大野 真也 (オオノ シンヤ)

OHNO Shinya

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

ホームページ

http://www.surf-phys.ynu.ac.jp/



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年

    東京工業大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年

    東京大学  理学系研究科  物理学  博士課程 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      米国ピッツバーグ大学   博士研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 2009年06月
    -
    継続中
     

    日本表面真空学会

  •  
     
     
     

    日本応用物理学会

  •  
     
     
     

    ナノ学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 光学計測

  • 薄膜・表面界面物性

  • 表面物理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 半導体表面の光物性

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Frontiers in Optical Methods: Nano-Characterization and Coherent Control

    K, Shudo, I. Katayama, S. Ohno Eds. (担当: 共編者 , 担当範囲: 主著者として論文執筆を担当 )

    Springer-Verlag, GmbH  2013年12月

     概要を見る

    表面差分反射分光(SDR)、反射率差分光(RDS)の原理、およびSi(001)表面の初期酸化過程への応用に関する総説。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Formation of nanoscale structure on nitrogen adsorbed Cu(001) surfaces

    大野 真也

      2003年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 窒素吸着した銅表面の構造、鉄蒸着により形成される構造、酸素曝露により形成される構造を走査トンネル顕微鏡(STM)を用いて調べた。ナノスケール構造の成長過程を原子レベルで解明した。特に、歪みとナノスケール構造の相関を原子レベルで明らかにした。具体的には、基板上の原子と蒸着原子間の原子交換、表面歪みと酸素分子の解離確率、拡散速度の相関を明らかにした。

  • 金属表面上の磁性薄膜の成長と磁性

    大野 真也

      2000年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 窒素吸着した銅表面上に鉄を蒸着しナノスケール構造を走査トンネル顕微鏡(STM)を用いて調べた。ナノスケール構造の成長過程を原子レベルで解明した。マグネタイトの電子状態をスピン分解光電子分光(PES)を用いて調べた。この物質に特徴的なVerway転移の機構や価電子帯のスピン分解電子状態の起源について議論した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 無酸素Pd/Tiコーティングを利用したフィン型ICFゼロレングス非蒸発型ゲッター(NEG)ポンプの開発

    佐藤裕太,菊地貴司,宮澤徹也,大野真也,間瀬一彦

    Proceedings of the 16th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan     907 - 910   2019年09月

    共著

  • 無酸素パラジウム/チタンを用いた新しい非蒸発型ゲッターコーティングの開発,放射光X線光電子分光による表面分析,残留ガス分析,排気速度評価

    宮澤 徹也, 栗原 真志, 大野 真也, 橋本 綾子, 中山 泰生, 小澤 健一, 菊地 貴司, 間瀬 一彦

    表面と真空 ( 公益社団法人 日本表面真空学会 )  62 ( 9 ) 568 - 573   2019年09月

    共著

     概要を見る

    <p>We have developed a novel nonevaporable getter named oxygen-free Pd/Ti. After activation at 133℃, oxygen-free Pd/Ti evacuates H<sub>2</sub> and CO. Its pumping speeds do not decrease even after repeated cycles of activation and exposure to the air. Surface analysis by synchrotron radiation X-ray photoelectron spectroscopy showed that the carbon contamination decreased to an extent on heating in UHV, but decreased considerably on heating under an O<sub>2</sub> pressure. The partial pressures of H<sub>2</sub>, CO, H<sub>2</sub>O, and CH<sub>4</sub> in an oxygen-free-Pd/Ti coated chamber reduced to some degree after baking in UHV, but reduced remarkably after baking under an O<sub>2</sub> pressure (O<sub>2</sub> baking). Catalytic chemical reactions which remove carbon and hydrogen adsorbed on Pd surfaces appear to be responsible for the reduction of the partial pressures of H<sub>2</sub>, CO, H<sub>2</sub>O, and CH<sub>4</sub>. The pumping speeds of the oxygen-free Pd/Ti coated chamber for H<sub>2</sub> and CO improved remarkably after O<sub>2</sub> baking.</p>

    DOI CiNii

  • Intra-dimer row and inter-dimer row coupling of the vibrational modes of chemisorbed CO on Si(001)-c(4x2) observed by angle-dependent transmission infrared spectroscopy

    Ohno Shinya, Shimizu Shotaro, Tanaka Kazuma, Yoshimoto Shinya, Yoshinobu Jun

    JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   151 ( 7 ) 074702-1 - 074702-8   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Multiple-peak resonance of optical second harmonic generation arising from band nesting in monolayer transition metal dichalcogenides TX2 on SiO2/Si(001) substrates (T = Mo, W; X = S, Se)

    Kikuchi Yuhei, Miyauchi Yoshihiro, Takaoka Ryosei, Suzuki Takanori, Tanaka Masatoshi, Ohno Shinya

    PHYSICAL REVIEW B   100 ( 7 ) 075301-1 - 075301-7   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Second-harmonic generation from supported carbon nanotube films grown by chemical vapor deposition on fused silica

    Okawara Satoru, Kudo Masafumi, Miyamori Mariko, Ohno Shinya, Shimazu Yoshihiro, Tanaka Masatoshi, Suzuki Takanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS ( Institute of Physics )  58 ( 3 ) 032006-1 - 032006-7   2019年03月

    共著

     概要を見る

    Surface second-harmonic generation (SHG) is shown to be observable for carbon nanotube (CNT) films grown by CVD on fused silica. The SHG intensity ratio for incident radiation polarized perpendicular and parallel to the plane of incidence at the fundamental radiation (1064 nm) is observed to have typical values for the two kinds of grown film: a film with aligned CNTs and a film with randomly oriented CNTs lying on a substrate sheet. SHG is discussed to originate not from the CNT bulk but from the film surface. The polarization ratio obtained for the two kinds of film was consistent with that calculated for a composite film of spheroidal particles with varying diameters employed to approximate the actual CNT films. The present findings may be applied to in situ evaluation of the initial stage in the CVD growth process of CNTs.

