SATSUMOTO Yayoi

Affiliation

College of Education, Department of School Education , Specialization in Home Economics Education

Job Title

Professor

Research Fields, Keywords

clothing hygiene, clothing environment, clothing education, clothing construction

Mail Address

E-mail address

Web Site

http://ynu-satsumoto-labo.ynu.ac.jp/index.html

Related SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-4473-1609

写真a

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Book】 衣生活の科学-テキスタイルから流通マーケットへ-  2015.03

    【Published Thesis】 Effects of Shoe Fit and Moisture Permeability of a Leather Shoe on Shoe Microclimate and Air Exchange  2016.06

    【Published Thesis】 Evaluation of overall and local ventilation in diapers  2010

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1992

    Bunka Women's University   Completed

  •  
    -
    1989

    Ochanomizu University   Completed

  •  
    -
    1987

    Ochanomizu University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Bachelor of Home Economics - Ochanomizu University

  • Master of Home Economics - Ochanomizu University

  • Doctor of Clothing environment - Bunka Women's University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2021.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Professor  

  • 2017.4
    -
    2021.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Professor  

  • 2011.4
    -
    2017.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Professor  

  • 2007.4
    -
    2011.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Associate Professor  

  • 2000.4
    -
    2007.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Associate Professor  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 1993.4
    -
    1997.3

    Bunka Women's University/   Department of Home Economics   Instructor  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2010.3
     
     
     

    日本家庭科教育学会

  • 2000.4
     
     
     

    人間ー生活環境系学会

  •  
     
     
     

    繊維学会

  •  
     
     
     

    日本家政学会

  •  
     
     
     

    人間-生活環境系会議

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Family and consumer sciences, and culture and living

 

Research Career 【 display / non-display

  • The effect of the height of the heel of pumps and the age to the gait analysis in wearing business pumps

    Cooperative Research  

    Project Year: 2017.4

     More detail

    To find the effect of the heel height of the pumps for businesses and the age on the walking performance, the 3D motion analysis, the electromyography, the postural movements analysis, the foot pressure measurement were conducted for the 7 young and the 5 middle aged female people. The motion analysis was performed for naked foot and pumps of and heel height 3cm(h3),5cm(h5),7cm(h7). We calculated ΔS, which is the difference between the maximum and the minimum value of the gait cycle curves for the angle, angular velocity, and the angular acceleration of the leg joints of the knees and ankle. The tendency of ΔS of a right knee joint angle, ΔS of the right knee angular speed and ΔS of a right knee angular acceleration became biggest for 3cm heel pumps (h3). In case of long time's walking, the decrease of ΔS of each joint occur for the a middle age group with high heel pumps. The electromyogram became highest at the muscle of tibias anterior and the gastrocnemius of 7cm heel pumps (h7). For postural movements analysis, the length of the track increased in putting on higher heel pumps. For pressure measurements, while a weight track bent by h3 and h5, it was a straight movement in h7.

  • Thermal comfort due to the microclimate in diaper

    Project Year: 2006.4 - 2010.3

  • Heat and Water vapor transfer through shoes and thermal comfort

    Project Year: 2003.4

  • Study on clothing education using a dressing simulation

    Project Year: 2002.4 - 2005.3

  • Effect of bellows action on heat transfer of clothing system

    Project Year: 1998.4

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 医療者のための熱中症対策

    三宅康史(編著),薩本弥生分担執筆( Role: Sole author)

    日本医事新報社  ( ISBN:9784784955862

     More details

    Total pages:197   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 被服学事典

    薩本 弥生 ほか( Role: Joint author)

    朝倉書店  ( ISBN:9784254620153

    Amazon

     More details

    Total pages:504   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  • 衣服の百科事典

    中村 仁 (著), 日本家政学会 (編集), 大塚 美智子 (編集) ,薩本 弥生 ほか( Role: Joint author)

    丸善株式会社 

     More details

    Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  • 衣生活の科学-テキスタイルから流通マーケットへ-

    間瀬 清美 (著), 薩本 弥生 (著) ( Role: Joint author)

    アイケイ・コーポレーション 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 楽しくスクールソーイング 基礎から応用までの作品集

    布施谷節子他 22名( Role: Joint author)

    開隆堂 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    日本家政学会被服構成学部会編

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • The convective heat transfer of clothing system

    1992.3

    Doctoral Thesis   Single Work  

Papers 【 display / non-display

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 防護服着用時の熱ストレスについて

    薩本弥生

    安全と健康   23 ( 4 )   337 - 339   2022.4  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:中央労働災害防止協会   Single Work  

