MORI Tatsunori

Affiliation

Faculty of Environment and Information Sciences, Division of Social Environment and Information

Job Title

Professor

Date of Birth

1964

Research Fields, Keywords

Natural Language Processing, Automated Text Summarization, Automated Question Answering, Information Retrieval, Information Extraction

Mail Address

E-mail address



ORCID  https://orcid.org/0000-0003-0656-6518

写真a

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 A New Method to Find Zero Pronouns Referring to Entry Words and Estimate their Surface Cases in the Context of a World History Glossary and its Descriptions  2020.03

    【Published Thesis】 Strategies for an Autonomous Agent Playing the ``Werewolf game'' as a Stealth Werewolf  2019.10

    【Published Thesis】 Utilization of histories by country in question-answering system to solve world history essay type questions  2019.09

    【Published Thesis】 Deep Learning Paradigm with Transformed Monolingual Word Embeddings for Multilingual Sentiment Analysis  2018.12

    【Book】 人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」: 第三次AIブームの到達点と限界  2018.09

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1991.3

    Yokohama National University   Division of Electrical and Computer Engineering   Doctor Course   Completed

  •  
    -
    1986

    Yokohama National University   Division of Computer Engineering   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering - Yokohama National University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2006.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Environment and Information Sciences   Division of Social Environment and Information   Professor  

  • 2001.4
    -
    2006.3

    Duty   Yokohama National UniversityResearch Institute of Environment and Information Sciences   Division of Social Environment and Information   Associate Professor  

  • 1995.4
    -
    2001.3

    Duty   Yokohama National UniversitySchool of Engineering   Associate Professor  

  • 1993.4
    -
    1995.3

    Duty   Yokohama National UniversitySchool of Engineering   Lecturer  

  • 1991.4
    -
    1993.3

    Duty   Yokohama National UniversitySchool of Engineering   Research Assistant  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 1998.2
    -
    1998.11

    Stanford University   CSLI   Visiting Scholar  

  • 1989.4
    -
    1991.3

    Research Fellow (DC), Japan Society for the Promotion of Science   Special researcher of the Japan Society for the Promotion of Science  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2009
     
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     
     

    言語処理学会

  •  
     
     
     

    人工知能学会

  •  
     
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     
     

    ACM

Research Areas 【 display / non-display

  • Informatics / Intelligent informatics

 

Research Career 【 display / non-display

  • 情報キュレーションマップ構築手法の検討と高度情報アクセスタスクへの応用

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year:

  • 情報キュレーションのための能動的かつ対話的な情報抽出・要約技術に関する研究

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year:

  • Construction of corpus of local assembly minutes and study of its interdisciplinary application

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year:

  • Summarization of text information on the Web

    Research and Development Trust to Affect High Communication/Broadcast Research and Development  

    Project Year:

  • 北海道における地方議員と住民間の協働支援システムの研究開発

    The Other Research Programs  

    Project Year:

display all >>

Books 【 display / non-display

  • テキスト処理の要素技術

    山本和英( Role: Sole author ,  編集担当)

    近代科学社  ( ISBN:978-4764906297

    Amazon

     More details

    Total pages:173   Responsible for pages:編集担当   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    言語処理学会編の実践・自然言語処理シリーズ
    編集委員: 佐藤理史、菊井玄一郎、関根聡、山本和英、乾健太郎、森辰則

  • 人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」: 第三次AIブームの到達点と限界

    新井紀子, 東中竜一郎 (編), 森辰則, 星野力(第3章担当)( Role: Joint author ,  第3章)

    東京大学出版会  ( ISBN:978-4130614078

    Amazon

     More details

    Total pages:296   Responsible for pages:113-161   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  • Foundations of Statistical Natural Language Processing

    Christopher D. Manning, Hinrich Schutze( Role: Joint translator)

    ( ISBN:978-4320124219

    Amazon

     More details

    Total pages:640   Responsible for pages:407-542   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • インタラクティブ情報検索システムの評価

    上保秀夫, 神門典子, 阿部明典, 加藤恒昭, 清田陽司, 高間康史, 西原陽子, 森辰則( Role: Joint translator)

    丸善出版  ( ISBN:4621086626

     More details

    Language:Japanese Book type:Other

  • 言語処理学事典

    ( Role: Edit ,  編集幹事として第2部編集担当)

    共立出版 

     More details

    Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • 発話者の発話意図推定に影響を及ぼす表情の絵文字の検出

