学協会   選考委員

  • The 20th International Workshop on Neutrinos from Accelerators (NUFACT2018)

    2018年
     
     

    その他  

  • 日加先端科学(JCFoS)シンポジウム

    2017年11月
     
     

    学協会   参加研究者

  • The 19th International Workshop on Neutrinos from Accelerators (NUFACT2017)

    2017年09月
     
     

    その他  

  • 高エネルギー物理学研究者会議

    2015年04月
    -
    2016年03月

    学協会   事務局代表

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • The 19th International Workshoop on Neutrinos from Accelerators (NUFACT2017)

    (Uppsala, Sweden) 

    2017年09月
     
     

  • The international workshop on future potential of high intensity accelerators for particle and nuclear physics (HINT2016)

    (茨城県那珂郡東海村) 

    2016年12月
     
     

  • 横浜国立大学サイエンスカフェでニュートリノ研究について話題提供

    横浜国立大学  (神奈川県横浜市) 

    2016年12月
     
     

  • 柏原市立玉手中学校でニュートリノについて講演

    (大阪府柏原市) 

    2016年12月
     
     

全件表示 >>