    着衣の熱ストレスを評価する指標として着衣補正値(Clothing Adjustment Value, 以下CAV)がISO 7243 :2017の中で提案され、翻訳版であるJIS Z8504:2021にも採用された。熱ストレスを最も左右する着衣素材の特性は、蒸発熱抵抗 と熱抵抗 で決まり、これらは主に着衣素材の物性と構造によって規定される。本稿では各種着衣における蒸発熱抵抗とCAVの関係、着衣の構造や環境湿度の影響等について紹介した。

  • 子どもの体温調節と衣服

    薩本弥生

    保育と保健ニュース   ( 94 )   8 - 8   2021.11  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Single Work  

  • 寒い時期を温かく過ごす衣服の着方

    薩本弥生

    小学保健ニュース(少年写真新聞社)   ( 1276 )   1 - 1   2021.10  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

  • コロナ禍でのマスクと 子どもの夏の衣服

    薩本弥生

    中学保健ニュース(少年写真新聞社)   ( 1818 )   1 - 1   2021.6  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

  • きもの文化に関する教育プログラムによる「伝統文化の継承・創造」

    薩本弥生

    小学校・中学校教育情報誌 教室の窓   59 ( 1 )   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:東京書籍株式会社   Single Work  

    きもの文化には、様々な生活文化や文化的意義が込められているが、着装をはじめ、きもの文化についての知識や技能の地域や家庭内での次世代への継承が危ぶまれている。そこで学校教育において、きもの文化を日本の伝統文化の一つとしてとらえ、大切にしようとする態度を育み、生活文化を継承する大切さに気づかせ、自国の文化の価値を理解し、自信と誇りを持たせることを意図し開発した教育プログラムを紹介した。自国の文化に誇りを持つことが、国際社会において、異文化を理解し、尊重する態度、平和と発展に寄与する態度を育むことにつながる。

display all >>

Works 【 display / non-display

  • The development of education program for the cultural folklore and for the transmission of Kimono culture

    Yayoi Satsumoto, Hiroko Kawabata, Kaoru Horiuchi, Michiko Ougizawa , Hideko Saito and Isako Nomiyama

    2009.4

     More details

    Work type:Educational material  

  • ミニチュアゆかた製作の方法のe-learning教材

    大矢幸江、薩本弥生

    2016.8

     More details

    Work type:Educational material  

    初等中等教育における学習指導でのICT活用によると、ICT教育は、教育効果が期待できる教育法として、その必要性、重要性が指摘されている。ペットボトルに着せ付けるミニチュア浴衣教材を製作した。工程表1~11の各々の製作行程が、動画と説明用の静止画がセットになった1つのモジュールになっている。各モジュールにリンクが貼ってあり、クリックすると見たい製作工程モジュールにリンクできるようにしてある。各モジュール内でも静止画の頁ごとに目次をつけてあり、目次のリストをクリックすると動画の中の見たい箇所に自由に移動できる

  • 中学校家庭科着物の模様ワークe-learning教材

    田中初実,薩本弥生

    2022.4

     More details

    Work type:Educational material  

    中学生を対象に祝い着に描かれた模様の中からカードに書かれた模様がどこにあるかを探し、模様の意味を確認し、模様に込められた意味を学習する授業実践を行うためのe-learning教材を開発した。授業では、祝い着の実物が無くても遠隔教材としてネット上の祝い着を使用することを可能とし、中学生が模様の意味を実感できる内容を盛り込んだ。

    Other Link: http://ynu-satsumoto-labo.ynu.ac.jp/kimono-pattern-quiz/answer-pattern-quiz/index.html

  • 着物の模様を探そう(e-learning教材)

    伊藤大河,薩本弥生

    2021.10

     More details

    Work type:Educational material  

    きものに描かれる伝統模様を自然、動物、植物、器物・調度品、幾何学模様に分類し、各々模様をクリックするとその模様の名前とその意味を学習できるe-learning教材を開発した。

  • 小学校家庭科トートバッグの試し作り編e-learning教材

    鈴木雛菜,薩本弥生

    2021.7

     More details

    Work type:Educational material  

    本題材は、小学校家庭科で学習するトートバッグ製作をするためのe-learning教材である。製作計画の段階で児童が主体的に取り組めるように工夫をした。生活の中の課題解決のために必要なバッグとして中学校で使用するお弁当を入れるためのトートバッグを想定した。入れるお弁当箱の寸法、出し入れに必要なゆとり、縫い代を含めて、トートバッグに必要な寸法を考えさせ、トートバッグとして十分な強度を持つ素材を選択させる。製作のプロセスでも確認したいことをいくつかのポイントで問いかける形で児童が一度、自分で考えるように促した。巾着袋の縫い付けの部分は重ね方に関してクイズ形式で正しい方法を選択し、結果を確かめさせる形にして、児童が立ち止まって考えられるようにした。この教材を用いて現場の小学校の授業で活用してほしい。

