尾崎 伸吾 (オザキ シンゴ)

OZAKI Shingo

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

材料力学,計算力学,テラメカニクス,トライボロジー

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ozakilab.ynu.ac.jp/



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    九州大学   農学部   生産環境科学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年

    九州大学  農学研究科  生産環境科学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) -  九州大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中

      国立研究開発法人 物質・材料研究機構   設計・創造分野 超耐熱材料グループ   NIMS特別研究員

  • 2017年08月
    -
    2017年09月

      ベルリン工科大学   客員研究員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      宇宙航空研究開発機構   宇宙科学研究所宇宙機応用工学研究系   客員准教授

  • 2014年04月
    -
    2015年02月

      マサチューセッツ工科大学   客員研究員

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

      東京理科大学   工学部機械工学科   助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    トライボロジー学会

  •  
     
     
     

    テラメカニックス研究会

  •  
     
     
     

    日本計算工学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  • 機械材料・材料力学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • JSAE エンジニア

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 自己治癒セラミックス複合材の強度評価に関する研究

    研究期間:  - 

  • テラメカニクスに関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 摩擦モデルに関する研究

    研究期間:  - 

  • 接触摩擦問題の有限要素解析

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Disaster Robotics

    Fumio Kanehiro, Shin’ichiro Nakaoka, Tomomichi Sugihara, Naoki Wakisaka, Genya Ishigami, Shingo Ozaki, Satoshi Tadokoro (担当: 分担執筆 )

    Springer  2019年03月 ISBN: 10: 3030053202

     概要を見る

    Fumio Kanehiro, Shin’ichiro Nakaoka, Tomomichi Sugihara, Naoki Wakisaka, Genya Ishigami, Shingo Ozaki, Satoshi Tadokoro, “Simulator for Disaster Response Robotics”, Disaster Robotics, pp. 453-477, Springer, March. 2019. ISBN-10: 3030053202

  • Disaster Robotics

    Hiroshi Yoshinada, Keita Kurashiki, Daisuke Kondo, Keiji agatani, Seiga Kiribayashi, Masataka Fuchida, Masayuki Tanaka, Atsushi Yamashita, Hajime Asama, Takashi Shibata, Masatoshi Okutomi, Yoko Sasaki, Yasuyoshi Yokokohji, Masashi Konyo, Hikaru Nagano, Fumio Kanehiro, Tomomichi Sugihara, Genya Ishigami, Shingo Ozaki, Koich Suzumori, Toru Ide, Akina Yamamoto, Kiyohiro Hioki, Takeo Oomichi, Satoshi Ashizawa, Kenjiro Tadakuma, Toshi Takamori, Tetsuya Kimura, Robin R Murphy, Satoshi Tadokoro (担当: 分担執筆 )

    Springer  2019年03月 ISBN: 10: 3030053202

     概要を見る

    Hiroshi Yoshinada, Keita Kurashiki, Daisuke Kondo, Keiji agatani, Seiga Kiribayashi, Masataka Fuchida, Masayuki Tanaka, Atsushi Yamashita, Hajime Asama, Takashi Shibata, Masatoshi Okutomi, Yoko Sasaki, Yasuyoshi Yokokohji, Masashi Konyo, Hikaru Nagano, Fumio Kanehiro, Tomomichi Sugihara, Genya Ishigami, Shingo Ozaki, Koich Suzumori, Toru Ide, Akina Yamamoto, Kiyohiro Hioki, Takeo Oomichi, Satoshi Ashizawa, Kenjiro Tadakuma, Toshi Takamori, Tetsuya Kimura, Robin R Murphy, Satoshi Tadokoro Dual-Arm Construction Robot with Remote-Control Function”, Disaster Robotics, pp. 195-264, Springer, March2019. ISBN-10: 3030053202

  • スマートマテリアル総覧(自己治癒材料編)〜ゲームチェンジテクノロジーの最前線を網羅〜

    尾崎伸吾 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 2章 テクノロジー編 自己治癒材料の開発に不可欠なシミュレーション技術 )

