齊藤 麻人 (サイトウ アサト)

SAITO Asato

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

研究分野・キーワード

都市研究,世界都市,都市政策,都市政治,コミュニティ



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Global City Formation in a Capitalist Developmental State: Tokyo and the Waterfront Sub-centre Project.   2003年02月

    【著書】 Locating Neoliberalizm in East Asia: Neoliberalizing Spaces in Developmental States  2011年12月

    【著書】 Struggling Giants: City-Region Governance in London, New York, Paris and Tokyo  2012年08月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 書評論文「再魔術化する都市の社会学ー空間概念・公共性・消費主義ー」   2015年09月

    【論文】 リスケーリング戦略としての東京の都心回帰  2013年03月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    立教大学   法学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1994年10月
    -
    2003年06月

    ロンドン大学政治経済学院(London School of Economics)  地理環境学研究科(Graduate School of Geography and Environment)  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy -  ロンドン大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年07月
    -
    2009年06月

      シンガポール国立大学   シンガポール国立大学人文社会学部日本研究学科   常勤講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    継続中
     

    国際社会学会(International Sociological Association)

  • 2003年
    -
    継続中
     

    地域社会学会

  • 2002年
    -
    継続中
     

    ISA-Research Committee (RC) 21

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Struggling Giants: City-Region Governance in London, New York, Paris, and Tokyo

    Kantor, P. Lefevre, C., Saito, A., Savitch, H. V., and Thornley, A. (担当: 共著 )

    Univ of Minnesota Press  2012年08月 ISBN: 978-081667743

    Amazon

  • Locating Neoliberalism in East Asia: Neoliberalizing Spaces in Developmental States

    Bae-Gyoon Park, Richard C. Hill, Kuniko Fujita, KC Ho, Byung-Doo Choi, Yong-Sook Lee, Chia-Huang Wang, Ti-Ling Chen, Stephen Chiu, Asato Saio (担当: 共編者 )

    Blackwell Publishing Ltd.  2012年 ISBN: 9781405192798

    Amazon

学位論文 【 表示 / 非表示

  • The Politics of Urban Development in a Global City: Tokyo and Waterfront Sub-center Project

    齊藤麻人

      2003年06月

    未設定   単著

     概要を見る

    本論分はサスキア=サッセンやジョン=フリードマンらに代表される世界都市仮説に対してその経済決定論的な前提を批判し、政府・自治体の役割に関して理論と実証の両面から考察した。実証研究の結果、東京における都市政策の決定プロセスには政府や自治体の主導力の大きいことを示し、都市開発においてグローバルエコノミーの結節点としての多国籍企業の論理からだけでは導きだせない要素があることを示唆した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 書評論文『再魔術化する都市の社会学ー空間概念・公共性・消費主義ー』

    日本都市社会学会年報   33   154 - 164   2015年09月

    単著

  • リスケーリング戦略としての東京の都心回帰

    地域開発 ( 一般財団法人 日本地域開発センター )  ( 582 ) 5 - 10   2013年03月  [招待有り]

    単著

  • グローバル経済と都市政策:ロンドン・東京・パリ・ニューヨークの都市圏比較プロジェクト

    地域開発 ( 一般財団法人 日本地域開発センター )  ( 577 ) 50 - 55   2012年10月  [招待有り]

    単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Regeneration and Cultural Transformation of Shibuya: From Teen’s Playground to a Town for Grown-ups

    齊藤麻人  [招待有り]

    Urban Culture & Social Empathy  2019年05月03日   Center for Glocal Culture and Social Empathy, University of Seoul

  • 質的データの扱い方

    齊藤麻人

    英語論文ワークショップ  (東京大学)  2018年08月26日   日本社会学会

  • New Trend of Urban Living as a Neo-liberal State Strategy: A Case Study of Chuo Ward in Tokyo

    齊藤麻人  [招待有り]

    Rethinking Global Urban Justice  2017年09月11日  

  • Re-centralization of Housing in Tokyo

    齊藤麻人  [招待有り]

    Geopolitical Economies of Development and Democratization in East Asia  (カナダ、バンクーバー)  2015年05月26日  

  • Urban Re-centralization in the Age of Neoliberal Urbanism: A case of Tokyo

    齊藤麻人

    111th Annual Meeting of American Geographers   2015年04月25日  

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 批判社会学研究への日本からの貢献について

    提供機関: 特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所  その他  

    研究期間: 2018年10月  -  継続中 

  • 住民ネットワークの国際比較

    提供機関: 江戸川大学、首都大学東京  国内共同研究  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  都市政策特論

  • 大学院都市イノベーション学府  公共政策論A

  • 教養教育科目  自立英語

  • 都市科学部  Urban Social Issues in Japan

  • 都市科学部  卒業研究B

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 立教大学   公共性の社会学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    継続中
    グローバルスタディーズプログラム   (教育内容・方法の工夫)

     概要を見る

    学生・院生による海外の提携大学への訪問や共同セミナーの実施。実際の訪問は10日程度であるが、事前準備と事後の報告書作成を合わせて約3か月、特定の都市と特定の課題について集中して学ぶ。 実施例 ロンドン(2015年、2016年、2018年) シンガポール(2017年)

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 欧州研究評議会

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他   2018年度研究助成専門部会メンバー

  • 国際発信強化特別委員会

    2016年04月
    -
    2018年03月

    学協会   委員

  • 国際社会学会、都市・地域の社会学部会

    2014年08月
    -
    継続中

    学協会   副会長

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 愛知県企画課勉強会

    愛知県企画課  (愛知県庁、名古屋市) 

    2019年02月
     
     

     概要を見る

    リニア新幹線の開業による中京圏への影響と愛知県の地域戦略について講演した

  • Critical Sociologyの日本特集号への投稿のためのワークショップ

    特定非営利活動法人 社会理論・動態研究所  (放送大学 東京文京学習センター) 

    2018年10月
     
     

     概要を見る

    英文ジャーナルへの投稿に際しての留意点を解説し、質疑応答を行った。

  • 「地域社会共生ユニット」(ネクストアーバンラボ)

    地域連携機構、横浜国立大学  多文化共生社会へのアプローチー現状と展望ー  (パワープラント、横浜国立大学) 

    2017年06月
    -
    継続中

     概要を見る

    学内の教員や院生、学外のNGOの代表などと共同で、地域社会における多文化共生をテーマにセミナーを開催した。

  • 第3回産学国際研修

    一般社団法人みなと横浜改造市民会議  国際シンポジウム「世界の事例から学ぶ国際都市横浜のありかた」  (開港記念館、横浜市) 

    2016年01月
     
     

     概要を見る

    横浜の国際都市としての今後の発展の条件を討論