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成-自由課題研究優秀入選

    2018   石本記念デサントスポーツ科学振興財団   ビジネスパンプス着用時における歩行動作へのヒールの高さ、年齢の影響

    Individual or group name of awards:薩本弥生,竹内正顯

     More detail

    本研究では,ビジネス用パンプスのヒール高さと年齢が歩行性能におよぼす影響について明らかにするため,7名の若年群と5名の中年群の女性を対象に裸足およびヒール高さ3cm,5cm,7cmのパンプス着靴時に動作解析,筋電図,重心動揺等の計測を行った.動作解析において,右膝関節・右足踵関節の角度・角速度・角加速度について検討をした結果,一歩行周期において,最大値と最小値の差である振幅を⊿Sとして有意差検定を行ったところ,ヒールの高さについて3㎝ヒールパンプスの右膝関節角度の⊿Sと右膝角速度の⊿S,右膝角加速度の⊿Sが大きくなる傾向が見られた.中年群でヒールが高く歩行が長くなるとくなると角関節の⊿Sの減少が顕著となった.筋電計測により前脛骨筋,腓腹筋ともヒールが高くなるほど筋電が大きくなり,中年群では若年群よりも顕著に筋電の増大があった.パンプスのヒール高さと重心動揺の視点からは,裸足の時よりも7㎝ヒールパンプスを着用している時に重心動揺の総軌跡長が増大し不安定になることが分かった.足圧計測で重心の軸の軌跡をヒールの高さで比較するとh3とh5ではあおり運動特有のカーブがみられるのに対して、h7では直線的な動きになっていた.

  • 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成-自由課題研究優秀入選

    2012   石本記念デサントスポーツ科学振興財団   温熱的快適性を向上させた換気機構付きの革靴の開発

    Individual or group name of awards:薩本弥生,竹内正顯

     More detail

    足部の温熱的快適性を改善することを目的とし,指先に空気を送り込むとともに,指先の空気を送り出す機能を有する換気中敷き入りの換気靴を試作した.そして,その改善効果をトレーサガス法による換気量実験および被験者実験でフィールドでの連続着靴後の生菌数の計測により検証した.模擬足による靴の透湿性評価実験により合成皮革では,素材自体を通しての通気や透湿が起きないため,人体から放湿した水分が靴に溜まりこむ事が明らかになった.開発した換気中敷きが靴内の溜まりこんだ湿気の放湿に効果的であるかを検討するためにトレーサガス法により換気量を幾何形状は同じで換気機構のないダミー靴と比較した結果,換気中敷きにより換気量を4割増加できることが明らかになった.換気効果が連続着靴中の靴内の衛生状態を維持するのに効果的であるかを検討するために1週間の連続着靴後の生菌数を換気中敷き機構の有無で比較した.その結果,ダミー靴ではつま先部が他の部位よりも生菌数が顕著に多く,不衛生になりやすい事が明らかになった.換気靴ではつま先部の菌が他の部位と同じレベルに抑えられていた.以上の結果より,衛生状態を保つためには換気中敷きによる強制換気が効果的であることが明らかになった.

  • 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成-自由課題研究優秀入選

    2007   石本記念デサントスポーツ科学振興財団   ブラジャーのバックパネルの設計条件が 動作適合性および快適性に及ぼす影響

    Individual or group name of awards:薩本弥生 ,斉藤秀子 ,田村照子

     More detail

    ブラジャーの動作時のズレ量の動態に注目し、ブラジャーの設計条件の違いによる、ズレ量、およびズレの動態を三次元動作解析装置により評価した.ブラジャーの設計要因の厳密な比較ができるよう、基本的な形・サイズが同じで、バックパネルの形状2種(弓形、直線)、バックパネルの素材3種(ツーウェイ、パワーネット、サテンネット)、下辺テープの素材2種(ハードタイプ(市販)、ソフトタイプ(マイクロテープ))、下辺テープの幅2種(幅広、幅狭)の計、24種のブラジャーを試作した.さらに、身体への負担を衣服圧により評価し、静止状態でのシルエットの満足度を主観評価し、動作時のズレ感、快適感についても主観評価した.以上から着用者に負荷がかからない、運動時のズレ防止に効果があり快適なブラジャーの設計条件を検討した.三次元動作解析装置によるズレの動態評価により、側挙動作時のズレ積算量/時間に影響するブラジャーの設計要因としてバックパネル素材が有意に影響し、パワーネット、サテンネットがツーウェイよりもズレ積算量/時間が小さいことが明らかになった.以上のように本研究で提案する三次元動作解析装置を用いた動作解析法により動作中のズレの動態およびその積算量を定量評価できることが明らかになった.また、動作時の衣服圧計測によりバックパネルの素材および下辺テープの種類が有意に衣服圧に影響することが明らかになった.ズレ感、快適感の主観申告感の回帰分析から動作時にはズレの生じにくい拘束性の高いブラジャーが快適と感じられることが分かった.