    廣瀬将也, 森辰則

    言語処理学会第28回年次大会発表論文集   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (research society, symposium materials, etc.)   Publisher:言語処理学会   Joint Work  

  • 自発的な独話における可読性向上のための言い直し表現を検出・修正するシステム

    島森瑛貴, 阪本浩太郎, 渋木英潔, 森辰則

    言語処理学会第28回年次大会発表論文集   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (research society, symposium materials, etc.)   Publisher:言語処理学会   Joint Work  

  • 自発的な独話における可読性向上のための言い直し表現の定義と分析

    島森瑛貴, 阪本浩太郎, 渋木英潔, 森辰則

    言語処理学会第27回年次大会発表論文集   365 - 370   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (research society, symposium materials, etc.)   Publisher:言語処理学会   Joint Work  

  • NTCIR15 QA Lab-PoliInfo-2の報告およびデータセット公開

    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, 内田ゆず, 乙武北斗, 石下円香, 三田村照子, 吉岡 真治~秋葉友良, 小川泰弘, 佐々木稔, 横手健一, 神門典子, 森辰則, 荒木健治, 関根聡

    言語処理学会第27回年次大会発表論文集   658 - 662   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (research society, symposium materials, etc.)   Publisher:言語処理学会   Joint Work  

  • 進化論的アプローチによる人狼ゲームにおけるエージェントの構築に関する調査

    関井郁弥, 阪本浩太郎, 渋木英潔, 森辰則

    言語処理学会第27回年次大会発表論文集   653 - 657   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (research society, symposium materials, etc.)   Publisher:言語処理学会   Joint Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 情報編纂のためのテキスト処理技術

    情報編纂研究会第2回研究会資料. 人工知能学会   2010

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

  • 文書からの情報抽出と固有表現抽出 --- 文書から特定情報を切り出す ---,

    画像ラボ   10 ( 12 )   24 - 27   1999

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

Works 【 display / non-display

  • 情報信頼性判断支援システム

    森辰則

    2008.3 - 2011.3

     More details

    Work type:Software  

  • 質問応答システム MinerVA

    森 辰則

    1998

     More details

    Work type:Software  

Industrial Property Rights 【 display / non-display

  • パッセージ抽出装置及びパッセージ抽出方法

    森 辰則,渋木 英潔,中野 正寛,宮崎 林太郎, 石下 円香

     More details

    Application no:特願2010-158679  Date applied:2011.7.13

    Patent/Registration no:5858407  Date issued:2015.12.25

    Country of applicant:Domestic  

  • WWWを情報源として記述的な回答が可能な質問応答システム

    森辰則、佐藤充、石下円香

     More details

    Applicant:横浜国立大学

    Application no:特願2010-502807  Date applied:2009.3.9

    Patent/Registration no:5461388  Date issued:2014.1.24

    Country of applicant:Domestic  

  • 商品分類装置,商品分類方法及びプログラム

    森 辰則,西村 純,宮崎 林太郎,前田 直人,翁 松齢,石川 雄介,小林 寛之

     More details

    Application no:特願2007-190834  Date applied:2007.7.23

    Announcement no:特開2009-26195  Date announced:2009.2.5

    Country of applicant:Domestic  

  • 対話型複数文書要約装置

    森辰則, 谷岡洵

     More details

    Applicant:国立大学法人横浜国立大学

    Application no:特願 2006-256759  Date applied:2006.9

    Patent/Registration no:特許第4806773号  Date issued:2011.8.26

    Country of applicant:Domestic  

    利用者が自分の興味を対話的に反映させることができる複数文書要約手法

  • 文書要約システム及び文書要約方法及びプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体及びプログラム

    森辰則、野澤正憲、浅田義昭

     More details

    Applicant:国立大学法人横浜国立大学

    Application no:特願2004-239544  Date applied:2004.8

    Country of applicant:Domestic  

    質問応答処理システムを用いた複数文書要約に関する発明

Awards 【 display / non-display

  • 平成27年度 情報・システムソサイエティ査読功労賞

    2015.5   電子情報通信学会 情報・システムソサエティ  

    Individual or group name of awards:森 辰則

     More detail

    情報・システムソサイエティ論文誌の編集活動において、査読者として顕著な業績を有する個人を表彰するもの

  • JSAI Incentive Award 2013

    2014.6   The Japan Society for Artificial Intelligence   Proposal and Consideration for Extraction of Term Explanation Depending on Context

    Individual or group name of awards:Kosuke Homma, Hideyuki Shibuki, and Tatsunori Mori

