SATSUMOTO Yayoi

Affiliation

College of Education, Department of School Education , Specialization in Home Economics Education

Job Title

Professor

Research Fields, Keywords

clothing hygiene, clothing environment, clothing education, clothing construction

Mail Address

E-mail address

Web Site

http://ynu-satsumoto-labo.ynu.ac.jp/index.html

Related SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-4473-1609

写真a

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Book】 衣生活の科学-テキスタイルから流通マーケットへ-  2015.03

    【Published Thesis】 Effects of Shoe Fit and Moisture Permeability of a Leather Shoe on Shoe Microclimate and Air Exchange  2016.06

    【Published Thesis】 Evaluation of overall and local ventilation in diapers  2010

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1992

    Bunka Women's University   Completed

  •  
    -
    1989

    Ochanomizu University   Completed

  •  
    -
    1987

    Ochanomizu University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Bachelor of Home Economics - Ochanomizu University

  • Master of Home Economics - Ochanomizu University

  • Doctor of Clothing environment - Bunka Women's University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2021.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Professor  

  • 2017.4
    -
    2021.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Professor  

  • 2011.4
    -
    2017.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Professor  

  • 2007.4
    -
    2011.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Associate Professor  

  • 2000.4
    -
    2007.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Home Economics Education   Associate Professor  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 1993.4
    -
    1997.3

    Bunka Women's University/   Department of Home Economics   Instructor  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2010.3
     
     
     

    日本家庭科教育学会

  • 2000.4
     
     
     

    人間ー生活環境系学会

  •  
     
     
     

    繊維学会

  •  
     
     
     

    日本家政学会

  •  
     
     
     

    人間-生活環境系会議

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Family and consumer sciences, and culture and living

 

Research Career 【 display / non-display

  • The effect of the height of the heel of pumps and the age to the gait analysis in wearing business pumps

    Cooperative Research  

    Project Year: 2017.4 - 2020.3

     More detail

    To find the effect of the heel height of the pumps for businesses and the age on the walking performance, the 3D motion analysis, the electromyography, the postural movements analysis, the foot pressure measurement were conducted for the 7 young and the 5 middle aged female people. The motion analysis was performed for naked foot and pumps of and heel height 3cm(h3),5cm(h5),7cm(h7). We calculated ΔS, which is the difference between the maximum and the minimum value of the gait cycle curves for the angle, angular velocity, and the angular acceleration of the leg joints of the knees and ankle. The tendency of ΔS of a right knee joint angle, ΔS of the right knee angular speed and ΔS of a right knee angular acceleration became biggest for 3cm heel pumps (h3). In case of long time's walking, the decrease of ΔS of each joint occur for the a middle age group with high heel pumps. The electromyogram became highest at the muscle of tibias anterior and the gastrocnemius of 7cm heel pumps (h7). For postural movements analysis, the length of the track increased in putting on higher heel pumps. For pressure measurements, while a weight track bent by h3 and h5, it was a straight movement in h7.

  • Thermal comfort due to the microclimate in diaper

    Project Year: 2006.4 - 2010.3

  • Heat and Water vapor transfer through shoes and thermal comfort

    Project Year: 2003.4

  • Study on clothing education using a dressing simulation

    Project Year: 2002.4 - 2005.3

  • Effect of bellows action on heat transfer of clothing system

    Project Year: 1998.4

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 医療者のための熱中症対策

    三宅康史(編著),薩本弥生分担執筆( Role: Sole author)

    日本医事新報社  ( ISBN:9784784955862  [Reviewed]

     More details

    Total pages:197   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    「かかりつけ医のための熱中症対策Q&A」の10章で①熱中症が心配される時期の服装について解説した。熱中症が心配される暑熱環境では熱や汗が蒸発しやすい服装が望まれる。衣服素材の吸水速乾性,吸湿性,通気性,透湿性および,着衣のデザインや着方などの構成要因である開口条件やフィット性等の影響について各々例を挙げながら説明した。また、幼児の熱中症対策についておよびコンプレッションインナーの影響についても解説をした。

  • 被服学事典

    薩本 弥生 ほか( Role: Joint author)

