大森 義明 (オオモリ ヨシアキ)

OMORI Yoshiaki

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

研究分野・キーワード

労働経済学, 家族の経済学, 応用ミクロ計量経済学



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 "Unemployment Insurance and Job Quits," (with Audrey Light) Journal of Labor Economics, 22(1), 159 - 188,   2004年

    【論文】 "Stigma Effects of Nonemployment," Economic Inquiry 35( 2) 394 - 416,  1997年

    【著書】 労働経済学, 日本評論社  2008年03月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年

    上智大学   経済学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校  経済学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    1985年

    上智大学  経済学研究科  経済学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学) -  ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校

  • 修士(経済学) -  上智大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

  • 2004年10月
    -
    2013年03月

    専任   横浜国立大学   経済学部   教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   教授  

  • 2004年10月
    -
    2013年03月

    併任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年09月
    -
    2004年09月

      小樽商科大学   商学部   教授

  • 2001年04月
    -
    2002年09月

      小樽商科大学   商学部   助教授

  • 1995年09月
    -
    2001年03月

      富山大学   経済学部   助教授

  • 1990年09月
    -
    1995年08月

      コネティカット大学   ストース校経済学部   助教授

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
    -
    継続中
     

    日本人口学会

  • 1995年
    -
    2004年
     

    Eastern Economic Association

  • 1995年
    -
    2004年
     

    Western Economic Association

  • 1990年
    -
    2004年
     

    The Society of Labor Economists

  • 1990年
    -
    2004年
     

    American Economic Association

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

  • 財政・公共経済

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • AI等テクノロジーと世帯における無償労働の未来:日英比較から

    JST社会技術研究プログラム(RISTEX)  

    研究期間: 2020年01月  -  2020年12月

     概要を見る

    AI、 IoTなどの技術と「働き方の未来」研究は各国で大きな注目を集めている。しかし家事/育児/介護労働の未来についてはほとんど議論がされていない。本研究は、エンジニアと協業しつつ、「働き方の未来」予測のTASK分析手法を、生活時間調査から、家事/育児/介護労働に適用し、代替性を推計する。日英共同研究によって、家事ケア内容、夫婦間賃金格差、ジェンダー規範、さらに保育・介護・労働等の社会的制度の影響が両国の差としてみられるだろう。代替ニーズは、賃金率が高く時間制約が強い共働き家庭や高齢者世帯でもっとも高い。社会慣習や技術可能性を考慮しつつ、家庭にスマートテクノロジーを導入することのプラスの可能性を拡大し、同時にリスクを日英両国の論者と議論し、将来を見通す場をつくる。

  • 移民の経済学

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2015年  -  継続中

  • 家族の経済学

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2000年  -  継続中

  • 労働移動

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1990年  -  継続中

  • デュレーション・モデルの経済学への応用

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1990年  -  継続中

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 労働経済学をつかむ

    大森義明・永瀬伸子 (担当: 共著 , 担当範囲: 全章共著 )

    有斐閣  2021年04月 ISBN: 978-4-641-17730-7

  • 「ほとんど無害」な計量経済学

    ヨシュア・アングリスト/ヨーン・シュテファン・ピスケ[大森義明・小原美紀・田中隆一・野口晴子 訳] (担当: 単著 )

    NTT出版  2013年 ISBN: 9784757122512

  • 労働経済学

    大森義明 (担当: 単著 )

    日本評論社  2008年03月 ISBN: 9784535555662

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Work History and Mobility

    Yoshiaki Omori

      1990年06月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

  • 輸出自主規制緩和のマクロ経済学的効果の分析

    大森義明

    上智大学大学院経済学専攻博士前期課程修士論文    1985年03月  [査読有り]

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Determinants of Long-Term Unions: Who Survives the 'Seven Year Itch'?

    Audrey Light and Yoshiaki Omori

    Population Research and Policy Review ( SPRINGER )  32 ( 6 ) 851 - 891   2013年12月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Can Long-Term Cohabiting and Marital Unions be Incentivized?