  • 日本家政学会被服衛生学部会奨励賞

    2005.8    

  • 守谷育英会研究助成

    2000    

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Evaluation of human-clothing-environment system to build of a heatstroke prevention system

    2020.4 - 2023.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):Satsumoto Yayoi

      More details

    Grant type:Competitive

  • Building of a heatstroke prevention system considering human hygiene and clothing by wearable body area network

    2015.4 - 2019.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    Grant type:Competitive

  • Building of a heatstroke prevention system and optimization of environmental design of clothing by wearable body area network

    2011.5 - 2015.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(A)

    Investigator(s):Yayoi Satsumoto

      More details

    Grant type:Competitive

  • 靴の熱・水分伝達性能への靴の材料特性や形態特性の影響と温熱的快適性

    2003.4 - 2005.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Investigator(s):薩本弥生

      More details

    Grant type:Competitive

    素材、足部フィット性の異なる革靴を用いtえ、靴素材および靴のフィット性が靴の熱・水分移動性及び歩行・運動機能性に与える影響に関して検討した。

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 寝具および衣料製品の遠赤外線放射測定手法に関する受託研究

    2018.4 - 2019.3

  • 「きもの」文化の伝承と発信のための教育プログラムの開発-「きもの」の着装を含む体験学習と海外への発信-

    2009.4 - 2012.3

    Local Government  文化ファッション研究機構服飾文化共同研究

Presentations 【 display / non-display

  • 熱中症対策商品として通学帽子の開発と評価

    薩本弥生,波羅香奈子

    繊維製品消費科学会2022年度年次大会  2022.6  日本繊維製品消費科学会

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:武庫川女子大学(コロナ禍により電磁的発表となった)  

    1.目的
     本研究では、暑熱環境下で熱中症予防に効果的な通学帽子の素材特性とデザインの工夫が温熱的快適性に及ぼす影響を明らかにするため素材物性試験及び、生理的反応と心理的反応の特徴を、被験者実験結果をもとに把握し、熱中症予防に効果的な通園通学用帽子の開発を行うことを目的とする。
    2.研究内容・方法
     熱中症予防に効果的な通学帽子としてFM(高通気・高透湿、日射遮蔽・換気口あり)を試作した。比較のためYE(従来品で不透湿・不通気)、WH(透湿・通気性改善現行品)と合わせて3種類(Fig.1参照)を用意し、2021年3月に本大学構内の人工気候室にて30℃50%RHの暑熱環境で、簡易風洞で1.5m/sの風速下で被験者実験を行った。条件毎に別日程同時間帯に着用させ10分間の安静の後、15分間踏み台昇降での運動を行い、20分間の回復期間で効果を比較検討した。体重と口腔温を測定した後に各センサ(皮膚温,衣服内温湿度,熱流束,耳内温,心拍)を貼付し、主観申告は5分毎に行った。各々の実験から得られたデータより条件比較した。
    3.結果および考察
    素材物性試験では通気性、透湿性、日射遮蔽性においてFMの効果が明らかになった。被験者実験では、蒸れ感・べとつき感、帽子内湿度前面(Fig.2)平均皮膚温(Fig.3)等で有意差があり、皮膚温・耳内温・発汗速度・衣服内温湿度・心拍数においてFMやWHがYEよりも低い結果であった。YEの素材は不透湿・不通気であるため、頭部からの汗の蒸発を妨げ、頭部の蒸れ、べとつきにつながったと考えられる。透湿・通気改善現行品WHでは、素材の透湿性により、頭部皮膚温の上昇と蒸れを改善できたものと推測する。換気口ありのFMでは頭部前部の帽子内湿度はWHよりも低かったが、皮膚温の運動後にはWHよりも高くなった。裏地に使用した素材の高い断熱性の影響で頭部からの汗の蒸発を妨げたため、着用者が暑さを感じる結果になったと考えられる。裏地素材を変更することにより改善できる可能性がある。

  • Remote Kimono culture workshop for junior and senior high school atudents in Malaysia

    Sachie Oya, Yayoi Satsumoto, Hiroko Kawabata, Taiga Ito

    The 74th annual conference of the Japan Society of Home Economics  2022.5  Japan Society of Home Economics