    朝倉書店  ( ISBN:9784254620153

    Amazon

     More details

    Total pages:504   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  • 衣服の百科事典

    中村 仁 (著), 日本家政学会 (編集), 大塚 美智子 (編集) ,薩本 弥生 ほか( Role: Joint author)

    丸善株式会社 

     More details

    Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  • 衣生活の科学-テキスタイルから流通マーケットへ-

    間瀬 清美 (著), 薩本 弥生 (著) ( Role: Joint author)

    アイケイ・コーポレーション 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 楽しくスクールソーイング 基礎から応用までの作品集

    布施谷節子他 22名( Role: Joint author)

    開隆堂 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    日本家政学会被服構成学部会編

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • The convective heat transfer of clothing system

    1992.3

    Doctoral Thesis   Single Work  

Papers 【 display / non-display

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 寒い季節の幼児の衣服と体温調節

    薩本弥生

    ほけんニュース(少年写真新聞社)   ( 477 )   1 - 1   2023.11  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

  • 『夏季 のスポーツ時に被服に求められる性質は?』

    薩本弥生

    人間-生活環境系学会   2023.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    近年,夏季に熱中症による死亡が毎年多数報告され,地球温暖化やヒートアイランド現象の影響もあり増加傾向にある。熱中症は10代男性においてはスポーツに起因するものが圧倒的である。中でも夏季の高温環境下でも長袖,長ズボン等で被覆面積の大きいウェアを着用するスポーツで暑熱障害の多発が報告されている。屋外では野球,屋内では剣道等の運動中に熱中症の発生率が高い現状である。野球用のアンダーウェアについて被験者実験で綿とポリエステル(PET)のアンダーウェアを比較したところPETのインナーは発汗効率が高く,体温上昇度も綿素材よりも低く抑えられた。吸水速乾性のPETの方がより濡れ広がり蒸発面積を稼ぎ、蒸発速度が大きいことが寄与していた。そのため暑熱環境下でスポーツをして大量に汗をかくような状況では吸水速乾性の素材を活用するとよい。着衣のデザインの工夫によるふいご作用による放熱促進も期待される。熱中症予防のためのe-learning教材を紹介した。

  • 「繊維製品の快適性・健康研究」分野における変遷ならびに今後の展望について

    薩本 弥生, 井上 真理

    繊維製品消費科学   64 ( 3 )   164 - 172   2023.3

    DOI CiNii Research

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:一般社団法人 日本繊維製品消費科学会   Joint Work  

  • 防護服着用時の熱ストレスについて

    薩本弥生

    安全と健康   23 ( 4 )   337 - 339   2022.4  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:中央労働災害防止協会   Single Work  

    着衣の熱ストレスを評価する指標として着衣補正値(Clothing Adjustment Value, 以下CAV)がISO 7243 :2017の中で提案され、翻訳版であるJIS Z8504:2021にも採用された。熱ストレスを最も左右する着衣素材の特性は、蒸発熱抵抗 と熱抵抗 で決まり、これらは主に着衣素材の物性と構造によって規定される。本稿では各種着衣における蒸発熱抵抗とCAVの関係、着衣の構造や環境湿度の影響等について紹介した。

  • 子どもの体温調節と衣服

    薩本弥生

    保育と保健ニュース   ( 94 )   8 - 8   2021.11  [Reviewed]  [Invited]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Single Work  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • The development of education program for the cultural folklore and for the transmission of Kimono culture

    Yayoi Satsumoto, Hiroko Kawabata, Kaoru Horiuchi, Michiko Ougizawa , Hideko Saito and Isako Nomiyama