    Audrey Light and Yoshiaki Omori

    Research in Labor Economics   36   241 - 283   2012年  [査読有り]

    共著

  • Fixed Effects Maximum Likelihood Estimation of a Flexibly Parametric Proportional Hazard Model with an Application to Job Exits

    Audrey Light, Yoshiaki Omori

    Economics Letters ( ELSEVIER )  116 ( 2 ) 236 - 239   2012年08月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • 労働力調査特定調査票を用いた労働力状態間移行のハザード分析

    大森義明

    総務省統計研修所リサーチペーパー ( 総務省統計研修所 )  ( 26 ) 1 - 146   2011年01月

    単著

  • Economic Incentives and Family Formation

    Audrey Light and Yoshiaki Omori

    Working Paper ( Department of Economics, The Ohio State University )  ( 09-08 ) 1 - 35   2005年03月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ワーク・ライフ・バランス研究:経済学的な概念と課題

    大森義明

    日本労働研究雑誌 ( 日本労働政策研究・研修機構 )  ( 599 ) 10 - 19   2010年06月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 雇用保険制度と失業

    大森義明

    経済セミナー ( 日本評論社 )  ( 648 )   2009年06月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 失業保険制度の雇用に対する効果に関するサーベイ

    黒澤昌子, 神林龍, 永瀬伸子, 玄田有史,阿部正浩, 阿部由起子, 阿部正浩,神林龍,大森義明, 川口大司, 森啓明, 高田しのぶ

    雇用政策の効果についての分析に関する調査研究報告書 ( 統計研究会 )    2008年03月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著

  • 学界展望:労働経済学研究の現在―2003~05年の業績を通じて

    大森義明, 神林龍, 久保克行, 佐々木勝

    日本労働研究雑誌 ( 労働政策研究研修機構 )  ( 547 )   2006年02月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Aninda Bose Award for the Best Graduate Student Research Paper of the Year

    1988年05月   Department of Economics, State University of New York at Stony Book   Quasi-Firm-Specific Human Capital and Credible Wage Growth  

    受賞者:  Yoshiaki Omori

  • Peter J. Kalman Fellowship

    1988年05月   Department of Economics, State University of New York at Stony Brook  

    受賞者:  Yoshiaki Omori

  • Aninda Bose Award for the Best Graduate Student Research Paper of the Year

    1987年05月   Department of Economics, State University of New York at Stony Brook   A Model of International Trade War  

    受賞者:  Yoshiaki Omori

  • Peter J. Kalman Fellowship

    1987年05月   Department of Economics, State University of New York at Stony Book  

    受賞者:  Yoshiaki Omori

  • Aninda Bose Award for the Best Graduate Student Research Paper of the Year

    1986年05月   Department of Economics, State University of New York at Stony Brook   A Temporary Equilibrium of a Small Open Economy  

    受賞者:  Yoshiaki Omori

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自然災害に誘発される移民の受け入れが経済成長に与える因果効果

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2023年03月  代表者:  大森義明

  • 持続する家族の規定要因

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  大森義明

  • 教育の離職率に対する効果

    基盤研究(C)(2)

    研究期間:  2008年04月  -  2013年03月  代表者:  大森義明

  • 米国における家族の形成と崩壊の実証分析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2008年03月  代表者:  大森義明

  • 米国におけるジョブマッチングの男女差のライフサイクル仮説

    基盤研究(C)

    研究期間:  2001年04月  -  2004年03月  代表者:  大森義明

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • AI等テクノロジーと世帯における無償労働の未来:日英比較から

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「人と情報のエコシステム」研究開発領域

    研究期間: 2020年01月  -  2022年12月  代表者:  永瀬伸子

     概要を見る

    AI、IoTなどの技術と「働き方の未来」研究は各国で大きな注目を集めている。しかし家事/育児/介護労働の未来についてはほとんど議論がされていない。本研究は、エンジニアと協業しつつ、「働き方の未来」予測のTASK分析手法を、生活時間調査から、家事/育児/介護労働に適用し、代替性を推計する。日英共同研究によって、家事ケア内容、夫婦間賃金格差、ジェンダー規範、さらに保育・介護・労働等の社会的制度の影響が両国の差としてみられるだろう。代替ニーズは、賃金率が高く時間制約が強い共働き家庭や高齢者世帯でもっとも高い。社会慣習や技術可能性を考慮しつつ、家庭にスマートテクノロジーを導入することのプラスの可能性を拡大し、同時にリスクを日英両国の論者と議論し、将来を見通す場をつくる

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Can Long-Term Cohabiting and Marital Unions be Incentivized?