     More details

    Event date: 2022.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Remote(Kyushu Branch)  

  • A questionnaire survey on prevention of heat disorders using with clothing and/or textile products in summer under impact of the COVID-19 pandemic

    FUKAZAWA Takako , DEMPOYA Ayano, ZHANG Jing Feng, SATSUMOTO Yayoi, NISHIHARA Naoe

    The 74th annual conference of the Japan Society of Home Economics  2022.5  Japan Society of Home Economics

     More details

    Event date: 2022.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Remote(Kyushu Branch)  

  • Learning about eco-friendly traditional culture and sustainable consumer's lifestyle through Furoshiki

    SATSUMOTO Yayoi,KURODA Chihiro

    The 74th annual conference of the Japan Society of Home Economics  2022.5  Japan Society of Home Economics

     More details

    Event date: 2022.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Remote(Kyushu Branch)  

    Purpose: Furoshiki is one of the eco-friendly traditional culture that can be folded up small and changed its size and shape according to its use, and it contains the wisdom of Japanese people. Plastic shopping bags were made chargeable in 2019. We thought that learning about the characteristics of furoshiki would provide a hint for considering issues of environmental problem, so we carried out the class that includes hands-on experience with furoshiki as a cross-unit lesson on the subject of furoshiki in the areas of consumption and clothing. The purpose of this study is to clarify whether the program is effective in improving children's interest in traditional culture and their awareness of environmental considerations.
    Method: A questionnaire survey was conducted before and after the class with 90 students from the 6th grade of K Elementary School in Yokohama City. In the first class, students learned about the history and use of furoshiki, and in the second class, students experienced using furoshiki. The e-learning materials were made in advance so that the students could learn practically, and they could view them in their group activities.
    Results: Based on the post-class questionnaire, a factor analysis was conducted, and four factors were extracted: Factor 1: "Interest in Furoshiki" Factor 2: "Energy saving behavior," Factor 3: "3R behavior," and Factor 4: "Bringing handkerchiefs behavior”. The value of Factor 1 and 2 improved significantly. This class practice increased interest in furoshiki, motivated students to use it, and raised their awareness of environmental considerations.

  • EFFECT OF VAPOR PERMEABILITY AND OPENING DESIGN OF OUTDOOR PARKA AND ENVIRONMENTAL VELOCITY ON ITS VAPOR TRANSFER AND VENTILATIN RATE -Using sweating thermal manikin and tracer gas methods-

    Yayoi Satsumoto, Ayano Dempoya, Tomoko Koshiba, Teruko Tamura

    2022 International Conference on Clothing and Textiles  2022.5  The Korean Society of Clothing and Textiles

     More details

    Event date: 2022.5

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:遠隔開催(韓国)  

    Introduction
    This study aims to find out the effect of vapor permeability and opening design of outdoor parka and environmental velocity on its vapor transfer and ventilation rate. Experiments using sweating thermal manikin and tracer gas method was conducted. To verify the validity of the indirect evaluation method of evaporative heat transfer from ventilation rate by tracer gas method and the direct measurement of evaporative heat transfer by sweating thermal manikin at the same time and comparing both of them.
    Literature Review
    Havenith et al. (1990a), showed the effect of walking and/or wind on reduction of thermal insulation and proposed a correction equation to calculate the resultant dynamic thermal insulation from the static thermal insulation revised by walking speed and/or wind speed. Subsequently, Havenith et al. (1990b) also proposed the way to calculate the vapor resistance from the ventilation rate due to ventilation and/or wind by using a tracer gas method (steady state method) and further they compared the different tracer gas methods (Havenith et al., 2010). Ueda & Havenith (2006) investigated the effect of air permeability, opening condition and clothing air gap between skin and clothing on ventilation during walking and/or wind in protective clothing. They found that the ventilation was affected not only by the air permeability (one of the material factors of clothing) but also by the constructive factor like openings and the air gap between skin and clothing. The authors (Satsumoto et al., 2010) tried to measure the ventilation rate of a diaper using a walking infant manikin that can simulate periodic gait using a steady-state method.
    Research Method
    To make clear the effect of the aperture and the vapor permeability of the material, outdoor parkas were made whose vapor permeable levels are different 3 levels (high permeable HP, middle permeable MP, impermeable IM) and whose aperture can be changed open or closed. The apertures of an outdoor parka were installed in 4 positions (chest, waist, back and waist), and when these were closed, a apertures were sealed by a tape. To make the reproducibility improve heat and vapor transfer from a human body, a sweating thermal manikin was used. The ventilation rates of the outdoor parka were estimated using tracer gas method concurrently. To make the influence of the wind velocity of the environment clear, ventilation rate was measured at wind velocity 0,0.5and1.0m/s.
    Results & Discussion
    t was found that the vapor permeability of the material and the apertures were effective in improvement of evaporative heat transfer. It became clear that there was a correlation in ventilation rate and evaporative heat transfer in correlation of 0.85 except for MP. When the permeability of the material for carbon dioxide were estimated, it became clear that the MP was impermeable for carbon dioxide. The indirect evaluation method of evaporative heat transfer from ventilation rate by tracer gas method can be applied except MP. Ventilation rate was so big that the wind velocity of the environment became big, and contribution of vapor permeability of the material was big to 0.5m/s, and the influence of a aperture was small, but the effect of the opening of a aperture equaled vapor permeability in 1.0m/s, and it became conspicuous. There was correlation in the wind velocity of the environment for ventilation rate. Contribution of vapor permeability of the material was big to 0.5m/s, and the influence of a aperture was small, but the effect of the aperture equaled vapor permeability in 1.0m/s.