    2009.4

     More details

    Work type:Educational material  

  • 家庭科衣生活分野・住生活分野e-learning教材

    薩本弥生、佐桑あずさ

    2023.4

     More details

    Work type:Educational material  

    グローバル社会の中で他国と国際交流する機会が増える中、自分の国と郷土を愛するとともに他国の伝統や文化を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うためにはまず、日本の伝統的な生活文化を理解し、それを継承、発展させようとする意欲を育むための伝統文化に関する教育の充実が求められる。そこで衣生活、住生活分野の両研究室で衣生活、住生活に関する伝統文化の一つである「きもの文化」と「和室の畳文化」について理解を深め、次世代に伝える体験的学習を核とした教材を開発し、免許状更新講習等で現場の先生方に試していただき、附属中学校等で授業研究を重ねてきた。その成果を現場の授業で活用いただけるように授業用のe-learning教材として公開することとした。
     今後、さらに両分野の共通点である快適性、安全、環境配慮の生活に関する教育内容や方法を検討し、体験的に学ぶことができる教材を開発する。また、それぞれの分野独自の教育内容も含め、両分野のe-learning教材をまとめて家庭科の授業の中で活用し学習に役立ててもらえるようホームページを充実させたいと考えている。

  • 「熱中症予防にトライ」e-learning教材

    薩本弥生, 町川誠弥,田中英登, 田中稲子,島﨑康弘, 深沢太香子

    2023.4 - 2023.10

     More details

    Work type:Educational material  

    本題材は、生活者が暑熱環境下でも快適で健康な生活を送られるように支援するために、生理的視点と被服環境、居住環境、屋外環境での熱中症対策指針を示し熱中症予防に必要な知見を主体的に学ぶために作成したe-learning教材である。「熱中症予防にトライ」と題し、この教育プログラムを用いて体験型のワークショップを実践し、前後のアンケートより、リテラシー向上の効果検証を行うことを目的としている。この教材を用いて大学の教養レベルでの授業で活用したい。科学研究費基盤研究C「熱中症予防支援システム構築のための人―被服ー環境系の最適化」(23K01983 代表:薩本弥生)の研究の一環で作成した。

  • 小学校家庭科ボタン付けにトライe-learning教材

    片岡彩花,薩本弥生

    2023.4 - 2023.10

     More details

    Work type:Educational material  

    本題材は、小学校家庭科で学習する生活を豊かにするための布を用いた物の製作をするためのe-learning教材である。基本的な製作技能としてボタン付けの基本を学べるようにした。児童が主体的に取り組めるように工夫をした。この教材を用いて現場の小学校の授業で活用してほしい。

  • 小学校家庭科「手洗いの仕方~自分でできるようになろう~」e-learning教材

    橋本愛佳,薩本弥生

    2023.4 - 2023.10

     More details

    Work type:Educational material  

    本題材は、小学校家庭科で学習する手洗い洗濯を主体的に学ぶためのe-learning教材である。基本的な手洗い洗濯のやり方として草むしり等で汚れた軍手を題材に、その手洗いを例に洗い方の基本を学べるようにした。児童が主体的に取り組めるように工夫をした。この教材を用いて現場の小学校の授業で活用してほしい。

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成-自由課題研究優秀入選

    2018   石本記念デサントスポーツ科学振興財団   ビジネスパンプス着用時における歩行動作へのヒールの高さ、年齢の影響

    Individual or group name of awards:薩本弥生,竹内正顯

     More detail

    本研究では,ビジネス用パンプスのヒール高さと年齢が歩行性能におよぼす影響について明らかにするため,7名の若年群と5名の中年群の女性を対象に裸足およびヒール高さ3cm,5cm,7cmのパンプス着靴時に動作解析,筋電図,重心動揺等の計測を行った.動作解析において,右膝関節・右足踵関節の角度・角速度・角加速度について検討をした結果,一歩行周期において,最大値と最小値の差である振幅を⊿Sとして有意差検定を行ったところ,ヒールの高さについて3㎝ヒールパンプスの右膝関節角度の⊿Sと右膝角速度の⊿S,右膝角加速度の⊿Sが大きくなる傾向が見られた.中年群でヒールが高く歩行が長くなるとくなると角関節の⊿Sの減少が顕著となった.筋電計測により前脛骨筋,腓腹筋ともヒールが高くなるほど筋電が大きくなり,中年群では若年群よりも顕著に筋電の増大があった.パンプスのヒール高さと重心動揺の視点からは,裸足の時よりも7㎝ヒールパンプスを着用している時に重心動揺の総軌跡長が増大し不安定になることが分かった.足圧計測で重心の軸の軌跡をヒールの高さで比較するとh3とh5ではあおり運動特有のカーブがみられるのに対して、h7では直線的な動きになっていた.