    日経BP総研  2018年10月 ISBN: 9784296100262

    Amazon

  • 数値解析と表面分析による トライボロジーの解明と制御

    (担当: 分担執筆 )

    テクノシステム  2018年03月

  • 非破壊検査技術シリーズ ひずみゲージ試験Ⅲ 2017

    (担当: 編者 )

    (一社)日本非破壊検査協会  2017年12月

     概要を見る

    http://admin.jsndi.jp/pdf/1712190139049.pdf

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 弾塑性論に基づく速度・状態依存性摩擦構成式の提案と境界地問題への適用

    尾崎伸吾

      2013年09月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    横浜国立大学 工学府 システム統合工学専攻 論文博士 本論文は,速度・状態依存性摩擦モデルの提案とその異方性モデルへの拡張に関する内容,並びに提案モデルを用いた境界値問題への新しいアプローチ手法について論じたものである。提案モデルは非古典弾塑性論に基づいて定式化されており,基本的な速度・状態依存性すべり摩擦現象を合理的に記述し得る。また,提案モデルを有限要素法に導入することにより,境界値問題に対する新しい数値解析的アプローチ手法を提案した。

  • Proposal of unconventional friction model based on the subloading surface concept and its application to finite element analyses

    尾崎 伸吾

      2005年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    九州大学 生物資源環境科学府 生産環境科学専攻 非古典弾塑性論に基づく摩擦理論を提案するとともに,それを導入した有限要素法解析プログラムを開発した。また,開発したプログラムを用いて,種々の境界値問題の解析を行った。具体的には,Hertzの弾性接触問題,杭の地盤支持問題およびオフロード車両の走行・転圧問題の解析を実施し,開発プログラムがこれらの問題に有効であることを示した。

  • 下負荷面モデル導入による走行車輪下の地盤変形挙動の弾塑性有限要素解析

    尾崎 伸吾

      2002年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    九州大学 生物資源環境科学府 生産環境科学専攻 弾塑性有限要素法を用いて,走行車輪と地盤の相互作用現象の数値解析を行った.また,PIV変位計測システムを開発するとともに,車輪荷重,すべり率および土壌条件を調整した走行実験を行い,有限要素解析手法の妥当性を検証した。特に,すべり率とけん引特性の関係を明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Study on applicability of RFT to traveling analysis of wheel with grousers: Comparison with DEM analysis as a virtual test

    Suzuki Hirotaka, Katsushima Kota, Ozaki Shingo

    JOURNAL OF TERRAMECHANICS   83   15 - 24   2019年06月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Terramechanics analysis of wheel with grousers based on extended RFT

    Hirotaka Suzukia, Kota Katsushimaa, Shingo Ozakia, Taizo Kobayashi

    Proceedings of the 10th Asia-Pacific Conference of the ISTVS   ( Paper 19 ) 1 - 10   2018年07月  [査読有り]

    共著

  • DEM analysis of interaction between blade and wood rubble

    Katsushima, K., Suzuki, H., Ozaki, S.

    Proceedings of the 10th Asia-Pacific Conference of the ISTVS   ( Paper 29 ) 1 - 5   2018年07月  [査読有り]

    共著

  • Simple prediction method for rubber adhesive friction by the combining friction test and FE analysis

    Ozaki, S., Mieda, K., Matsuura, T.

    Lubricants ( MDPI )  6 ( 2 ) 38   2018年04月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Finite element analysis of fracture statistics of ceramics: Effects of grain size and pore size distributions

    Shingo Ozaki,Yuya Aoki,Toshio Osada,Kyohei Takeo,Wataru Nakao

    Journal of the American Ceramic Society ( WILEY )  101 ( 7 ) 3191 - 3204   2018年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • セラミックスの破壊統計に関する有限要素解析

    尾崎伸吾,長田俊郎,中尾航

    FCレポート ( 日本ファインセラミックス協会 )  36 ( 4 ) 152 - 156   2018年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 自己治癒材料の開発に不可欠なシミュレーション技術