    Conclusion
    It was found out that the vapor permeability and the apertures of outdoor parka were effective on its vapor transfer and ventilation rate by experiments using sweating thermal manikin and tracer gas methods. The validity of the indirect evaluation method of evaporative heat transfer from ventilation rate by tracer gas method was verified except MP which was impermeable for carbon dioxide but permeable for vapor. There was correlation in the wind velocity of the environment for ventilation rate. Contribution of vapor permeability of the material was big to 0.5m/s, and the influence of a aperture
    was small, but the effect of the aperture equaled vapor permeability in 1.0m/s.

    References
    Havenith, G., Heus, R. and Lotens, W. A., “Resultant clothing insulation, a function of body movement, posture, wind, clothing fit and ensemble thickness”, Ergonomics, 33 (1)67-84 (1990a)
    Havenith, G., Heus, R. and Lotens, W. A., “Clothing ventilation, Vapour resistance and permeability index: changes due to posture, movement and wind, Ergonomics, 33(8),989-1005 (1990b)
    Havenith, G. and Zhang, P., “Comparison of Different Tracer Gas Dilution Methods For The Determination of Clothing Vapour Resistance”, EPSRC Report on Project GR/N10509/01 (2000)
    Havenith, G., Zhang, P., Hatcher, K., Daanen,H., “Comparison of two tracer gas dilution methods for the determination of clothing ventilation and of vapour resistance”, ergonomics 253(4):548-58 (2010)
    Ueda, H., Inoue, Y., Matsudaira,M. , Araki, T. and Havenith, G., “Regional microclimate humidity of clothing during light work as a result of the interaction between local sweat production and ventilation”, Int. J. Clothing Science and Technology, 18 (4), 225-234 (2006)
    Satsumoto, Y., and Havenith, G., 2010, Evaluation of overall and local ventilation in diapers, Textile Research Journal,80(17): 1859/1871.

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 着衣の身体・動作適合性

  • 蒸れる着衣のふいご作用を応用した放熱促進の工夫

  • 着衣の温熱的快適性

  • 被服教育の教材研究

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • 児童向け通学用品の熱中症対策に関する研究

    Offer organization: フットマーク株式会社   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2020.11  -  2021.5 

  • 温熱シミュレーションの構築支援及び、夏季における肌着の違いが高齢者と若年者に与える温熱効果について

    Offer organization: 旭化成株式会社 商品科学研究所   Funded Research offered by Enterprises  

    Project Year: 2018.4  -  2019.3 

  • 寝具および衣料製品の遠赤外線放射則て手法に関する受託研究

    Offer organization: 遠赤外線協会(一般財団法人機械システム振興協会の再委託)   Funded Research on Investiment  

    Project Year: 2018.4  -  2019.3 

  • スポーツ用シャツジャケットの換気効率化の研究

    Cooperative Research within an affiliated university or institute  

    Project Year: 2017.8  -  2018.3 

  • 保水性舗装温熱環境評価に関する研究

    Offer organization: AIREX株式会社   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2017.7  -  2017.11 

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Clothing Construction and Practice Ⅱ

    College of Education

  • 2022   Clothing Construction and Practice Ⅰ

    College of Education

  • 2022   clothing environment Ⅱ

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2022   Clothing Environment Ⅱ