  • 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成-自由課題研究優秀入選

    2012   石本記念デサントスポーツ科学振興財団   温熱的快適性を向上させた換気機構付きの革靴の開発

    Individual or group name of awards:薩本弥生,竹内正顯

     More detail

    足部の温熱的快適性を改善することを目的とし,指先に空気を送り込むとともに,指先の空気を送り出す機能を有する換気中敷き入りの換気靴を試作した.そして,その改善効果をトレーサガス法による換気量実験および被験者実験でフィールドでの連続着靴後の生菌数の計測により検証した.模擬足による靴の透湿性評価実験により合成皮革では,素材自体を通しての通気や透湿が起きないため,人体から放湿した水分が靴に溜まりこむ事が明らかになった.開発した換気中敷きが靴内の溜まりこんだ湿気の放湿に効果的であるかを検討するためにトレーサガス法により換気量を幾何形状は同じで換気機構のないダミー靴と比較した結果,換気中敷きにより換気量を4割増加できることが明らかになった.換気効果が連続着靴中の靴内の衛生状態を維持するのに効果的であるかを検討するために1週間の連続着靴後の生菌数を換気中敷き機構の有無で比較した.その結果,ダミー靴ではつま先部が他の部位よりも生菌数が顕著に多く,不衛生になりやすい事が明らかになった.換気靴ではつま先部の菌が他の部位と同じレベルに抑えられていた.以上の結果より,衛生状態を保つためには換気中敷きによる強制換気が効果的であることが明らかになった.

  • 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成-自由課題研究優秀入選

    2007   石本記念デサントスポーツ科学振興財団   ブラジャーのバックパネルの設計条件が 動作適合性および快適性に及ぼす影響

    Individual or group name of awards:薩本弥生 ,斉藤秀子 ,田村照子

     More detail

    ブラジャーの動作時のズレ量の動態に注目し、ブラジャーの設計条件の違いによる、ズレ量、およびズレの動態を三次元動作解析装置により評価した.ブラジャーの設計要因の厳密な比較ができるよう、基本的な形・サイズが同じで、バックパネルの形状2種(弓形、直線)、バックパネルの素材3種(ツーウェイ、パワーネット、サテンネット)、下辺テープの素材2種(ハードタイプ(市販)、ソフトタイプ(マイクロテープ))、下辺テープの幅2種(幅広、幅狭)の計、24種のブラジャーを試作した.さらに、身体への負担を衣服圧により評価し、静止状態でのシルエットの満足度を主観評価し、動作時のズレ感、快適感についても主観評価した.以上から着用者に負荷がかからない、運動時のズレ防止に効果があり快適なブラジャーの設計条件を検討した.三次元動作解析装置によるズレの動態評価により、側挙動作時のズレ積算量/時間に影響するブラジャーの設計要因としてバックパネル素材が有意に影響し、パワーネット、サテンネットがツーウェイよりもズレ積算量/時間が小さいことが明らかになった.以上のように本研究で提案する三次元動作解析装置を用いた動作解析法により動作中のズレの動態およびその積算量を定量評価できることが明らかになった.また、動作時の衣服圧計測によりバックパネルの素材および下辺テープの種類が有意に衣服圧に影響することが明らかになった.ズレ感、快適感の主観申告感の回帰分析から動作時にはズレの生じにくい拘束性の高いブラジャーが快適と感じられることが分かった.