    尾崎伸吾 外

    スマートマテリアル総覧 自己治癒材料編,日経BP,第2章テクノロジー編,2-11 シミュレーション     103 - 110   2018年10月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    尾崎伸吾,“自己治癒材料の開発に不可欠なシミュレーション技術”,スマートマテリアル総覧 自己治癒材料編,日経BP,第2章テクノロジー編,2-11 シミュレーション, pp.103-110,Oct. 2018. ISBN:978-4-296-10026-2

  • 自己治癒セラミックスにおける速度論モデルの最新動向(特集 無機製品の歴史と経年劣化)

    長田俊郎,尾崎伸吾,中尾航

    無機マテリアル学会 ( 無機マテリアル学会 )  23 ( 385 ) 460 - 465   2016年11月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本設計工学会論文賞(平成20年度)

    2009年05月    

  • 優秀講演賞

    2006年    

  • 優秀講演賞

    2005年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自己治癒セラミックスの構成モデルの構築と「損傷―自己治癒過程」の有限要素解析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  尾崎伸吾

  • 磁場印加デバイス内の疑似低重力場における月レゴリスの力学試験

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  尾崎伸吾

  • 果実物性の流通環境依存性を考慮した緩衝包装設計の最適化指針の提案

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

  • 内部状態変数に基づく速度依存性摩擦構成モデルの構築と有限要素解析への適用

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ゴム摩擦のマルチスケール解析手法に関する研究

    提供機関:  ブリヂストン 

    研究期間: 2016年04月  -  継続中  代表者:  尾崎伸吾

  • 「機械と土壌の相互力学におけるマクロ・ミクロモデルを実装した掘削シミュレータの開発」

    提供機関:  科学技術振興機構  JST ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ

    研究期間: 2015年09月  -  2018年03月  代表者:  尾崎伸吾

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 自己治癒セラミックスを対象とした数値解析技術について

    尾崎伸吾

    日本機械学会第26回機械材料・材料加工技術講演会  2018年11月   日本機械学会

     概要を見る

    尾崎伸吾, “自己治癒セラミックスを対象とした数値解析技術について”, 日本機械学会第26回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2018), A-4_819,Nov. 2018 (招待講演)

  • 個別要素法を用いた災害対応シミュレータにおける土壌掘削モデルの拡張

    葛島 幸太, 鈴木 裕敬, 石上 玄也, 尾崎 伸吾

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2018年   一般社団法人 日本機械学会

     概要を見る

    <p>Numerous studies on sandy soil using DEM have been conducted, but sandy soil alone is insufficient under disaster area and extreme environments. However, simulators of autonomous construction robot mainly target sandy soil, and few studies targeting other soils and materials. In this study, a numerical analysis using cohesive soil and rubble in addition to sandy soil was performed using DEM. As a results, it was possible to express the cohesive of the soil and perform excavation analysis. In addition, for wood rubble, it was possible to perform simulation using wood rubble model using parameters decided in three-point bending test.</p>

    DOI CiNii

  • 機械と土壌の相互力学に注目した建設ロボットの高精度シミュレーション:―掘削力学・クローラモデルの詳細評価と動力学シミュレータへの導入―

    石上 玄也, 土屋 健司, 石橋 怜之, 大村 拓也, 尾崎 伸吾

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2018年   一般社団法人 日本機械学会

     概要を見る

    <p>This paper reports updates of our development in a high-fidelity dynamic simulator for a construction machine. The updates are related to an accurate modeling and evaluation of the bucket-terrain interaction model, an experimental observation of pressure distribution beneath single track, and a dynamic simulator for a dual-arm tele-operated construction machine. As for the former two updates, we employed a built-in sensor approach. The bucket or track literally possesses tiny force sensors on its surface and captures the contact mechanics generated at the interaction boundary between the machine and loose sand. The dynamic simulator developed in this work addresses a construction machine as an articulated multibody dynamics. The simulator is then used for an assessment of possible motion candidates of a dual-arm construction machine in challenging environment.</p>