    Interfaculty Graduate School of Innovative and Practical Studies

  • 2022   clothing environment Ⅰ

    Graduate School of Environment and Information Sciences

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 被服学概論

    Institution:お茶の水女子大学

  • 健康科学

  • 被服衛生学

    Institution:昭和女子大学

  • 衣環境学

    Institution:東京家政大学

  • 被服構成学実習

    Institution:お茶の水女子大学

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 日本家政学会理事

    2020.4  情報管理委員会副委員長・生活やものづくりの学びネットワーク世話人担当理事

     More details

    Committee type:Academic society 

  • (社)日本繊維製品消費科学会理事

    2019.6  理事

     More details

    Committee type:Academic society 

    (社)日本繊維製品消費科学会理事

  • ISO/ TC159国内対策委員会分科会におけるJIS 原案作成委員会

    2018.11 - 2021.8  作業部会員

     More details

    Committee type:Academic society 

    ISO/TC159 (人間工学)の ISO規格ISO7243を元に、審議等JIS Z85 04「暑熱環境—WBGT (湿球黒球温度)指数に基づく作業者の熱ストレスの評価」他の原案、解説の作成等を行った。

  • (社)日本繊維製品消費科学会快適性健康委員会委員長

    2018.4  快適性健康委員会委員長

     More details

    Committee type:Academic society 

    (社)日本繊維製品消費科学会快適性健康委員会委員長

  • 人間-生活環境系学会理事

    2018.4  理事

     More details

    Committee type:Academic society 

    人間-生活環境系学会理事(監事)

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 第63回快適性健康を考えるシンポジウム『汗とかゆみのサイエンス』

    Role(s): Planner, Logistic support

    日本繊維製品消費科学会快適健康研究委員会  2022.4

     More details

    Audience: Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

    かゆみ研究は現在、皮膚科学の最新のトピックスでもある。基調講演Ⅰではかゆみのメカニズムを痛みとかゆみの神経機構の違いに注目して解説いただいた。基調講演Ⅱでは汗とかゆみに関して皮膚科医の立場から講演いただいた。汗は様々な皮膚疾患の病態形成に関わっており、痒みや痛みを生じる原因にもなる。汗の成分や動態に着目した研究成果の紹介を通して汗による皮膚トラブルの成因を紐解いていただいた。
    研究発表では被服がかゆみの緩和にどのように寄与するのかをキチンナノファイバー素材の開発事例とその効果の紹介、医療用に開発した肌着の素材特性と未縫製やフィット性等の構成上の特徴からその効果について発表いただいた。

  • [授乳服から考える 新しい働き方と暮らし -ワークライフ・ミックス-]

    Role(s): Host, Planner

    薩本弥生・教育学部(ダイバーシティ戦略推進本部共催)  横浜国立大学  2022.1

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Teachers

    Type:Lecture

    社会と子育てをつなぐ環境づくりのため、授乳服の存在を国内に広め、社会と授乳、公共空間での授乳についてメディアなどを通し発信している授乳服の会社を経営している光畑氏に登壇いただき、公開講演会を開催した。授乳期のワークライフバランスのため、授乳室を設置するといった他人任せの課題解決でなく、授乳服を動く授乳室として自分で製作して課題解決した自身の経験から始まり、多くの挑戦と固定観念にとらわれない考え方を紹介いただいた。自社で実践する「子連れワークスタイル」は古くて新しいワークスタイ ルとして国内外から注目されている。今の日本では性別役割分業を基本とした伝統を守る姿勢が強く根付いているため、女性の社会進出が進んできた今の時代に新しい価値観を男女ともに共有して、生きやすい社会をつくるためには若い人たちに価値観の変容を持ってもらうことが非常に重要である。また、伝統的な子育て感により男性は仕事を中心に考え、子育てに関して主体的に受け止めていない傾向がまだまだ根強いので、近い将来の仕事とプライベートライフの両立を考えるうえで、仕事と私生活の両立ができるような生き方について柔軟に考えるきっかけになると思われる。

  • 「第21回全国中学生創造ものづくり教育フェア」の「豊かな生活を作るアイディアバッグ」コンクール審査委員長

    Role(s): Commentator, Consultant, Logistic support, Contributor

    全日本中学校技術・家庭科研究会  長野県塩尻市を本部とする遠隔開催  2022.1

     More details

    Audience: Junior high school students, Teachers, Parents/Guardians

    Type:Science festival

    「全国中学生創造ものづくり教育フェア」は,中学生に競技会や作品展で,ものづくり学習の成果を発表し,競い合うことを通じて,ものづくりの楽しさや興味関心を高めることを意図し,ものづくり教育の充実と発展,社会への理解・啓発を図ることを趣旨として開催されている.
    昨年度はコロナ禍のため開催中止となったが,遠隔開催で2022年1月22日に開催された.製作の様子を目の当たりに見ながら審査する対面での審査はできなかったが遠隔でも開催できたのは周到な準備をしてくれた大会本部の技術・家庭科の先生方のおかげである.会場本部は部門毎に分散して「豊かな生活を作るアイディアバッグ」コンクールは長野県塩尻市で開催され,審査するにあたり実物を見る必要があるため塩尻市に出向き審査をおこなった.