  • 日本家政学会被服衛生学部会奨励賞

    2005.8    

  • 守谷育英会研究助成

    2000    

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Optimization of human-clothing-environment system for the construction of heat stroke prevention system

    2023.4 - 2026.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):Satsumoto Yayoi

      More details

    Grant type:Competitive

  • Evaluation of human-clothing-environment system to build of a heatstroke prevention system

    2020.4 - 2023.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):Satsumoto Yayoi

      More details

    Grant type:Competitive

  • Building of a heatstroke prevention system considering human hygiene and clothing by wearable body area network

    2015.4 - 2019.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    Grant type:Competitive

  • Building of a heatstroke prevention system and optimization of environmental design of clothing by wearable body area network

    2011.5 - 2015.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(A)

    Investigator(s):Yayoi Satsumoto

      More details

    Grant type:Competitive

  • 靴の熱・水分伝達性能への靴の材料特性や形態特性の影響と温熱的快適性

    2003.4 - 2005.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Investigator(s):薩本弥生

      More details

    Grant type:Competitive

    素材、足部フィット性の異なる革靴を用いtえ、靴素材および靴のフィット性が靴の熱・水分移動性及び歩行・運動機能性に与える影響に関して検討した。

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 寝具および衣料製品の遠赤外線放射測定手法に関する受託研究

    2018.4 - 2019.3

  • 「きもの」文化の伝承と発信のための教育プログラムの開発-「きもの」の着装を含む体験学習と海外への発信-

    2009.4 - 2012.3

    Local Government  文化ファッション研究機構服飾文化共同研究

Presentations 【 display / non-display

  • 着圧ソックスの衣服圧が日中活動時の浮腫防止と快適性に及ぼす影響

    薩本弥生,坂下晴菜

    繊維製品消費科学会2024年度年次大会  2024.6  日本繊維製品消費科学会

     More details

    Event date: 2024.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:信州大学(上田校舎)  

    【目的】スパイラルなタイプの着圧ソックスでは現状の市販品よりも同タイプの強圧ソックスにしても日中活動中に快適性を損なわずに、浮腫防止効果を得られるではないかと仮説をたて、市販品と強圧品を比較実験し仮説を検証することを目的とする。
    【研究方法】被験者は20代女性6名である。市販のスパイラルタイプの着圧ソックス(Lo)と同タイプで強圧タイプ(Hi)の試作品の着圧ソックスを比較した。衣服圧センサを用いて下腿、足首、足背の三箇所の衣服圧を計測した。同時に足背部分に血流計と皮膚温計をつけ、ウェアラブルセンサ(HEXOSKIN)を着用し心拍数、呼吸数、呼吸換気量も計測した。また浮腫解消効果を見るために実験前後に水置換法で容積を計測した。着圧ソックスを履いた状態で、立ち仕事をしている状況を想定するために30分立位姿勢後、トレッドミル上を時速4km/hrで30分間歩いた。そして10分おきに、下腿部全体の圧迫感、疲労感、快適感、むくみ解消感、温かさ、蒸れ感について5段階評価で主観申告を行った。
    【結果および考察】主観申告結果から弱圧の方が全般には圧迫感が少なく、温かく、快適と感じることがわかった。血流量は、弱圧ソックスを履いた時よりも強圧ソックスを履いた時に血流量が増加する人と、低下する人がいた。そこで前者を血流増加群、後者を低下群として着圧条件間で他の項目でも比較した。血流増加群の主観申告で立位時には温冷感、蒸れ感、快適感で弱圧の方が高い評価であったが、運動時には蒸れ感と快適感で両者の差がなくなった。血流低下群では立位時には快適感が弱圧で高かったが、歩行時には有意差が無くなった。歩行によるポンピング効果による血流の増加により強圧でも快適感を損なわれない可能性が示唆された。皮膚温は、図2のように安静時は皮膚温が緩やかに低下し、その傾向は条件差がないが、歩行時には上昇し、その程度は血流増加群の方が皮膚温の上昇度が大きかった。特に弱圧ソックス履いた場合、平均皮膚温の上昇度が大きかった。血流低下群では強圧ソックスの方が皮膚温の上昇度が大きかった。このことから低下群では強圧の方が静脈還流を促す効果がより顕著であると示唆された。衣服圧は弱圧ソックスも強圧ソックスも足首部>下腿部>足背部の順に衣服圧は高くなっており、特に足首部では立位時より歩行時に衣服圧が高くメーカ表示値よりも計測値は高かった。実験前後の容積でも血流増加群では弱圧ソックスの方が、血流低下群では強圧ソックスの方がむくみ解消効果を得られることがわかった。呼吸換気量、活動量、心拍数などの結果から、強圧ソックスで筋負担が増加し、それに伴い呼吸数が増えて心拍数も増えると推察された。
    【まとめ】本研究で検討した範囲では、主観的には快適感を損なわず、むくみ解消効果を見込むためには市販で販売されている程度の弱圧ソックスが全般には適していることがわかった。しかし血流低下群では強圧ソックスの方が皮膚温の上昇度、むくみ軽減がみられる傾向があった。人により圧の最適値が異なった理由に関してはさらなる検討が必要と考えらえる。

