大塚 和弘 (オオツカ カズヒロ)

OTSUKA Kazuhiro

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

研究キーワード

コミュニケーション科学、マルチモーダルインタラクション、社会的信号処理



学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月
    -
    2007年3月

    名古屋大学   情報科学研究科   メディア科学   博士課程   修了

  • 1993年4月
    -
    1995年3月

    横浜国立大学   工学研究科   電子情報工学   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1989年4月
    -
    1993年3月

    横浜国立大学   工学部   電子情報工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学) - 名古屋大学

  • 修士(工学) - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    2020年3月

      日本電信電話株式会社   コミュニケーション科学基礎研究所   主幹研究員

  • 2007年4月
    -
    2012年9月

      日本電信電話株式会社   コミュニケーション科学基礎研究所   主任研究員

  • 2003年4月
    -
    2007年3月

      日本電信電話株式会社   コミュニケーション科学基礎研究所   研究主任

  • 2001年4月
    -
    2003年3月

      日本電信電話株式会社   コミュニケーション科学基礎研究所   社員

  • 1999年12月
    -
    2001年3月

      日本電信電話株式会社   サイバーソリューション研究所   社員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2022年4月
    -
    現在
     

    人工知能学会

  • 2005年
    -
    現在
     

    IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineering)

  • 1996年
    -
    現在
     

    電子情報通信学会

  • 1996年
    -
    現在
     

    情報処理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 時系列画像に基づく動的事象の推測に関する研究

    大塚和弘

    2007年3月

    学位論文(博士)   単著  

論文 【 表示 / 非表示

  • 対話中の頭部運動機能認識のための特徴膨張収縮深層ニューラルネットワーク

    武田一輝, 大塚和弘

    電子情報通信学会論文誌A   J105-A ( 2 )   26 - 37   2021年9月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会   共著  

    人と人との対話において,頭部運動は様々な機能をもつことが知られている.従来,対話者の頭部姿勢角の時系列から頭部運動機能を認識するための畳み込みニューラルネットワーク(CNN)が提案されているが,認識性能には向上の余地がある.本論文では,このCNNの性能向上を目的とし,入力時系列の特徴学習を促進させるための付加機構として,特徴膨張収縮機構(I/DeF機構)を提案する.このI/DeF機構は,膨張処理と収縮処理の繰返しにより構成される.前者では,転置畳み込みによる微視的スケール方向及び時間窓の前後方向へのデータの拡大が行われる.後者では,畳み込みによる時間方向のデータの削減・復元が行われる.頻出する頭部運動機能10種を対象とした実験の結果,I/DeF機構を統合したCNNは,従来のCNNの性能を全機能カテゴリーにおいて上回り,最大で4.5ポイントのF値の向上を達成した.また,I/DeF機構をVGG,ResNetにも統合し比較した結果,I/DeF機構を統合したCNNが8割の機能カテゴリーにおいて最も優れた性能を示した.今後,本機構は様々な時系列データの認識にて活用が期待される.

  • 話者継続・交替時における対話行為と視線行動に基づく共感スキルの推定

    石井 亮, 大塚和弘, 熊野史朗, 東中竜一郎, 青野裕司

    情報処理学会論文誌   62 ( 1 )   100 - 114   2021年1月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Analyzing Multifunctionality of Head Movements in Face-to-Face Conversations Using Deep Convolutional Neural Networks

    Otsuka Kazuhiro, Tsumori Masahiro

    IEEE ACCESS   8   217169 - 217195   2020年12月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE   共著  

  • Prediction of Who Will Be Next Speaker and When Using Mouth-Opening Pattern in Multi-Party Conversation

    Ryo Ishii, Kazuhiro Otsuka, Shiro Kumano, Ryuichiro Higashinaka, Junji Tomita

    Multimodal Technologies and Interaction   3 ( 4 )   70   2019年10月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Estimating Interpersonal Reactivity Scores Using Gaze Behavior and Dialogue Act During Turn-Changing

    Ryo Ishii, Kazuhiro Otsuka, Shiro Kumano, Ryuichiro Higashinaka, Junji Tomita

    Proceedings of International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2019)   45 - 53   2019年7月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 非言語情報が生み出すコミュニケーションのリアリティ

    大塚和弘

    NTT研究所発 触感コンテンツ専門誌ふるえ   8 ( 5 )   2016年12月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   単著  

  • Prediction of "Who Will Be Next Speaker and When" in Multi-Party Meetings

    Ryo Ishii, Kazuhiro Otsuka, Shiro Kumano, Junji Yamato

    NTT Technical Review   13 ( 7 )   2015年  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著  

  • The Future of Idobata Kaigi (“Congregation at the Well”): Realizing Natural Conversations with Distance Access

