NAKAGAWA Katsushi

Affiliation

Faculty of Urban Innovation, Division of Urban Innovation

Job Title

Associate Professor

Date of Birth

1975

Research Fields, Keywords

Sound Art, Sound Media Studies, Sound Studies, Contemporary Music

Mail Address

E-mail address

Web Site

https://sites.google.com/site/audibleculture/4_profile

Related SDGs




写真a

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2006.3

    Kyoto University   Dept. of Aesthetics and Art History   Doctor Course   Accomplished credits for doctoral program

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Literature - Kyoto University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2011.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Associate Professor  

  • 2017.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Urban Sciences   Department of Urban and Social Collaboration   Associate Professor  

  • 2011.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Urban Innovation   Department of Architecture and Urban Culture   Associate Professor  

  • 2011.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Urban Innovation   Department of Urban Innovation   Associate Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2005.7
    -
    2006.6

    University of California, Davis   Technocultural Studies of Art Department   Visiting Researcher  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2012.10
     
     
     

    Japanese Association for Studying Popular Music

  • 2000.4
     
     
     

    The Japanese Society for Aesthetics

  • 2000.4
     
     
     

    International Congress of Aesthetics

 

Research Career 【 display / non-display

  • Establishment of a foundation for sound art research based on East Asian examples

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 2020.4

  • 台湾における「サウンド・アート(聲音藝術、sound art)」の系譜の研究:王福瑞の事例を中心に

    Grant-in-Aid for Promotion of Private Scientific Research  

    Project Year: 2019.4

     More detail

    台湾における「サウンド・アート(聲音藝術、sound art)」の系譜の研究:王福瑞の事例を中心に

  • The development of Sound Art in Japan in the 1980s

    Project Year: 2015.4

  • クリスチャン・マークレイ研究—サウンド・アートの系譜学

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 2012.4 - 2015.3

Books 【 display / non-display

  • History of Sound Media

    TANIGUCHI Fumikazu, NAKAGAWA Katsushi and FUKUDA Yudai( Role: Joint author)

    Nakanishiya Syuppan  ( ISBN:9784779509513

    Amazon

     More details

    Total pages:334   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • サウンド&アート展 : 見る音楽、聴く形 = sound & art : performance/workshop

    毛利 嘉孝, 中川 克志, 廣川 暁生, 明石 薫, クリエイティブ・アート実行委員会( Role: Sole author)

    クリエイティブ・アート実行委員会2021 

    CiNii

     More details

    Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  • Computational aesthetics

    鈴木 泰博( Role: Joint author)

    Springer  ( ISBN:9784431568421

    CiNii

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

  • Computational Aesthetics(SpringerBriefs in Applied Sciences and Technology)

    Yasuhiro Suzuki, Katsushi Nakagawa, Takashi Sugiyama, Fuminori Akiba, Eric Maestri, Insil Choi, and Shinya Tsuchiya.( Role: Joint author ,  A Brief Consideration About the Relationship Between Sound Art and Tactile Sense.)

    Springer  ( ISBN:9784431568421

    Amazon

     More details

    Total pages:96   Responsible for pages:53-65   Language:English Book type:Scholarly book

    NAKAGAWA Katsushi. 2019. "A Brief Consideration About the Relationship Between Sound Art and Tactile Sense." In: Computational Aesthetics. SpringerBriefs in Applied Sciences and Technology. Springer, Tokyo: 53-65.

  • アメリカ文化事典:アメリカ学会(編)

    アメリカ学会(編)( Role: Joint author ,  「実験音楽」(「17.音楽・舞台」収録))

    丸善出版(東京)  ( ISBN:9784621302149

    Amazon

     More details

    Total pages:960   Responsible for pages:692-693   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

Thesis for a degree 【 display / non-display

Papers 【 display / non-display

  • クリスチャン・マークレー再論:世界との交歓

    中川克志

    東京都現代美術館(編) 2022 『クリスチャン・マークレー:トランスレーティング[翻訳する]』(東京都現代美術館、2021年11月20日-2022年2月23日) 展覧会図録 東京:左右社   182 - 190   2022.4  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:左右社   Single Work  

    Other Link: https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I032064084-00

  • The historical development of sound sculpture: the suggestion of a hypothesis about the usage of the term 'sound sculpture' and 'sound art'

    NAKAGAWA Katsushi

    Tokiwadai journal of human sciences   8 ( 1 )   73 - 99   2022.3

    DOI

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Yokohama National University Faculty of Urban Innovation   Single Work  

    This article has two objectives: to trace the historical development of sound sculpture and to suggest a hypothesis about using the term 'sound sculpture' and 'sound art.' For the first objective, this paper refers to some resources to describe the sound sculpture's developmental history. This part will contribute to the future discussion about the History of Sound in the Arts. For the second objective, this paper explores the exhibition Sound/Art (1984). Moreover, this part examines the related documents such as a press release, the statement in the exhibition catalog, and some news-clippings. By doing so, this part suggests the hypothesis about the usage of the term 'sound sculpture' and 'sound art,' which argues that 'sound sculpture' has become a sub-category of 'Sound Art.'

