森野 かおり (モリノ カオリ)

MORINO Kaori

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 音楽教育

職名

講師

生年

1986年

研究キーワード

ピアノ演奏法、ピアノ教育法、室内楽

メールアドレス

メールアドレス


直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 モーツァルト作曲ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器 ソナタ《 K.6 9,K.10 15,K.26 31 》のヴァイオリン伴奏に関する研究   2022年02月

    【作品・芸術活動等】 (室内楽)森野かおりコンサートシリーズ2021 W.A.モーツァルト ピアノとヴァイオリンのためのソナタ Vol.1  2021年04月

    【論文】 教員養成課程における鍵盤楽器教育の目標設定方法の再考-教育現場を中心に捉えた視点から-  2021年03月

    【作品・芸術活動等】 (リサイタル)森野かおり ピアノリサイタル2020  2020年10月

    【論文】 アンサンブルのスタイルに基づくヴァイオリンソナタの分析方法の検討---「ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタ」の再評価を通して---  2020年02月

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    2013年3月

    ハノーファー音楽演劇大学   芸術教育学部(ピアノ)   卒業

  • 2009年4月
    -
    2011年3月

    愛知県立芸術大学   音楽研究科   鍵盤楽器領域専攻(ピアノ)   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2005年4月
    -
    2009年3月

    愛知県立芸術大学   音楽学部   音楽学科器楽専攻(ピアノ)   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(音楽) - 愛知県立芸術大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   音楽教育   講師  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   音楽教育   講師  

  • 2015年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   音楽教育   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年4月
    -
    2015年3月

      東海学院大学短期大学部   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年
    -
    現在
     

    日本音楽教育学会

  • 2014年
    -
    現在
     

    全日本ピアノ指導者協会

  • 2014年
    -
    現在
     

    日本ピアノ教育連盟

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 芸術実践論  / 小区分01070:芸術実践論関連

  • 人文・社会 / 高等教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • エドヴァルド・グリーグ作曲《叙情小曲集》全集の関連性について

    森野かおり

    愛知県立芸術大学(修士)   2011年3月

    学位論文(修士)   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    E.グリーグの全66曲10集から成る《叙情小曲集》を対象に、40年に渡る作曲背景の考察と楽曲分析を通して、各曲および各曲集のあいだの関連性を検討した。各曲集にグリーグが作曲した当時の時代性と彼の関心および作曲方法が反映されていることを明らかにし、演奏においてはこの曲集ごとの特徴ないし様式を考慮した曲の選択が重要になることを指摘した。(全85ページ)

論文 【 表示 / 非表示

  • モーツァルト作曲ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器 ソナタ《 K.6 9,K.10 15,K.26 31 》のヴァイオリン伴奏に関する研究

    森野かおり

    横浜国立大学教育学部紀要. Ⅱ, 人文科学   5   34 - 44   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    本稿は、18世紀に作られたヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタについて、これまで看過されてきたヴァイオリンパートへ着目し、その機能的役割と演奏表現を考察する。とくにヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタの演奏実践については資料が限られているため、当時の実践的音楽書を参照しながら演奏表現の可能性を推論し、現代の演奏実践の一助とすることを目的とする。そのため本研究では、鍵盤楽器パートの独奏とヴァイオリンパートの伴奏という役割を積極的に受け入れ、これまでほとんど言及されてこなかった伴奏の演奏表現を明確にしようという試みである。先行研究の分類法に倣って、本作品群のヴァイオリンパートの伴奏の類型を整理し、次いでその伴奏パターンの具体的な演奏表現について、当時の実践的音楽書を参照しながら検討している。

  • 教員養成課程における鍵盤楽器教育の目標設定方法の再考-教育現場を中心に捉えた視点から-

    森野かおり

    横浜国立大学教育学部紀要. Ⅰ, 教育科学   4   234 - 251   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    本研究では、教員養成方法の再検討と小学校教員に求められる音楽的資質能力の明確化を実現すべく、初学者に対する鍵盤楽器指導時の目標設定のあり方について、教育現場を中心に捉えた視点で再考することを目的とした。今回はその基礎研究として、小学校教員を対象にアンケート調査を行い、鍵盤楽器演奏の習熟度と授業時の鍵盤楽器使用頻度との因果関係、ならびに教育現場で必要とされる演奏技術の抽出と教員の鍵盤楽器演奏に対する不安や課題の抽出を試み、教員養成課程における初学者の鍵盤楽器指導の到達目標の設定への第一歩とした。