    Web of Science DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Reflectance Difference Spectroscopy

    首藤健一,大野真也

    Compendium of Surface and Interface Analysis (Springer-Verlag)     2018年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 有機分子による電界放出コヒーレント電子源

    大野真也

    表面と真空   61 ( 11 ) 747 - 747   2018年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    大野真也,”有機分子による電界放出コヒーレント電子源”, 表面と真空 Vol.61 (2018) 747.

    DOI

  • 実用顕微評価技術セミナー2017

    粉川良平,鷺坂恵介,大野真也,近松彰

    表面科学   38 ( 10 ) 533   2017年10月  [依頼有り]

    会議報告等   共著

  • 日本表面科学会第4回関東支部セミナー「走査型プローブ顕微鏡のフロンティア」開催報告

    鷺坂恵介,大野真也

    表面科学   38 ( 10 ) 530   2017年10月  [依頼有り]

    会議報告等   共著

  • シリコン高指数面の酸化過程

    真空   58 ( 2 ) 37 - 42   2015年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 窒素元素ドープ酸化チタンの製造方法

    特願 2019-153049 

    阿部真之,勝部大樹,吉越章隆,大野真也

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 堀場雅夫賞

    2009年    

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Oxygen-Free Palladium/Titanium Coating, a Novel Non-Evaporable Getter Coating with an Activation Temperature of 133 °C

    Tetsuya Miyazawa, Masashi Kurihara, Shinya Ohno, Naoya Terashima, Yuto Natsui, Hiroo Kato, Yoshihiro Kato, Ayako Hashimoto, Takashi Kikuchi

    The Pacific Rim Symposium on Surfaces, Coatings and Interfaces (PacSurf 2018),   (Waikoloa, USA)  2018年12月04日  

     概要を見る

    Tetsuya Miyazawa, Masashi Kurihara, Shinya Ohno, Naoya Terashima, Yuto Natsui, Hiroo Kato, Yoshihiro Kato, Ayako Hashimoto, Takashi Kikuchi, “Oxygen-Free Palladium/Titanium Coating, a Novel Non-Evaporable Getter Coating with an Activation Temperature of 133 °C”, , The Pacific Rim Symposium on Surfaces, Coatings and Interfaces (PacSurf 2018), Waikoloa, USA, Dec. 4, 2018. Oral presentation (TF-TuM4).

  • XPS Study on the Thermal Stability of Oxygen-Free Pd/Ti Thin Film, a New Non-Evaporable Getter (NEG) Coating

    Tetsuya Miyazawa, Masashi Kurihara, Shinya Ohno, Misao Yamanaka, Ayako Hashimoto, Takashi Kikuchi, Kazuhiko Mase

    International Workshop on Trends in Advanced Spectroscopy in Materials Science (TASPEC),   (Higashi-Hiroshima, Japan)  2018年10月04日  

     概要を見る

    Tetsuya Miyazawa, Masashi Kurihara, Shinya Ohno, Misao Yamanaka, Ayako Hashimoto, Takashi Kikuchi, Kazuhiko Mase, “XPS Study on the Thermal Stability of Oxygen-Free Pd/Ti Thin Film, a New Non-Evaporable Getter (NEG) Coating”, International Workshop on Trends in Advanced Spectroscopy in Materials Science (TASPEC), Higashi-Hiroshima, Japan, Oct. 4, 2018. Poster presentation (P-23).

  • Linear and non-linear optical spectroscopy of monolayer transition-metal dichalcogenides under a microscope

    Yuhei Kikuchi, Yoshihiro Miyauchi, Takanori Suzuki, Masatoshi Tanaka, Shinya Ohno

    11th International Symposium on Atomic Level Characterizations for New Materials and Devices '17  2017年12月  

  • The dielectric function of atomically thin MoS2, MoSe2, WS2, and WSe2 observed by linear and non-linear optical measurements

    Yuhei Kikuchi, Yoshihiro Miyauchi, Takanori Suzuki, Masatoshi Tanaka, Shinya Ohno

    5th Ito International Research Conference, RIKEN Centennial Anniversary & Surface and Interface Spectroscopy  2017年11月  

  • Dynamic behavior of CO on Si(001) studied with optical methods

    Shinya Ohno, Tatsuya Momose, Shotaro Shimizu, Kazuma Tanaka, Masatoshi Tanaka, Takanori Suzuki, Shinya Yoshimoto, Jun Yoshinobu

    The 8th International Symposium on Surface Science  2017年10月  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  先端的表面計測特論

  • 大学院理工学府  表面科学

  • 理工学部  力学Ⅱ

  • 理工学部  物理工学実験情報演習Ⅱ

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 光光委員会(日本光学会)

    2019年04月
    -
    2021年03月

    学協会   関東委員

  • 日本物理学会

    2017年10月
    -
    2018年09月

    学協会   領域運営委員

  • 表面科学会

    2015年04月
    -
    継続中

    学協会   関東支部支部委員

  • 日本真空学会

    2014年04月
    -
    継続中

    学協会   編集委員

  • 応用物理学会

    2012年04月
    -
    2014年09月

    学協会   プログラム委員