    This article is part of my research on the situation around Sound in the Arts, mainly in New York City during the 1980s. I have done another research around that topic and made an oral presentation at The annual meeting of The Japanese Society for Aesthetics (online) on October 3rd, 2020, which I plan to publish as an academic article shortly.

  • 創作楽器という問題

    中川克志

    サウンド&アート展 見る音楽、聴く形廣川暁生、明石薫(編) 2021 『サウンド&アート展 見る音楽、聴く形』 「サウンド&アート」展図録(アーツ千代田3331、2021年11月5日-21日) 東京:クリエイティヴ・アート実行委員会2021   2021.11  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other science council materials etc.)   Single Work  

    Other Link: https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I031796937-00

  • 日本における〈音のある芸術の歴史〉を目指して――1950-90年代の雑誌『美術手帖』を中心に――

    中川克志

    細川周平(編)『音と耳から考える:歴史・身体・テクノロジー』(アルテスパブリッシング)   2021.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:アルテスパブリッシング   Single Work  

    Other Link: https://artespublishing.com/shop/books/86559-240-5/

  • History of Sound in the Arts in Japan Between the 1960s and 1990s

    NAKAGAWA katsushi

    Charrieras D., Mouillot F. (eds) Fractured Scenes.   2021.3  [Reviewed]  [Invited]

    DOI

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other science council materials etc.)   Publisher:Palgrave Macmillan   Single Work  

    This chapter is a portion of the author’s ongoing study on the history of “sound art” in Japan. He aims to introduce the reader to a provisional history of sound in the arts in Japan between the 1960s and 1990s. This history has remained mostly unexplored, and the present chapter explores the contributions of Atsuko Tanaka, Group Ongaku (Takehisa Kosugi, Yasunao Tone, et al.), environmental art in the 1960s Japan, proto sound art exhibitions (Keijiro Sato, Toshi Ichiyanagi, et al.), Post Mono-ha artists, Kazumichi Fujiwara, Space in the Sun by Akio Suzuki, Kankyō Ongaku in the 1980s Japan (Satoshi Ashikawa. Hiroshi Yoshimura, et al.), and the exhibition series Sound Garden, Yukio Fujimoto.

    Other Link: https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-981-15-5913-6_16

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • ジョナサン・スターン 2015(2003) 『聞こえくる過去:音響再生産の文化的起源』

    中川克志・金子智太郎・谷口文和(訳)

    インスクリプト   60 - 75   2015

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Joint Work  

  • 書評:大和田俊之(編著)『ポップ・ミュージックを語る10の視点』

    中川 克志

    ポピュラー音楽研究   24   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Single Work  

  • 書評:毛利嘉孝(編著)『アフター・ミュージッキング ―実践する音楽―』

    中川 克志

    ポピュラー音楽研究   22   30 - 35   2018.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Single Work  

  • To Listen and To Play: A record of Asian Meeting Festival coming to play at Art Camp Tango

    2018.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    Other Link: http://asianmusic-network.com/archive/2018/01/asian-meeting-festivalart-camp-tango.html

  • [大会報告(2015年第27回大会、京都精華大学)] ワークショップA 1955年の音響メディア史

    中川 克志

    ポピュラー音楽研究   20   86 - 87   2016.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 三沢洋紀と岡林ロックンロール・センター『サイレントのとんがり』

