SHIDA Naoki

Affiliation

Faculty of Engineering, Division of Materials Science and Chemical Engineering

Job Title

Assistant Professor

Date of Birth

1988

Research Fields, Keywords

polymer chemistry, Electrosynthesis, electrocatalysis, Organic chemistry

Mail Address

E-mail address

Web Site

https://atobelabynu.wixsite.com/atobelab

Related SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-0586-1216

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  • 2013.4
    -
    2016.3

    Tokyo Institute of Technology   Doctor Course   Completed

  • 2011.4
    -
    2013.3

    Tokyo Institute of Technology   Master Course   Completed

  • 2007.4
    -
    2011.3

    Yokohama National University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学) - 東京工業大学

Campus Career 【 display / non-display

  • 2020.10
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Engineering   Division of Materials Science and Chemical Engineering   Assistant Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2018.11
    -
    2020.9

    Tokyo Institute of Technology   School of Materials and Chemical Technology   Specially Appointed Assistant Professor  

  • 2018.4
    -
    2018.10

    Tokyo University of Agriculture and Technology   Special researcher of the Japan Society for the Promotion of Science  

  • 2016.10
    -
    2018.4

    California Institute of Technology   Department of Chemistry and Chemical Engineering   Special researcher of the Japan Society for the Promotion of Science  

  • 2016.4
    -
    2016.10

    Tokyo University of Agriculture and Technology   Special researcher of the Japan Society for the Promotion of Science  

  • 2015.7
    -
    2015.8

    University of Toronto   Special researcher of the Japan Society for the Promotion of Science  

display all >>

 

Books 【 display / non-display

  • Organic Redox Chemistry: Chemical, Photochemical and Electrochemical Syntheses

    Naoki Shida, Shinsuke Inagi( Role: Joint author ,  Chapter 6: Electrochemical Redox-Mediated Polymer Synthesis)

    Wiley  ( ISBN:978-3-527-34487-1

     More details

    Total pages:256   Responsible for pages:153-170   Language:English Book type:Scholarly book

  • 有機電解合成の新潮流

    稲木信介,ビラニエレナ,信田尚毅( Role: Joint author ,  第27章 バイポーラ電解)

    シーエムシー出版  ( ISBN:978-4-7813-1626-0

     More details

    Total pages:340   Responsible for pages:332-340   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 有機電解合成の新潮流

    跡部真人,信田尚毅 ( Role: Joint author ,  第25章 フローリアクターを用いる有機電解合成)

    シーエムシー出版  ( ISBN:978-4-7813-1626-0

     More details

    Total pages:340   Responsible for pages:309-318   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 有機電解合成の新潮流

    稲木信介,信田尚毅( Role: Joint author ,  第16章 高分子電解反応)

    シーエムシー出版  ( ISBN:978-4-7813-1626-0

     More details

    Total pages:340   Responsible for pages:227-238   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 有機電解合成の新潮流

    淵上寿雄,稲木信介,信田尚毅( Role: Joint author ,  第10章 有機化合物の選択的電解フッ素化)

    シーエムシー出版  ( ISBN:978-4-7813-1626-0

     More details

    Total pages:340   Responsible for pages:149-165   Language:Japanese Book type:Scholarly book

display all >>

Papers 【 display / non-display

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 注目の論文:電気と光でC-H機能化

    信田尚毅

    月刊化学   76 ( 8 )   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • 固体高分子電解質電解技術が拓く新たな有機電解合成プロセス

    跡部真人、深澤篤、信田 尚毅

    触媒   63 ( 3 )   148   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • タンデム式超音波乳化法が拓く新たなポリマーナノ粒子合成

    跡部真人, 越野美春, 白石幸秀, 信田尚毅

    化学工学   84 ( 4 )   236 - 238   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:公益社団法人 化学工学会   Joint Work  

  • ChemInform Abstract: Synthesis of Fluorinated Triazole and Isoxazole Derivatives by Electrochemical Fluorination.

    Shunsuke Kuribayashi and Naoki Shida and Shinsuke Inagi and Toshio Fuchigami

    ChemInform   47 ( 51 )   2016  [Reviewed]  [Invited]

    DOI

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:Wiley-Blackwell   Joint Work  

Awards 【 display / non-display

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • グリーン物質合成を志向した超原子価化合物を利用する電極メディエータ系の開発

    2022.4 - 2026.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Investigator(s):信田尚毅

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • 糖化学の新展開のための非平衡カルボカチオン化学のネットワーク構築

    2020.10 - 2026.3

    科学研究費補助金  Fostering Joint International Research (B)