  • 全日本きもの装いコンテスト/着物フェスティバルの審査員

    Role(s): Logistic support, Other

    公益社団法人全日本きものコンサルタント協会主催  館内ホール(横浜市)  2021.11

     More details

    Audience: Junior high school students, High school students, Teachers

    Type:Science festival

    2021年11月21日に全日本きもの装いコンテストの関東大会が開催され、その審査員を務めた。舞台で子供の部、カジュアルの部、振袖の部、留袖の部、外国人の部、学校対抗の部でステージでリアルタイムにそれぞれの着物を着装し、短時間で見事に着装し、プレゼンする様子は壮観であった。きもの文化への関心の高さと凛とした立ち居振る舞いと着姿の美しさを競いあう姿が見られた。

  • マレーシアのTsunJin中学高校生対象のきもの文化に関する講義と日本舞踊の見立てワークショップ

    Role(s): Lecturer, Planner, Logistic support

    きものプロジェクト(薩本他)主催  2021.11

     More details

    Audience: Junior high school students, High school students, Teachers

    Type:Seminar, workshop

    2021年11月23日に着物文化を海外へ発信するための教育プログラムを開発することを目指して、プロジェクトメンバーのうち、教員薩本、大矢と日本舞踊家の藤蔭里燕氏と学生の江藤遥奈の計4名で第13回目となるSharing Kimono Cultureおよび日本舞踊の見立てワークショップを、マレーシアの中学高校生(積ん人中学高校クアラルンプール)対象にZoomによる遠隔にて実施した。メンバーの川端氏、伊藤氏らがオリンピックの開会式、閉会式のビデオを編集してくれ最初と最後に流した。全1.5時間のワークショップは、きものおよびゆかた文化についての講義後、日本舞踊の紹介、最後に日本舞踊の「見立て」を通して日本舞踊に挑戦してもらうワークという流れだった。日本舞踊「藤娘」の披露もあった。実際に見立てワークでは日本舞踊の動きの意味を紹介し、その後、て実際の動きにチャレンジしてもらった。先方の体育館で遠隔での里燕さんの見本を見ながら積極的に見立てをする生徒さんの様子が見られ、日本文化への関心の高さを感じられた。

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • NHKあさイチに出演

    NHK  NHKあさイチ  NHKあさイチに遠隔出演  2022.1

     More details

    吸湿発熱素材等の適切な着方について解説した。

  • NHKすくすく子育て「子どもの服と体温調節」出演

    NHK  NHK教育  東京NHKスタジオ  2021.5

     More details

    Author:Myself 

    NHKのEテレの「すくすく子育て」において体温調節がまだ上手ではない小さい子にとって成長段階を追いながら、動きやすさや体温調節の補助のためにどのような服の選択をすると良いか、幼児の発達段階の特徴に沿って素材やデザインに関して解説した。

  • NHK週刊まるわかりニュースに出演

    NHK  NHK週刊まるわかりニュース  東京NHKスタジオに遠隔出演  2021.2

     More details

    NHK週刊まるわかりニュースにおいて冬場の肌着に仕組まれている凝縮に似て非なる吸湿発熱現象を人体からでる水蒸気が吸湿素材に吸湿されるときに発熱していることが寒い季節の衣服の保温性に寄与していること、布団を干すと暖かくなる仕組みについて解説した。

  • NHK家庭総合 第34回 「和服の伝統とこれから」に出演

    NHKエデュケーショナル 教育部教育  NHK高校講座 家庭総合  横浜国立大学および東京NHKスタジオ  2021.1

     More details

    NHK高校講座 家庭総合の第34回の「和服の伝統とこれから」において浴衣の着装指導の収録に協力した。高校生の和服の伝統の継承と発展させる意識を喚起するように意識付けを行った。

  • NHK家庭総合 第31回 「服の素材いろいろ」に出演

    NHKエデュケーショナル 教育部教育  NHK高校講座 家庭総合  横浜国立大学および東京NHKスタジオ  2020.10

     More details

    NHK高校講座 家庭総合の第31回の服の素材いろいろにおいて衣服素材の種類やその性質について紹介し、吸湿性発熱性や繊維の燃焼等の実験収録に協力し、スタジオでの解説も行い、高校生の衣服素材に関する科学的な理解を深め、SDGsに関連し、環境配慮の意識を高めるような意識付けを行った。

display all >>