    三沢洋紀、岡林コゾー、中川克志、宮地健作

    2013.9

     More details

    Work type:Artistic work   Location:Headz  

    羅針盤、渚にてと並び関西三大うたものバンドと称されたラブクライの中心人物で、ラブクライ活動休止後はPONY、LETTER、三沢洋紀とゆふいんの森、真 夜中ミュージックといったバンドで活動し、昨年は柴田聡子の1stアルバム『しばたさとこ島』、今年は都市レコード『road to you』のプロデューサーとして、その音楽的才能を遺憾無く発揮した三沢洋紀。
    彼が、THE BITE / U.G MANの岡林コゾウ大輔、OKミュージックボールの中川克志、ラブクライのメンバーでもあった宮地健作と結成したバンド、三沢洋紀と岡林ロックンロール・ センターが、2012年7月発売のCD-Rの8曲入りアルバム『三沢洋紀と岡林ロックンロール・センター』に続き、ファースト・フル・アルバムを完成させた。
    三沢洋紀にとって、プレスCDとしては2012年2月発売の『真夜中ミュージック』(限定300枚)、全国流通盤としては2009年の『三沢洋紀とゆふいんの森』以来となる本作は、プロデューサーにKIRIHITO、GROUP、younGSoundsのメンバーとして、刺激的なサウンドを追求し続けている竹久圏を起用。予てからお互いの活動に注目していたという二人がここ数年で急接近し、三沢にとっては念願の竹久とのコラボレートが実現する こととなった。
    ラブクライ時代から定評のある三沢のソングライティング能力やポップ・センスは更に磨かれ、ギター・プレイヤーとしても参加した竹久のハードコアやクラブシーンにも精通した不良性の高い歪な音像やリズム・センス、ジャンルを超越したオルタナティヴなエッセンスによって、単なるうたも の作品では味わうことの出来ない多彩な魅力が詰まった傑作アルバムとなった。
    録音、ミックス、マスタリングは近年のテニスコーツやマジキック作品には欠かせない存在となっているサウンド・アーティスト、大城真が担当。
    三沢の甘いヴォーカルといぶし銀なバンド・アンサンブルによる、アーシーかつアーバンというアンビヴァレンツなサウンドが奇跡的に融合した、今の日本では他に例を見ない、洒脱な大人のロックンロール・アルバムに仕上がっている。
    人生の酸いも甘いも知り尽くした男達が奏でる、この豊潤なバンド・サウンドにどっぷりと酔いしれて欲しい。

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Establishment of a foundation for sound art research based on East Asian examples

    2020.4 - 2024.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):NAKAGAWA Katsushi

      More details

    Grant type:Competitive

  • サウンドアート学確立による20世紀アート史の書き換え

    2018.6 - 2021.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research

    Investigator(s):中川眞(大阪市立大学 都市研究プラザ 特任教授)

      More details

    Grant type:Competitive

    課題番号:18K18488
    研究分野:中区分1:思想、芸術およびその関連分野
    研究機関:大阪市立大学

  • 日本におけるサウンド・アートの成立過程の調査

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):中川 克志

      More details

    Grant type:Competitive

    本研究「日本におけるサウンド・アートの成立過程の調査」の目的は、日本においてサウンド・ アートが登場してきた経緯の調査である。「サウンド・アート」という言葉が盛んに使われるよう になった 19 80 年代を中心に、(1)インタビュー調査 と(2)文献調査を行う。日本におけるサウ ンド・アートの登場に関す る先行研究はほとんど存在しないため、本研究では基礎的な資料の収 集整備を重視する。また、その成果を、 日本より 10 年ほど遅れてサウンド・アートを制作するよ うになった(3)台湾、香港、韓国などの状況と比較す ることで、日本におけるサウンド・アート の文化的位置づけの独自性の考察を試みる。これらの研究を通じて 、「日本におけるサウンド・ アート」に関する研究と、日本における「サウンド・アートに関する研究」に貢 献したい。

  • パーソナル・ファブリケーション以降の芸術表現に向けた視聴覚メディアの系譜学

    2015.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research

    Investigator(s):城一裕(情報科学芸術大学院大学・メディア表現研究科・講師)

      More details

    Grant type:Competitive

    課題番号:15K12842
    研究分野:人文学, 芸術学, 芸術一般
    研究機関:情報科学芸術大学院大学

  • クリスチャン・マークレイ研究―サウンド・アートの系譜学

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

    Investigator(s):中川 克志

      More details

    Grant type:Competitive

    課題番号:24720066
    研究分野:芸術学, 芸術史, 芸術一般
    研究機関:横浜国立大学

display all >>

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 台湾における「サウンド・アート(聲音藝術、sound art)」の系譜の研究:王福瑞の事例を中心に