    Audrey Light, Yoshiaki Omori

    The Society of Labor Economists 2011 Annual Meetings   (Vancouver, B.C., Canada)  2011年04月   The Society of Labor Economists

  • Determinants of Long-Term Unions: Who Survives the 'Seven Year Itch?

    Audrey Light, Yoshiaki Omori

    Population Association of America 2011 Annual Meetings  (Washington, DC, USA)  2011年03月   Population Association of America

  • 労働力調査特定調査票を用いた労働力状態間移行のハザード分析

    大森義明  [招待有り]

    関西労働研究会  (大阪)  2010年01月   関西労働研究会

  • Economic Incentives and Family Formation

    Audrey Light, 大森義明  [招待有り]

    国立社会保障・人口問題研究所研究会  (東京)  2008年06月   国立社会保障・人口問題研究所研究会

  • Economic Incentives and Family Formation

    Audrey Light, 大森義明  [招待有り]

    統計研究会労働市場研究委員会  (東京)  2007年12月   統計研究会労働市場研究委員会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 機械学習、人工知能のミクロ実証分析への応用

  • 恋愛と結婚の経済学

  • 計量経済学のIoTへの応用

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • AI等テクノロジーと世帯における無償労働の未来

    提供機関: お茶の水女子大学, 一橋大学, 日本大学, 国立社会保障人口問題研究所, 追手門学院大学, オックスフォード大学  国際共同研究  

    研究期間: 2020年01月  -  2022年12月 

  • 持続する家族の規定要因

    提供機関: Department of Economics, Ohio State University  国際共同研究  

    研究期間: 2013年  -  2016年 

  • 労働力調査を用いた就業状態、労働時間に関する時系列分析

    提供機関: 総務省統計研修所  国内共同研究  

    研究期間: 2009年  -  2010年 

  • 教育の離職率に対する効果

    提供機関: Department of Economics, Ohio State University  国際共同研究  

    研究期間: 2008年  -  2013年 

  • 経済的インセンティヴと家族形成

    提供機関: Department of Economics, Ohio State University  国際共同研究  

    研究期間: 2004年  -  2008年 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 経済学部  労働経済学

  • 経済学部  大森ゼミナール

  • 経済学部  基礎演習

  • 経済学部  労働経済学

  • 経済学部  中級労働経済学

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 小樽商科大学   Applied Economics

  • 小樽商科大学   Intermediate Microeconomics

  • University of Connecticut, Storrs   Theory of Labor Markets

  • University of Connecticut, Storrs   Women and Minorities in the Labor Market

  • 富山大学   ミクロ経済学

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2014年06月   横浜国立大学  

    受賞者: 大森義明

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月
     
     
    学生の横浜経済学会賞(本行賞)の受賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    平田惣太郎「男性の交際可能性に対する容姿の効果と経済力の効果の比較」

  • 2020年01月
     
     
    Journal of Biosocial Scienceからの学生による論文の受理   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    Yuxiang Yan, "Analysing the Seasonality of Births in Mainland China," accepted for publication in Journal of Biosocial Science

  • 2019年10月
     
     
    Journal of Financial Reserachへの学生による論文の掲載   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    Yuhao Cheng, "An Empirical Study on the Effects of Social Endowment Insurance Reform in China," The Journal of Financial Research, Volume 3, Issue 2, October, 2019, 7 pages.

  • 2017年03月
     
     
    China Economic Reviewからの学生による論文の受理   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    Shiying Zhang, Ruoyu Zhong, Junchao Zhang, "School starting age and academic achievement: Evidence from China's junior high schools," accepted for publication in China Economic Review.

  • 2017年02月
     
     
    Journal of Comparative Asian Developmentへの学生による論文の掲載   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    Hung-Han Lin, "Effect of Childbearing on Female Labour Supply: An Empirical Study in Taiwan," Journal of Comparative Asian Development, 16(1), pp.47-67, 2017.

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 労働市場研究委員会

    2006年04月
    -
    2008年03月

    その他   研究委員

  • 日本経済学会2002年度春季大会運営委員会

    2002年
     
     

    学協会   運営委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 内閣府経済研修講師

    内閣府経済社会研究所  計量経済分析研修  (東京) 

    2008年
    -
    2015年

     概要を見る

    ミクロ計量経済分析