大山 俊幸 (オオヤマ トシユキ)

OYAMA Toshiyuki

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

感光性高分子、熱硬化性樹脂、高分子反応、高分子触媒、高分子試薬、タンパク質型高分子

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://oyama-polym.ynu.ac.jp/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Photosensitive polyarylates based on reaction development patterning   2002年

    【著書】 耐熱性高分子材料の最新技術動向  2018年08月

    【学術関係受賞】 高分子学会日立化成賞  2016年08月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Photosensitive engineering plastics based on reaction development patterning   2018年

    【著書】 耐熱性高分子材料の最新技術動向  2018年08月

    【学術関係受賞】 高分子学会日立化成賞  2016年08月

    【論文】 Selective preparation of oligomeric naphthylene ether and its applications to epoxy resin for silicon carbide power semiconductor device materials  2016年

    【学術関係受賞】 第39回合成樹脂工業協会賞 学術賞  2015年10月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    京都大学   工学部   合成化学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    京都大学  工学研究科  高分子化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1994年
    -
    継続中
     

    高分子学会

  • 1994年
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2004年
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 2013年
    -
    継続中
     

    近畿化学協会

  • 2004年
    -
    継続中
     

    エレクトロニクス実装学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • デバイス関連化学

  • 高分子化学

  • 高分子・繊維材料

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高性能熱硬化性樹脂の開発

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • 反応現像画像形成による新規感光性高分子の開発

    新エネルギー技術研究開発費  

    研究期間:  - 

  • タンパク質と同じ原理で機能を発現する高分子の創出

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 刺激応答性高分子ハンドブック

    大山俊幸 外 (担当: 分担執筆 )

    エヌ・ティー・エス  2018年12月 ISBN: 978-4-86043-535-6

  • ベンゾオキサジン樹脂の新しい設計と応用展開

    (担当: 分担執筆 )

    (株)シーエムシー出版  2018年09月 ISBN: 978-4-7813-13

  • 耐熱性高分子材料の最新技術動向

    大山俊幸 (担当: 監修 )

    シーエムシー出版  2018年08月 ISBN: 9784781313436

  • UV硬化樹脂の配合設計、特性評価と新しい応用

    (担当: 単著 , 担当範囲: 第9章第4節「反応現像画像形成によるエンジニアリングプラスチック等への感光性付与」を単独執筆 )

    技術情報協会  2017年11月 ISBN: 9784861046834

  • 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集

    (担当: 単著 , 担当範囲: 第8章第1節「In situ生成改質剤ポリマーによる熱硬化性樹脂の強靭化」を単独執筆 )

    技術情報協会  2017年07月 ISBN: 9784861046643

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of Novel Aprotic Polar Polymers(博士論文)

    大山 俊幸

      1999年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    京都大学大学院工学研究科 非プロトン性極性溶媒であるジメチルスルホキシド(DMSO)、ヘキサメチルホスホルアミド(HMPA)およびN,N-ジメチルアセトアミド(DMAc)の高分子類縁体であるポリDMSO、脂肪族ポリスルホキシド、ポリHMPAおよびポリ(N,N-ジメチルカルバモイルメチレン)をそれぞれ合成した。これらのポリマーが溶解性や相溶性などにおいてその繰り返し構造に基づく興味ある特性を示すことを明らかにし、これら一連の高分子を「非プロトン性極性高分子」と名付けた。またポリスルフィドの主鎖中の硫黄原子を、不斉酸化によって化学選択的および立体選択的にスルホキシドへと酸化することによりキラルポリスルホキシドを合成し、高分子反応によってタクティシティーが制御できることを初めて示した。

  • Synthesis of Novel Aprotic Polar Polymers(修士論文)

    大山俊幸

      1996年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    京都大学大学院工学研究科 非プロトン性極性溶媒であるジメチルスルホキシドの高分子類縁体である脂肪族ポリスルホキシドを、脂肪族ポリスルフィド中の硫黄原子を選択的にスルホキシドへと酸化することにより合成した。得られたポリスルホキシドの相溶性や酸化剤としての利用について検討し、また脂肪族ポリスルホキシド-ポリエチレンオキシドブロック共重合体も合成した。さらにヘキサメチルホスホルアミドの高分子類縁体の合成についての基礎的な検討も行った。

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and Characterization of (Di)Benzosilaphenalenes

    Yuichiro Tokoro, Toshiyuki Oyama

    Chemistry Letters   47   130 - 133   2018年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Photosensitive engineering plastics based on reaction development patterning

    Toshiyuki Oyama

    Polymer Journal ( NATURE PUBLISHING GROUP )  50 ( 6 ) 419 - 429   2018年  [査読有り]

    単著

    Web of Science DOI

  • Photocurable ABA triblock copolymer-based ion gels utilizing photodimerization of coumarin

    R. Tamate, T. Ueki, A. Mizutani Akimoto, R. Yoshida, T. Oyama, H. Kokubo, M. Watanabe

    RSC Advances ( ROYAL SOC CHEMISTRY )  8 ( 7 ) 3418 - 3422   2018年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Formation of Fine Pattern by Reaction Development Patterning Using Photo-Base Generator and Acidic Developers

    Toshiyuki Oyama, Yuichiro Tokoro, Hiromi Hayashi

    Journal of Photopolymer Science and Technology ( TECHNICAL ASSOC PHOTOPOLYMERS,JAPAN )  31 ( 5 ) 613 - 616   2018年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Low viscosity and high toughness epoxy resin modified by in situ radical polymerization method for improving mechanical properties of carbon fiber reinforced plastics

    Jun Misumi, Toshiyuki Oyama

    Polymer   156   1 - 9   2018年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 新原理に基づく感光性エンプラの開発および展望