    2019.4

    Private Foundations  稲盛研究助成

    Investigator(s):中川克志

      More details

     本研究は、1990年代初頭に始まった台湾における「サウンド・アート(聲音藝術、sound art)」の歴史について、その始まりから現在に至る系譜を明らかにしようとするものである。本研究では、台湾におけるサウンド・アートのパイオニアの一人である王福瑞の活動を中心に調査する。彼の活動を軸として予備調査に基づいてリストアップした「2.内容」の人々にインタビュー調査を行うことで、90年代から現在に至る台湾におけるサウンド・アートの概要を明らかにできるだろう。この領域の研究はまだほとんど整備されておらず、本研究には一次資料を準備するという意義がある。
     台湾におけるサウンド・アートの特徴は、戒厳令が解除された90年代以降に展開したことである。また、日本や欧米では「サウンド・アート」と呼ばれる音を用いる視覚美術だけではなく、日本や欧米で80年代頃に登場した「ノイズ・ミュージック」と呼ばれる音楽もまた、「サウンド・アート(聲音藝術、sound art)」という名称で言及されることも特徴である。これらの特徴は、日本、香港、欧米、中華人民共和国等の相互影響関係の中から生じたトランスナショナルな性格を示すものとして、重要である。本研究には、アジア諸国の文化の相互影響関係の事例研究である、という意義もある。
     それゆえ、本研究は、まず第一に、台湾における「サウンド・アート(聲音藝術、sound art)」の系譜において諸活動がどのような布置を形成しているかを探り、第二に、それらがアジア諸国のなかでどのようなトランスナショナルな力学のもとで形成されてきたのか、ということを明らかにしたい。本研究は、究極的には、アジアにおける西洋化と近代化にかかわる文化のメカニズムの解明に貢献せんとするものである。

Presentations 【 display / non-display

  • 「Sound/Art」展(1984)のパースペクティヴ――〈サウンド・アートとは何か〉とは何か――

    中川克志

    第71回美学会全国大会  美学会

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン(広島大学)  

  • 台湾におけるサウンド・アート研究試論――ワン・フーレイ(王福瑞、WANG Fujui)の場合――

    中川克志

    2019年度第四回東部会例会における第70回美学会全国大会研究発表の代替発表  美学会

     More details

    Event date: 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京芸術大学  

  • "On the Case of Kankyo Ongaku in the 1980s (or myself)" at International Popular Music Studies Presentation Session

    NAKAGAWA Katsushi

     More details

    Event date: 2019.12

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • Why did the composer begin to make visual art?: The ambient music and sound art of YOSHIMURA Hiroshi

    NAKAGAWA Katsushi

    the 21th International Congress of Aesthetics  International Congress of Aesthetics

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:University of Belgrade, Belgrade, Serbia  

  • 1950年代から90年代における雑誌『美術手帖』(1951-2002)における〈音/音楽〉の諸相

    中川克志

    共同研究「音と聴覚の文化史」(研究代表者・細川周平)  共同研究「音と聴覚の文化史」(研究代表者・細川周平)

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:国際日本文化研究センター  

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • サウンド・アート研究(日本/アジア/概論)

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Senior Thesis / Projects B

    College of Urban Sciences

  • 2022   Senior Thesis / Projects A

    College of Urban Sciences

  • 2022   Introduction to Socio-Cultural Critics

    College of Urban Sciences

  • 2022   Socio-Cultural Critics Studio B4

    College of Urban Sciences

  • 2022   Socio-Cultural Critics Studio B3

    College of Urban Sciences

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 美学芸術学演習

    Institution:國學院大學

  • 音楽の思想

    Institution:早稲田大学

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 創造都市横浜における創造的活動支援助成

    2015.5 - 2016.2  創造的活動支援助成選考委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 創造都市横浜における創造的活動支援助成

    2014.5 - 2015.2  創造的活動支援助成選考委員

     More details

    Committee type:Academic society 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 「1950年代から90年代における雑誌『美術手帖』(1951-2002)における〈音/音楽〉の諸相」

    Role(s): Other

    国際日本文化研究センター  2018.9

     More details

    Audience: Other

    Type:Other

    「1950年代から90年代における雑誌『美術手帖』(1951-2002)における〈音/音楽〉の諸相」共同研究「音と聴覚の文化史」(研究代表者・細川周平)

  • ART CAMP TANGO × Asian Meeting Festival

    Role(s): Host

    2017.9

     More details

    Audience: General public, Other

    Type:Science festival

  • 「オーロラの音の不思議は解決されたらしい」

    Role(s): Guest

    電子音楽のスタディーズ(主催:有馬純寿、川崎弘二、檜垣智也)  京都Media Shop  2014.1

     More details

    Audience: Other

    Type:Extension Lecture

    「電子音楽のスタディーズ VIII. 電子音楽のマラソン・リスニング」の三枠目に「オーロラの音の不思議は解決されたらしい」という題目でSkype出演で出演した。

  • 「音と触覚ーーサウンド・アートの場合」

    Role(s): Guest, Panelist

    触覚美学研究会  東京八重洲ホール  2013.11

     More details

    Type:Planning and holding meetings,conferences,e.t.c.

    「触譜を用いた触覚の実験美学的研究」にて講演

  • シンポジア「音楽を通して読む<前衛>のアメリカ(http://www.als-j.org/room/sympo1.html)「ケージとポロック:メディアの可塑性」

    Role(s): Other

    日本アメリカ文学会  名古屋大学  2012.10

     More details

    Audience: Other

    Type:Other

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

display all >>