    Investigator(s):永木愛一郎

      More details

    Grant type:Competitive

    本国際共同研究では、申請者らの有するフローマイクロ合成技術と、仏ポワティエ大学のThibaudeau教授の開発した超強酸技術とを融合させ「超強酸フロー技術」の構築を行う。超強酸フロー技術は、超強酸によって非平衡発生させた不安定カチオン種を、フローマイクロリアクターによって観測し合成利用する技術であり、超不安定カチオン種の発生、観測および合成利用が可能となる世界初の画期的な方法論となる。さらに電解酸化およびLewis酸といった他のカチオン発生法についてもフローマイクロ技術との融合を図ることで、グリコシルカチオンなど超不安定カチオン種の非平衡発生手法を体系化し、糖鎖化学への新たな展開が期待される。

  • 配位化学的視点に基づくチオフェン類のレドックス挙動の理解と機能性分子デザイン

    2020.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

    Investigator(s):信田尚毅

      More details

    Grant type:Competitive


    チオフェンは、硫黄と炭素からなる芳香族化合物であり、有機系材料をデザインする上で汎用されるビルディングブロックである。チオフェン環は一般に電子豊富であり、電子を奪われる反応、すなわち酸化反応を受けやすい。チオフェンの酸化を利用した高分子合成、有機合成はこれまでに数多く報告されており、またデバイス機能の鍵過程にチオフェン骨格の酸化還元が関与することも多々ある。
    本研究は、チオフェンの酸化という非常にありふれた現象において、周辺に存在する分子が非常に大きな影響を与えるという独自の仮説を検証し、またそのような新たな視座に基づくことで新たな機能性有機材料の創出を目指す。

  • フルオロアルコール集積化戦略に基づく機能性分子・高分子材料創成

    2019.8 - 2021.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Research Activity start-up

    Investigator(s):信田尚毅

      More details

    Grant type:Competitive

    化学反応においてある分子を異なる分子に変換する際、エネルギー的に不安定な中間体を経る。その安定性を制御することは、目的の化学反応を進める上で極めて重要である。本研究は、酸化反応における重要な中間体であるラジカルカチオンを、フルオロアルコール集積化分子を用いて積極的に安定化することを目指す。一般にフルオロアルコール類はラジカルカチオンを安定化することが知られているが、その詳細なメカニズムや、フルオロアルコールを複数個導入(集積化)させることによる効果は報告されておらず、本研究を通して知見を獲得する。本研究を通じ、ラジカルカチオン安定化のための新手法を提案し、新たな化学反応の開拓に貢献する。

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 複数の刺激に応答する高分子材料の創成

    2022.4 - 2023.3

    Private Foundations  2022年度単年度研究助成

  • 多様なアニオンに感応するレセプター分子の開発と環境調和型分子材料としての利用

    2022.4 - 2023.3

    Private Foundations  令和4年度助成

  • 含テルル共役系分子のレドックスに基づく分子触媒の開発と応用

    2020.4 - 2021.3

    Private Foundations  2019年度奨励研究助成

    Investigator(s):信田尚毅

  • カチオンの分⼦機能を最⼤化する⾼分⼦材料の創出

    2020.4 - 2021.3

    Private Foundations  第47回リバネス研究費 味の素ファインテクノ 機能性材料賞

Presentations 【 display / non-display

  • π拡張ヨードアレーンを用いた超原子価ヨウ素化合物の電解合成と触媒反応への応用

    吉永 昌平, 信田 尚毅, 跡部 真人

    日本化学会第102春季年会 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • π共役高分子膜の共反応物型電気化学発光に関する研究

    梅津 和将, Villani Elena, 信田 尚毅, 冨田 育義, 稲木 信介

    日本化学会第102春季年会 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 秩序構造形成により促進されるポリ(3-(2-エチルヘキシル)チオフェン)の電解ポスト機能化

    栗岡 智行, 駒村 貴裕, 信田 尚毅, 早川 晃鏡, 冨田 育義, 稲木 信介

    日本化学会第102春季年会 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 大環状キノン化合物ピラー[6]キノンの合成と電気化学特性の解明

    廣畑 智紀, 信田 尚毅, 生越 友樹, 冨田 育義, 稲木 信介

    日本化学会第102春季年会 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • バイポーラ電気化学により駆動する骨格筋模倣ゲルアクチュエーターの開発

    日野 太一, 今任 景一, 信田 尚毅, 稲木 信介, 今榮 一郎, 大山 陽介

    日本化学会第102春季年会 

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 有機電子移動化学研究会

    2019.3  幹事

     More details

    Committee type:Academic society 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • Interview article for Triple-Phase Boundary in Anion-Exchange Membrane Reactor Enables Selective Electrosynthesis of Aldehyde from Primary Alcohol

    Role(s): Filming support, Official expert

    Wiley  ChemSusChem  2021.11

Media Coverage 【 display / non-display