  • Experimental Evaluation of School Hats to Prevent Heat Stroke

    Yayoi Satsumoto, Yuki Ogasawara, Junya Shirakawa, Reiko Sano

    International Conference of Environmental Ergonomics ICEE2024  International Conference of Environmental Ergonomics ICEE2024

     More details

    Event date: 2024.6

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  • Kimono culture workshop at Khon Kaen University, Thailand

    OYA Sachie, SATSUMOTO Yayoi,KAWABATA Hiroko,OUGIZAWA Michiko

    The 76th annual conference of the Japan Society of Home Economics  2024.5  Japan Society of Home Economics

     More details

    Event date: 2024.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Sugiyama Jogakuen University(Tsuubu Branch)   Country:Japan  

  • 熱中症対策用 通学帽子の開発と実証実験

    薩本弥生,小笠原由紀,白川純也,佐野玲子

    日本衣服学会年次大会  2023.10  日本衣服学会

     More details

    Event date: 2023.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:共立女子大学  

    目的:夏季の児童の熱中症予防に効果的な通学帽子の素材特性とデザインを工夫した帽子2種を試作した.熱中症予防と温熱的快適性に及ぼす影響を明らかにするため物性試験および,小学生を対象とした実証実験を行い,生理,心理評価を行った.実験結果をもとに熱中症予防に効果的な通園通学用帽子の検証を行い,開発の指針を得ることを目的とする.
    研究方法:熱中症予防に効果的な通学帽子として白B(換気口縦スリット),白C(換気口横スリット段差 )を試作した.比較のため黄(従来品(不透湿・不通気)を含め3種類を用意し,2021年9月にY小学校内の校庭にて3日間,午前9時頃から20分間,5年生30人の児童(男子)を3班に分け各日に異なる帽子を被ってもらい3種類総当たりでドッチボールをする被験者実験を行った.帽子の頭頂内側に温湿度センサ,胴部に活動量計,腕に心拍計を貼付し,主観申告は蒸れ感,湿潤感,べたつき感,温冷感,快適感を実験前後に教室にて回答させた.
    被験者実験結果:帽子内相対湿度,温度,絶対湿度への帽子の種類の影響を検討したところ,帽子の種類が有意に影響を与えていた.帽子内絶対湿度に関して黄色帽子と比較して開発した白B白C帽子が有意に低かった.運動の後半では黄色帽子と白C帽子の間のみ有意差がみられた.帽子内相対湿度と帽子内温度においても同様の傾向がみられた.