    DOI CiNii

  • 有限要素解析によるセラミックス強度のばらつき予測とサイズ効果

    竹尾 恭平, 青木 祐也, 長田 俊郎, 中尾 航, 尾崎 伸吾

    年次大会  2018年   一般社団法人 日本機械学会

     概要を見る

    <p>A novel numerical simulation method based on finite element analysis (FEA), which can evaluate the fracture probability caused by the characteristics of flaw distribution, is considered an effective tool to facilitate and increase the use of ceramics in components and members. In this study, we propose an FEA methodology to predict the scatter of ceramic strength. And the influence of effective volume can be expressed by proposed FEA methodology. First, we obtained microscopic tissue information from ceramics images and transformed them into fracture mechanics models, we numerically create a Weibull distribution based on multiple FEA results of a three-point bending test. Its validity is confirmed by a quantitative comparison with the actual test results. Next, by analyzing with different test specimens and test method and creating a Weibull distribution, it was shown that as the effective volume becomes larger, the strength decreases and the variation becomes smaller. In this way, the relationship between breaking strength and effective volume could be evaluated.</p>

    DOI CiNii

  • 月・惑星探査ローバ用ホイールのグローサ形状に関する研究

    鈴木 裕敬, 麻生 亮太, 尾崎 伸吾

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2018年   一般社団法人 日本機械学会

     概要を見る

    <p>In this study, we proposed the wheel shape with high traveling performance. First, simple penetration tests were carried out by DEM which is widely used for analysis on soil, and it was suggested that high traveling performance is exhibited by "packing effect" generated in the proposed shape. Then, we conducted the model experiments. It was confirmed that the sinkage was suppressed by the proposed shape, and was also confirmed that the equivalent drawbar-pull as that by the conventional shape widely used is generated. Therefore, it is suggested that the wheel having the proposed shape is difficult to be stuck than conventional one. In the future, we plan to study the optimum specification of the proposed shape.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薄板部材の崩壊挙動に関する研究

  • 動的摩擦接触問題の有限要素解析手法の提案

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 積層複合材への雹衝突CAE解析モデルの開発

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2010年10月  -  2011年03月 

  • 摩擦を考慮したばねの動的特性解析に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2010年09月  -  2011年08月 

  • 有限要素法解析を用いたマグネシウム合金の成形限界評価法に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2010年06月  -  2012年05月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  弾塑性力学特論

  • 大学院理工学府  加工システム製作B

  • 大学院理工学府  加工システム製作A

  • 大学院理工学府  加工システム設計B

  • 大学院理工学府  加工システム設計A

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • S専門委員会

    2018年06月
    -
    2020年05月

    学協会   委員長

  • 一般社団法人 日本非破壊検査協会 応力・ひずみ部門

    2018年06月
    -
    2019年05月

    学協会   幹事

  • JIS B 2706 皿ばね改正原案作成委員会委員

    2011年12月
    -
    2012年11月

    その他  

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • セラ強度のばらつき数値解析で予測・評価

    化学工業日報 

    2918年03月
    -
    2018年03月

  • BSフジの番組「ガリレオX」に出演

    BSフジの番組「ガリレオX」 

    2018年07月
     
     

  • セラミックス強度のばらつきの数値解析手法の開発

    2018年03月
     
     

     概要を見る

    ・セラミックス強度のばらつきを数値解析にて予測し、評価することに成功 ・材料の微視的な組織情報と関連付けた構造部材の破壊強度の予測は世界初 ・高信頼性セラミックスの開発における時間とコストの大幅な削減が期待

  • セラミック強度のばらつき 数値解析が可能に

    科学新聞 

    2018年03月
     
     

  • 2D-CAD,3D-CADを用いた「はじめての機械製図」

    東京理科大学生涯学習センター  (東京理科大学森戸記念館) 

    2007年07月
     
     

     概要を見る

    2D-CAD,3D-CADを用いた「はじめての機械製図」

全件表示 >>