    大山俊幸

    化学工業日報,2018年9月26日,6~7面     2018年09月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 高性能永久微細パターンの形成

    大山俊幸

    化学工業日報     2017年09月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 反応現像型感光性ポリマーによるポジ型およびネガ型微細パターン形成

    大山俊幸

    科学と工業 ( 一般社団法人大阪工研協会 )  88 ( 11 ) 405 - 414   2014年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    著者らが開発したエンプラなどへの新しい感光性付与法である「反応現像画像形成法(RDP)」について解説した論文である。RDPの原理、適用可能範囲および実用化を視野に入れたアルカリ水溶液現像の適用可能性などについて詳細に解説している。

  • 「自分の色のついた研究」を目指して

    大山俊幸

    高分子   63 ( 1 ) 13 - 14   2014年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 感光性エンジニアリングプラスチックへの期待

    大山俊幸

    フォトポリマー懇話会ニュースレター   64 ( 10 ) 1 - 3   2013年10月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    感光性エンジニアリングプラスチック(エンプラ)の現状と将来性について述べたのちに、著者らが開発した市販エンプラなどへの新しい感光性付与法である「反応現像画像形成(RDP)」について紹介した。RDPの原理について解説したのちに、RDPによるポジ型およびネガ型の微細パターン形成について紹介した。また、アルカリ水溶液現像ネガ型RDPによる感光性ポリイミドについても開設した。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第66回高分子学会年次大会 広報委員会パブリシティ賞

    2017年06月   高分子学会  

    受賞者:  大山俊幸

  • 平成28年度高分子学会 日立化成賞

    2016年08月   高分子学会  

    受賞者:  大山俊幸

  • 第39回合成樹脂工業協会賞 学術賞

    2015年10月   合成樹脂工業協会  

    受賞者:  大山俊幸

  • 第34回合成樹脂工業協会賞 学術奨励賞

    2010年10月   合成樹脂工業協会  

    受賞者:  大山俊幸

  • 平成18年度高分子研究奨励賞

    2007年05月   高分子学会  

    受賞者:  大山俊幸

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 改質剤ポリマーのin situ生成を利用した熱硬化性樹脂の強靭化

    大山俊幸  [招待有り]

    第267回 日本接着学会関東支部月例講演会  (工学院大学 新宿キャンパス(東京))  2018年12月  

     概要を見る

    大山俊幸,“改質剤ポリマーのin situ生成を利用した熱硬化性樹脂の強靭化”,第267回 日本接着学会関東支部月例講演会(工学院大学 新宿キャンパス(東京))2018年12月(招待講演) http://www.adhesion.or.jp/seminar/seminar_detail/2/1/52

  • 改質剤ポリマーのin situ生成を利用した熱硬化性樹脂の高性能化

    大山俊幸

    第68回ネットワークポリマー講演討論会  (石川県立音楽堂(金沢))  2018年11月09日  

     概要を見る

    大山俊幸,“改質剤ポリマーのin situ生成を利用した熱硬化性樹脂の高性能化”,第68回ネットワークポリマー講演討論会(石川県立音楽堂(金沢))2018年11月(招待講演(特別講演))

  • 現像時の高分子反応を鍵とする微細パターン形成法:反応現像画像形成

    大山俊幸  [招待有り]

    18-2印刷・情報・電子用材料研究会   (東京理科大学 森戸記念館(東京))  2018年09月  

  • 感光性エンジニアリング プラスチックの新展開

    大山俊幸  [招待有り]

    ものづくりライフイノベーション・シンポジウム2018  (横浜国立大学教育文化ホール)  2018年06月27日  

  • 反応現像を鍵とするエンプラ等の汎用的画像形成法の開発

    大山俊幸  [招待有り]

    第156回ラドテック研究会講演会  (東京理科大学 神楽坂キャンパス(東京))  2018年04月  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 熱硬化性樹脂の強靭化・高性能化

  • 新原理に基づく感光性エンプラの開発

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 熱硬化性樹脂の強靭化

    国内共同研究  

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月 

  • 超高耐熱封止材料の開発

    国内共同研究  

    研究期間: 2014年07月  -  2018年03月 

  • 新規感光性ポリマーの開発

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年07月  -  2014年06月 

  • 新規熱硬化性樹脂の開発

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年04月  -  2018年03月 

  • 高性能熱硬化性樹脂の開発

    国内共同研究  

    研究期間: 2012年06月  -  2014年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  高分子化学Ⅱ

  • 理工学部  高分子化学Ⅰ

  • 大学院理工学府  理工学府MPBL

  • 大学院理工学府  エレクトロニクス実装実習F

  • 大学院理工学府  エレクトロニクス実装実習S

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     
    第68回ネットワークポリマー講演討論会ベストポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    土屋聖人,第68回ネットワークポリマー講演討論会ベストポスター賞(第68回ネットワークポリマー講演討論会ベストポスター賞審査委員会),“In situ生成ポリメタクリル酸ベンジルによる脂環式エポキシ樹脂の強靭化”,2018年11月8日

  • 2018年11月
     
     
    第8回CSJ化学フェスタ優秀ポスター発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    浜田佳宏,第8回CSJ化学フェスタ優秀ポスター発表賞(公益社団法人 日本化学会),“ジホルミル化したN-ヘテロオルトフェニレンとジアミンの縮合によるオリゴマーの合成と構造解析”,2018年11月14日

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人 ラドテック研究会

    2016年08月
    -
    2019年10月

    その他   理事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 大山俊幸,“新原理に基づく感光性エンプラの開発および展望”

    化学工業日報,2018/09/26(水),6~7面 

    2018年09月