  • 浴衣着装と模様学習による着物文化関心への効果と保護者の意識

    大矢幸江,薩本弥生

    日本衣服学会年次大会  2023.10  日本衣服学会

     More details

    Event date: 2023.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:共立女子大学  

    目的:本研究では、浴衣着装のみの授業を行う中学校と浴衣着装後に模様ワーク授業を行う中学校の2校を対象に生徒に授業前後にアンケート調査を行い、模様ワークの有無が着物文化への興味関心や継承意欲に及ぼす影響を検証することを第1の目的とする。また、授業を受けた生徒の保護者を対象に、浴衣や着物に関する保護者の実態と、学校教育で着物文化を学習することについて調査を行い、着物文化に対する保護者の意識を明らかにすることを第2の目的とする。
    研究の内容と方法:2021年、I中学校1年生138名(男子73名、女子65名)を対象に2時間(2回)構成の授業、K中学1年生77名(男子40名、女子37名)を対象に、3時間(1時間+2時間、2回)構成の授業が行われた。生徒には授業前後のアンケートに回答させ、保護者には浴衣や着物に関する経験や実態と着物文化学習に関するアンケート調査を行った。授業を受けた生徒全員から回答を得た。保護者からはI中学校69人(回収率50.0%)、K中学校から26人(回収率33.8%)の回答を得た。
    結果及び考察:生徒の浴衣の着装経験は62%、着物は48%であった。保護者の浴衣と着物の着装経験はともに95%で、浴衣の所持は64%、着物は54%であった。保護者は着物を自分で着装するのは難しいが、機会があれば着装したいと80%以上が回答した。学校間の比較では、授業前に2校の差は見られなかったが、授業前後の比較では模様ワークを行ったI校の有意差が14項目であったのに対し行わなかったK校は6項目となった。着物文化への興味や誇り、着装への意欲などは両校とも高まったが、着装後に模様の名前や意味などを学習したI校では、模様への興味だけでなく、着物文化の継承意欲にも効果があることが示された。パス解析によっても同様の結果を得ることができた。自由記述には、着物文化の素晴らしさ、模様や柄の多様性、日本独自の文化とそれを創造した日本人の素晴らしさ、着物文化を継承したい等の内容が記述されていた。浴衣着装に加え模様ワークを行うことで、より継承意欲への効果を高めることが示された。保護者へのアンケートでは、学校間で意識の差はみられなかった。保護者は生徒に浴衣の着つけができるようになってほしい、着物のマナーやTPOなど着物文化の知識を身につけてほしい等、すべての項目で平均値が3以上の高い得点を示し、それらを学校教育で学んでほしいと考えていた。また、着物文化を受け継ぎ次世代へ継承することも期待していた。保護者は着物文化への知識や技能に自信がない人が多かったが、誇りや継承意識は高かった。着物文化を家庭内で継承していくことに自信を持てないことが、学校での学びに期待する要因となっていた。保護者からの期待の大きさからも学校で着物文化を学ぶ意義は大きいことが示唆された。

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 着衣の身体・動作適合性

  • 蒸れる着衣のふいご作用を応用した放熱促進の工夫

  • 着衣の温熱的快適性

  • 被服教育の教材研究

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • Study on the validity of WBGT correction values by wearing protective clothing and protective equipment

    Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2023.4  -  2026.3 

  • 児童向け通学用品の熱中症対策に関する研究

    Offer organization: フットマーク株式会社   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2020.11  -  2021.5 

  • 温熱シミュレーションの構築支援及び、夏季における肌着の違いが高齢者と若年者に与える温熱効果について

    Offer organization: 旭化成株式会社 商品科学研究所   Funded Research offered by Enterprises  

    Project Year: 2018.4  -  2019.3 

  • 寝具および衣料製品の遠赤外線放射則て手法に関する受託研究

    Offer organization: 遠赤外線協会(一般財団法人機械システム振興協会の再委託)   Funded Research on Investiment  

    Project Year: 2018.4  -  2019.3 

  • スポーツ用シャツジャケットの換気効率化の研究

    Cooperative Research within an affiliated university or institute  

    Project Year: 2017.8  -  2018.3 

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2024   Practice of Home Economics in Elementary School

    College of Education

  • 2024   Elementary school Home Economics

    College of Education

  • 2024   clothing environment Ⅱ

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2024   clothing environment Ⅰ

    Graduate School of Environment and Information Sciences

  • 2024   家庭科の高度教育研究方法論

    Graduate School of Education

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 被服学概論

    Institution:お茶の水女子大学

  • 健康科学

  • 被服衛生学

    Institution:昭和女子大学

  • 衣環境学

    Institution:東京家政大学

  • 被服構成学実習

    Institution:お茶の水女子大学

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 人間-生活環境系学会理事(英文誌担当)

    2024.4  人間-生活環境系学会理事(英文誌担当)

     More details

    Committee type:Academic society 

    人間-生活環境系学会理事(英文誌担当)

  • 日本家政学会理事(筆頭副会長)

    2023.5 - 2024.5  日本家政学会理事(筆頭副会長)