  • 平成24年度科研費審査委員表彰

    2012.10    

  • (社)人工知能学会 2011年度論文賞

    2012.6    

  • 学会優秀賞. 知識共有コミュニティワークショップ, 情報社会学会

    2008.11    

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 情報キュレーションマップ構築手法の検討と高度情報アクセスタスクへの応用

    2016.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):森 辰則

      More details

    Grant type:Competitive

  • 情報キュレーションのための能動的かつ対話的な情報抽出・要約技術に関する研究

    2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):森辰則

      More details

    Grant type:Competitive

  • 利用者の納得に寄与する情報アクセス技術に関する研究

    2010.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):森辰則

      More details

    Grant type:Competitive

  • 情報爆発時代に対応する質問応答基盤技術に関する研究

    2006.4 - 2009.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas

    Investigator(s):森辰則

      More details

    Grant type:Competitive

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 北海道における地方議員と住民間の協働支援システムの研究開発

    2009.4 - 2010.3

    Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications  戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)

    Investigator(s):木村泰知

  • 電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発 課題イ 意味内容の時系列分析技術

    2007.3 - 2011.3

    Local Government  平成19年度高度通信・放送研究開発

    Investigator(s):森辰則

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • 人狼ゲームにおける発話と本心を対応させた欺瞞対話コーパスの構築

    Offer organization: 国立情報学研究所   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2018.4  -  2019.3 

  • 時間的・場所的整合性を考慮した実世界質問応答に向けた調査研究

    Offer organization: 国立情報学研究所   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2017.7  -  2018.3 

  • 北海道における地方議員と住民間の協働支援システムの研究開発

    Offer organization: 総務省   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2009.4  -  2010.3 

  • 電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発.課題イ 意味内容の時系列分析技術

    Offer organization: 独立行政法人情報通信研究機構   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2007.3  -  2011.3 

  • 独立行政法人農業技術研究機構「データベース・モデル協調システムの開発」

    Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2001  -  2004 

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Programming

    College of Engineering Science

  • 2022   Data Science

    College of Engineering Science

  • 2022   Exercise in Digital Document Processing

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2022   Digital Document Processing

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2022   Computer and Communication System

    Liberal Arts Education

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 言語処理学会第27回大会大会賞審査委員会

    2020.12 - 2021.3  審査委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 言語処理学会第26回大会大会賞審査委員会

    2019.12 - 2020.3  審査委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 言語処理学会第25回大会大会賞審査委員会

    2018.12 - 2019.3  審査委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 「実践・自然言語処理シリーズ」編集委員会

    2016.6  編集委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • NTCIR QALab, Organizing Committee

    2013.8 

     More details

    Committee type:Academic society 

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 出張講義

    Role(s): Lecturer

    横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校  2019.4

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校における出張講義の講師を務めた。

  • 神奈川県専修学校各種学校協会 校長会 招待講演

    Role(s): Lecturer

    神奈川県専修学校各種学校協会  2018.3

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Lecture

    神奈川県専修学校各種学校協会校長会より講演依頼を受け、人工知能に関する講演を行った。

  • 東京都立南多摩中等教育学校 分野別模擬授業

    Role(s): Lecturer

    東京都立南多摩中等教育学校  2017.10

     More details

    Audience: High school students

    Type:Visiting lecture

    東京都立南多摩中等教育学校において、分野別模擬授業の講師を行った。

  • 大学入試問題を解くことができるシステムを研究開発する「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの特集の中で世界史の入試問題に自動解答するシステムについて、研究成果等を紹介

    Role(s): Other

    BSフジ  ガリレオX  2016.1

     More details

    Audience: General public

    Type:Newspaper, magazine

    渋木研究員とともに、2016年1月31日、BSフジ・ガリレオXに出演した。大学入試問題を解くことができるシステムを研究開発する「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの特集の中で、世界史の入試問題に自動解答するシステムについて、研究成果等が紹介された。

  • 神奈川県高度技術活用研修・コンピュータアーキテクチャ1

    Role(s): Lecturer

    神奈川県立産業技術総合研究所  2012.5

     More details

    Audience: Company

    Type:Seminar, workshop

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの特集の中で、世界史の入試問題に自動解答するシステムについて、研究成果等を紹介

    TBS  ニュース23  2015.11

     More details

    渋木研究員とともに、2015年11月13日、TBS・ニュース23に出演した。大学入試問題を解くことができるシステムを研究開発する「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの特集の中で、世界史の入試問題に自動解答するシステムについて、研究成果等が紹介された。