    Kazuhiro Otsuka, Nobuhiro Furuyama, Mayumi Bono

    NII Today   48   6 - 7   2014年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著  

  • 遠隔地間でも自然な会話を実現する、未来の井戸端会議とは

    大塚和弘,古山宣洋,坊農真弓

    国立情報学研究所 NII Today   62   6 - 7   2013年12月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著  

  • MM-Space: Recreating Multiparty Conversation Space by Using Dynamic Displays

    Kazuhiro Otsuka

    NTT Technical Review   10 ( 11 )   2012年11月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   単著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • HCS研究会賞

    2022年01月   電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究専門委員会   「対話中の非言語行動の機能スペクトラム解析に向けて〜頭部運動を対象とした機能コーパスと深層学習モデルの構築事例〜」  

    受賞者:大塚和弘

  • 特集テーマセッション賞

    2021年12月   電子情報通信学会 HCGシンポジウム2021   複数人対話における深層転移学習による頭部運動相互作用の機能認識  

    受賞者:森 駿志, 大塚和弘

  • 情報処理学会論文誌ジャーナル特選論文賞

    2021年01月   情報処理学会   話者継続・交替時における対話行為と視線行動に基づく共感スキルの推定  

    受賞者:石井 亮, 大塚和弘, 熊野史朗, 東中竜一郎, 青野裕司

  • 電子情報通信学会 HCGシンポジウム2018 特集テーマセッション賞

    2018年12月   電子情報通信学会  

    受賞者:石井 亮,大塚和弘,熊野史朗,東中竜一郎,富田準二

  • 電子情報通信学会 HCGシンポジウム2015 優秀インタラクティブ発表賞

    2015年12月   電子情報通信学会  

    受賞者:熊野史朗,大塚和弘,石井亮,大和淳司

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 複数人対話における深層転移学習による頭部運動相互作用の機能認識

    森 駿志, 大塚和弘

    電子情報通信学会HCGシンポジウム2021   2021年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prediction of Interlocutors’ Subjective Impressions Based on Functional Head-Movement Features in Group Meetings

    Shumepi Otsuchi, Yoko Ishii, Momoko Nakatani, Kazuhiro Otsuka

    23rd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI2021)  2021年10月  ACM

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Montreal, Canada   国名:カナダ  

  • Deep Transfer Learning for Recognizing Functional Interactions via Head Movements in Multiparty Conversations

    Takashi Mori, Kazuhiro Otsuka

    23rd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI2021)  2021年10月  ACM

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Montreal, Canada   国名:カナダ  

  • Inflation-Deflation Networks for Recognizing Head-Movement Functions in Face-to-Face Conversations

    Kazuki Takeda, Kazuhiro Otsuka

    23rd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI2021)  2021年10月  ACM

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Montreal, Canada   国名:カナダ  

  • 対話中の頭部運動機能を認識する特徴膨張収縮ニューラルネットワーク

    武田一輝, 大塚和弘

    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)  2021年8月  情報科学技術フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会論文誌D

    編集委員 

    2010年5月
    -
    2014月6日
     

  • 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア論文誌

    編集委員 

    2004年4月
    -
    2008月7日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   電気電子ネットワークコロキウムⅡ

    大学院理工学府

  • 2022年度   電気電子ネットワークコロキウムⅠ

    大学院理工学府

  • 2022年度   先端情報システムI-S

    大学院理工学府

  • 2022年度   先端情報システムI-F

    大学院理工学府

  • 2022年度   先端情報システムⅡ-S

    大学院理工学府

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 画像ハンドリング工学

    機関名:東海大学 工学部光・画像工学科

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年12月
     
     
    FIT2021 ヤングリサーチャー賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:武田一輝(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:大塚和弘 准教授 受賞論文:「対話中の頭部運動機能を認識する特徴膨張収縮ニューラルネットワーク」 授与者:情報処理学会 第20回情報科学技術フォーラム 受賞日:2021(R3)年12月21日受賞通知(2022(R4)年9月14日授賞式) https://www.ipsj.or.jp/award/fit-young.html

  • 2021年08月
     
     
    FIT奨励賞(FIT2021 第20回情報科学技術フォーラム)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:武田一輝(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:大塚和弘 准教授 受賞論文:「対話中の頭部運動機能を認識する特徴膨張収縮ニューラルネットワーク」 授与機関:FIT運営委員会 授与年月:2021(R3)年8月27日 https://www.ipsj.or.jp/award/fit-syorei.html

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会 情報規格調査会

    2018年07月 - 2020年3月  専門委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会

    2016年04月 - 2020年3月  委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会 和文論文誌D編集委員会

    2010年05月 - 2014年6月  編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会

    2010年04月 - 2016年3月  副委員長(会計)

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会

    2008年04月 - 現在  専門委員,運営委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>