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 日本家政学会理事

    2020.4 - 2022.3  情報管理委員会副委員長・生活やものづくりの学びネットワーク世話人担当理事

     More details

    Committee type:Academic society 

  • (社)日本繊維製品消費科学会理事

    2019.6  理事

     More details

    Committee type:Academic society 

    (社)日本繊維製品消費科学会理事

  • ISO/ TC159国内対策委員会分科会におけるJIS 原案作成委員会

    2018.11 - 2021.8  作業部会員

     More details

    Committee type:Academic society 

    ISO/TC159 (人間工学)の ISO規格ISO7243を元に、審議等JIS Z85 04「暑熱環境—WBGT (湿球黒球温度)指数に基づく作業者の熱ストレスの評価」他の原案、解説の作成等を行った。

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • The 67th Symposium on Comfort and Health -Compression sensation and comfort-

    Role(s): Host, Consultant, Planner, Logistic support, Report author

    2024.4

     More details

    Audience: Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

  • The 66th Symposium on Comfort and Health -Compression sensation and comfort-

    Role(s): Planner, Logistic support

    2023.10

     More details

    Audience: Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

  • Lecture on Cool Summer Housing - Prevent Heat Stroke in a Smart Way

    Role(s): Lecturer, Planner, Logistic support

    2023.7

     More details

    Audience: General public

    Type:Seminar, workshop

  • 附属横浜中学校で中学生対象の浴衣着装WSを実施

    Role(s): Lecturer, Consultant, Planner, Performer

    薩本研究室および家庭科専攻2年生  横浜国立大学教育学部附属横浜中学校  2023.6

     More details

    Audience: Junior high school students, University students

    Type:Visiting lecture

    2023年6月に本学教育学部附属横浜中学校1年生3クラス(一クラス約40名)を対象に授業実践を行った。着物文化の学習、浴衣の着装体験とお辞儀ワークを含む授業実践を行った。2時間続きの授業を多目的教室で行った。被服造形学及び実習Ⅰ履修の学部生14名の協力を得た。

  • The 65th Symposium on Comfort and Health -Compression sensation and comfort-

    Role(s): Planner, Logistic support

    2023.4

     More details

    Audience: Graduate students, Researchers, Company

    Type:Seminar, workshop

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • NHKまいにちスクスク「子どもの服(3)安全」出演

    NHK  NHK教育  NHK  2023.12

     More details

    Author:Myself 

    NHKのEテレの「まいにちスクスク」において活発に動きまる小さい子にとって安全上、どのような服の選択をすると良いか、解説した。

  • NHKまいにちスクスク「子どもの服(2)素材を知る」出演

    NHK  NHK教育  NHK  2023.12

     More details

    Author:Myself 

    NHKのEテレの「まいにちスクスク」において小さい子にとってどのような素材の選択をすると良いか、解説した。

  • NHKまいにちスクスク「子どもの服(1)体温調節」出演

    NHK  NHK教育  NHK  2023.12

     More details

    Author:Myself 

    NHKのEテレの「まいにちスクスク」において体温調節がまだ上手ではない小さい子にとって体温調節の補助のためにどのような服の選択をすると良いか、解説した。

  • NHKあさイチ「顔の輪郭でチェック!あなたに似合う帽子選び」で帽子による熱中症予防効果に関して解説

    NHK  NHK総合  NHK  2023.6

     More details

    Author:Myself 

    NHK総合のあさイチ「顔の輪郭でチェック!あなたに似合う帽子」をテーマにした番組の中で帽子による熱中症予防効果に関して実験を行い、解説した。

  • NHKあしたが変わるトリセツショー「足のにおい」出演

    NHK  NHK総合  NHK  2022.11

     More details

    Author:Myself 

    NHK総合のあしたが変わるトリセツショーで「足のにおい」をテーマにした番組の中で靴のサイズが歩行時の換気に及ぼす影響についてPIVを用いた可視化技術でぴったりしたサイズの方がぶかぶかすぎる靴よりも歩行によるふいご作用で換気が起きやすいことを示し、その仕組みについて解説した。

display all >>