  • アンサンブルのスタイルに基づくヴァイオリンソナタの分析方法の検討---「ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタ」の再評価を通して---

    森野かおり

    横浜国立大学教育学部紀要. Ⅱ, 人文科学   3   74 - 90   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    W.A.モーツァルト(1756-1791)は、生涯を通して 32 曲のヴァイオリンソナタを作曲しているが、先行研究では専ら1778 年以降の作品を対象に論じられてきた。本研究では、これまでほとんど着目されてこなかった1778年までの作品、すなわち18世紀に流行した鍵盤楽器優位の「ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタ」の再評価によって、アンサンブルのスタイルに基づくヴァイオリンソナタの分析方法を再考することを目的とした。

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • (その他)ヴァイオリンデュオコンサート

    河野由里恵、糸原彩香、森野かおり

    2021年12月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:代官山教会(チャーチホール)  

    M.モシュコフスキー:2つのヴァイオリンとピアノのための組曲
    D.ショスターコヴィチ:2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品
    J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 他

  • (ジョイントリサイタル)水村 浩司(ヴァイオリン)森野 かおり(ピアノ)デュオ・リサイタル

    水村浩司、森野かおり

    2021年11月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:代官山教会(チャーチホール)  

      モーツァルト:ヴァイオリン助奏付きクラヴィーアソナタ 変ロ長調 K.31
    モーツァルト:ヴァイオリン助奏付きクラヴィーアソナタ イ長調 K.305
    シュースター:6つのディヴェルティメント より 第2番 ト長調
    モーツァルト:ヴァイオリン助奏付きクラヴィーアソナタ ト長調 K.301
    モーツァルト:ヴァイオリン助奏付きクラヴィーアソナタ ハ長調 K.303
    モーツァルト:ヴァイオリン助奏付きクラヴィーアソナタ ニ長調 K.306

    2021年度研究論文「モーツァルト作曲ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器 ソナタ《 K.6 9,K.10 15,K.26 31 》のヴァイオリン伴奏に関する研究 」の成果演奏。W.A.モーツァルトの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」における初期から中期への作風の変化、特にアンサンブルスタイルの変遷に着目し演奏発表を行なった。またモーツァルトの作品だけでなく、モーツァルトに影響を与えた作曲家の作品を演奏するという挑戦的なプログラムを設定し、J.シュースターという現在ではあまり知られていない作曲家(楽譜が入手困難な)作品を演奏発表するという貴重な機会となった。本演奏会では、特に《K.301-6》の作品を中心に捉え、J.シュースター作品との類似性や、モーツァルト作品の独自性について、演奏を通して検証を行った。

  • (リサイタル)森野かおりコンサートシリーズ2021 W.A.モーツァルト ピアノとヴァイオリンのためのソナタ Vol.1

    朴梨恵

    2021年4月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:音楽サロンAria  

    W.A.モーツァルト:
    ・ピアノ(チェンバロ)とヴァイオリン(フルート)、チェロのための6つのソナタより ヘ長調 K.13
    ・ヴァイオリン伴奏付きピアノ(チェンバロ)のためのソナタ ハ長調 K.6
    J.シュースター:
    ・チェンバロ(ピアノ)とヴァイオリンのための 6つの室内ディベルティメントより ト短調 
    W.A.モーツァルト:            
    ・ピアノとヴァイオリンのための6つのソナタより ホ短調 K.304

    2021年度研究論文「W.A.モーツァルト「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」におけるアンサンブルのスタイルの変遷ー1760年代と1770年代の作品比較を通してー(仮)」の成果演奏。
    W.A.モーツァルトの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」における初期から中期への作風の変化、特にアンサンブルスタイルの変遷に着目し演奏発表を行なった。またモーツァルトの作品だけでなく、モーツァルトに影響を与えた作曲家の作品を演奏するという挑戦的なプログラムを設定し、J.シュースターという現在ではあまり知られていない作曲家(楽譜が入手困難な)作品を演奏発表するという貴重な機会となった。

  • (リサイタル)森野かおり ピアノリサイタル2020

    森野かおり

    2020年10月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:鶴見区民文化センターサルビアホール(横浜)  

    W.A.モーツァルト:ヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタ 作品6-9

    2019年度研究論文「アンサンブルのスタイルに基づくヴァイオリンソナタの分析方法の検討ーヴァイオリン伴奏付き鍵盤楽器ソナタの再評価を通して」の成果演奏。新型コロナウィルスの影響により、プログラム内容を大幅に短縮し無観客録音を実施予定。演奏に際しては、本来ヴァイオリン伴奏があるべき楽曲をピアノ独奏によって演奏することにより、当作品における鍵盤楽器の独創的性格について検証を行う。

  • (ジョイントリサイタル)河野由里恵&森野かおりデュオリサイタル

    森野かおり(Pf) 河野由里恵(Vn)

    2017年8月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:横浜市開港記念会館  

    L.v.ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第1番 ニ長調 作品12-1
    I.ストラヴィンスキー: イタリア組曲
    A.ドヴォルザーク: ロマンティックな4つの小品 作品75
    E.グリーグ: ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第3番 ハ短調 作品45

    今後の研究活動との関連から、プログラムには室内楽作品の中でも特にヴァイオリンソナタを中心とする様々な様式の作品を配置した。各時代における楽器間のアンサンブルスタイルの変遷を追うことを主な研究内容とするため、本演奏会では特に各楽曲の鍵盤楽器の役割を意識しながら演奏に臨んだ。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第3位

    2013年11月   第8回チッタ・ディ・リッソーネ国際音楽コンクール  

    受賞者:森野かおり

  • 第1位

    2013年07月   第4回チッタ・ディ・ロケッタ国際音楽コンクール  

    受賞者:森野かおり

  • 入選

    2013年04月   第1回ギャニー国際音楽コンクール   

    受賞者:森野かおり

  • 桑原賞

    2009年03月   愛知県立芸術大学音楽学部音楽科器楽専攻(ピアノ)首席卒業  

    受賞者:森野かおり

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 音楽科教育における身体知の指導法研究

    研究課題/領域番号:22K11676  2022年4月 - 2026年3月

    基盤研究(C)

    代表者:金光真理子

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 学校教育現場と連携した教員養成課程の授業構築――小学校教員養成課程教科専門科目「音楽」(小教専音楽)を中心に――

    2021年4月 - 2022年3月

    日本教育大学協会 日本教育大学協会全国音楽部門関東地区研究補助金 

    代表者:金光真理子

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   鍵盤楽器の名曲

    教養教育科目

  • 2022年度   基礎演習

    教育学部

  • 2022年度   課題研究B(ゼミナール)

    教育学部

  • 2022年度   ピアノ演習Ⅱ

    教育学部

  • 2022年度   ピアノ演習Ⅰ

    教育学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • ソルフェージュ

    機関名:東海学院大学短期大学部

  • リトミック

    機関名:東海学院大学短期大学部

  • 幼児音楽Ⅰ、Ⅱ

    機関名:東海学院大学短期大学部

  • 子どもと音楽

    機関名:東海学院大学短期大学部

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 第47回日本音楽教育学会横浜大会実行委員会

    2016年04月 - 2016年10月 

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立折本小学校:出前ふれあいコンサート

    役割:出演

    折本小学校  2022年3月

  • 横浜市立大綱小学校6年生:「ふるさと」の演奏と歌唱指導(ピアノ伴奏)

    役割:出演

    横浜市立大綱小学校  2021年12月

  • がやっこ科学教室 音のイロイロ ~色んな種類の鍵盤楽器に触って音を出してみよう!~ 担当講師 

    役割:出演, 講師, 実演

    2021年8月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者

    種別:出前授業

  • 第12回ヨコハマジュニアピアノコンクール 審査員

    役割:その他

    2020年1月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 保護者

    種別:その他

  • 教員免許状更新講習 音楽担当教員のための実践力養成講座 ピアノおよび作曲に関する内容        共同担当者=大瀧郁彦教授、島田広准教授

    2019年12月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学クラウドファンディング  ベヒシュタイン社製グランドピアノ修復プロジェクト 返礼演奏会 

    神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 タウンニュース  https://www.townnews.co.jp/0115/2019/06/13/484915.html  2019年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
      公開講座実施委員会   (部局内委員会)

  • 2020年04月
    -
    2021年3月
      教育実習委員会委員   (部局内委員会)

  • 2020年04月
    -
    2021年3月
      ダイバーシティ戦略推進本部男女共同参画部門会議委員   (全学委員会)

  • 2019年04月
    -
    2020年3月
      男女共同参画推進センター運営委員会委員   (全学委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年3月
      介護等体験委員会委員   (部局内委員会)

全件表示 >>